かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜

「かやのうち」へようこそ♪ 関東地方および西日本の旅行記を中心に書いています。 旅気分のおすそ分けです♪

08年2月、山形の旅

カセ鳥カセ鳥カッカッカ〜♪(上山市の奇習・カセ鳥)☆雪の山形の旅・324

ブログネタ
東北へ行こう!みちのく1人旅♪ に参加中!
 長かった「雪の山形の旅」も、ようやく最終章です。今日一日で5投稿目で、あわただしくてスミマセン。というのも、今度は春の山形の旅へ出なければならないもんですから、切羽詰まっています(笑)
 ここまでの「雪の山形の旅」を見てない方は「カテゴリー別アーカイブ」の「山形県の旅」を見てみてください。
 さてさて、やっと載せることができます。「奇習 カセ鳥」の様子を、たっぷりと御覧ください。

カセ鳥カセ鳥1

カセ鳥カセ鳥2


「カッカッカ〜カッカッカ〜♪ カッカッカ〜カッカッカ〜♪
 カセ鳥カセ鳥カッカッカ〜♪ 商売繁盛カッカッカ〜♪」

 おやっさんの掛け声に合わせて、輪になったカセ鳥たちが飛び跳ねながら回ります。
 時にはオケを持ったお母ちゃんが冷水をカセ鳥にあびせます
(^。^;)冷たそう〜。ただでさえ寒いのに〜。

カセ鳥カセ鳥3

カセ鳥カセ鳥4


 カセ鳥たちは、かみのやま温泉の温泉街をねり歩き、温泉旅館の前で踊ります。踊り終わると次の温泉旅館へ行き、また踊ります。かみのやま温泉の商売繁盛を願って全旅館を回っているようでした。

カセ鳥カセ鳥5

カセ鳥カセ鳥6


 観光客のお子さんが思わずカセ鳥といっしょになって踊ったりして、なんとも楽しいお祭りでした。
 
「カセ鳥」は上山に伝わる民族行事です。いったんは明治29年に絶えてしまったものの、この貴重な民族行事を復活させようと地元の方々が力を合わせ、昭和34年になって復活したのだそうで、現在は毎年建国記念日(2月11日)に実施されているそうです。


 カセ鳥を見た後は、せっかくなので日帰り入浴をしていくことにしました。
 かみのやま温泉には3つほど共同浴場があるそうなんですが、せっかくなので、大きな温泉旅館で日帰り入浴をやっている所に行ってみました。
「展望露天の湯 有馬館」という温泉旅館に入ってみました。日帰り入浴は1000円です。ちょっと高いけど、展望露天風呂がいいな〜と思いまして。
 屋上の展望露天風呂が開放的で良かったです。凍結防止のために蛇口が外されているのが難点でしたが…。内湯が1階なので、いったん1階の内湯に入って温まってからまたエレベーターで屋上へ上がることになりましたが、昼間なのでお客さん少なかったので、ゆっくりできて良かったです。
 泉質は若干しょっぱい味のする塩化物泉で、館内に飲泉所もあります。

 泊まったら結構高い温泉旅館でも、こう1000円ぐらいで温泉に入れちゃうのはお得ですよね。山形にはこういう日帰り入浴可能の温泉旅館が多いようです。「るるぶ情報版 温泉&宿 東北編」とか見て探してみると良いと思います。
 日帰り入浴可能であっても、事前の予約が必要だったりする場合もありますし、日帰り入浴ができる時間も旅館によってそれぞれ違います。よく調べて行きましょう。

 後で調べて知ったんですが、かみのやま温泉の「はたごの心 橋本屋」さんには、看板猫ちゃんが住んでいるんだそうです。
 行ってみたい!(≡゚ω゚≡)
 この旅館は1人では泊まれませんが、日帰り入浴は可能で予約不要です。内湯と露天風呂もあります。
 今度行った時に、時間があったら寄ってみたいと思います。


 この後は、かみのやま温泉駅から新幹線「つばさ」に乗ったんですが、指定席が売り切れで自由席は満員御礼。デッキでずっと立ちっぱなしになってしまい、せっかく温泉で疲れが取れたのに、一気に疲れてしまいました。
 山形駅まで鈍行で戻って、山形発のつばさに乗ったほうが良かったかもしれません。
 まあ、そんなこんなで、長かった山形の旅も無事に終わったのでした。

 春の山形の旅も、今から楽しみです♪
 


にほんブログ村 一人旅←クリックで応援お願いします☆

上山城天守からの眺望です☆雪の山形の旅・314

ブログネタ
東北へ行こう!みちのく1人旅♪ に参加中!
 さて、「雪の山形の旅」の続きです。2月11日、上山城で「奇習カセ鳥」の式典を見た後、模擬天守を撮影してから、天守の中の歴史資料館を見て、エレベーターで最上階に上がりました。
 この上山城天守も、会津若松の鶴ヶ城や宮城県白石市の白石城と同じく、最上階にバルコニーがあって360度全方向を見渡せるのが良いですね。
 元々、丘の上のような高台の城郭に立つ三層天守ですから、眺めはサイコー♪バツグンに良いです。特に、蔵王山がよく見えました。
 宮城県側から見る蔵王山とは全然違う険しい山容をしています。
 御釜はどの辺なんでしょうね?

上山城展望1


↓蔵王山をズームアップ

上山城展望2


↓眼下の城下町にはカセ鳥たちの歩く姿が見えました。

町なかのカセ鳥


↓城下町の家々の屋根には白い雪が残っていて綺麗です。

上山城展望3


↓別方向です。

上山城展望4


↓上山城天守。また天気の良い日に来れたら、上がってみたいです。

上山城天守3




にほんブログ村 一人旅←クリックで応援お願いします☆

カセ鳥と上山城と蔵王山☆雪の山形の旅・304

ブログネタ
東北へ行こう!みちのく1人旅♪ に参加中!
 続きです。こちらも「奇習 カセ鳥」のカセ鳥たちです。式典が終わって城から出て行く前に、観光客の皆さんと記念撮影に明け暮れるサービス精神旺盛なカセ鳥くん。ワラの中から出た太い腕と太い足が生々しいです(汗)
 このコスチュームを着た「カセ鳥」たちが、この日は夕方まで、上山市内を回って行きます。ワラジを履いた足で歩き、踊り、飛び跳ねるんだから大変ですよね。

カセ鳥レフトサイド

カセ鳥ライトサイド

カセ鳥リア


↓天守閣入り口にもカセ鳥コスチュームが飾られています。

天守閣入り口


 前にも書きましたが、上山城の天守は「模擬天守」であり、実際にあった城とは関係が無いらしいです。
 でも、立派な天守ですよね。青空の下で白い壁が綺麗です。
 ちなみに、下の白いのは雪です。この時、2月11日です。
 屋根の瓦にも雪が残っています。

上山城天守1

上山城天守2


 天守のそばの高台には「足湯」もあるんですよ。
 足湯の辺りからは、遠くに「蔵王山」が見えます。

足湯のそばから見た蔵王山


 上山城の歴史については、この城も波乱万丈の歴史を送っているようですので、詳しいことは上山城のホームページやウィキペディアでも見ていただきたいと思います。
 現在ある三層の天守は模擬天守となっていますが、実際に三層の天守が立っていた時期もあるようです。
 
 現在の天守の中は歴史資料館になっていて、1階部分は結構広い空間で博物館の中のようでした。
 エレベーターで最上階まで上がれる親切設計です(^ー^:)
 階段で上がることもできますけどね。



にほんブログ村 一人旅←クリックで応援お願いします☆



東北へ行こう!みちのく1人旅♪ - livedoor Blog 共通テーマ

かみのやま温泉駅と上山城と奇習カセ鳥☆雪の山形の旅・294

ブログネタ
東北へ行こう!みちのく1人旅♪ に参加中!
 アルペンルートの旅日記は長くなりそうなので、先に「雪の山形の旅」の続きを書いておきます。ここまでの山形の旅は「カテゴリー別アーカイブ」の「山形県の旅」を見てください。
 2月11日(月・祝日)、3泊4日の山形の旅もついに最終日です。雪、雪、曇り、と来て、この日は思いっきり晴れました。
 ルートイン米沢を出た後、米沢駅から「かみのやま温泉駅」へ北上。かみのやま温泉駅のホームには「奇習 カセ鳥」のコスチュームが飾られていました。そう、この日は年に一度の「奇習 カセ鳥」の日なんです。

かみのやま1

かみのやま2


↓こちらもホームにありました。モームスをイメージしてる?

カセムス


 前の土日に米沢で「上杉雪灯篭まつり」があったおかげか、かみのやま温泉も観光客がいっぱいでした。
 事前にしっかり調べておいたんですが、カセ鳥は上山城(かみのやまじょう)で出陣式をおこなうということだったので、とにかく上山城へ急ぎました。
 午前10時頃到着。式典の始まるちょっと前ぐらいに着きました。
 上山城は「羽州の名城」というキャッチフレーズを付けているお城です。城下町の街なかの高台に築かれています。
 ただ、現在その象徴となっている天守閣は、実際にあった上山城とは関係の無い「模擬天守」なんだそうです。立派なお城なんですけどね。日本百名城にも選ばれておりません。

かみのやま城


 式典では上山市長さんや地元の代表さんなどのユーモアのある挨拶が観光客を和ませました。小山市も見習ってほしいです(汗)
 記念撮影ではカセ鳥コスチュームを着る前の勇姿?が見られます。カセ鳥になるのは上山市ほか周辺市町村の高校の高校生さんが多いようでした。

かみのやま城2

記念撮影


 天守閣前の広場で踊ってから、カセ鳥たちは城下町へ行きます。

↓観光客が多すぎて、写真ではほとんど見えませんね…。
 カセ鳥十数名が輪になって飛び跳ねながら回っているんです。

カセ鳥1


↓踊り終わった後のカセ鳥さんをパチリ☆

カセ鳥3


 この後、城下町の温泉街でカセ鳥たちが踊る姿はバッチリ撮れましたので、写真はもう少しお待ちください。



にほんブログ村 一人旅←クリックで応援お願いします☆



東北へ行こう!みちのく1人旅♪ - livedoor Blog 共通テーマ

白布温泉の雪ボラ(雪洞)の灯り☆雪の山形の旅・284

ブログネタ
東北へ行こう!みちのく1人旅♪ に参加中!
 2月10日(日)の夕方です。米沢の「上杉雪灯篭まつり」に合わせて、ここ、白布温泉でも雪景色の中に暖かな灯りがともされました。道の脇の雪の山に、横からスコップを入れて四角くくり抜き、そこにロウソクを立てた「雪ボラ(雪洞)」の灯りです。
 この灯りのつけ方の名前は知らずに来たんですが、西屋旅館の若女将さんが教えてくださいました。「雪ボラ」って、なんか呼びやすいし、良い名前ですね。ボランティアのことをよく「ボラ」と略して、「メディア・ボランティア」を「メディアボラ」とか呼んだりするんですけど、なんか温かい感じがします。

 夕方4時半頃から少しずつ雪ボラに灯りがついていきました。
 
↓こちらは西屋旅館さん。

雪ボラ1


↓西屋旅館以外の建物の前でも雪ボラがともっています。

雪ボラ2

雪ボラ3


↓「かもしかや」さんの雪ボラと、雪だるま。

かもしかや1

雪ボラだるま


「かもしかや」さんではお土産やお酒が売られているようでした。
 時間が無いのでお買い物できませんでしたけど…。

 夕方5時になると、西屋旅館の雪ボラがフル点灯。綺麗です☆

西屋雪ボラ1

西屋雪ボラ2

西屋雪ボラ3


 気温は確実に寒くなってきているはずなのに、雪ボラの温かい灯りを見ていると寒さを忘れてしまいました。温泉の効能が続いていたのと、歩き回っていたので体が冷えなかったのかな?
 この後、5時半頃のバスに乗って米沢駅へ戻りました。白布で泊まれなかったことが残念でなりません。今度行く時は西屋さんでゆっくりしてきたいと思います。

 それにしても、1日目の夜は小野川温泉の雪灯篭、
 2日目は上杉神社の雪灯篭まつり、
 3日目は白布温泉の雪ボラが見れて、
 本当に良い時に行けて良かったです。
 皆様も、ぜひ、1度は雪まつり時期の米沢に行ってみてください。



 さてさて、白布温泉を後にして、米沢駅に戻り、この3日目の夜は「ルートイン米沢」で過ごしました。前に書きましたけど、駅前で夕食に食べた米沢ラーメンが美味しかったです。
 最終日、4日目は米沢駅から「かみのやま温泉駅」へ行き、「上山城(かみのやまじょう)」と「奇習 カセ鳥」を見て、かみのやま温泉で立ち寄り湯をしてから帰ったんですが、その写真はまた後日載せたいと思います。

 明日からまた金土日3日間かけて長野県の旅へ行ってきます。今度は、今季開通したばかりの立山黒部アルペンルートの「雪の大谷」を見てくるのがメインです。他に、「長野の鎌倉」こと「別所温泉」にも行き、上田城公園や鹿教湯温泉、松本城公園も見てくる予定です。
 ちょっと天気が芳しくないですけど……晴れ男パワーを発動して、少しでも早く雨が上がるよう祈りつつ行きたいと思います。


P.S.
 ローソンのリラックママグカップ、ついにGETしました♪
 サンドイッチにもシール付いてたんですね(しかも2点のシール)。気付いていたらパンばっかり買わなかったのになぁ〜。
 サンドイッチを1日に5個買って食べれば2日で20点溜まります(笑)

リラックマグ



にほんブログ村 一人旅←クリックで応援お願いします☆



東北へ行こう!みちのく1人旅♪ - livedoor Blog 共通テーマ
凸d(^ー^)ポチっとな♪
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ