最近話題の使い勝手の良いプラチナ・プロシオン

同じ鉄ペンの万年筆との比較をしてみました。

IMG_3445



















右からプロシオン<M>、プロシオン<F>、 パイロット・コクーン<F>、パイロット・プレラ<M>。

IMG_3443



















清少納言の「枕草子」を書いてみた・・・。

IMG_3444



















ペン習字だから鉄ニブの<F>はべストチョイスなのか・・・?。

 パイロット・コクーン<F>はとても快適に書けます。

IMG_3452



















コクーンは軽くて取り回しが良い万年筆なのでおすすめできますね。

IMG_3453



















基本的にはペン芯とペン先が「カクノ」とおんなじなので。当然割高感が強い。

IMG_3454



















しかし、実際は逆で「カクノ」の方が割安感が強いというべきか・・?

S20181027_0005



















このニブの点々が功を奏して軽く見えるため柔らかく感じる・・・魔法です!

S20181027_0006




















プロシオン との価格差が半分なので・・・ 評価は微妙でしょうか?

S20181027_0011



















このまん丸なペンポイントが切れ味の良い書き味の秘密だろうか?

パイロット・コクーンも書いてみれば良さが判ります。



さてさて、本日の万年筆関連の記事にビビっときて頂けたなら・・・・。

迷うことなく、「趣味文具」と「人気ブログランキング」のバナーのクリックをお願いします


・・・・・・ クリックしてみると・・・人気投票に参加出来て・・・。
              今現在のこのブログの立ち位置ってもんがなんとなく判ります。

人気ブログランキングへ・・ もう1ポチ押していただけると明日へのモチベーションに繋がります。