おくのみち 〜東北地方・北海道の旅〜

「東北地方」と「北海道」の旅の記録です。旅の道中で新潟県や群馬県にも寄っている場合はそれらも含めて書きます。本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

自然風景・まち並み

睡蓮沼から見る八甲田山(1) (十和田市)☆2011年9月:青森の旅・53

ブログネタ
自家用車・レンタカーでドライブ旅〜! に参加中!
7IMG_6055
 十和田湖畔を出て、国道102号を北へと走っていくと、左手側に「奥入瀬川(おいらせがわ)」が見られます。
 奥入瀬川の渓流も青森県の見所の1つなのですが、以前渓流沿いを歩いて見たことがあり、この日はスケジュールが詰まっていたので、車窓から見るだけにしました。



7IMG_6045
 しかし、車を脇に一時停車して何枚か撮ってみたものの、車が完全に止まっていなかったらしくてブレてしまい、ほとんどがボツです。この写真もブレていますね。
 やはり、車をちゃんと停めて、車の外に出て写真を撮ったほうがいいですね。



7IMG_6057
 そんなわけで、次の目的地へ・・・・



7IMG_6066
 国道102号から103号へ、だんだんと標高の高い場所へ上がっていきます。
 青空が澄んできましたね〜♪
 これから行くのは八甲田山のロープウェイなのですが、



7IMG_6067


7IMG_6096
 その道の途中に、「睡蓮沼(すいれんぬま)」という沼があります。
 ここは十和田市から青森市に入る手前、八甲田山の南方にあり、沼越しに八甲田山が見られる隠れた名所なんですよ〜。



7IMG_6073
 おおっ! 沼の向こうに八甲田山が!
 沼も青空を映して綺麗な青色をしています。



7IMG_6070

7IMG_6072
 親切なパネルがありました。
 画像をクリックして、大きな画像で見てみてください。
 八甲田山は主峰で最高峰の八甲田大岳(1584m)の他、周囲にたくさんある山の総称です。「八甲田山」という名前の付いた峰は、実はありません。
 上の写真で見える2つの峰のうち真ん中の丸っこい峰が八甲田大岳の山頂ですね。
 左は硫黄岳、右は小岳です。



7IMG_6077
 小岳の右には



7IMG_6079
 高田大岳。きれいな形をした山ですね。



7IMG_6080
 左側・・・・硫黄岳(この写真で中央の峰)の左にあるなだらかな山は石倉岳です。
 ここからはこの5つの峰が見られます。


 次に続きます☆


↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 国内一人旅



↓本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ1「やねのうえ」もヨロシクです。

本館ブログ「かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜」

別館ブログ1「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」



十二湖(6)神秘の「青池」・その2 [深浦町]☆2011年9月:青森の旅・39

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
7IMG_5602
 神秘の池、「青池」が綺麗なのは、やっぱり晴天の日!
 時間も、なるべく太陽が高い位置にある時間が良いですよ☆
 青空を映した池に、輝く太陽も映りこむと、なお綺麗なのです☆☆



7IMG_5604


7IMG_5606
 池のそばで見ると、池の水中にある木の根なども見えて不思議な感じがします。



7IMG_5607


7IMG_5613


7IMG_5615


7IMG_5621
 見る場所、方向によっては、同じ青池でも黒く見えてしまいます。



7IMG_5622
 黒いですよね〜。



7IMG_5616
 もっと秋が深まり、紅葉の時期になれば、色付いた木々と青池の青で綺麗な風景が見られそうです。

 十二湖の散策はこれにて終了です。
 お次は、「不老不死温泉」へ行きますよ♪お楽しみに!



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 国内一人旅



↓本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ1「やねのうえ」もヨロシクです。

本館ブログ「かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜」

別館ブログ1「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」




十二湖(5)神秘の「青池」・その1 [深浦町]☆2011年9月:青森の旅・38

ブログネタ
海・湖・池・川・・・水のある風景 に参加中!
7IMG_5589
 十二湖の中でも人気のある池「青池(あおいけ)」にやってきました☆



7IMG_5591
 おおっ!すごい綺麗な青色ですね〜☆



7IMG_5592
 ズームアップです!
 透き通ったコバルトブルーの水に、うっすらと池の中の木の根?が見えて不思議な感じがします。
 本当に、神秘的な池ですね。



7IMG_5594
 青池を見るなら晴れの日、日光が上から当たる時間帯が良いようです。



7IMG_5596
 青池の展望台はこのように上下2段になっているのですが・・・・



7IMG_5598
 上の段から見ようとすると、下の段の人たちが入ってしまうので、下の段から撮ったほうがいいですね。



7IMG_5600
 小さな池なんですけど、いろんな方向から見て楽しみましょう♪


 次に続きます☆


↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 国内一人旅



↓本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ1「やねのうえ」もヨロシクです。

本館ブログ「かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜」

別館ブログ1「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」




十二湖(4)「森の物産館キョロロ」と、アイスクリームと、鶏頭場の池 [深浦町]☆2011年9月:青森の旅・37

ブログネタ
東北旅行 に参加中!
7IMG_5630
 十二湖の名所「青池」の近くに有料駐車場があります。青池まで行くには、この有料駐車場に車を停めて徒歩で行くことになります。
 有料駐車場の入り口には「森の物産館キョロロ」というログハウスの建物があります。



7IMG_5632
 お土産品の他に、コーヒーやアイスクリーム、ラスクなどの軽食も売っています。
 「キョロロ」とは・・・・・・・・という渡り鳥の鳴き声です。
 ありゃ?マジックが薄い色で、ほとんど消えちゃってますけどぉ〜。
 「キョロロ」と鳴く渡り鳥は「アカショウビン」という鳥だそうですよ。



7IMG_5631
 ブルーベリーのアイスクリームも美味しそうなんですけど、



7IMG_5633
 「木いちごアイスクリーム」にしちゃいました♪
 どちらも250円です。
 この日も暑かったので、アイスが美味しかったですね〜♪



7IMG_55342
 この地図で「挑戦館」と書いてある辺りに「森の物産館キョロロ」があります。
 以前は「挑戦館」という名前の建物があったのでしょうか?

 キョロロから道路を挟んで反対側には「鶏頭場(けとば)の池」という大きな池があります。



7IMG_5572
 こちらが「鶏頭場の池」です。



7IMG_5576


7IMG_5578
 見る場所と方向によっては緑色に見えたり、



7IMG_5581


7IMG_5585
 青空が水面に綺麗に映ったり・・・・。なかなか良い風景ですね。

 鶏頭場の池を見ながら奥に進むと「青池」です。

 次の記事で「青池」をレポートします。お楽しみに♪



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 国内一人旅



↓本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ1「やねのうえ」もヨロシクです。

本館ブログ「かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜」

別館ブログ1「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」




十二湖(3)落口の池と、十二湖庵と、沸壺池の清水 [深浦町]☆2011年9月:青森の旅・36

ブログネタ
名水百選 に参加中!
7IMG_5559
 続きです。こちらは「落口の池」です。



7IMG_5557
 ここは、ベンチに座って池を眺めることもできますし、



7IMG_5566
 道を挟んだ向かい側には・・・・



7IMG_5561


7IMG_5560
 「十二湖庵(じゅうにこあん)」という茶屋がありますよ♪

 この茶屋のそばには・・・・



7IMG_5562
 後ろの山から勢いよく清水が流れています。



7IMG_5570


7IMG_5564
 「沸壺池の清水(わきつぼいけのしみず)」
 この山の奥にある小さな池「沸壺の池」から流れてくる清水のようです。
 「平成の名水百選」(No.4)に選ばれている名水です。
 飲んでみたんですけど、ヒンヤリとして美味しかったですよ♪

 次に続きます♪



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 国内一人旅



↓本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ1「やねのうえ」もヨロシクです。

本館ブログ「かやのうち 〜蒼穹のトラベラー、関東・西日本の旅〜」

別館ブログ1「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」




凸ポチッとな♪
最新記事
カテゴリー別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ