『群青にサイレン』2巻のあとがき的な次巻予告に、〈いちご〉がでてくる。こういう形で、過去の作品に触れるというのは、あまりなかったような感じだが、コミックナタリーだかのインタビューに応じたことといい、全体を過去として肯定的に本人もとらえているということなのだろうか。それはそれで、いいことなのかもしれない。