かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜

「かやのうち」へようこそ♪ 関東地方および西日本の旅行記を中心に書いています。 旅気分のおすそ分けです♪

2010年:群馬県の旅

日光白根山登山ダイジェスト(2)関東以北最高峰の山頂へ☆2010年10月:群馬県(片品・沼田)の旅・24

ブログネタ
☆☆関東甲信越を旅しよう!☆☆ に参加中!
 続きです。まだ(1)を見てない方は(1)を先にどうぞ。
 登山道の3分の2ほどは木々の中、ということで、途中には紅葉の見られる場所もありました。今週末の三連休あたりから、もっと紅葉が見られるようになりそうですよ☆
f2f20b75.jpg
aa14fe50.jpg
木々の向こうに雲海が見えます。
雲が山頂に上がってくる前に登頂しなくては!


f5c47977.jpg
a9fc1a79.jpg
edd46c64.jpg
途中から、急に背の高い木がなくなります。
いわゆる「森林限界」ですが、高緯度ながら日光白根山では標高2300〜2400mぐらいの高さに森林限界があるんですね〜。
しかし、森林限界を越えても背丈の低い木や草は多いです。
チングルマではありませんが、赤く紅葉した植物の草紅葉が見られました☆

空を覆う木々がなくなるとともに、景色も道も変わります。
岩や石ばかりのガレ場の道から、砂と小石ばかりのザレ場の道……このザレ場の道がまた結構な傾斜があるので滑りやすくて進みづらかったです。
立山のように転落する危険性は少ないですが、なるべく転倒しないように気をつけないと…。


2f53f932.jpg
b644c674.jpg
547b78be.jpg
そして、ついに山頂近くまでやってきました!
山頂は大きな岩が組み合わさっていて6畳間ぐらいの広さがあり、転落しずらいような岩の並びににもなってはいるんですが、それでも、こんなにたくさんの人が押しかけて、危なっかしそうですよね…。


4527f146.jpg
0a1afd7f.jpg
770762ab.jpg
登頂成功!!
測量官、かや太郎、日光白根山の登頂に成功です!!
(頂上部には三角点もあります)
立て札は2ヶ所にありますが、片方は岩の上にあるので危険です。手を伸ばして触れるのが精一杯でした。
この岩場に登って記念写真を撮る人は結構多いんですけど、足を滑らせたりバランス崩したりして転落死する人って毎年いるのではないでしょうか?

日光白根山の標高は2578m。
関東以北(関東1都6県を含め、東北地方、北海道)では最高峰を誇ります。
東北や北海道も名山は多いですが、意外に標高は低いんですね。
ちなみに新潟県まで含めても最高峰となります。
(火打山が2462m、妙高山が2454m)
それでも、日本百高山にはランクインしていないんですよね。
(100位の鋸山が2685m)
日本の屋根、日本アルプスは、やはり高いのです。


a9e10b54.jpg
f2da1a12.jpg
山頂からの眺望です。
地上は白い雲海で覆われ、山が頭を出しています。

混んでいたので、この方向以外は、山頂から降りた所の広場から撮ることにしました。


cebf99c8.jpg
29e652a7.jpg
26606c62.jpg
山頂を降りた山頂付近からの眺め。
女峰山と五色沼、
男体山と中禅寺湖、
女峰山〜男体山。
宇都宮や日光市街地から見える日光連山とは見え方が逆になります。
日光白根山からだと、西から東を見て、日光連山の西側面を見ていることになるんですね。


d53a9266.jpg
f54c82e6.jpg
13804ff8.jpg
崖っぷちの大岩の上に三脚を立てて命懸けで写真を撮っている人がいました。
危ないので、良い子は真似しないでくださいね!



8c013be9.jpg
4afdbcec.jpg
9386d0ac.jpg
頂上付近を少し散策してから、標高2000mのロックガーデンへ戻り、「天空の足湯」で足の疲れを癒してからロープウェーで下山しました。
ロックガーデンに戻った時にはもう霧の中で、日光白根山は見えませんでした。
雲海の雲がここまで上がってきたということなんでしょうね。

この後は午後3時過ぎにこの日の宿、沼田市の老神(おいがみ)温泉「楽善荘」さんに着き、ゆっくりゆったり温泉に癒され、美味しいお食事もたっぷり食べて元気回復しました♪
今回は筋肉痛にもなりませんでした♪温泉パワーってやっぱりスゴイですね☆☆☆





↓ 凸\(^ー^)今日もポチッと♪お願いします。

にほんブログ村 関東旅行

にほんブログ村 四国旅行

にほんブログ村 園芸初心者



↓2つの別ブログもよろしくお願いします☆

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

「おくのみち 〜東北地方・北海道の旅〜」

日光白根山登山ダイジェスト(1)紅葉が始まっています♪☆2010年10月:群馬県(片品・沼田)の旅・14

ブログネタ
☆☆関東甲信越を旅しよう!☆☆ に参加中!
 ここんとこずっと忙しくてブログの更新が遅くなっていてスミマセン。
 四国制覇の旅の途中ですが、ちょっとだけ中断して、日光白根山登山の速報レポートを書きます。
 実は、先日の10月2日(土)〜3日(日)は群馬県北部に出かけていました。2日の未明、午前4時出発で、車で群馬県片品村の日光白根山の登山に挑戦してきたのです!
 いきなり思いついたわけではなくて、去年も挑戦するつもりだったのですが、結構ハードな道のりなので、時期と天気が良くないと登るのは難しいんですよね。
 今回は朝からバッチリ快晴で風もなく絶好の登山日和でした。
 国道120号線(通称、日本ロマンティック街道)沿いにある「日光白根山ロープウェー」の山麓駅からロープウェーで一気に標高2000mのロックガーデンまで上がっちゃいます。初めて日光白根山に挑むならこのルートが一番です。
 ロープウェーは土日祝日は午前7時30分から開始なので、7時30分までに行きたかったのですが、遅くなってしまって山麓駅に入ったのは8時になってしまいました。
 今回の登山は標高2000mから約3時間かけて標高2578mの山頂を目指します。

af54978b.jpg
1748d312.jpg
1c77a755.jpg
ロープウェーのゴンドラからの眺め。
遠くの下界が雲海に覆われていて、武尊山(ほたかやま)が頭を出しています。
これは期待が持てそう!?


77339066.jpg
64c85059.jpg
40d559b8.jpg
ロープウェー山頂駅を出ると標高2000mのロックガーデンが広がっています。
強い日差しの下に日光白根山のシルエット。山の天気は良さそうです。

ロックガーデンも紅葉は始まっていますが、見頃はまだこれからのようです。


30cf3017.jpg
f13d8f1d.jpg
今の時期では見られる花の種類は少ないですが、キキョウの花が咲いていましたよ♪


ddffa49d.jpg
1d179e69.jpg
二荒山神社で日光の山の神様に安全祈願をしてから登山開始です。
3年前の秋に初めて日光白根山ロープウェーに乗った時は、日光白根山登山道のあまりのキツさに、さっさとあきらめて、この自然散策コースだけ歩いて帰ったのですけどね。

ebdf486a.jpg
1e6b0b7f.jpg
fb934fe8.jpg
シラネアオイなどの高山植物を鹿の食害から守るため、登山道入口には鉄の柵があります。ヤツらはニッコウキスゲでもなんでも食べてしまうんですね…。

標高は高いものの、登山道の3分の2ぐらいは木々の中の道ですから、涼しくて歩きやすいです。空気の薄さもあまり気になりません。
足元は土の部分が多いですし、高低差のある場所は木材で整備されていますので、登山道というよりハイキングコースっぽい感じ。
まあ、そうは言っても道を踏み外したら危険な場所もありますので、気は抜けませんけどね。

次の記事に続きます。





↓ 凸\(^ー^)今日もポチッと♪お願いします。

にほんブログ村 関東旅行

にほんブログ村 四国旅行

にほんブログ村 園芸初心者



↓2つの別ブログもよろしくお願いします☆

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

「おくのみち 〜東北地方・北海道の旅〜」



高崎城跡(4)高崎公園シンフォニーガーデン☆2010年7〜8月:群馬県(高崎)チョイ旅・94

ブログネタ
☆☆関東甲信越を旅しよう!☆☆ に参加中!
高崎公園の西端には、ヨ〜ロピア〜ンな庭園があり、様々な花が咲いています。もちろん無料で見られますよ♪

c84423e0.jpg
0fe84ec7.jpg
45358443.jpg

b3959e56.jpg
08e5e081.jpg
08330a5a.jpg
あまり広くはないですけど、いろいろ咲いています。


5b31a61e.jpg
9c8e3078.jpg
34b42205.jpg
バラも咲いています☆


311964c3.jpg
66c5fb71.jpg
シンフォニーガーデン……バックに音楽が流れていた……ような気がします。
高崎は、日本の地方オーケストラの先駆けとして知られる「群馬交響楽団」を生んだ地なんだそうです。
だから群馬音楽センターがあったりするんですね♪


0b14b0d1.jpg
6ff7ce22.jpg
シンフォニーガーデンの西端から「烏川」が見渡せます。高台で川の近くなので、風が心地良かったです。
ベンチもあるので、夕陽が見られればまた良いスポットなのでしょうけどね。この時はお昼頃でした。
さっさと帰って夕方からガーデニング(水やり)しましたよ。
ガーデニングに凝り始めると、なかなか遠出の旅でゆっくりはできないんですよね…。

そんなわけで、短編「☆2010年7〜8月:群馬県(高崎)チョイ旅」でした♪



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッと♪お願いします。

にほんブログ村 関東旅行

にほんブログ村 外猫

にほんブログ村 園芸初心者



↓2つの別ブログもよろしくお願いします☆

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

「おくのみち 〜東北地方・北海道の旅、トキどき新潟〜」



高崎城跡(3)夏花壇☆2010年7〜8月:群馬県(高崎)チョイ旅・84

ブログネタ
☆☆関東甲信越を旅しよう!☆☆ に参加中!
高崎城跡の一画、東のほうには大きな花壇があって、たくさんの花が咲いていました。

9cf2ddd5.jpg
4a7d9cbd.jpg
ba30a832.jpg

f039647c.jpg
ec83af7d.jpg
64a1b25f.jpg
マリーゴールドは分かるんですけど、他はなんていう花なんでしょう…。ペチュニアっぽいのがたくさん咲いています。


9c979e2c.jpg
7f80f80e.jpg
2bf2b095.jpg
こちらの円形の花壇は「ウ¨ィーナスの贈り物」という名前が付いています。
花壇の向こうには土塁が見えます。


2f650947.jpg
9b1bd0f6.jpg
fc08e212.jpg
外堀の外、南側には「高崎公園」があります。ここも高崎城の範囲だったのでしょうか。結構広くて緑が多く、噴水のある池もあります。良い休憩場所です。




↓ 凸\(^ー^)今日もポチッと♪お願いします。

にほんブログ村 関東旅行

にほんブログ村 外猫

にほんブログ村 園芸初心者



↓2つの別ブログもよろしくお願いします☆

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

「おくのみち 〜東北地方・北海道の旅、トキどき新潟〜」



高崎城跡(2)高崎城跡の水堀と歴史☆2010年7〜8月:群馬県(高崎)チョイ旅・74

ブログネタ
☆☆関東甲信越を旅しよう!☆☆ に参加中!
 続きです。猛暑の中でしたので、水堀のそばでホッと一息。

6bd1de2c.jpg
32aa942c.jpg
a8c61374.jpg
堀の向こうには土塁と、緑の木々。
噴水や像もあります。


f926e4bf.jpg
054b160a.jpg
591e9488.jpg
南側の水堀と土塁です。


0c2bd596.jpg
0a57ca4f.jpg
この街路樹は春には桜並木となる桜の木です。
夏には良い木陰になります。
ハトポッポも猛暑にグッタリしていますね…。

土塁の上の木々も桜の木です。桜の名所でもあるんですよ♪


c69ad918.jpg
8a69c319.jpg
カンバンワ!親切な地図と説明書き付き看板がありました☆
高崎城は烏川の東側の河岸段丘上に造られ、城の北側〜東側〜南側は水堀と土塁で囲んでいたようです。今もその水堀や土塁の一部は残っているんですが、それ以外の縄張りの多くは市役所や音楽センターなどの公共施設の敷地や公園になっています。

後からウィキペディアで調べてみたら、乾櫓(いぬいやぐら)という櫓だけは現存していて見られるそうなんですが、この時は気が付かなかったです。

『本丸には御三階櫓(天守)と乾(いぬい/北西)、艮(うしとら/北東)、巽(たつみ/南東)、坤(ひつじさる/南西)の4基の隅櫓があった。現存するのは乾櫓(県重文指定)のみである。』『昭和49年(1974年)乾櫓が市内の農家に払い下げられ移築されて納屋として利用されていたが、群馬県指定重要文化財に指定されたのを期に三の丸模擬石垣上に移築復元された。また、東門も同じく農家に払い下げられていたが昭和55年(1980年)に乾櫓近くに移築復元された。
』(ウィキペディアより抜粋)

 高崎城は、元は「和田城」という名の城で、今も別名は和田城です。
 和田城は平安時代の豪族、和田義信が築城したもので、室町時代になり関東管領の支配下になると、和田氏は管領の上杉氏に帰属。しかし、1561年に当時の城主和田業繁は上杉謙信に反旗を翻し、武田信玄につき、和田城は上杉勢の度々の侵攻に耐え、業繁の子、和田信繁は北条氏に属します。
 1590年、豊臣秀吉の小田原攻めの際には信繁は小田原城に籠城、和田城の留守を預かる信繁の子・兼業は、前田利家・上杉景勝等の連合軍に大軍をもって包囲され、4月19日(新暦5月22日)に和田城は落城し、廃城となります。

 高崎城の前身、和田城もまた、上杉・前田連合軍の大○殺の前に落ちていった関東の城の1つだったんですね…。
 (´人`)合掌…。

 小田原攻めの後、箕輪城(みのわじょう)の城主となっていた井伊直政が、1957年、関東を支配する徳川家康の命令で和田城跡地に高崎城を築城します。高崎城って井伊直政が築城したんですね〜。知らなかったです。
 井伊直政といえば、徳川四天王の1人にも挙げられた名将にして、「ひこにゃん」のモデルとも言われていたりするお方です。
 井伊直政は、1600年の関ヶ原の戦いの後は近江国(今の滋賀県)に移り、石田三成のいた佐和山城の城主となり、彦根城の築城を計画しますが、彦根城完成を待たずして、1602年には関ヶ原で受けた鉄砲傷が癒えず破傷風が元で死去します。
 (´人`)合掌…。

 話を戻しますが、井伊直政が近江に移った後の高崎城は、諏訪氏、酒井氏、戸田氏、松平(藤井)氏、安藤氏、松平(長沢・大河内)氏、間部氏、松平(長沢・大河内)氏と譜代大名が目まぐるしく入れ替わり、明治維新を迎え、明治6年には第3師官官内分営所が置かれました。以後、建造物は移築もしくは破却され、跡地の大半は歩兵第15連隊の駐屯地として使用されたそうです。
 今も縄張りのほとんどが公共施設敷地に占領されているために、これだけ大規模の城跡かつ、長い歴史を持ちながら日本百名城には選ばれず、箕輪城跡のほうが日本百名城に選ばれています。
 箕輪城も現在の高崎市内(旧:箕輪町)にある城跡で、現在は石垣や土塁、空堀ぐらいしか残っていませんが、大規模な縄張りが城跡公園として残っています。
 箕輪城の歴史って、1512年に築城されてから、井伊直政が高崎城に移る1598年までしかないので短いんですよね。





↓ 凸\(^ー^)今日もポチッと♪お願いします。

にほんブログ村 関東旅行

にほんブログ村 外猫

にほんブログ村 園芸初心者



↓2つの別ブログもよろしくお願いします☆

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

「おくのみち 〜東北地方・北海道の旅、トキどき新潟〜」


凸d(^ー^)ポチっとな♪
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ