2006年03月12日

紹介>看板建築

 看板建築。もともとこの言葉は、路上観察学会員の藤森照信氏が1975年に言い出したものだそうで、1994年に出した本で広まった。というわけで、厳密な定義を持つ術語ではない(少なくとも、今のところは)。

 だいたいの概要は、「関東大震災以降に様式を確立した商店建築の一種。典型的な様式は、道路に沿った側に看板のような壁を持つ建築物で、木造モルタル塗りないし銅板貼り、屋根は銅板葺き、二階建て以上」という感じらしい。商家建築であり、基本的には商業資本家が建てたものであるため、権勢を誇るために手のこんだ装飾などがなされたものも多い。擬洋風建築とのボーダーはあいまい(歴史的には、擬洋風建築の末期と看板建築の初期が重なるような感じもある。あんまし厳密に調べて言ってるわけじゃありませんが)。
 ただし、その後作られなくなったわけではなく、昭和末期でも商店建築としてはこの様式を引き継いだものが作られることはあった。たぶん今でも作られていることだろう。新しい看板建築では、外装はサイディング貼りになっていたり、モルタル塗りであっても左官仕上げの装飾がなされていなかったりする。また、初期に建築され現存しているものはすでに築数十年となっているため、リフォームによって原型を損なっていることが少なくない。

 で、もともとこう「厳密に、看板建築とそれ以外を分けられるものではない」ため、「鉄道のある風景」ではテキトーに「道路側に大きな平面部分を持つ建築」までひっくるめて項目を立ててます。
 また、看板建築の写真って表側から撮ったものが多いわけですが、目的のひとつに「建築模型を作る際の資料として使える写真」てのがあるんで、時間と状況が許す限り「横」とか「斜め」とか「上」とか「裏」とかも撮るべくつとめてます(って、現実にはむずかしいことのが多いんだけどね)。表側は堂々としたビルのような見かけなのだが裏側にまわるとフツーの日本建築である、みたいな落差がけっこう楽しい。
 建築年代とかは、しょーじき、正確なところはよくわかんないものの方が多いですねえ。いちいち聞いて回るわけにもいかないしな。
 2006年3月時点の撮影総数は500棟弱。何をやっているのだか。


茨城県土浦市・石上霞月堂(和菓子)。土蔵かつ看板建築。
 <看板建築
 <看板建築 (2)
 <看板建築 (3)
 <看板建築 (4)
 <看板建築 (5)
 <看板建築 (6)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nekosuki600/50454639
この記事へのトラックバック
 で、看板建築の続きみたいなもん。  看板建築は大正末期〜昭和初期あたりからはじまった流れです。ところで国府津は関東大震災の震源地が近く被害が大きかった。また、もともと東海道の沿道ですから、商業資本家もまた多かった。というわけで(だと思うんだが)、競う....
既存物件の紹介>神奈川県小田原市国府津【鉄道のある風景weblog】at 2006年03月17日 05:33

この記事へのコメント
初めましてw何て言ったらいいのかな・・・と、とりあえず興味アリ・・・ですっw
Posted by ゆうな at 2006年03月12日 16:37
始めまして、トラバありがとうございました。

こちらのサイトで、我が家の近くの風景(亀戸)が沢山取り上げられているのにビックリしました!
我が家のすぐそばに貨物線が通っているんです。
わたしのブログでも写真を載せちゃおうかな?
これからも、時々お邪魔します。m(__)m
Posted by Roko at 2006年03月12日 20:51
 ゆうなさん、Rokoさん、いらっしゃいませ。

 振り返ってみると、なんかこうあたりまえだった風景が見られなくなっていることがけっこうあるのに気づきまして、で、こんなことをはじめてみました(うわ、年寄りくせえ(笑))。まあ数がまとまりゃそれなりに迫力も出るんじゃないかとか思ったりして。

 あとで報告の方にも書いておきますが、そういうわけで前回は亀戸は用事のついでだったもので、今日は越中島専用線を見るためだけに歩いてきました。けっこう寄り道をしたもので越中島貨物駅にたどりついたところで日が暮れてしまいましたが(=^_^;=)。
 更新は、ま、目標週半ばくらいまでに。
Posted by 猫が好き♪ at 2006年03月12日 22:30
はじめまして。
当社も(株)三共標識という地図看板を作っているという者に騙され広告代金を盗られました。わずか¥3000ですのでがシャクです。領収書記載の電話番号にTELしても調べますとのことですが連絡無く詐欺です。このような業者を野放しにしておくことがどうしても赦せません。
警察に通報しても時間の無駄のような気がしますが何か
方法がありませんでしょうか?これが彼らの付け目なんでしょうがーー。
お時間のあるときにでもメール頂けますか?
Posted by オーハラライデイングパーク at 2007年06月05日 22:37
 オーハラライデイングパークさんいらっしゃいませ。
 さてえーと、まず。当該内容が看板建築の項目に書き込まれたことに当惑しております(=^_^;=)。
 それから、トマソン看板の会社名で検索するとうちんちがわりとトップに来たりするのである程度しょうがないのかもしれませんが、うちんちは町観察ネタとかをやっているところで、トマソン看板業者の苦情受付窓口ではないわけです。けっこう問い合わせが来るんですが、しかしうちんちは業者とは関係ないんですよね。
 まあ、苦情を申し立てるならそれなりのルートが考えられますし、正攻法で行かれてみてはいかがでしょうか。
Posted by 猫が好き♪ at 2007年06月05日 23:02
 
-- Livedoor's --