おくのみち 〜東北地方・北海道の旅〜

「東北地方」と「北海道」の旅の記録です。旅の道中で新潟県や群馬県にも寄っている場合はそれらも含めて書きます。本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

2010年3月:福島県(いわき市)の旅

いわき湯本温泉「ホテルパームスプリング」(4)朝の風景と朝食☆2010年3月:福島県いわき市の旅・8

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
 前日の夜はミゾレが降りましたが、翌日は朝から晴れで、うっすらと朝日も見られました。ちょうど部屋が東向きの部屋でした☆

4IMG_7507

4IMG_7509
 雪景色が見られるかと思ったのですが、水分の多いミゾレだったようで、ほとんど雪としては残らなかったようです。

 朝風呂に入って、朝日を見て、次は朝食です。

4IMG_7511
 朝食はバイキング形式ではなく、夕食時と同じレストランのテーブルの決まった席で、決まった料理が運ばれてきます。バイキングが面倒で苦手な方には嬉しいでしょうね。朝からこれだけの量が出てくるというのもすごいです。

4IMG_7512
 朝は牛乳でしょう♪


4IMG_7514
 朝からアツアツな鍋焼きうどんです♪すごいなぁ〜。全然手抜きなしの朝食ですね。格安旅館だったらこれ以下の夕食の場合もありますよね〜。

 そんなわけで、温泉も夕食も朝食も大満足の「ホテルパームスプリング」さんでした♪

 この後は茨城県水戸市の「偕楽園梅まつり」や「水戸城跡」「千波湖」に行っていますが、そちらは本ブログ「かやのうち」で書きましたので、まだ見てないという方は本ブログのほうでご覧ください。

 短編「2010年3月:福島県いわき市の旅」は以上です☆

 次もちょっと短編を挟む予定です。
 年末年始の東北・北海道の旅はもう少しお待ちください。

いわき湯本温泉「ホテルパームスプリング」(3)舟盛りプラン夕食☆2010年3月:福島県いわき市の旅・74

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
 ホテルパームスプリングさんは、じゃらんnetの2007年「東北地方の夕食部門クチコミ1位」を獲得しているそうで、夕食が素晴らしいです。プランにより値段は違いますが、今回選んだ「新鮮!豪華!地元小名浜港直送の舟盛りプラン☆」がお手頃価格でオススメです☆
 平日で1人あたり14800円。
 休前日で1人あたり16800円となります。
 この値段でドーーーンと舟盛りで、小名浜港直送のお刺身が付いてきちゃうんだから嬉しいですね♪

 時期によるようですが、1人泊まりではこのプランは利用できないようなので、2人以上で泊まる時にどうぞ。少人数なら館内の広いレストランでの夕食になりますので、カップルの旅にオススメです。
 また、このプランよりグレードが上のプランもあります。

5IMG_7471


5IMG_7472
 漁業の盛んな「いわき」に来たら、やっぱり新鮮なお刺身をたっぷり食べたいですよね〜♪
 もちろん、新鮮でプリプリなお刺身はどれも美味しかったですよ〜☆
 この量で、1隻、1人分なんです!
 1人分でこんなに大きな舟盛りが来るっていうのも珍しいですよね。


5IMG_7476
 鍋物は海鮮鍋ですね〜。


5IMG_7474

5IMG_7478

5IMG_7480

5IMG_7484
 メインは舟盛りですが、他の品もなかなか美味しかった美味しかったです。

↓じゃらんnetの紹介ページはこちら。

「施設詳細[ホテルパームスプリング]-じゃらんnet」

5IMG_7482
 館内レストランから見た外の様子。
 この日は夜にミゾレのような雪が降ったのでした。




↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 外猫


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜猫にたびたび(・ω・)〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」
 

いわき湯本温泉「ホテルパームスプリング」(2)乳白色の硫黄泉☆2010年3月:福島県いわき市の旅・64

ブログネタ
温泉に行こう に参加中!
 それでは、ホテルパームスプリングさんの温泉へレッツゴー♪
 最初に入ったのは午後4時頃で、他にも人が入っていたので、写真は撮れませんでした。ここからの写真は夜中に入った時に撮ったものです。

6IMG_7489
 広〜い木の浴槽に、乳白色のお湯。白い湯気。硫黄泉なので硫黄のにおいもしますが、強くはないので、慣れれば気にならなくなると思います。
 半露天風呂のような感じで外気が入ってくるので、冬場は早くお湯に入らないと寒い思いをするかもしれませんが、夏場なら嬉しい涼しさになると思います。(クチコミの返事などで、冬の防寒対策は今後考える…とホテル側は答えていますので、今後は防寒対策が取られるかもしれません。)


6IMG_7492
 寒くても、ちゃんと洗ってから入りましょうね〜。
 カランはそこそこな数があります。


6IMG_7496
 浴槽はこの内湯1つですが、源泉掛け流しですし、湯口の近くは熱め、湯口から離れるとぬるめになります。半露天なので、たまに浴槽の縁に座って足湯状態になって休めば、長湯して楽しめますよ〜☆


6IMG_7465
 脱衣所にある温泉分析書です。


6IMG_7462
6IMG_7464
 こちらも温泉分析書です。
 ちょっと見づらいでしょうか。

 源泉名=「磐城湯本温泉 湯本温泉源泉」
 源泉温度=59.5度(気温30.9度)
 ph値=8.0
 泉質=含硫黄−ナトリウム−硫酸塩・塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)


6IMG_7467
 気温の高い時のみ加水、気温の低い時のみ加温、循環ろ過は無しの源泉掛け流しです。


この大浴場の利用できる時間は…
平日は15:00〜24:00
翌朝は5:00〜9:00。
休前日は24時間ご入浴可です。

休前日(土曜日泊まり等)は24時間いつでも入浴可なのが良いですが、同じプランでも1人当たり2千円ほど割高になってしまいますのでご注意ください。

次は、夕食です。お楽しみに〜☆



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 外猫


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜猫にたびたび(・ω・)〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

いわき湯本温泉「ホテルパームスプリング」(1)☆2010年3月:福島県いわき市の旅・54

ブログネタ
温泉に行こう に参加中!
 湯本駅の駅前通りを真っ直ぐ歩いていくと、ちょっとした広場があって、こんな看板がありました。

6IMG_7453

6IMG_7451
 「いわき湯本温泉」についての説明書きです。
 ※画像をクリックすると大きな画像で見られます。

 いわき湯本温泉は……『開湯の歴史は古く、奈良時代であるとされ、古くはこの地を「佐波古(さはこ)」と呼んだ。伝承によると、傷を負った一羽の丹頂鶴がこの地の泉に降り立ち、湯浴みをしている所、可哀相に思った若夫婦の旅人が傷口を丹念に洗い流したところ、そのツルは元気に飛び立ち、そして数日後ツルが化けた貴女が現れ、巻物を2人に授けた。そこにはこの御湯を開き、天寿を全うせよとあり、以来そこに「佐波古」の湯が開かれたとされる。
 延長五年(927年)の「延喜式神名帳」にはこの湯に鎮座する「磐城郡温泉(ゆの)神社」の名前が撰上されるようになり、それに因みいつしか「日本三古泉」という言葉を宣伝文句に用いるようになった。』(ウィキペディアより抜粋)
 歴史のある名湯なんですね〜!

 いわき湯本温泉は、福島県南東部「いわき市」の湯本駅周辺にあり、温泉旅館等は湯本駅周辺に散在していて、一箇所に軒を連ねるようなまとまった温泉街にはなっていません。
 「フラガール」で有名になった「スパリゾートハワイアンズ」(1990年以前は「常磐ハワイアンセンター」の名前だった所です。)も、いわき湯本温泉です。


 今回泊まることにした宿は、湯本駅から3kmほど離れた場所にある「ホテルパームスプリング」さんです。
 事前に予約しておけば送迎バスで迎えに来てくれるのですが、いわき湯本に個人的に来たのは初めてなので、地図を片手に歩きで行っちゃいました。

6IMG_7454
 ホテルパームスプリングさんの外観です。閑静な住宅地の中にあります。


6IMG_7458
 入り口付近に足湯「パームの湯」がありますよ☆


6IMG_7460
 上のほうの階のお部屋にしてもらえました。眺めは良いんですけど、目の前は住宅地ですね〜。
 左手側は山林地帯で丘のようになっています。海からだいぶ離れていますが、山岳地帯というほど起伏はない場所です。
 いわき湯本温泉の泉質は「含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉」です。簡単に言えば、火山系の硫黄泉と海沿い系の塩分の多い温泉の特徴が合わさった感じの温泉で、弱アルカリ性ながらその成分の濃さで乳白色のにごり湯になっている温泉が多いです。こういう温泉は全国的に見てもなかなか少ないのではないかと思います。まさに名湯!ですね。温泉好きさんなら「絶対に入っておきたい温泉がそこにはある!」という感じです。

 能書きはこれぐらいにして(汗)、次の記事では「ホテルパームスプリング」さんの温泉をレポートします。お楽しみに〜。




↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 外猫


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜猫にたびたび(・ω・)〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

「湯本駅」駅前風景と像(2)猫ちゃんと少女☆2010年3月:福島県いわき市の旅・44

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
 湯本駅の駅前通りの歩道には、こんな可愛らしい像も。

7IMG_7449

7IMG_7448
 ベンチにチョコンと座っている猫ちゃん。
 他の像と同じく、ベンチと一体化しています。


6IMG_7520

7IMG_7443
 正面から見るとこんな感じ。ちょっと痩せてる感じが…。もう少しふっくら感がほしいですね。


7IMG_7447
 名前を付けてほしいようです。
 文章、見づらいと思いますので、クリックして大きな画像で見てみてください。

 湯本駅前の猫なので……ゆもとちゃん……ゆもっちゃん……もっちゃん……

 よし、お前の名前は「モッくん」だ!

(;ω;)そんな名前ヤダ〜!


6IMG_7524
 ここにはもう1つの像、花束を抱える少女がいます。
 前記事の、フルートを吹く少女よりは少女らしいですね。

 写真を良く見ると、向こうの本屋の前のベンチにまたメタボなオッチャンの像が見えるんですが、そちらは写真撮るの忘れてしまいました。


6IMG_7522


6IMG_7528


6IMG_7526
 こちらも文章の書かれた板が横にあります。
 こちらも画像をクリックして大きな画像で見てみてください。
 会ったことのないペンパル(文通友達)を待っている少女なんですね。




↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 外猫


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜猫にたびたび(・ω・)〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」
凸ポチッとな♪
最新記事
カテゴリー別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ