2012年02月19日

ご報告

 病院にくすり取りにいったらそのまま緊急入院ということになってしまいました。
 そういうわけで、コメント承認なども含めて、しばらくレスポンスがとまります。ま、このままさようならってことはないと思いますが。
 とり急ぎご報告まで。お見舞いコメントとかは特にいりません。では、よろしくどうぞで。  
Posted by 猫が好き♪ at 15:48 │Comments(0)
記事個別ページカテゴリに属さない話題clip!

お散歩>木更津のたぬきと久留里の象。

 なにやらよくわからない動物ネタを2件。まずは木更津のたぬき。

 知らなかったんですが、木更津には童謡『証城寺の狸囃子』の舞台となった「証誠寺(證誠寺)」があるのだそうで、なんか街中にいろいろとたぬきが氾濫しておりました。なんか市のWebページとかを見ても位置づけがいまひとつはっきりしないんですが、木更津市は、たぬきをイメージキャラクターとして使っているということのようです。

 西口の駅前周辺。
 

s3p75240 - 2012/01/03 09:09
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口の駅前通り。
s3p75242 - 2012/01/03 09:10
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口の駅前通りと駅前広場。このフレームの中にたぬきの駅前モニュメントが2件。
 
 たぬきの駅前モニュメント・その1。木更津駅西口にあったもの。
 これはタクシープールの分離帯に置かれていました。たぬきの家族がくつろいでいるのを表現した作品なんでしょうね。
 
s3p75249 - 2012/01/03 09:11
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント。岩を使ったたぬきの家族。
s3p75252 - 2012/01/03 09:11
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント。岩を使ったたぬきの家族。おとうさん(?)個体アップ。
s3p75255 - 2012/01/03 09:11
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント。岩を使ったたぬきの家族。おかあさん(?)個体アップ。
s3p75258 - 2012/01/03 09:12
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント。岩を使ったたぬきの家族。お子さん(?)個体アップ。
 
 もう一件、たぬきの駅前モニュメント・その2。
 これは駅前通りの角に立てられていたもので、「きぬ太くん」という狸が逆立ちをしている像。説明看板によると「時には違う視点からものを見てみよう」というメッセージがこめられているとのことなんですが(=^_^;=)、まあこれについては能書きはなくてもよかったかな。
 
s3p75246 - 2012/01/03 09:10
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント。なんだあの妙なものは?
s3p75261 - 2012/01/03 09:12
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント。なんだあの妙なものは?
s3p75270 - 2012/01/03 09:13
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント「逆さ狸・きぬ太くん」。たぬきの像でした。てことは裏側のものはキンタマかいっ。
s3p75273 - 2012/01/03 09:13
JR東日本 - 内房線/久留里線 - 木更津駅
西口駅前広場。駅前モニュメント「逆さ狸・きぬ太くん」。たぬきの像の説明看板。木更津商工会議所が設置したものだそうです。
 
 いやあ、なんとなくそうなんじゃないかなあとは思ったんですが、駅前に巨大なキンタマを振りかざしてたぬきが逆立ちしていますかあ(=^_^;=)。
 でもまあ、出来は悪くないと思うし、いちおう名所と結びついてもいて多少は観光訴求とかの役にも立ちそうだし、ま、これはこれでいいんじゃないかなーなんてわりと甘い採点をしちゃいます。

 他にもたぬきは存在。マンホール。
 

s3p75200 - 2012/01/03 09:01
千葉県木更津市富士見1
マンホール。木更津市の汚水用のもの。無彩色。
s3p75231 - 2012/01/03 09:07
千葉県木更津市富士見1
マンホール。木更津市の雨水用のもの。彩色。
 
 たぶん探せばさらに他にもいろいろなたぬきがいるのでしょう。いやーしかし童謡『証城寺の狸囃子』が実在の場所をモデルにしたものだなんて知らなかったわあ。どこからああいうアイディアが浮いてきたんだろうと思っていましたが、もともとそういう伝承があったんですね(=^_^;=)。

   *

 もうひとつの動物ネタは、久留里市街地正源寺から。いやあ、狛象っすよ狛象(=^_^;=)。

 えー。2004年訪問時にはいなかったと思うんですが、2012年訪問時に、こんなんいました。阿吽の象ってゆーか(だじゃれかいっ)。仏教寺院なので、間違っても「神使」ではないんですが、まあ狛犬とか狛狐とかの類例でしょう(=^_^;=)。
 

s3p76228 - 2012/01/03 13:15
千葉県君津市久留里市場
正源寺。左狛象。
s3p76234 - 2012/01/03 13:16
千葉県君津市久留里市場
正源寺。左狛象。
s3p76225 - 2012/01/03 13:15
千葉県君津市久留里市場
正源寺。右狛象。
s3p76231 - 2012/01/03 13:16
千葉県君津市久留里市場
正源寺。右狛象。
 
 なんで象なんだろう・・・という疑問があったわけですが、まあお釈迦さまの拠点ってインドだし、そういうことなのかな、と。
 後日、ときどきコメントをくれる寺族はカメさんとこ(愚だくさんブログ)で話題にしてみたら、「仏教では、お釈迦様がインドのひとですから象はけっこうなじみのもので、『白象』と呼ばれており、しばしば登場する(大意)」というご説明をいただきました。どうもありがとうございました。はー、白象っすか。
 もともと神使がしばしば取っている「阿吽」のポーズですが、あれは仏教系の概念ですし、「阿吽の像」てのは金剛力士像からの流れなんでしょうから、これもまた特に違和感はないんですが。

 しかしそれが、阿吽の象になって結界を築いているとなると、それはちょっとそれまでとはフェイズが違ってくるというか、特異な例になってくるわけで。アイディアとしては神道から仏教が再輸入したってことになるんでしょうかね。いやあおもしれーなー(=^_^;=)。

 さて、この写真を見ていて思ったのです。阿吽ですが、左が「阿」で右が「吽」です。ところが、うちんちの神使の項目(狛犬狛狐それ以外)は、全部「右→左」の流れで配置してあったんですね。それは逆だろうと。なんかキモチワルサを感じてしまい、全員に「左→右」に並び変わるよう号令をかけたのですが、躾が悪いのが多くてなかなか入れ替わってくれないやつとかいてね、往生しましたわ。

  
Posted by 猫が好き♪ at 12:00 │Comments(0)TrackBack(0)
記事個別ページおでかけ報告clip!

2012年02月16日

お散歩>久留里線 (3) これから変わるぞ/車輌更新。

 もうひとつ、久留里線に近々に起きるであろう変化というと、車輌の更新があるらしい。

 千葉動労ががんばって車輌更新を拒否していたせいで首都圏の動態保存エリアになっていた房総半島ですが(=^_^;=)、ここんところちょっと様子が変わっていて、電車区間には211系(成田線総武線)や209系(外房線内房線)がぞろぞろはいってきているし、どうしちゃったんでしょうみたいな。いやまあ個人的には「なんでそんなに更新をいやがるのか、古くてぼろっちいのを使っていたら苦労するのはおまいらだろーが」とか思ったりしてたわけですが、動態保存をしてくれる分にはそれはそれでありがたいよねみたいな面もあったわけで(おい(=^_^;=)>おれ)。

 で、久留里線。 現在の使用車輌は、キハ35系・キハ37系・キハ38系。
 キハ35系は、過去には別に珍しくもなかったが経年淘汰が進んだせいで最近は珍しくなっちゃっている車輌。関東鉄道常総線にも中古で流れていった仲間がいましたが、そいや常総南線(取手〜水海道)からのこの系列の運用離脱がついこないだ話題になってたばかりなような気がする。
 キハ37系は、1983年に国鉄が製造した新系列のディーゼル気動車でしたが、試作車のみわずか5輌で製造が打ち切られたという希少車。別に失敗作だったわけではないみたいですが、まあ国鉄末期でローカル線の廃止やらなんやらがあり、必要がなくなってしまったということらしい。
 キハ38系は、1986年から1987年にかけて製造されたこれまた新系列ディーゼル気動車で、キハ35系の老朽化対策として、廃車となったキハ35系の部品を流用しつつ作られたもの。しかしこちらも量産には至らず、わずかに7輌が製造されたのみに終わりました。
 とまあそんな感じで、久留里線は「きみは常磐線ですか」と聞きたくなるような妙な車が寄せ集められていたんですが、さすがにそろそろ更新の時期だろうということらしい。2012年の秋をめどにE130系に置き換えられることが決まったようです。

 ま、おれは国鉄型には興味がないのでなかばどうでもいいのですが、走ってれば撮るよねってことで、こんな感じでした。そうかこの風景も、秋から激変してしまうのか。

 まずはキハ35型キハ30。あらー国鉄リバイバルカラーになってるじゃありませんか。
 

s3p75475 - 2012/01/03 10:21
JR東日本 - 久留里線 - 東清川〜横田
小櫃川橋梁。国鉄色キハ35型キハ3062+キハ30100の2連の下り列車。
s3p76059 - 2012/01/03 12:38
JR東日本 - 久留里線 - 俵田〜久留里
木更津行きの国鉄色キハ35型キハ3062+キハ30100の2連。
s3p76767 - 2012/01/03 16:07
JR東日本 - 久留里線 - 上総松丘〜上総亀山
通過するキハ35型キハ3062+キハ30100の2連。木更津行き列車。
s3p76677 - 2012/01/03 15:26
JR東日本 - 久留里線 - 上総亀山駅
木更津側から駅全景と停車中のキハ35型キハ3062+キハ30100の2連。
 
 以前の久留里線色時代は、こんな感じでした。他系列とあわせて前面窓の周囲を大きく隈取りしたパンダ顔。
 
dsc12514 - 2004/09/19 14:50
JR東日本 - 久留里線 - 上総亀山駅
停車中の列車(キハ35型キハ3062+キハ37型キハ371003)とホーム。
 
 いやー。個人的にはなんだなー。
 普段着の久留里線を撮りたかったもので、国鉄色リバイバルカラーよりはパンダ顔のままの方がありがたかったんすけど、まあ国鉄色リバイバルカラーってそれなりに撮り鉄が来るらしいんだよなあ・・・(撮り鉄がくると鉄道が潤うのかどうかはよくわからないが)。
 んで国鉄リバイバルカラーが運用にはいっているということは、久留里線色の撮影チャンスは減るということでもあって、けっこうがっくしでした。

 続きまして、キハ38系。
 

s3p75718 - 2012/01/03 11:05
JR東日本 - 久留里線 - 馬来田駅
木更津行きの列車。キハ38-1001+キハ38-4。
s3p75730 - 2012/01/03 11:06
JR東日本 - 久留里線 - 馬来田駅
木更津行きの列車。キハ38-1001+キハ38-4。
s3p76029 - 2012/01/03 12:30
JR東日本 - 久留里線 - 俵田〜久留里
上総亀山行きのキハ38型2連(キハ38-4+キハ38-1001)。
s3p76793 - 2012/01/03 16:28
JR東日本 - 久留里線 - 平山〜上総松丘
通過する上総亀山行きキハ38+キハ37の2連。
 
 こっちはまぁ、淡々といつも通りという感じで走ってました。

 んで、キハ37系。これが、なかなか見かけなかったんすよねえ。なので古い写真を掘り起こしておきます。
 

04017a27 - 2004/09/19
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
出発する上総亀山行き列車を見送る。
dsc12542 - 2004/09/19 15:24
JR東日本 - 久留里線 - 上総亀山駅
駅全景・木更津側から。
dsc12460 - 2004/09/19 13:29
JR東日本 - 久留里線 - 木更津駅
到着した列車。けっこうな人数が降りてきています。
dsc12562 - 2004/09/19 15:30
JR東日本 - 久留里線 - 上総亀山駅
駅全景・木更津側から。停車中のキハ37型キハ371003。
 
 で、だめかー今日はキハ37は走ってないかあ、久留里線なんてそうそう来ることないだろうし残念だなー、とか思っていたら最後の最後に。
 
s3p76798 - 2012/01/03 16:29
JR東日本 - 久留里線 - 平山〜上総松丘
通過する上総亀山行きキハ38+キハ37の2連。
s3p76803 - 2012/01/03 16:29
JR東日本 - 久留里線 - 平山〜上総松丘
通過する上総亀山行きキハ38+キハ37の2連。
 
 なんか通り過ぎていった2連の後ろ側(木更津側)の車輌がキハ37でした。

 いやまあなんだね。
 そういうわけで葬式鉄みたいな行動様式にはいまいちなじめないのですが、それはとにかく。国鉄色キハ35も貴重かしれませんが、キハ37やキハ38なんてもともと希少車なんだし、こいつらもいっしょにいなくなっちゃうんだし、とかおれ思うわけです。しかし大半の撮り鉄さんたちのお目当ては35オンリーで、37や38はどうでもいいような感じでしたね。すぐあとに交換した列車が逆に走ってくるのに撤収にかかっちゃってるひととか多かったし。
 ま、キハ37やキハ38は希少車であるがゆえに見慣れた車ではなく、塗装も風情が感じがたい久留里線色だし(=^_^;=)、あんまし被写体として魅力的ではないのかもしれませんが、んな露骨にサベツしないで撮ってあげなさいよとか思ったのではごさいました。秋口になるとこのあたりにも群がるひとたちが出てくるんだろうか。

  
Posted by 猫が好き♪ at 18:00 │Comments(2)TrackBack(0)
記事個別ページおでかけ報告clip!

2012年02月15日

訃報>土浦駅の富久善分店の駅弁

 メイルで教えてもらって新聞で裏を取った情報ですが、土浦駅の駅弁調製元・富久善分店が、廃業した模様です。2012年2月15日づけ茨城新聞朝刊が報じました。

茨城新聞 2012年2月15日朝刊
 土浦駅弁110年の灯消える 大観愛した「うな丼」業者廃業
 (2012年2月15日16:12閲覧)


※閉店した富久善分店のホーム売店
 (この写真はウソです。東日本大震災で休業していたときの写真。
  リンク先に弁当の写真などがあります)

 記事は、すでに「廃業した」と報じていますが、廃業の日付については明記はありません。まあ、さみだれ的に休業が増えて最終的に廃業、というような流れなんじゃないだろうか、だから明確な廃業日付が決められないんじゃないだろうか、とか思いますが、これは想像です。

 なんかこの記事、よく読むと横山大観が贔屓にしていたのは説田商店の駅弁であり、今回廃業したのは富久善分店であり、さらに富久善分店の前に富久善時代というのがあって、そのあたりの経緯がごちゃごちゃしていてよくわかんない記事になっているんですが、うーん、要するにまあ富久善分店の関係者のコメントは取れず、周辺のコメントで構成したらこうなった、ということなんでしょうね。富久善分店のみなさんはいまごろ温泉にでも社員旅行に行っているのかもしれない。
 土浦駅の駅弁の歴史あたりもまとめるとなったらいまがラストチャンスということになるのかもしれませんねえ。おれはやんないけど、誰かやりません?

 んで、常磐線の駅弁ですが、水戸駅の3社(太平館芝田屋鈴木屋)が壊滅、いわき駅の住吉屋が廃業、日立駅の海華軒が撤退、原ノ町駅の丸屋弁当部が路線の震災による長期運休のため駅弁も長期運休、とまあさんさんたる状況になってしまいました。で、今回富久善分店が廃業、と。
 ゆううつなネタですけど、とり急ぎのご報告でした。

   *

 で、常磐線の駅弁壊滅の危機ですけど、いちおう口直し情報。まあ世の中そこそこ良くしたもので。
 一時期は「常磐線からNRE以外の駅弁が消滅するのではないか」という心配もされたわけですが、その後いわき駅では、いわきが出自のシーフードレストランメヒコが「ウニピラフ弁当」と「カニピラフ弁当」を発売、また水戸駅では地元の北のしまだが駅弁に参入し、とりあえず「壊滅」という状況は避けることができています。
 「メヒコ」にせよ「北のしまだ」にせよ、駅弁は主力商品ではないわけで、公式webを見ても駅弁の情報がぜんぜんなかったりするあたり、そこそこ時代の移り変わりを突きつけてくるものがあったりしますけどね(=^_^;=)。  

2012年02月14日

お散歩>久留里線 (2) これから変わるぞ/タブレット。

 久留里線の続き。タブレット

 タブレットは、鉄道において衝突事故を避けるために使われている(使われていた)もので、通行手形として使う特定の形状の金属板のことをさします。簡単にいうと、「ある区間にはその区間専用の形状をしたタブレットを持つ列車しか進入することができない」というルールを作ることで、ひとつの管理区間(閉塞区間といいます)にはひとつの列車しか入れないようにして、衝突事故を避けようというもの。方式の名前としては「タブレット閉塞」となります。
 しばしば輪っかのようなものを「タブレット」と呼びますけれど、あれは正しくは「タブレットホルダー」といい、あのでっぱった部分に通行手形となる金属板が格納されています。タブレットに類似するものとして「スタフ」「通票」と呼ばれるものがあります。

 タブレットは、わりと古い技術であり、現在ではすたれつつありますが、久留里線では2012年1月現在、まだそのタブレットが使われていました。で、管理区間(閉塞区間)の入口では駅員が列車にタブレットを渡し、出口ではタブレットを回収する、という作業が必ず行われます。その作業が「タブレット交換」で、タブレットによる閉塞が行われている区間でのみ見ることができる独特の風物詩となっていました。
 ところが、久留里線のこのタブレット閉塞がついにいよいよ廃止され、最近の方式に改められることになったらしい。以前に久留里線に来たときにもいちおうタブレット交換あたりは撮っていましたが、まあ今回もいちおう念頭に置いてはおくことに。

 まずは横田駅でのタブレット関連。
 

s3p75517 - 2012/01/03 10:32
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
駅舎のホーム側出入口に貼ってあったタブレット確認のステッカー。これはタブレットの出納と受け渡しを行う駅員に向けたものでしょう。
s3p75586 - 2012/01/03 10:39
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
下りホームの上総亀山側先端にあるタブレット確認の札。これは渡されたタブレットを持って管理区間に進入する運転士向けのものでしょう。
s3p75604 - 2012/01/03 10:41
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
タブレットマシン。管理区間の両端の駅にあって、その間にはひとつだけしかタブレットを出さないように管理する機械です。管理区間内の交換駅(つまり両側が別の管理区間)の場合には、2台のタブレットマシンが置かれることになります。
s3p75508 - 2012/01/03 10:30
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
「列車発着時には発券できません」の注意書き。タブレットの交換に人手を取られてしまうからでしょう。
 
 横田駅におけるタブレットの交換。上3枚は2004年訪問時のもの。
 
dsc12866 - 2004/09/24 14:58
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
タブレットの交換。上り線側ホームにて。
dsc12478 - 2004/09/19 14:05
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
構内踏切。上り列車から受け取ったタブレットを下り列車に届ける。
dsc12479 - 2004/09/19 14:05
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
タブレットの交換。下り線側ホームにて。
s3p76815 - 2012/01/03 17:45
JR東日本 - 久留里線 - 横田駅
下り列車側。タブレットの交換。
 
 続きまして久留里駅。2012年現在、久留里線では横田駅と久留里駅の2つの駅でしか列車交換は行われませんので、タブレットの交換が行われるのもこの2駅だけということになります。
 
s3p76166 - 2012/01/03 13:05
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
こちらにもタブレット確認のステッカーが貼られていました。これは駅舎のもので、駅員向けでしょう
 
 2004年訪問時の写真。
 
dsc12613 - 2004/09/19 16:27
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
交換する列車・上総亀山側から。停車位置は、構内踏切をはさんで対角線型。こうすれば構内踏切のそばに両列車の運転席がきますから、タブレットの交換がやりやすいといった事情があるのでしょう。もっとも、その構内踏切と、駅舎内にあるタブレットマシンとの距離は、けっこうあるのですが。
列車は、左側がパンダ顔時代のキハ35系、右がキハ38系。
s3p76401 - 2012/01/03 14:17
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
入線した木更津行きのキハ38の2連(キハ38-1001+キハ38-4)とタブレットを取りに行く駅長。
 
 で、今回の写真。
 
s3p76407 - 2012/01/03 14:20
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
タブレットを手に下り列車を待つ駅長。
s3p76416 - 2012/01/03 14:20
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
タブレットの交換。
s3p76424 - 2012/01/03 14:21
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
タブレットを手に駅舎に戻る駅長。
s3p76442 - 2012/01/03 14:22
JR東日本 - 久留里線 - 久留里駅
タブレットの交換。
 
 いやあなんと申しましょうか(=^_^;=)。
 下から2枚目で写真を撮ってるにーちゃんなんて、もう駅員にぶつかりそうっていうかキスでもするつもりかみたいに肉薄して写真を撮ってまして、ここが歌舞伎町だったらおまえいまごろ殴られているぞとか思ったんですが、帰ってきて調べたらタブレットの廃止って3月中旬のことで、もうずいぶん時期が迫ってきていたのねえ。すでに葬式鉄が出没する時期になっていた、ということなのでしょう。それに気づかずにのほほんと撮影にいってるうちらもたいがいのものだが。

 写真のセオリーのひとつに「被写体に肉薄して撮れ」てのがあったりはするのですが、それってばあくまでも「セオリーのひとつ」にすぎないわけで。おれなんか、動物番組のディレクターで一人立ちをしたということもあって、「近寄らずに撮るのも大事」みたいな感覚もあってね。ていうか、野性動物なんて近寄れないし(逃げられてしまう or 襲われてしまう、といった事情があるわけです)、基本的には写真とか映像とかって「距離を置いて撮るもの」だという感覚があります。距離を詰めるのは詰めても大丈夫なだけの手続きを取ってからから、ってことですね。相手に圧迫感を抱かせかねないくらいに近寄って撮っていいのは政治家の写真やら犯罪写真やらくらいのときだけだろうと思う。

 そいや、夕刻になって横田駅で列車交換を待っていたら、駅員に声をかけられたんですね。「運転士に向けてストロボは焚かないでくださいね」という注意でした。逆に言えば、傍若無人に運転士に向けてストロボを焚くようなやつが続出しているんだろうなあってことで。

 というわけで、なんかちょっとこう、今回のタブレットがらみは、しょーじきあんまし後味が良くなかったなぁ、とか思ったのでございます。

  
Posted by 猫が好き♪ at 18:00 │Comments(0)TrackBack(0)
記事個別ページおでかけ報告clip!

2012年02月11日

お散歩>久留里線 (1) 再訪。もろもろ小さな変化の積み重ね。

 そーゆーわけでなんか千葉県がマイブーム(アワブームか)になったみたいで。いすみ鉄道・小湊鉄道に続いてこんどは久留里線です。

 久留里線ですが、過去にいちおう行ってはいます。2004年に、なぜか2週続けて行ってますね。ただ、いずれも乗るついでにいくつかの駅をざっと眺めた程度であり、それなりの数の駅の項目がありはしますが大半は「客扱いをしている間にあいてる扉から外を写しただけ」だったりして、ま、あれで「写真がある」とかいうと、それは詐欺みたいなもんです(=^_^;=)。
 ま、首都圏から近い国鉄の非電化ローカル線ですし、わけわかんない希少車もいますし、2012年1月現在ではタブレット閉塞も現役ですし、悪い路線じゃないと思うんですけど、いかんせん地味なんですよねえ。そのわりに車輌の塗装が派手で路線に似合っておらず、率直なところ「いまひとつ食指が動かない路線」という印象でした。
 しかしまあ、鉄道めぐりのツレともども、いいかげん近場は行きつくした感があり(=^_^;=)、千葉県づいたまんまイキオイでなんとなく「久留里線、いってみよーか」みたいな話になりまして。なんか最近、撮影枚数が異様に多くなってて、露出違いこみで撮影枚数が1470枚、生き残り写真が413枚ですか、けっこう死にそうになってました。すでに撮影してあった分とあわせると700枚越えましたねえ、久留里線にもそんなにいっぱい被写体があったんだー、とか思ったり(そりゃ、あるだろ(=^_^;=))。

 久留里線は7年半ぶりくらいだったんですが、えーと、たいして変わる要素もなさそうに見えてた路線だったんですけど、けっこう大きく変わってました。なんていうか、接客設備の更新がかなりの規模で行われたみたいです。具体的には、ホーム待合室の更新と、便所の新設ですね。
 無人駅となった駅の旧駅舎の取り壊しと無人駅仕様の駅舎の新築は、2004年時点ですでにかなり進んでいました。その後は、もともと駅舎なんかなかったような小規模駅のホーム待合室の整備などが行われた、ということでしょう。けっこうな数の駅で、車窓からテキトーに撮った旧ホーム待合室の写真が、それの唯一の写真てことになっちゃってたりして。
 マーフィの法則じゃないけどさ、「変わる要素があるものごとは、変わる」ものなのである、と。そもそも変わる要素があることに気づいていなかったあたりが甘かった、ということかもしれません。まあ、何が変わる可能性がある要素なのかを見抜くのってたいへんなんですけどね。大規模開発の手にかかると地形だって変わっちゃったりすっからなあ(ためいき)。

 んじゃそういうわけで、まずはその差分から行ってみましょうか。

 まず、木更津駅。ここは内房線の駅という要素の方が大きいんですけど。西口の売店が縦横ともに成長。
 

dsc12811
2004/09/24-13:33 , JR東日本 - East Japan Railway , 内房線/久留里線 , 木更津駅(千葉県木更津市)
西口の売店。
s3p75128
2012/01/03-08:49 , JR東日本 - East Japan Railway , 内房線/久留里線 , 木更津駅(千葉県木更津市富士見1)
西口駅舎入口の売店。なんかちょっと成長したようです。
 
 上総清川駅。ホーム待合室が更新されました。この駅では便所の新設は行われていませんでした。
 
dsc12474
2004/09/19-13:55 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 上総清川駅(千葉県木更津市)
ホームとホーム待合室。このホーム待合室は、再訪時には更新されていました。
s3p75383
2012/01/03-09:57 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 上総清川駅(千葉県木更津市菅生)
ホーム待合室。更新されてしまいました。線路上総亀山側。
 
 東清川駅。ここは2004年訪問時の写真がないのですが、他のいくつかの駅と類似した様式の便所とホーム待合室が作られていました。
 
s3p75425
2012/01/03-10:07 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 東清川駅(千葉県木更津市笹子)
便所とホーム待合室。便所がホーム待合室をはさんで性別で独立しています。便所本体は規格型ですが、この配置は珍しい。
 
 横田駅。交換機能を持ち、訪問時点ではタブレットの受け渡しがあるため有人駅でした。
 まず、多少の構内整備が行われた模様。駅舎のすぐ前にあったこけしのオブジェが撤去されていました。まあ、これはもしかすると駅員の手作りのものとかであったかもしれず、その駅員が転属になったとかいう程度の理由でもなくなっちゃう理由にはなるものだったかもしれません。
 
dsc12728
2004/09/19-18:12 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 横田駅(千葉県袖ケ浦市横田)
駅舎の線路側、上りホーム上にあった、切り株を利用したこけしのオブジェ。地図で見ると木材関連の店や加工業が散見されます。房総山地の木材集積場所のひとつだったのかもしれません。2012年訪問時には発見できず。
 
 同じく横田駅。便所が更新されました。まあ、便所はねえ・・・「駅の便所は汚い」という固定観念があるくらいだから、それを打ち破るべくがんばっていただいてちょうどよかったりしますし。にしても、実にこう、集中的に便所を作りましたなあ。
 
dsc12715
2004/09/19-18:02 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 横田駅(千葉県袖ケ浦市横田)
便所・線路上総亀山側。
s3p75532
2012/01/03-10:33 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 横田駅(千葉県袖ケ浦市横田)
便所。構内側。
 
 同じく横田駅。下りホームのホーム待合室。撤去されました。代替のものは作られていませんでしたが、まぁ、横田駅から下り列車にのるお客さんはそうは多くないのじゃないかと思います。
 
dsc12691
2004/09/19-17:54 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 横田駅(千葉県袖ケ浦市横田)
下りホームのホーム待合室。
s3p75568
2012/01/03-10:36 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 横田駅(千葉県袖ケ浦市横田)
ホーム待合室の跡。
 
 東横田駅。ホーム待合室が、車掌車流用のものから新築のものに更新されました。過去に便所があったかどうかわかりませんが、それも新築されています。
 
dsc12826
2004/09/24-14:08 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 東横田駅(千葉県袖ヶ浦市)
車掌車の廃車体利用のホーム待合室。ヨ3500型ないしヨ5000型。※この車掌車は解体されたとの情報あり(2007/02/04追記)
s3p75621
2012/01/03-10:48 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 東横田駅(千葉県袖ケ浦市横田)
駅入口。ホーム待合室と便所。車掌車流用駅舎は撤去されてしまいました。
 
 馬来田駅。2004年訪問時にすでに古い便所は撤去されユニット便所が並べられるかたちとなっていましたが、2012年訪問時には改めて新築されていました。ま、2004年時点のものは過渡的な状態だったということなのでしょう。
 
dsc12836
2004/09/24-14:15 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 馬来田駅(千葉県木更津市真里)
便所。ユニット式の便所が並べられていました。右から横書きの、もしかするとものすごく古いものかもしれない看板がかかっています。
s3p75762
2012/01/03-11:08 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 馬来田駅(千葉県木更津市真里)
便所。表側。
 
 下郡駅。ホーム待合室が更新されました。過去に便所があったかどうかわかりませんが、他のいくつかの駅と類似した様式の便所が新築されていました。
 
dsc12677
2004/09/19-17:41 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 下郡駅(千葉県君津市)
ホーム待合室。
s3p75840
2012/01/03-11:23 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 下郡駅(千葉県君津市山本)
駅名標と便所とホーム待合室。
 
 俵田駅。ホーム待合室が更新されました。過去に便所があったかどうかわかりませんが、他のいくつかの駅と類似した様式の便所が新築されていました。いやあ、便所はこの様式のものがいくつかの駅で使われていたんですが、ホーム待合室はけっこうばらばらのデザインなんですよねえ。どういう力学なんだろ。
 
dsc12494
2004/09/19-14:24 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 俵田駅(千葉県君津市)
ホーム待合室。
s3p76012
2012/01/03-12:17 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 俵田駅(千葉県君津市俵田)
便所とホーム待合室。
 
 久留里駅。横田駅とならぶ現存の交換可能駅で(過去には馬来田駅をはじめとして、ほかにもいくつか交換可能駅があったようです)、久留里線の中核駅でもあります。訪問時点では有人駅でしたが、小さいとはいえ房総半島中部の拠点都市のひとつですから、タブレットが廃止されたあとも無人化されるかどうかはなんとも。
 駅施設については特に更新には気づきませんでした。ここは便所は2004年時点ですでに更新されていましたし。
 で、これはJRがやっているわけじゃないような気がしますが、駅前広場が更新中でした。どのようになるのかは不明ですが、とりあえず広場全域を新しくするようで、広い範囲で工事が行われていました。
 
dsc12637
2004/09/19-16:37 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 久留里駅(千葉県君津市久留里市場)
駅舎道路側俯瞰。
s3p76080
2012/01/03-12:51 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 久留里駅(千葉県君津市久留里市場)
駅前広場越しに駅舎と便所。駅前広場は整備工事中でした。
 
 平山駅。特に変化はない・・・ように思えたのですが、写真を仔細にチェックしてみたところ、便所が更新あるいは新築されたようです。
 
dsc12600
2004/09/19-16:19 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 平山駅(千葉県君津市平山)
無人駅仕様の駅舎。クローズアップがありませんが、駅舎の向こう側には便所は見えていません。
s3p76493
2012/01/03-14:39 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 平山駅(千葉県君津市平山)
ホーム待合室。線路上総亀山側。
s3p76490
2012/01/03-14:38 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 平山駅(千葉県君津市平山)
便所とホーム待合室。線路木更津側。
 
 同じく平山駅。旧ホーム待合室は取り壊されてはおらず、無事でした。
 
dsc12601
2004/09/19-16:19 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 平山駅(千葉県君津市平山)
ホーム待合室。
s3p76496
2012/01/03-14:39 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 平山駅(千葉県君津市平山)
旧ホーム待合室。
 
 上総亀山駅。久留里線の終端駅です。
 駅舎には大きな違いはないようでしたが、便所は更新されました。
 
dsc12518
2004/09/19-15:05 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 上総亀山駅(千葉県君津市藤林)
便所・道路木更津側。
s3p76557
2012/01/03-15:06 , JR東日本 - East Japan Railway , 久留里線 , 上総亀山駅(千葉県君津市藤林)
便所。道路木更津側。
 
 いやー。
 2004年訪問時には、木更津駅・横田駅・馬来田駅・久留里駅・上総亀山駅くらいしか下車しておらず、情報としてはすかすかよねって感じがしていたのですなあ。それでも差分検出用というか、状況の変化を確認するといった目的ならば、「それなりに使えるものなんですなあ」とまるで自己弁護のような感想を抱きました。
 するとそれを聞いていたおれの中のもうひとりのおれが、「だからって枚数撮ればいいってもんじゃねえだろ、整理するのはおれなんだからな」とかぶつくさ文句を言っていたりするわけなんだなあ。あ、なんか目つきがけっこう険悪じゃありませんか、こりゃマジで怒ってるな〜(=^_^;=)。
  
Posted by 猫が好き♪ at 13:00 │Comments(0)TrackBack(0)
記事個別ページおでかけ報告clip!

2012年02月08日

お散歩>小湊鉄道〜一応全駅コンプリート。

 そういうわけでいすみ鉄道をひととおり終わり、そのまま惰性で小湊鉄道へとなだれこみます。最初は養老渓谷駅。
 
s3p74859 - 2011/12/31 15:30
小湊鉄道 - 養老渓谷駅(千葉県市原市朝生原)
駅舎。道路五井側。
 
 しかしなんだな。雪景色だったとはいえ、上総牛久より東側の山線区間については、ふたりともすでに全駅をまわっていたのだよなあ。
 そこでこれからどうするか相談になり、「雪景色ではないノーマル(笑)な小湊鉄道の風景をおさえつつ日没までいく」「未撮区間で日没まで粘る」の2案を検討した上で、第二案を採用。途中をすっとばして馬立駅に向かいます。おれも全く撮っていないわけではないが、撮り落とし駅がそこそこあったような気がしていたんだよなあ。

 上総牛久を通り過ぎ、最初の駅は馬立駅。
 

s3p74875 - 2011/12/31 16:10
小湊鉄道 - 馬立駅(千葉県市原市馬立)
駅舎。道路五井側。小湊鉄道様式のいい感じの木造駅舎です。
s3p74899 - 2011/12/31 16:13
小湊鉄道 - 馬立駅(千葉県市原市馬立)
元貨物倉庫。五井側。
貨物側線にあるものですが、線路側壁面は封じられており、貨物ホーム上屋としては使えません。上総鶴舞駅にも同様のものがあったのですが、貨物輸送廃止後に業務用倉庫に転用したとか、なんかしらそんな事情があるのでしょう。
s3p74881 - 2011/12/31 16:10
小湊鉄道 - 馬立駅(千葉県市原市馬立)
駅前のタクシー屋(馬立タクシー)。
 
 いやまあなんというか。未撮駅がぞろぞろあったような気がしていたのだが、冒頭一発目ですでに既撮駅が出てきたぞ(=^_^;=)。ま、すでに馬立駅の写真はあるとはいえ、2001年のもので機材もポリシーもスキルも変わってますから撮りなおす価値は十分にあるのだけど。

 続きまして、上総山田駅。
 

s3p74980 - 2011/12/31 16:39
小湊鉄道 - 上総山田駅(千葉県市原市磯ケ谷)
駅舎と詰所。道路五井側。小湊鉄道様式のいい感じの木造駅舎です。
 
s3p74968 - 2011/12/31 16:38
小湊鉄道 - 上総山田駅(千葉県市原市磯ケ谷)
駅舎。道路上総中野側。
 
s3p74995 - 2011/12/31 16:42
小湊鉄道 - 上総山田駅(千葉県市原市磯ケ谷)
構内踏切から五井方面を望む。左側に側線が延びています。
 
 
 うおー。ここも既撮駅だわ(=^_^;=)。てゆーかまあ、チェックしていなかっただけで忘れていたというほど忘れていたわけでもなく。
 モノになっていない以上当然ボツになっているわけですが、以前ににちゃんねら鉄道板の有志で「1/87・12mmゲージで安価な模型を製造販売できないか」という思いつきの企画をはじめたことがあり、そのときの候補に「小湊鉄道の古典貨車」てのがはいっていたのですね。その候補の古典貨車のうち、無蓋車が、この上総山田駅に留置されていたんでした。トム10とトム11の2輌。片側にはバッファ穴がありもう片方にはないというところからみて、鉄道院の路線はまだバッファ&スクリューの連結器を使っていた時代に控車として使われたという履歴があるのではないかと思われる、とんでもない古典貨車でございます。
 んで、おれひとりでも一度きてるし、そのあと有志でオフを兼ねて巻尺を持って来たこともあった。駅はついででしたが、来た以上撮らないわけがないだろうって感じ。
 その古典貨車ですが、ちらっと見たところ側線はからっぽのようであり、ないのを確認するのも悲しかったのでちゃんとチェックはしないというヘタレな選択をしてしまったのですが(=^_^;=)、少なくとも2011年12月31日段階で、ここの側線からはいなくなっているようでした。移動しただけなのか、鬼籍にはいってしまったのかは、確認していません。

 んで、既撮駅が2つ続いたところで、次は上総三又駅。
 

s3p75011 - 2011/12/31 16:51
小湊鉄道 - 上総三又駅(千葉県市原市海士有木)
再建された駅舎。道路五井側。
 
s3p75017 - 2011/12/31 16:51
小湊鉄道 - 上総三又駅(千葉県市原市海士有木)
再建された駅舎。道路側。
 
s3p75020 - 2011/12/31 16:52
小湊鉄道 - 上総三又駅(千葉県市原市海士有木)
再建された駅舎。道路上総中野側。
 
 
 はいー。まだまだ続く既撮駅攻撃です(=^_^;=)。ていうか、上総三又駅は、おれが最初に小湊鉄道に乗って最初に降りた駅だな。
 ただ、ここはそのときに撮った駅舎、というかホーム待合室はその後火災にあって焼失しており、「駅を撮ったことがあるか」という意味では既撮駅ですが「現在の駅の状態を撮ってあるか」という意味では未撮駅なんで、もとより撮りなおすつもりでおりました。ま、この駅ではじめて「目標のひとつが達成できた」ということになりましょうか。しかし、時すでに夕暮れなのであります(=^_^;=)。

 隣は海士有木駅。ここは純然たる未撮駅。ああ、ようやくだ・・・。
 

s3p75044hdr - 2011/12/31 17:03
小湊鉄道 - 海士有木駅(千葉県市原市海士有木)
駅舎。道路側。
 
s3p75047hdr - 2011/12/31 17:03
小湊鉄道 - 海士有木駅(千葉県市原市海士有木)
駅舎。道路上総中野側。
 
s3p75050 - 2011/12/31 17:05
小湊鉄道 - 海士有木駅(千葉県市原市海士有木)
便所。
 
s3p75053 - 2011/12/31 17:06
小湊鉄道 - 海士有木駅(千葉県市原市海士有木)
駅名標。
 
 
 小湊鉄道様式の木造駅舎を持ついい感じの小駅です。駅舎は、車窓からは確認できていたんですが、列車本数が多くて来やすい上総牛久以西であることが理由となってあとまわしになっていたんでした。しっかしまあ、この扱いは、いったんあとまわしにしちゃうととめどなくあとまわしになる、という見本みたいなもんですなあ(=^_^;=)。

 そいや駅名なんですけどね。
 えーと「海士有木駅(あまありきえき)」っていちおう難読駅に分類されているような気がします。で、どっかでそういう話をしたところ、鉄分がぜんぜんないやつが「フツーに『海士』って書いて『あま』って読むじゃん。鉄ヲタって漢字読めないのか?」とか言ってくれちゃいまして。言われてみればそうだなあと。「海士有木駅」は、「海士+有木+駅」と容易に語素分解ができるし、分解しちゃえば個々の要素は難読でもなんでもないんですよね。なんで難読駅に分類されることになっちゃったんだろう? 誰か事情を知っているひとはいませんか(=^_^;=)。

 で、隣は上総村上駅。ここもまごうかたなき未撮駅だったんですが、駅名標を見るとさらに隣はもう五井駅なわけで、案外こう未撮駅は多くなかったなあと思いつつ、しかしすでにとっぷりと夕暮れなのであります(=^_^;=)。
 

s3p75056hdr - 2011/12/31 17:18
小湊鉄道 - 上総村上駅(千葉県市原市村上)
駅入口。
 
s3p75074 - 2011/12/31 17:21
小湊鉄道 - 上総村上駅(千葉県市原市村上)
便所。ラッチ外、駅舎入口の対面にあります。
 
s3p75101hdr - 2011/12/31 17:28
小湊鉄道 - 上総村上駅(千葉県市原市村上)
下り線ホームから駅舎。
 
s3p75104hdr - 2011/12/31 17:28
小湊鉄道 - 上総村上駅(千葉県市原市村上)
下り線ホームから駅舎。
 
 
 上総村上駅。
 えーと、駅舎本体の構造体の造りは「小湊鉄道様式」に準じているように見えるのですが、動線設計などは大きく異なり、ディテールも違っています。車窓から見ただけだったんですが、「なんかちょっと違う、小湊鉄道の駅舎としては異質の駅舎」ということはわかっていました。なので気になっていたというか。小湊様式では建てられないといった立地的制約があったようにも見えませんし、不思議です。まあ、別に「ひとつの鉄道の駅舎は様式をそろえるべきだ」とする理由もないわけですが、他は揃っているのになあ、とは思ってたわけです。
 で、じっくり見てどういう違いがあるのかは確かめることができたのですが、なんせ夕暮れなんですなあ。ていうかもう夜(=^_^;=)。
 でだ。
 この日は「いすみ鉄道の全線をまわる」というのが目標でしたし、そんなに時間に余裕がないのはわかっていたため、いざとなりゃハイダイナミックレンジ合成(HDR合成)を持ち出すつもりでおりました。結果は上の通りで、まあ、「その駅がどんなものであったかを知るための資料としては最低限の役には立つかもしれません」というレベルですが。この件については後日別のエントリを書くかもしれません。

 お・ま・け。
 

s3p74950 - 2011/12/31 16:25
小湊鉄道 - 馬立駅(千葉県市原市馬立)
高滝神社初詣列車のヘッドマーク。
 
s3p74756b - 2011/12/31 14:58
小湊鉄道 - 上総中野駅(千葉県夷隅郡大多喜町中野)
高滝神社初詣列車のヘッドマーク。
 
 
 大晦日だったものですから、初詣客を呼び込もうという趣旨のヘッドマークをつけた列車が運転されていました。ヘッドマークは少なくとも2種類ありましたが、もしかすっともっとたくさんの種類があったのかもしれません。

 ま、とりあえずそういうわけで、夜景になっちまった部分もあって多少の欲求不満がないわけではありませんが(=^_^;=)、それを言ったら房総半島の鉄道だとゆーのに雪景色しかない駅だって多々あったりするわけで(=^_^;=)、いちおう「小湊鉄道は全駅をコンプリート」ということになりました。別にコンプリートしたからって何かいいことがあるわけじゃあないんですが。

  
Posted by 猫が好き♪ at 18:00 │Comments(2)TrackBack(0)
記事個別ページおでかけ報告clip!

2012年02月05日

2012年の真壁の雛祭り

 えーとそういうわけで茨城県は真壁町の雛祭りです。2012年のものがはじまったみたいなので、お知らせ。行くひとは、ついでですから「東日本大震災>真壁旧市街地の被災状況」にも目を通していってくれるとうれしい。

 概要は以下のページにまとめられています。

和の風第十章 真壁のひなまつり

 上記ページの「お知らせ(ご確認下さい)」にも、震災被害関連のコメントがあります。あわせてご覧ください。

 んで、バス便は以下。ふだんは公共交通機関だけでは真壁にたどり着くことはできないのですが、ひなまつりの期間内は臨時でバスが運行されます。ひなまつり見物だけではなく、真壁の町並みを眺めたいという方にとっても、とても便利になると言うことができます。この機会にぜひ。

・つくばエクスプレスつくば駅から(公式ページ
 運行期間2012年2月4日〜3月3日
 料金2日間有効の往復券で1500円
 時刻表の「筑波山神社入口」と「梅林入口」の時刻が同じ理由は謎
 つくばセンター - 真壁駅 真壁駅 - 筑波山神社入口 - 梅林入口 - つくばセンター
9:30 - 10:20 10:30 - 10:55 - 10:55 - 11:35
10:00 - 10:50 11:30 - 11:55 - 11:55 - 12:35
10:30 - 11:20 12:30 - 12:55 - 12:55 - 13:35
11:00 - 11:50 13:00 - 13:25 - 13:25 - 14:05
11:30 - 12:20 13:30 - 13:55 - 13:55 - 14:35
12:00 - 12:50 14:00 - 14:25 - 14:25 - 15:05
13:00 - 13:50 14:30 - 14:55 - 14:55 - 15:35
14:00 - 14:50 15:00 - 15:25 - 15:25 - 16:05
 15:30 - 15:55 - 15:55 - 16:35
 16:00 - 16:25 - 16:25 - 17:05
 16:30 - 16:55 - 16:55 - 17:35

・水戸線岩瀬駅から(公式ページ
 運行期間2012年2月4,5,11,12,18,19日(土日)
     2012年2月25〜29日/3月1〜3日
 料金片道500円
 JR岩瀬駅 - 真壁駅 真壁駅 - 雨引観音 - JR岩瀬駅
  9:40 - 10:05 10:00 - 10:25 - 10:45
 10:30 - 10:55 11:00 - 11:15 - 11:35
 11:30 - 11:55 12:10 - 12:25 - 12:45
 12:30 - 12:55 13:00 - 13:15 - 13:35
 13:30 - 13:55 14:00 - 14:15 - 14:35
 14:50 - 15:15 15:20 - 15:35 - 15:55
 15:30 - 15:55 16:00 - 16:15 - 16:35
 16:30 - 16:55 17:00 - 17:15 - 17:35

 いやあ。バス便の時刻表くらいは公式ページ見てもらえばわかることなんだけど、このページ毎年同じURLを使いまわしているので、過去情報が消えちゃうんだよね。なので毎年の記録ってことで、いちおうこっちにも掲載しときます。

 ご参考までに、行かれる方にとってはそれなりに使える資料なんじゃないかと思うものへのリンクを2件。
真壁町中心部の地図
真壁町の登録有形文化財一覧(たぶん2005年時点)

 おまけですが、過去の「真壁町のひなまつり」紹介エントリ
2010年 真壁町への臨時バス便が運行されます
2011年 2011年も真壁町への臨時バス便が運行されます  

2012年02月04日

モルヒネを使ってみた。

 残念ながら、非合法薬剤の話じゃありません。別に麻薬とかに特に忌避感はないんだけど、おおっぴらに言うのがかっこいい種類の話だとも思っていませんので。
 というわけで、モルヒネを使ってみた。これ。



 いやさ、痛いんですよ(=^_^;=)。んで、痛みなんてごく私的な感覚であり、他者と共有できるような感覚じゃないでしょ。いくら文字を連ねても、痛みとか、味覚とか、そういうものは伝えることが困難だ。喜びとか悲しみとかも同じ問題を抱えているんだけど。
 となると、チャレンジしてみたくなるじゃないですか。というのがこのエントリを書きはじめた理由だったりするわけだが(=^_^;=)。
 まあだからってどのように痛いのかを大げさな言葉を連ねて語ってみても伝わるわけもないし、他人が読んで背筋がゾクゾクしてきちゃうような路線は狙う気がないし、どうアプローチするか書き始めた時点では未定なわけですが。まあつらつら、痛みについて。

 なんだかよくわからんのですが、首のあたりで炎症が起きているんですなあ。喉の粘膜とかが炎症を起こしたとかいうのならばまあ風邪とかのときにお馴染みの感覚なんですが、そうじゃなくて、なんか筋肉組織の中のあたりで炎症が起きているらしい。きわめて限られた範囲での炎症であり、体温があがるとかいうような全身症状は出ていないんですが、しかしとにかく痛いんである。さらにあわせわざまで強烈な肩こりまで登場してきた。結果として、歴代痛みの強さランキングでいくとベストスリーにははいるんじゃないか。
 ちなみに、順位ははっきりしませんが、順不同でベストスリーを並べると「右足下腿複雑骨折(粉砕骨折)の受傷直後」「胆嚢炎」「今回」となるでしょーか。

 んで、当初はロキソプロフェン・ナトリウムという鎮痛剤を出してもらっていた。これ、胆嚢炎のときにも使った薬で、おれに関してはよく効くんだけど、悲しいかな、多少持続時間が短い。60ミリグラムの投与で6時間くらい。成人の一日極量が180ミリグラムだそうで、それを守る限りでは一日3回までしか使えないから、一回あたり2時間、一日合計で6時間くらい足らないんですなあ。
 そいやフェナセチン系の「セデスG」という、おれに関してはとてもよくきく鎮痛剤があったんだが、あれとかもあわせて出してもらえんもんかなと思ったんだよなあ。ロキソプロフェン系とそれ以外系とを適当に混用して極量制限をかいくぐるとかって手はないもんかと思ったわけですが、どうもそういう発想はないらしかった。で、調べてみたら、その「セデスG」は、というかフィナセチン系鎮痛薬そのものが、副作用が問題になったとかで製造中止になっていたりした(=^_^;=)。
 まあそういわけでその持続時間が足らない2時間×3回をどーすっかで悩んでいたところ、医者が「モルヒネだそーか」と言ってきまして。
 モルヒネでしょ、あのほれ末期癌患者の痛みをおさえるために意識の混濁とかをものともせずに使うというモルヒネですかあ、それが出てきちゃいますかあ、みたいな。ってまあモルヒネといっても量とかにもよるし、モルヒネは使用上限量がない(極量がない)らしくて盛大に使えばそりゃ意識くらい飛ぶでしょうが使ったら必ず意識混濁が起きるとかいうわけでもないんで、どうしたもんだろうかみたいな。別の知り合いの医者にも相談したところ「おれも普通に処方するけど(大意)」ということだったんで、出してもらうことにしました。

 使用量が少ないせいなのかもしれませんが、おれに関しては、モルヒネきかないねえ。いや、ぜんぜんきかないわけじゃないんだけど、期待していたほどには劇的な効果ってのはありませんでした。副作用はいっちょまえにありまして、慣れるまではけっこうぼーっとしたり、いつもとは頭の覚醒バランスが違っているみたいで寝付けなかったり、してましたけど。
 あ、その後もいまでも高性能バッテリーが落ちるときみたいに(つまりいきなしってことだが)、意識が遠のいていくってのがあるな。横で見てると「いきなし眠った」みたいに見えるんだろうなあとか想像しますが。これ、こないだからときどき出てた症状で、モルヒネのせいじゃないかもしれませんが。頻度と深度はモルヒネの使用開始後、あがったような気がしますけどねっ。

   *

 んで、痛みってのにも、そういやいろいろあるなあ、と。

 右足下腿の粉砕骨折ってのは、対抗右折車につっこまれたバイク事故で、相手の車のバンパーの厚さ分だけ骨があとかたもなくばらばらになっていたというやつで。
 これは、受傷直後はそらもう盛大に痛かったんですけど、なんか一発芸的な痛みだったような。
 そうねえ。なんか周辺じゅうのセンサが異常信号を出しまくっており、痛いぞセンサは痛いぞ信号を出しているのだが、それが受容値を越えて隣の警報システムになだれこんでいたのか、それとも熱いぞセンサが誤動作していたのか、どっちかっつーと痛いというよりは熱かったという記憶があります。
 ただ、痛かったわりには意識は清明で、思考が痛みに引きずられるということもなかった。救急車のスタッフや医者とは普通に話をしていたような気がするし(いやまあ、それなりにろくでもないこともクチバシってはいたのだろうけれども)。
 また、受傷後4時間くらいで痛みはさーっと引いていったように記憶しています。鎮痛剤とかも使ったんだろうけれども、まあセンサの方も「これ以上警報を出しても無意味」とか諦めたのかしらんし。骨折ってけっこう痛みが長引くこともあるみたいですが、おれの場合は毎回のように、受傷直後の痛みは長引かないで消えてますね。ていうか、たいして痛くないものだから骨折していることに一晩気づかなかった事件、てのもあったしなあ。
 とまあそういうわけで、このときの痛みは、「ものすごく痛かった」ということは鮮やかに覚えているものの、さほど印象に残る痛みというわけではなかったんでした。

 胆嚢炎のときの痛みはなあ。
 なんていうかこう、ちんどん屋のような痛みっていうか。延々と痛くてしかも持続してにぎやかで、たとえとしてどうかと思うが『美しき天然』がエンドレスでかかっているかのような痛み。んで、思考が痛みにひっぱられるのですなあ、四六時中「いたいよーいたいよー」とかいうモノローグが頭の中をめぐっている感じ。もうほかのことは考えられない。ちなみに、当初医者は、胆嚢炎をなんとかしようとは思っていたものの痛みをなんとかしようとは思っていなかったようで鎮痛剤を出してくれず、とりあえず痛いのをなんとかしてほしかったおれとしては「おれは何のために病院に行ったんだろう」とかいう疑問を抱いていたりしました。リクエストをちゃんと言うことを忘れるほどに痛かったということだな(=^_^;=)。
 あと、こんときの痛みは、なんていうか「眠れぬほどの痛み」というやつで、眠ってしまえばとりあえず楽になるとは思うものの眠るに眠れないという現象を引き起こしていました。まあそんでも眠気の限界がくれば眠ってしまうんだけどね(=^_^;=)。

 今回の痛みは、胆嚢炎のときにとはけっこう対照的。たとえていえばラヴェルのボレロのような痛みっていうか(なんかもうたとえがわけわからんがな(=^_^;=))。
 いっちばん対照的なのは、今回は「気を失える」ということでしたね。痛いんすよ、痛いんですけど、それがゆえに眠れないとかいうことはない。というか気を失ってしまえば痛くないから脳が気を失ってしまおうと思ったのかどうかよくわかりませんが、なにかっつーと気を失ってしまいそうになるんです。寝てるんだか失神してるんだか、そもそもその2つがどう違うんだか、よくわかりませんが。簡単にブレーカーが落ちる状態っていうか。で、そのブレーカーが落ちる状態はそのちょっと前から別の理由で生じていたんですが、まーとにかく落ちる落ちる、痛みの最盛期には面白いように落ちまくってましたね(=^_^;=)。
 ま、これ、胆嚢炎のときの痛みとは性格が違う痛みだったのか、痛みそのものは似たようなものだけど体の(ていうか脳の)対処方法が違ってきていたのだか、そのあたりはよくわかりませんけど。

   *

 とか言ってるところに、新手の脅威が登場(=^_^;=)。五十肩ってやつです(=^_^;=)。

 しょーじきこれ、関係があるんだかないんだか、よくわからないんだよね。関係している医者4名のうち3名までは「無関係(であり、自分の管轄ではない)」という主張、のこり1名は「関係あるかもしれないし、ないかもしれないけど、とにかく鎮痛剤は出しておきましょう」という対処。ただ、痛みの場所は近くて、炎症が痛いんだか五十肩が痛いんだか、しばしば区別がつかない場合があるんです(=^_^;=)。
 んで、肩こりに鎮痛剤はきくか、肩こりにモルヒネはきくか、っつーとあんまし期待できなさそうな感じで。鎮痛剤で肩こりが治るんだったら、肩こりにはとりあえずバファリンでも飲んどけって話になりそうな気がするんだけど、そういう話はあんまし聞かないもんなあ。
 基本的にはぐちゃぐちゃ言ってないでペインクリニックにでも行くべきなんだろうけどな。ううう。

 なお、更新が止まってますけど、これは別に痛みのせいではありません。ていうか、痛みがひどくなってきたのって12月の話だし。
 更新が止まっているのは、単に写真整理が追いつかないでいるためです。  
-- Livedoor's --