万年筆おやじの備忘録

「猫ぺんクロノRC」における改造大魔王の妄想と暴走の記録

<お知らせ>
ブログ内検索は右の「記事検索」を使って興味の有る文言を検索してみてください。
きっと興味の湧く面白い記事が見つかるかと存じます。ごゆっくりどうぞ。

師匠からご指摘があり・・・「注意喚起」のための情報です。
<<取り扱い注意>>・・・<<危険情報>>・・・<<万年筆破壊>>
このブログで扱っている事例や実験は極度に加工・改造した万年筆で行なうことがあります
その場合無改造の物で同じことを試した場合おそらく壊れてしまうものと考えられます。

首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆



首軸・ペン芯が軸と同じ色柄の万年筆を集めてみました。

今となっては大変贅沢な仕様であることが判ります。

まず、大半の万年筆の首軸とペン芯は黒色のエボナイト製です。

黒エボナイト軸なら自動的に首軸とペン芯は黒色のエボナイト製ですが・・・。

色軸の物で首軸・ペン芯が軸と同じ色柄の万年筆は意外に少なかったです。

それだけ、贅沢な仕様であったのでしょうね!

L.E.WATERMAN
CIMG4057



















WATERMANのものは特別にカージナル・レッドという色味ではないか?

L.E.WATERMAN
new_CIMG4063










L.E.WATERMAN#55 カージナル・レッド 朱色のエボナイト製5号ニブのLFで、
よく見かけるカージナル・レッドの軸では大きな方です。

L.E.WATERMAN
new_CIMG4064









こちらは、L.E.WATERMAN#52 1/2V カージナル・レッド 2号ニブの小さなモデルです。

L.E.WATERMAN
S20160624_0001



















WATERMAN'S IDEAL REG.U.S. PAT.OFF 5 の刻印のある5号ニブです。

L.E.WATERMAN
S20160624_0002



















ペン芯も、首軸も同じ赤色(朱色)のエボナイトでできています。

L.E.WATERMAN
S20160624_0003



















もっときれいに掃除しておけばよかったですね!・・・汚れが目立ちます。

S20160624_0004



















こちらはL.E.WATERMAN#52 1/2V カージナル・レッド です。

L.E.WATERMAN
S20160624_0005



















ペン芯の裏にはこの時代の特徴・・・「猫の噛み痕」があります。

L.E.WATERMAN
S20160624_0006



















この時代がL.E.WATERMAN社の全盛期だったのでしょうね!

L.E.WATERMAN
new_CIMG4065






















































































































最近のトレンド・・・ニブ裏拡大画像!少し失敗?


さて、ボケ気味のWATERMAN#52 1/2V カージナル・レッド思わずビビった方は。
迷うことなく、ブログ村の「ペン習字」と「趣味文具」のバナーのクリックをお願いします

・・・・・・ クリックしてみると・・・人気投票に参加出来て・・・。
              今現在のこのブログの立ち位置ってもんがなんとなく判ります。

人気ブログランキングへ・・ もう1ポチ押していただけると明日へのモチベーションに繋がります。



              あ! 2ポち ありがとうございました!! 感謝ですぅ~~。

「更新2」PILOT CUSTOM 742 <F> その26



分の好きな万年筆でペン習字を書きまくる企画。・・・それが、「ペン爺の味方」でした。

なかなか上達しないし、自己流の書き方が目立ちます(笑)。

ここらで、やり方を少し変えて見ようかと・・・・?じっくり、ペン習字を勉強したいので・・・。

山下静雨先生の「1日10分で字が見ちがえるほど上手くなる」という本を読み込みます。

およそ90項目ありますので3か月かけて読破する予定です。

しばらく、お付き合いください。

PILOT CUSTOM 742 <F>

1日10分
CIMG4035



















⑳ 複合形漢字は類型別に考える。書きにくい字を克服する。

筆順

CIMG4037



















自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。
「粋」から「睡」までの6字が今日の課題です。
「衰」と「推」はバランスとりが難しいので正直難かしかった。

お手本

CIMG4038



















手本です・・・良く見比べてください~~。

<<おまけ画像>>

CIMG4054



















首軸とペン芯が軸と同色・同柄でできている万年筆を集めてみました。

さてさて、現代では無理な贅沢三昧のWATERMANの万年筆に思わずビビった方は。
迷うことなく、ブログ村の「ペン習字」と「趣味文具」のバナーのクリックをお願いします


・・・・・・・・・クリックでいまのこのブログの立ち位置が判るかも?


人気ブログランキングへ・・・・・こっちにも ぽちっと お願いします!

               あ~!   2ポチ ありがとうございました。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン



紙様の入手品、秘蔵、隠匿撲滅キャンペーン共催企画 第何弾?

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウンの万年筆。

この色を何と表現したらよいのか・・・?「小豆色」?「臙脂色」?

外国では普通にバーガンディーと呼んでいるようです。



W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
CIMG4040



















タッチダウン式の廉価版?カデット23に似ていますが・・・。

 W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
CIMG4041



















14Kシングルカラーのニブには・・・33の刻印が!

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
CIMG4042



















以前、水色軸「カデット23」を紹介しましたが、「カデット33」というべきものなのか?

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
new_CIMG4046







廉価版、タッチダウン、14Kシングルカラー33刻印。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
new_CIMG4047












3号相当と思われる・・・”33”刻印のニブ。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
new_CIMG4048













地味でレトロなデザインの14Kオープンニブ。フェザータッチのデザインとも違うようです。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
S20160621_0002



















マイクロスコープの画像です。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
S20160621_0003



















もう1枚リアルなマイクロスコープの画像。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
S20160621_0006



















マイクロスコープでさらに拡大したペンポイント付近。

W.A.SHEAFFER 14K タッチダウン
new_CIMG4049























































































最近のトレンド。ニブ裏の拡大画像です。

さてさて、久々に全体的には良く撮れた、ニブ裏の拡大画像思わずビビった方は。
迷うことなく、ブログ村の「ペン習字」と「趣味文具」のバナーのクリックをお願いします

・・・・・・ クリックしてみると・・・人気投票に参加出来て・・・。
              今現在のこのブログの立ち位置ってもんがなんとなく判ります。

人気ブログランキングへ・・ もう1ポチ押していただけると明日へのモチベーションに繋がります。



              あ! 2ポち ありがとうございました!! 感謝ですぅ~~。


「更新2」PILOT CUSTOM 742 <F> その25



自分の好きな万年筆でペン習字を書きまくる企画。・・・それが、「ペン爺の味方」でした。

なかなか上達しないし、自己流の書き方が目立ちます(笑)。

ここらで、やり方を少し変えて見ようかと・・・・?じっくり、ペン習字を勉強したいので・・・。

山下静雨先生の「1日10分で字が見ちがえるほど上手くなる」という本を読み込みます。

およそ90項目ありますので3か月かけて読破する予定です。

しばらく、お付き合いください。

PILOT CUSTOM 742 <F>

1日10分
CIMG4034



















⑲ 六つの外形に分類。短期間で覚えるには三角、四角、逆三角の外形。

筆順

CIMG4036



















自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。
「図」から「帥」までの6字が今日の課題です。
「垂」と「炊」はバランスとりが難しいので正直難かしかった。

お手本

CIMG4038



















手本です・・・良く見比べてください~~。

<<おまけ画像>>

CIMG4039



















本稿はまたシェーファーの万年筆の紹介を再開しました。

さて、伝統的なバーガンディー色をしたSHEAFFERの万年筆に思わずビビった方は。
迷うことなく、ブログ村の「ペン習字」と「趣味文具」のバナーのクリックをお願いします


・・・・・・・・・クリックでいまのこのブログの立ち位置が判るかも?


人気ブログランキングへ・・・・・こっちにも ぽちっと お願いします!

               あ~!   2ポチ ありがとうございました。


W.A.SHEAFFER スノーケル 14Kバイカラー



紙様の入手品、秘蔵、隠匿撲滅キャンペーン共催企画 第何弾?

W.A.SHEAFFER スノーケル 14Kバイカラーの万年筆。

この色を何と表現したらよいのか・・・?コバルトブルー?。

先日のセーラーの緑軸も微妙な緑であったが・・・。.

W.A.SHEAFFER スノーケル 
CIMG4018



















1950年代のW.A.SHEAFFER スノーケル 

W.A.SHEAFFER スノーケル 
CIMG4019



















今日紹介するのは・・・緑系の綺麗な色目の万年筆です。

W.A.SHEAFFER スノーケル 
CIMG4020



















 この時代のスノーケル のニブはトライアンフ型が多いのだが・・・・。珍しくオープンニブです。

W.A.SHEAFFER スノーケル 
S20160619_0006



















ホワイトドットが無いので廉価版でしょうか?

W.A.SHEAFFER スノーケル 
new_CIMG4028










それにしてはバイカラーのニブは不釣り合いか?

W.A.SHEAFFER スノーケル 
new_CIMG4029












割と大き目の立派なニブに見えますなぁ~~。

W.A.SHEAFFER スノーケル 
S20160619_0007



















マイクロスコープの画像はこんな感じ。

W.A.SHEAFFER スノーケル 
S20160619_0008



















分厚いニブ地金の厚さが垣間見れるショット!

W.A.SHEAFFER スノーケル 
S20160619_0011



















全体的に暗いですが・・・ペンポイントを狙ってみた!

W.A.SHEAFFER スノーケル 
new_CIMG4031





















































































ペン先巨大化は飽きたので・・・ペン先裏側の拡大です。

さて、全体的には良く撮れていますが、残念ながらペン芯のズレ思わずビビった方は。
迷うことなく、ブログ村の「ペン習字」と「趣味文具」のバナーのクリックをお願いします

・・・・・・ クリックしてみると・・・人気投票に参加出来て・・・。
              今現在のこのブログの立ち位置ってもんがなんとなく判ります。

人気ブログランキングへ・・ もう1ポチ押していただけると明日へのモチベーションに繋がります。



              あ! 2ポち ありがとうございました!! 感謝ですぅ~~。
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
メッセージ

読者がブログ管理者に非公開でメッセージを送れます。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
  • 首軸・ペン芯が軸と同じ朱色の万年筆
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ