2016年07月28日

Cafe OMNIBUSカフェ オムニバス





みなとみらいのYCC ヨコハマ創造都市センター内にある
【Cafe OMNIBUS(カフェ オムニバス)】
1929年に建設された【旧第一銀行横浜支店】の建物がリノベーションされて
今は素敵なカフェになっています。

「良い感じのカフェがあるので一緒に行かない?」と
毛糸玉工房】のゆみさんが誘ってくださいました。



ハリーポッターが大好きなゆみさんは
「物語の中に出てくるグリンゴッツ銀行のようだよね」と喜んでいました
う〜〜〜んなるほど雰囲気が似ています



右側に見えているランドマークタワーと背比べ。
ここからではさすがにこちらのビルが圧勝



併設のギャラリーでは
アート展示やイベントなども開催されるようです。



元は銀行の建物だったのでドアも重厚です。
「あっ!あの上の装飾はちょっとフクロウみたい」と、ゆみさん。
わぁ、ホントだ〜
ますますハリポタの世界



古い建物はこういった窓周りの装飾も凝っていて素敵です。



店内の様子が見える窓には
【Cafe OMNIBUS 】のプレート。



建物の写真を撮っているうちに11時の開店時間になって
カフェの店員さんが外に看板を立て始めました。



中はどんなかな〜?
ワクワク



中へ入ると
わぁ明るい
天井が高〜い



開店したばかりなのでお客さんは
ゆみさんと私の2人だけ。

カフェの方にお断りして
座る前に店内の写真を撮らせていただきました









このカフェの店内もイベントに使われるようで
その時にはスペースを広く使うため
テーブルや椅子などは取り外して移動できるようになっています。

私たちは奥の窓側の一段高くなっているスペースに座りました。



メニューのお皿が並べられたカートも
5組のクリエイターさんがデザインされたうちの一台。
(食べる方に夢中で全部は写真を撮っていませんでした



テーブルに置かれたメニュー。
マルシェをイメージしたこのカフェのメニューは
世界各国のサンドウィッチだそうです。



前菜3種。



メインのプレートはローストビーフにしました



ゆみさんとゆっくり会うのは1年ぶり
昨年、鎌倉へ出かけて以来だったので
おたがい近況報告がいっぱいありました(=゚ω゚)人(゚ω゚=)



入口に置かれていたたくさんのチラシの中から
絵柄がカワイイものを選んでいただいてきました。



ワールドポーターズのお店を覗いて歩いた後
私のお気に入りのランドマークタワーの【バビーズ】でお茶

ひとりで来る時にはあまり気にならなかったけれど
店内に流れている音楽がちょっと騒々しい
いつもこんなだったかな〜
ひとりだと誰かと会話することが無いので
今まで気づかなかったのかもしれません。



私は最近嵌っているチェリーパイとホットの紅茶
ゆみさんはピーカンメープルパイとアイスティー
ひと口もらって食べたらこちらも美味しかったです

今度はそんなに間を開けず
涼しくなったころに会おうね、と約束して桜木町の駅で別れました。



ゆみさん(のお嬢さん)にいただいた
可愛いものイロイロ



絵柄がカワイイねこあつめのシールたち

2016.7/26


nekonohitai at 19:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)スイーツ♪レストラン♪おいしいもの 

2016年07月21日

プチトマト




ベランダ菜園のプチトマトが色づきました
緑・オレンジ・赤とカラフルで可愛いな



このプチトマトはすでに実が生っている苗を
弟にもらってきました。

千滝は最近、ベランダにグリーンカーテンを作ろうと
フウセンカズラの種を植えたりしてはりきっているので
「プチトマトのお世話も一緒にしてね〜」と丸投げ(*・ω・)ノ〜 〜 〜 〜 〜 ○



直射日光と照り返しで強烈に暑くて
干した洗濯物が竿ごと飛んで行く程の強風が吹く
劣悪な環境の我が家のベランダなので
いつまで枯らさずにいられることか・・・



この間、実家へ行った時に
「プチトマトが赤くなったよ」と弟に写真を見せたら
今度は茄子の苗をくれました。
茄子は水をいっぱいあげなきゃいけないそうなので
・・・千滝さん、がんばって美味しい茄子を作ってくださいね(*・ω・)ノ〜 〜 〜 〜 〜 ○




nekonohitai at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイーツ♪レストラン♪おいしいもの 

2016年07月20日

ブリキボタン




【旧前田邸】を後に千滝が案内してくれたのは
下北沢の【ブリキボタン



入口のドアのステンドグラスがいいね〜としばらく見ていたら
店員さんが「どうぞ」とドアを開けてくれました



ヨーロッパの雑貨屋さんのような佇まいのブリキボタンは、
「洋館のアトリエ」をコンセプトにし、ソファシートや芝居小屋にみたてた個室など、
居心地の良い空間が広がっているカフェです。
〜公式HPより〜














29前田邸R0093743

2階の窓から見下ろす下北沢の街は
ポツポツと雨が降り出しました。



私たちが座った窓辺の席には
たくさんのボタンが飾られています。



このボタンの柄の缶のケースは
3COINショップで見かけたことがあるけれど
こうやって飾るととても素敵



「ウチにもボタンがたくさんあるから、こうやって写真を撮ったらいいんだね
と言ったら、千滝に
「ダメダメ!背景や壁がこういう空間じゃないとね〜」と言われました。
なるほど、確かにそうです。



私はベイクドチーズケーキとホットのレモンティー
千滝はとろけるミルクレープとアイスコーヒーにバニラアイスをトッピング



ケーキの味は・・・普通だったかな。
ここはこの空間でお茶が飲めるという雰囲気の方が大きいです
そして、私はこういう雰囲気が大好物です



大正ロマンミーコちゃんとボタン












昭和レトロミーコちゃん









今回はあまり出番がなかったけれど
カエルミーコちゃんも連れて行っていました

<br>

あまり遅くなると家で留守番のネコのライムがかわいそうなので
この後、ちょっとだけ下北沢のお店を覗いて歩きました。






帰宅してから気が付いたけれど
下北沢にはブライスのお店【ロザリンペルレ】さんがあるんだった

【ロザリンペルレ】は北口だったんですねぇ〜
今回南口側しか歩かなかったので
全く思い出しませんでした。
あ〜〜〜〜残念行ってみたかった〜

(セルロイド人形/ミーコ)

2016.6/19



nekonohitai at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スイーツ♪レストラン♪おいしいもの | セルロイド人形・ミーコ

2016年07月15日

旧前田家本邸・ミーコちゃん編




前田邸の洋館と和館の見学を終えて
じゃあ、次の目的地へ・・・と思った時に
「あっミーコちゃんを連れて来てたんだ!」
と思いだしました



せっかくなのでもう一度洋館へ戻って
写真を撮らせていただきました



桜ミーコちゃんにレトロな洋館がとても似合います



















29前田邸R0093720

こうしてみると誰もいないようですが
広いお屋敷なので人のいなくなった時に
コソッと写真を撮らせてもらいました

6月30日の開館を最後に
改修工事のために一時休館になるという事で
見学の人はパラパラと途切れることなく訪れていました。 



前田侯爵の長女の方は
美意子さんというお名前だったそうです。

ミーコちゃんはすっかり
侯爵令嬢、美意子様の気分です

(セルロイド人形/ミーコ・桜ミーコちゃん)

2016.6/29



nekonohitai at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セルロイド人形・ミーコ 

2016年07月14日

旧前田家本邸・和館





こちらは【旧前田家本邸・和館
洋館から歩いてすぐの場所にある書院造の和館。
洋館とは渡り廊下でつながっているそうですが、
渡り廊下は現在非公開のため、外からでないと行けません。



このお屋敷ならではの和室にシャンデリア。



広〜い和室で小さい赤ちゃんが
楽しそうにハイハイしてみんなに愛嬌をふりまいていました。



ガラス障子を占めてもお庭が見えるようになっています。



大きな鯉がゆうゆうと泳いでいる池。



迎賓館として建てられたこのお屋敷は
外国からのお客様を迎える時にだけ使われていたらしいです。


和館は障子が開け放してあるので
「蚊にご注意ください」と注意書きがありました。

そうですね〜。
これだけ開け広げていたら
蚊も虫も入り放題です



凝った欄間や天井等も最高の素材と技術で造られいて
今では手に入らない貴重な素材が使われているそうです。



ハイハイをしていた赤ちゃんの乳母車が
玄関前にとまっていました。



うう〜ん。まるでタイムスリップして
時代を遡っているような気持ちになりました



駒場公園東門。
東京の公園って開門閉門の時間があって
夜間は立ち入り禁止になるところも多いんですね。


2016.6/29





nekonohitai at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)美術館・博物館・展覧会など 

2016年07月13日

旧前田家本邸・洋館




目黒区の 区立駒場公園内にある
旧前田家本邸洋館

ジプリ映画『思い出のマーニー』のような
森の中のお屋敷の佇まい。



旧加賀百万石前田家 第16代当主、前田利為(としなり)の本邸。
イギリスのチュー ダー様式を取り入れ
欧州建築の粋 を集めて昭和4年(1929)に建築されたこの建物は
当時東洋一の邸宅と称せられたそうです。

駒場公園内にある洋館は無料で一般公開されていますが
現在は保存整備工事に伴い一時休館中です。



「6月30日が改装前の最後の開館日なんだよぉ〜。
今行かないと2年後でないと見られないんだよぅ〜。」
と千滝が言うので一緒に出掛けて来ました。



ここは玄関を入ってすぐのところ。
各部屋にこのような立派な大理石の暖炉があります。



皇族や外交団を招いてのパーティーが催されたという
1階の広いホール。



階段



階段のレトロなステンドガラスが
とても綺麗です



2階廊下



2階居室



窓にかけられたカーテンも凝っていて
お屋敷の優雅な生活の雰囲気が感じられます。



昭和の初期に使われていたベッドは
現代ではとても小さく感じます。



広々としたお部屋に余裕を持って置かれたドレッサー。



長女の部屋、次女の部屋、次男の部屋、と
説明書きが貼られていましたが
ちゃんと覚えて来なかったので
写真を見てももう部屋割りがわからなくなってしまいました



2階から中庭を臨むと地下へ降りる階段がありました。



地下は見学できなかったけれど
千滝は「地下牢?」等と想像を膨らませていました
貯蔵庫か何かあるのかな。



各部屋のシャンデリアと
天井の凝ったレリーフ装飾がとても素敵です












ランプシェードもとても素敵
語彙が少なすぎて「綺麗」「素敵」という言葉しか出てきません



数部屋ある和室は従者やお手伝いさんの居室だったようです。



以前TVドラマでやっていた『華麗なる一族』に出てきそうなお屋敷だな〜。
と思ったら本当に撮影に使われていたそうです。



このブログを書きながら気づいたのですが
先月出かけて来た【鎌倉文学館】は 前田利為別邸だそうでした

千滝と「雰囲気似てるよね〜」話していたんですが
う〜〜〜ん、そうだったんですね〜


2016.6/29




nekonohitai at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)