猫庭

Nekoniwa is here, there and everywhere.

カテゴリ: 沖縄

先日載せた、この写真。
FullSizeRender

拡大してみて初めて気がついたけど、「てびちそば」っていうのがある。食べたい。
FullSizeRender


この銀行の左奥に潜んでいる…
IMG_4870

空港食堂で食べようと思ったけど、モーニングしかやってない時間だったので断念。
IMG_4872

普通の沖縄の定食が食べられるので、気に入っている店です。また次回。
FullSizeRender

A&Wのモッツァバーガーにした。
IMG_4873

おいしかったなー。
IMG_4875

最後に、気になっていたブルーシールのピスタチオを。
IMG_4878
IMG_4879

また来まーす。
IMG_4877


備瀬のフクギ並木。
IMG_4802
IMG_4801
IMG_4816

伊江島。
IMG_4805

フクギ並木で食べた沖縄そば。三枚肉もソーキ(あばら肉)も入ってた。
IMG_4818

バナナの木。
IMG_4819

花が終わったサボテン。
IMG_4826

アダン。
IMG_4830

古宇利島から。
FullSizeRender

おっぱ牛乳アイス、やたらうまかった。
IMG_4840

猫。
IMG_4843

今日は予備日で、上述のような観光をしたりしてたのだけど、夕方になってから急にアルバムのジャケット用写真を撮り直すことになったりして、だいぶワタワタしました。9時半頃からようやく打ち上げ。いろいろおいしかったなあ。
IMG_4860

テビチ(豚足)をどうにかした料理。なんでしょうか、すごくおいしかった。
IMG_4861


スタジオへ。
FullSizeRender

歌う。
IMG_4780

ドアが開かなくなって閉じ込められた。物差し使って開けてもらった。
IMG_4781

終わって、ビール。
IMG_4782

スク。普通は塩漬け(スクガラス)しか出回らないそうだけど、そのままのものを頂きました。酢とコーレーグスで。お酒に合う!
IMG_4784

サバ缶を使ったソーメンチャンプルー。
IMG_4785

ホテルへの帰り道、コンビニで買ったお茶。キキララ。子供の頃、空の雲の上にいるはずのおふたりに向かって「キキー!ララー!」って叫んでみたことがあります。
IMG_4787

他のメンバーと合流して、スタジオの下見。
IMG_4771

8人で晩ごはんを食べようとしたけど、どの店も満席だったり、やっと入れたと思ったら1時間待っても料理が出てこず諦めたりで、結局、沖縄初日の晩ごはんはリンガーハット。私はおそらく人生初リンガーハット。
IMG_4773

猫。
IMG_4772

中央に猫。
IMG_4769

ホテルはなかなか不思議なつくり。
IMG_4770

歌を録音するために沖縄へ。

気がついたら窓の外に加計呂麻島が見えた。去年訪れた奄美大島、加計呂麻島、徳之島、沖永良部島、与論島を順番に上空から眺めて感動。

加計呂麻島は撮り損ねて、そのあとすぐ姿をあらわした徳之島。海亀と泳いだ海、車を停めた船着場が見えたよ!
IMG_4749

沖永良部島。今日も強い風が吹いているのだろうか。
IMG_4751

こんなに小さかった、与論島。
FullSizeRender

これは行ったことのない、たぶん伊是名島。
IMG_4755

沖縄に着いたー。
IMG_4757
IMG_4760

その足でステーキ食べに!
IMG_4761

だいぶ迷って、オージーチルドランプステーキ300gにした。
IMG_4763

赤ワインもー。
IMG_4764

いやあ満足です。

このあと、誰とどこで何をするのかいまいち把握してないんですけど、とりあえず連絡待ちです。

おいしかった!



出ました。ウミヘビ。イラブー。(※奥はチキンカツです。)
よくダシが出ていて、身はものすごく濃い鰹節みたいな味。しかしどこか不穏な味わい。
皮も食べられるということで食べてみたけど、まさに財布。財布食べてる感じ。
筒状の外皮の下にやはり筒状の薄皮があり、二重になっていたことに何か少しショックを受けました。
image

みんなも食べてみて!
ちなみに沖縄の人はそんなに食べないそうです。

ブログランキング

晩ごはんはやきそば。
image


沖縄のお土産を頂きました。黒糖、嬉しい!沖縄に行くと必ず黒糖を買って帰ります。
image


それが沖縄料理。

うるま御殿のうるま定食は、いろいろ食べられてお勧めです。
image


そう言えば先日、電車の中で幼稚園児が見たことない遊びをしていた。基本的には「あっちむいてホイ」と同じルールっぽかったけど、かけ声が「生まれたて!」「1歳!」「2歳!」と増えていき、差した指を向いてしまった年齢をプレイヤーの本質的な年齢とする、というような遊びらしかった。

ちっちゃい子が「生まれたて!」とか言うのはなんかかわいかったです。


今日は、沖縄出身の旦那様と大阪人の奥様というご夫婦がいらっしゃっていた。結婚してからの10年で、旦那様のカチャーシー(宴が盛り上がった時に踊る踊り)を奥様は2回しか見たことがないという。

その旦那様が!!今日は踊ってくださいましたー。さすが、キレッキレだった。嬉しかったなあ。

ステージが終わって、帰りがけにシークヮーサーをもらった。やった。

image


2015年の大阪でのエイサーまつりは8/30と9/13。

2015年8月30日(日)11:00〜
場所: 大阪市大正区平尾公園グラウンド
主催: 大正沖縄県人会

2015年9月13日(日)12:00〜
場所: 大阪市大正区千島公園グラウンド
主催: がじまるの会、エイサー祭り実行委員会

image


稽古に行ったら、教室の人が「モーイ豆腐」を手作りして持ってきてくれた。

モーイは海藻の一種で、寒天のように使うものみたいです。

かまぼことかカニ身とか、具だくさん。
image


店に不思議なものが置いてあった。
image


「急がば回れ 石敢當」と書いてある。

沖縄では魔物は道を直進すると考えられており、T字路や三叉路にぶつかったときに壁をすり抜けて中の家に入ってしまうため、これを魔よけとして、T字路や三叉路の突き当たりに取り付けるのだとのこと。

私の師匠です。
image


寝ている。
image


今日は、再来週の発表会の練習のあと、みんなでちょっとだけホルモン屋に寄った。
image


もともと豚の内臓を食べる習慣のなかった大阪で、大正区在住の沖縄出身の人々が、沖縄の豚食文化と大阪のホルモン文化を融合させ作り出したものが、この沖縄風ホルモンなんだそうです。

アブラミがおすすめ。

今日の夜は外食なので、昼は軽めに、うどんでも食べるか…と思ってたのだけど、マスター(三線の師匠)に「今日ソーキ汁あるで」と言われ、昼はソーキ汁定食に。つい。

image


きのうから煮込んでるとのこと。
image


沖縄料理の評価は、「大好き。毎日食べたい」か「何がいいのかわからない」に分かれる気がする。

特殊に辛いとか、変わったスパイスを使ってるとかじゃないのに、好みがはっきり分かれるって少し不思議だなあと思う。

「毎日食べたい」派は、料理と気持ちがひとつになれてるのだろうな。

確かに、フレンチとか割烹料理とかに比べれば沖縄料理はかなり素朴だけど、なにか心を打たれるんですよね。

琉球民謡コンクール受験日の前日に、大御所、大城美佐子先生のお店「島思い」に伺いました。

私が、低音が苦手なので音程を高くして歌っていると言うと、「高音は裏声に逃げやすいから、低音が出るように訓練した方がいいよ」と大城先生にアドバイス頂きました。嬉しい。これからの糧になります。

沖縄民謡は地声で歌う(裏声を使わない)とされているのだけど、なかなかこれが正解、というのが実感できなくて、難しいですほんと。

ちなみに、受験日前日に「島思い」に行くと縁起がいいらしいですよ。

image




沖縄より、おにぎりとともに帰還しました。
image


アガラは、帰宅順が1.夫、2.私、でないと驚いてしまうらしく、私が先に帰るとびっくりして「シャーッ」と言うのです。さっきも言われました。わりと悲しいです。
image


空港で最後にA&W。
image

image


今回の沖縄でおいしかったものベスト3。

3位 「節子鮮魚店」の魚汁とてんぷら。
image

image


2位 「恩納そば」でテイクアウトした、沖縄そば、アグー豚焼肉、豆腐チャンプルー。
image


1位 「海鮮料理島」のアバサー汁。
image


でした。ごちそうさまでした。

恩納村のホテルにチェックインしたら、部屋を無料でアップグレードしてくれた。そんなこともあるという話は聞いたことがあったけど、初の経験。
image


三線に沖縄の海を見せてあげました。
image


結婚してる。
image


部屋から夕陽がきれいに見られそうだったので、近くの定食屋で料理をテイクアウトして、部屋で食べることに。
image


計画どおり。
image


夕陽。
image

ご無沙汰しています。

ものすごく久々に更新してみます。

なぜなら今沖縄にいて、海を眺める以外に特にすることもないからです。

今回沖縄に来たのは、琉球民謡協会コンクールの「最高賞」というものを受けるため。

合格率は例年3割程度で、きのうの本番ではちょっと失敗したり声出なかったりしたから、無理かなーと思いましたがなんとか!合格できました。やったー。

ジェットスターで参りました。
image


梅雨明けした沖縄へ。
image


着いたその足で、定食屋「みかど」へ。豚と茄子の味噌炒め。
image


その晩は、「ゆうなんぎい」で定食。食べ過ぎ。
image


翌日、コンクール当日。終わったのが昼前だったので、那覇の「節子鮮魚店」に行ってみた。
image


魚汁(ミニ)。うまい!
image


魚のてんぷら。これ好きなんです。
image


グルクンからあげ。ここ数日、ずっと食べたかった。
image


そして今日。那覇から恩納村に移動しまして、ホテルのプールでちょっと泳いだりしたあと、「海鮮料理・島」にアバサー(はりせんぼん)汁を食べに。おいしかったー。
image


そして、ホテルに戻り、今これを書いています。

コンクールの話だったのに、食べ物の写真だけになりました。

image

IMGP7057黒島から石垣島に戻ったその足でレンタサイクルを借りに行き、「とうふの比嘉」を目指す。

IMGP7059緑の壁。

IMGP7066素敵なお店。

こんな店が職場の近くにあったら毎日行く。

IMGP7062ゆし豆腐は最高です。

IMGP7071のんびりとお昼を過ごしたあとは、街の中心部にある「宮良殿内」を見学。

IMGP7083おみやげを買ってスーツケースにつめて、宿をチェックアウト。

タクシーで海に近いカフェ「PUFFPUFF(プカプカ)」へ。

IMGP7080海を見ながら1時間ほど過ごす。

ベリーの飲み物、おいしかったなあ。

IMGP7085旅、終了。

面白かった!

ちゃんとした一人旅は、留学以外では初めてかも。

旅行中は自転車こいだり、雨合羽を着たり脱いだり、ずっと風邪気味だったから熱が出ないように気合を入れたりで忙しかったので、旅の後味を今頃になってじわじわ感じてます。

いいものもそうでないものもあった気がするけど、何がどっちだったのかまだ整理できない感じです。

たとえば竹富島の景観の素晴らしさと、それがテーマパーク化されていること。

御嶽(うたき)の厳粛さと、私みたいな観光客がそこを訪れること。

ああでもまた行きたいなあ。




IMGP69423日目は黒島へ。

本当は鳩間島に行きたかったのだけど、石垣↔鳩間は欠航しやすい航路なので帰って来られなくなることがあるとか。この日の飛行機で大阪に帰る予定だと話したら、「それは危険だ」と宿泊先の人々に言われたので、今回はやめておくことに。

黒島行きの船は上下に揺れて非常に怖かった!気分は海の男。

IMGP7005着いてすぐにレンタサイクルで自転車を借りる。

自転車に乗るのは何年ぶりだろう。

竹富島は小さな島なので徒歩で回ることができたが、黒島は自転車じゃないと回れない大きさ。しかし道はとても運転しやすく、本当に気持ちがよかった。

IMGP6954空、雲、風。

IMGP7032そして牛。

IMGP7016あと野良クジャク。

予備知識なくばったり出会ったので本当にびっくりした。

あとで調べてみたら、もともと小浜島かどこかのリゾート施設から逃げ出してきたのが黒島で繁殖してしまったのだとか。害鳥として駆除されるらしい。

IMGP6966「黒島研究所」ではウミガメも見ましたよ!

ハブとかヤシガニとかも展示されてた。

IMGP6982この島にも石垣が。

IMGP6998不思議な形の展望台。

IMGP7001展望台からの景色。

広々してるなー。

IMGP7020こんな道もありました。

IMGP7022その先には海が。

IMGP7023島の北の伊古桟橋。

IMGP7042今度は島の西側に行ってみる。

IMGP7043この奥が浜のはず・・・・

IMGP7044見えた!

この海へと続く茂みを目の前にして、直前に「黒島研究所」で見たハブの姿が頭をよぎる。

普段何かで迷うことのほとんどない私だが、15秒ぐらい立ちすくんだ。

IMGP7045でも行っちゃいました!

何事もなくてほんとによかったなあ・・・。怖かった。






IMGP6825今回の旅では、横殴りの雨、ぎらぎらの日差し、曇り空が次々と入れ替わっていた。

竹富島の浜辺を歩き始めたころ、土砂降りがやってきた。

IMGP6839屋根のある場所に猫たちがたまっていた。

IMGP6836

IMGP6848

IMGP6861一緒に雨宿り。

IMGP6881

IMGP6866歩き出すと、今度はすごい日差し。

帽子と雨合羽をとっかえひっかえ、忙しかったです。

IMGP68992日目は朝から竹富島へ。

竹富島へは、石垣島からフェリーで10分程で行くことができます。

IMGP6800景観保全条例のもと、昔ながらの街並みが残されている。

IMGP6912赤瓦の屋根と石垣。

IMGP6894植物が元気。

IMGP6914「パーラー ぱいぬ島 」でかき氷を。

今まで食べたかき氷の中で一番おいしかった。

IMGP6916他にお客さんもいないので、お店にあった三線を触らせてもらう。

するとお店の女将さんも三線を出してきて、「いつもこれに合わせて練習してるのよー」と、民謡のCDをかけてくれた。しばし2人でCDに合わせて演奏。



IMGP6697石垣に到着したのは午後2時過ぎ。

タクシーで空港⇒やぎ料理屋「一休」⇒バンナ公園⇒川平湾⇒御神崎⇒宿と回ってもらいました。

バンナ公園は見晴らしのいい高台。晴れていれば周囲の島々が見えるらしい。

IMGP6705川平湾へ向かう途中、マングローブの植樹をしてるところを見た。

IMGP6733川平湾。

天気が悪いのに水色の海。

IMGP6744御神崎に着くとすごい風。

タクシー運転手さんが「あの先まで行ってみる?」と柵の向こう、崖の端を指す。

「入れるんですか?」と聞いたら「入れるよ」と言いつつ柵を超えてずんずん歩く運転手さん。たしかに「入った」けど「入れる」っていうのとはちがうかもねーと思いつつ、ついていく。

IMGP6746ひょーー。

「晴れてたら、鯉のぼりみたいにおっきい魚がいっぱい見えるんだけどねー」とのこと。

このあとシャワーのような大雨に見舞われる。

「私の旅行はいつも雨なんです。この雨も私のせいかも」と言ったら、「来る前から降ってたよ」となんだかダンディーにつぶやく運転手さん。

運転手さん、丁寧な石垣ガイドありがとうございました。



8d2b9367.jpg那覇空港のA&Wでハンバーガーを。

やりきったな、私。

0f236b96.jpg「豆腐の比嘉」でゆし豆腐セットを食べて、私の旅はコンプリートしました。

d87876c8.jpg石垣空港からまず、やぎ料理屋へ。

やぎ汁食べました。

美味でした。

dea4ce39.jpg今日から二泊三日で石垣島へ。

今、那覇空港で海を遠くに見ながら乗り継ぎ便を待ってます。

写真は那覇空港のステンドグラス。シーサーが!

↑このページのトップヘ