ブログネタ
日帰り温泉で行こう! に参加中!
6IMG_5653
 前記事で書いたとおり、海辺の露天風呂に入るためには、まず「不老ふ死温泉」の宿の本館にある受付で入浴料を払い、チケットをもらう必要があります。
 宿の本館にある内湯にも入れますので、まずは内湯の洗い場で汗を流し、お湯に入って体を慣らしましょう♪
 内湯の脱衣所にはキーロッカーもありますので、荷物はロッカーに入れます。
 海辺の露天風呂に行く時は距離が長いですし駐車場から丸見えですから、服を着ていきましょうね(汗)



6IMG_5652
 内湯はこのように、男湯女湯ともに海の見える展望風呂になっています。(男湯・女湯はもちろん分かれていますよ。)

 内湯内部も人がいたので写真は撮りませんでした。内湯の様子は少しだけ公式ホームページにありますので、そちらを見てみてください。

 内湯脱衣所にあった温泉分析表だけは撮ったのですが、分析が平成15年で、公式ホームページには平成19年の分析表が載っていまして、ずいぶん違うみたいなので、そちらを見てみてください。


 公式ホームページの「本館」の温泉分析表より・・・・
 源泉名=黄金崎不老不死温泉
 泉質=含鉄‐ナトリウム・マグネシウム‐塩化物強塩泉(高張性中性高温泉)
 源泉温度=53.9度(気温23.5度)
 PH値=6.68

 「新館」の温泉分析表より・・・・
 源泉名=黄金崎不老不死温泉
 泉質=含鉄‐ナトリウム・マグネシウム‐塩化物強塩泉(高張性中性高温泉)
 源泉温度=51.7度(気温21.2度)
 PH値=6.16


6IMG_5668
 実は、「新館」には「パノラマ露天風呂」とサウナがあるそうで(男湯・女湯別です。)、そちらは源泉が違うそうなんですが、この時はそこまで知らなくて、本館の内湯と、外の海辺の露天風呂しか入りませんでした。


 日帰り入浴料金=大人600円、子供300円

 日帰り入浴可能な時間
 ★本館内風呂  OPEN 8:00  CLOSED 21:00
  (最終受付 20:00)
  ※内風呂からも海を眺められます
 ★新館内風呂  OPEN 10:30  CLOSED 14:00
  (最終受付 13:30)
  ※サウナ・パノラマ露天風呂あり
 ★海辺の露天風呂  OPEN 8:00  CLOSED 16:00
  (最終受付 15:30)
  ※高波の場合は危険な為、CLOSEとなります



↓ 公式ホームページはこちらです。

「不老ふ死温泉 公式ホームページ」



 次に続きます。

↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 国内一人旅



↓本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ1「やねのうえ」もヨロシクです。

本館ブログ「かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜」

別館ブログ1「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」