おくのみち 〜東北地方・北海道の旅〜

「東北地方」と「北海道」の旅の記録です。旅の道中で新潟県や群馬県にも寄っている場合はそれらも含めて書きます。本館ブログ「かやのうち」、別館ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅

喜多方ラーメン「まつり亭」と、喜多方の夕景☆2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅の帰り

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
 国道459号を西へ走り、喜多方市へ。ひと昔前に通った時は途中の山あいに道の狭い場所があったような気がするんですが、今は整備されていて走りやすかったです(どんだけ昔の話だよ…)
 喜多方市に入り、目指すは国道121号沿いのラーメン店。今回は「喜多方ラーメン まつり亭」さんにしました。

2IMG_2286
 日没前なら、わりと空いてますね。



2IMG_2283
 道を挟んだ向かい側(西)には、同じく喜多方ラーメンのお店「すがい」さんが建っています。



2IMG_2288
 まつり亭さんの駐車場から東を見ると、なだらかな山が見えます。この山は磐梯山の西の山々だと思われます。ここからでは磐梯山のトンガリは見えませんが、なかなか良い風景です。



2IMG_2290
 北東方向にも遠くに山々が見えます。吾妻連峰の一部でしょうか?
 夕陽の光が当たって雲が赤く染まっていますね…。


 さて、そろそろ、食べましょうか〜?


2IMG_2292
 オーダーは、もちろん「チャーシューメン」です♪
 喜多方ラーメンなら、やっぱりチャーシューメンを食べなきゃね♪
 一口サイズに切られた柔らか煮豚チャーシューがたくさん乗っているのが喜多方ラーメンのチャーシューメンの特徴です。



2IMG_2293
 麺は中太のちぢれ麺でした。
 やっぱり喜多方ラーメンは美味しいですね〜☆
 お値段は900円なり〜。



2IMG_2299
 「うちわ」をタダでもらいましたよ〜。嬉しいですね〜。(この時は8月です。)



2IMG_2297
 外に出るとすでに夕陽は西の雲の中に沈んでいましたが、北東方向の吾妻連峰の上に浮かぶ雲が真っ赤に染まっていました。



2IMG_2242
 福島県のお土産で人気がある「喜多方ラーメンせんべい」。
 今回は道の駅裏磐梯で買いました。
 喜多方市内だけでなく、猪苗代湖のレストハウスや、道の駅安達などなど、福島県の会津地方から中通り地方にかけて広く見かけるお土産菓子です。
 ビールにも合いますよ(^ー^)ノ


 この後は、まっすぐに栃木県南へと帰りました。途中、道の駅湯西川で温泉に入りたいと思っていたんですが、午後8時までに着くことができず、駐車場で休憩だけになってしまいました。
 喜多方で夕方だと、寄り道しなくても栃木県南に帰るのは夜中になってしまうんですよね…。

 「2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅」は、これにて終了です。
 次は、秋が終わらないうちに、安達太良山の紅葉の写真をどんどん載せたいと思います。お楽しみに♪



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 東北風景写真


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜雑記と、関東・西日本の旅〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」
 

裏磐梯・桧原湖(2)会津磐梯山を望む☆2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅の帰り

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
2IMG_2265
 道の駅裏磐梯から再び桧原湖(ひばらこ)の湖岸沿い道路へ。
 少し北に行った所に駐車場があったので、車を停めて湖岸道路の歩道を歩いてみました。



2IMG_2268
 駐車場からは、右手側に山林があるので磐梯山(ばんだいさん)が見えないんですけど……
(・ω・;)三(;・ω・)



2IMG_2251
 歩道に「白い足跡」があるので、足跡を追ってみると、
 ((((((((((( ・ω・)
 途中で曲がっているので、足跡に合わせて向きを変えてみると……





2IMG_2246
 おおおっ!( ゚ o ゚ )
 磐梯山が見えるじゃぁ〜ないですか!
 2つのトンガリをもった山が会津磐梯山〜ですよ♪



2IMG_2249
 ズームアップ!
 正式には右側のトンガリが磐梯山になり、頂上は標高1816mあります。
 左のトンガリは櫛ヶ峰(標高1636m)。
 2つのトンガリの間には、過去の火山活動による崩壊した部分が見えます。



2IMG_2248
 さらにズーーームアップ!
 崩壊地帯の山肌が荒々しいですね…。

 磐梯山の火山活動は、かなり長いスパンで起こっているようで、1888年に大噴火があった後、現在は休止状態になっているようです。
 過去の主な火山活動は・・・
 『西暦806年(大同元年)に噴火し、それまで2,000m以上あった富士山型の山から、1888年噴火前の4峰(大磐梯、小磐梯、赤埴山、櫛ヶ峰)になったといわれているが、富士山型の山の崩壊については有史以前からの何度かの噴火によるものとの研究も有力である。』
 『1888年(明治21年)7月15日の水蒸気爆発による噴火時に小磐梯が山体崩壊を起こし(麓から湧き出していた温泉により風化したのが原因と考えられている)、発生した爆風と岩屑なだれにより北麓の集落(5村11集落)が埋没するなどの被害を及ぼし477人の死者を出した。また長瀬川とその支流がせき止められ、土石流や火山泥流が下流域に被害を与えている。このせき止めにより桧原湖、小野川湖、秋元湖、五色沼をはじめ、大小さまざまな湖沼が形成された。』
 (ウィキペディアより抜粋)
 この広い桧原湖が1888年以前は無かったなんて、磐梯山の大噴火の激しさは想像を絶しますね…。



2IMG_2253
 次は、喜多方市で夕食、と言ったらアレですね。お楽しみに〜。



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 東北風景写真


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜雑記と、関東・西日本の旅〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

裏磐梯・桧原湖(1)道の駅裏磐梯へ☆2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅の帰り

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
2IMG_2216
 白布峠から西吾妻スカイバレーを降りてくると、道は桧原湖(ひばらこ)の湖岸沿いを行く道路になります。湖の東岸の道路は、東側が山ばかりなので、あまり建物やレジャースポットは無いのですが、途中に車を数台停められる休憩スペースがあったので、そこから少し歩いて桧原湖の風景を撮りました☆


2IMG_2224


2IMG_2221
 この辺りは釣り船もボートもほとんど来ないので静かな湖の風景が楽しめます。
 この辺りも10月後半は一面に紅葉の木々が見られる場所なので、きっと今頃(10月22日)は紅葉の見頃ですね♪(←そんなのばっかりですね;)
 良い風景なんですけど、ここからでは「磐梯山(ばんだいさん)」が見えませんね……。



2IMG_2213
 湖の水もとっても綺麗です。



2IMG_2228
 桧原湖と周辺の地図が道の駅裏磐梯(うらばんだい)にありました。
 西吾妻スカイバレーを降りてくると桧原湖の北東岸に当たります。
 磐梯山は桧原湖の南南東の方向にありますので、湖越しに磐梯山を見たいなら、桧原湖の西岸に行く必要があります。(東岸でも場所によっては磐梯山が見えるのですが…)

 南岸は五色沼が近かったり、桧原湖畔のレストハウスなどがあって紅葉シーズンは混雑しやすいのですが、この時はまだ8月でしたので、スイスイっと時計回りに東岸→南岸→西岸と行けちゃいました。



2IMG_2230
 というわけで、とりあえず「道の駅 裏磐梯(うらばんだい) 裏磐梯ビューパーク」に行ってみました。
 この道の駅は桧原湖の西側にあり、福島県耶麻郡「北塩原村(きたしおばらむら)」の中にあります。
 桧原湖の西岸だけでなく北岸から東岸にかけて、広い範囲が北塩原村ですが、この村名よりも「裏磐梯」と言ったほうが近県の人間には分かりやすかったりします。



2IMG_2232
 この道の駅、湖岸道路から少し西に入った高台にあるんですが……こんな所から桧原湖や磐梯山が見えるんだろ〜か?
 どうやら、建物の裏のほうから湖が見れるようなんですが……。



2IMG_2227
 あっれ〜〜〜〜〜?
 これしか見えないんかい(ー”ー;)
 ってゆーか、この方向では磐梯山は見えないジャン。
 まあ、あくまで「裏磐梯ビューパーク」ですから、磐梯山が見えなくても間違ってはいないんですが……ちょっとガッカリですね。

 でも、ここから近くの湖岸道路からは磐梯山が見れますので、ひと休みしてからそっちへ行きましょー。

 というわけで、


2IMG_2236
 何を食べようかな〜〜〜〜〜?



2IMG_2237
 まあ、大方の予想通りに…(^^;)



2IMG_2240
 珍しい「やまぶどう」のソフトがあったので、やまぶどうとバニラのミックスを食べましたよ〜♪♪
 「山塩」のソフトクリームなんていうのもありますけど…「塩バニラ」みたいな味なんでしょうか?また行く機会があったら食べてみたい、かも。


 次の記事で、湖越しの磐梯山です。お楽しみに。



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 東北風景写真


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜雑記と、関東・西日本の旅〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

天元台ロープウェーと白布峠☆2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
2IMG_2181
 天元台高原駅(山頂駅)からはゴンドラのロープウェー「天元台ロープウェー」で湯元駅(山麓駅)へ降ります。
 このロープウェー区間は10月中旬〜下旬は一面に紅葉の木々が見られる場所なので、きっと今頃(10月22日)は紅葉の見頃ですよ♪ 去年見たこの場所の紅葉は、カテゴリー別アーカイブの「2010年10月:山形県(米沢市白布)の旅」を見てみてください。


2IMG_2189
 ゴンドラは20分に1本出ていますが、紅葉シーズンは混雑するのでご注意を〜。
 夏場はゴンドラも駐車場も余裕がありました。



2IMG_2202
 今回は白布温泉に寄らずに、まだ天気が良いので桧原湖(ひばらこ)を目指すことにしました。
 西吾妻スカイバレーを車で走り、山形県と福島県の県境「白布峠(しらぶとうげ)」で一休み。ここにはトイレと広い駐車場があります。



2IMG_2191
 標高1404mあります。
 天元台ロープウェーの湯元駅(山麓駅)が約1000mですから、結構登ったことになりますね。
 看板の向こうには、小さくですが、天元台高原の山頂駅やアルブ天元台が見えます。



2IMG_2200
 ズーーームアップ!
 中央に見えるのがアルブ天元台ですね。右の斜面にはゲレンデが見えます。



2IMG_2193
 再び遠景。この写真の左端に小さく見えるのがアルブ天元台です。右側の山へ、ロープウェーのリフトと、自分の足で登ったわけですね。
 この辺りも10月中旬〜下旬は一面に紅葉の木々が見られる場所なので…(以下省略)



2IMG_2196
 さらに右。真ん中あたりのなだらかな頂きが西吾妻山の山頂で、右のほうの頂きは西大嶺ではないかと思われます。
 この白布峠あたりから、西大嶺を経由して西吾妻山へと縦走する登山ルートもあるらしいですが、山林の中を抜けていくわけですから大変な道のりになりそうです。


 さて、再び車を走らせて、今度は長い下り坂になります。
 急カーブの多い坂の途中に「東鉢山七曲り(とうばちやまななまがり)」という場所があって、車を数台置けるスペースがあり、夕陽の名所なので夕方は多くのキャメラマンが三脚を立てていることもある場所です。

2IMG_2208
 この眺め!左に見えるのは磐梯山(ばんだいさん)、中央に見えるのは桧原湖(ひばらこ)です。
 この辺りも10月中旬〜下旬は一面に紅葉の木々が見られる場所…(以下省略)


 次は、桧原湖畔のレポートです。お楽しみに〜。



↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 東北風景写真


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜雑記と、関東・西日本の旅〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」

白布天元台高原「しらかばリフト」と青空とアルブ天元台☆2011年8月:山形県(米沢市白布)の旅

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!
3IMG_2122
 3つのリフトの中では一番低い場所を行く「しらかばリフト」です。
 右手側の木に花らしきものがたくさん咲いています。
 この木なんの木?



3IMG_2126
 遠くの山も、標高が低くなるにつれ、だんだん見えなくなっていきます。



3IMG_2133
 冬場はスキーゲレンデになります。
 豪雪地帯なので初雪も早いでしょうね。



3IMG_2139
 リフトの発着所が見えてきました。その向こうにペンション村も見えています。



3IMG_2141
 ペンション村の横にはテニス場もあるんですよ。



3IMG_2145
 そろそろ到着ですね。



3IMG_2146
 次は、あちら、アルブ天元台(天元台ロッヂ)に行ってみましょう。



3IMG_2148
 アルブ天元台は宿泊施設にもなっていて、スキーシーズンは宿泊客が多いようです。
 でも、ロープウェーで下山すれば、すぐ名湯の白布(しらぶ)温泉ですから、白布温泉の宿がとれるなら白布温泉に泊まったほうが疲れがとれて良いと思いますけどね。


 アルブ天元台のレストランでは、カレーライスが人気です。
 秋には「いも煮」もやっていて、去年の秋に来た時はがんばってカレーといも煮を頼んで完食したのですが、カレーもいも煮もどちらも結構なボリュームでした。

 今回は、夏で暑かったので…(この日は8月14日)



3IMG_2155
 お約束のソフトクリームです♪
 (やっぱりかい!)
 高原ですから、バニラ1色のソフトクリームもすごく美味しく感じますね。



3IMG_2163
 この後は、ロープウェーで下山し、車で白布峠を越え、福島県側の裏磐梯へ…!お楽しみに〜。




↓ 凸\(^ー^)今日もポチッとお願いします♪

にほんブログ村 東北旅行

にほんブログ村 東北風景写真


↓本ブログ「かやのうち」、別ブログ「やねのうえ」もヨロシクです。

「かやのうち 〜雑記と、関東・西日本の旅〜」

「やねのうえ 〜日本の屋根、北陸・甲信越の旅〜」
凸ポチッとな♪
最新記事
カテゴリー別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ