2010年02月13日

ニュース>真壁町への臨時バス便が運行されます

 ニュースっていうかフォローっていうか。

 以前に紹介した茨城県の真壁町(現茨城県桜川市真壁)。バス便が事実上廃止されてしまい、公共交通機関ではたどりつけない僻地になってしまっていたのですが、町を上げてのひな祭りの時期ということもあり、観光客誘致のためでしょう、臨時のバスが運行されることになったそうです。

 運行期間は2010年2月13日、つまり今日から3月3日までの毎日。料金は、2日間有効で1巡回1500円。泊まってお金を落としていってね、ということなんでしょうね(それほど旅館のキャパがあるとも思えないんですが)。
 時刻表は以下の通り。

・つくばセンター(TXつくば駅)発
 9:10 → 10:00
 9:50 → 10:40
 10:30 → 11:20
 11:30 → 12:20
 12:20 → 13:10
 13:00 → 13:50
 14:40 → 15:30

 復路は、筑波山神社入口・梅林入口に立ち寄って1時間15分、10:10から17:20にかけての8便。

 他に、JR水戸線の岩瀬駅からも、日数は少ないのですが、バスが運行されます。
 運転日は、2010年2月7日から28日にかけての土日と3月1〜3日。料金は片道500円。時刻表は以下の通り。

・岩瀬駅発
 9:40 → 10:05
 10:30 → 10:55
 11:30 → 12:05
 12:30 → 12:55
 13:30 → 13:55
 14:45 → 15:10
 15:30 → 15:55
 16:30 → 16:55

 復路は、10:10から17:00にかけての8便。

 公式ページもあわせてごらんください。

 今年は『ちい散歩』でも2月1〜2日にかけて2日間にわたって真壁を取り上げていましたので、けっこうお客さん多いかもしれません。前半に行っちゃった方が落ち着いて散策できるかもしれませんね(=^_^;=)。
 なお、水曜日は商店街の休店日なのだそうで、避けておいた方がいいかもしれません(=^_^;=)。

 ついでに、うちんちのページの紹介も改めてしときます。


風景:茨城県桜川市真壁町> 看板建築の商店「橋本時計メガネ店」 [direct]

 上の写真は「橋本時計メガネ店」というけっこう気合いのはいった看板建築。場所は、国立第五十銀行真壁支店→真壁郵便局→観光案内所まちづくり真壁本部の向い。行ったときにすでにお店としては移転・閉店していたようですが、たぶん現存しているのじゃないかと思います。

 で、うちんちのページ真壁の町をうろうろ散歩して撮って来た172枚をまとめてります。万全の案内になるほどではありませんがある程度の参考にはなるであろう地図も作ってあります。また、ページ末尾には「茨城県桜川市真壁町・文化財一覧」というリストもつけてあります(ただし文化財に登録されているからって全てが見学できるとは限りません。現在も民家として使われている現役建築物が大半ですから)。

 つくばセンターまではTXで最短45分でしたっけ、バス便が出ている間はわりと東京からも近い場所ですから、お散歩にでかけてみてはいかがですか。基本線、地味な田舎町ではありますが、本格レトロの風景の中をゆっくり歩いてみるのも、時には良いものです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nekosuki600/51681067

この記事へのコメント
「寅次郎の川柳ちどりあし」にトラックバックメールをいただき有難うございました。
私はインターネットの仕組みがよく分からず、「トラックバック」の意味すら、正確には分かりませんが、公開させていただきました。
私自身、鉄道の旅は大好きですので、「鉄道のある風景」時々、覗いて見ようと思います。
Posted by 寅次郎 at 2010年02月13日 15:06
 寅次郎さんいらっしゃいませ。
 ま、真壁もがんばっているみたいだし、もしかしたら訪ねてくれそうな方にはご参考までにと思って、トラバを飛ばさせていただきました。
 えーと、これ言っても「フカシだろ」とか思われるだけだろうと思うんですけど、真壁はぜひ宣伝してあげたかったもので、『ちい散歩』にも投稿してたりしました。昨年11月でしたかね。ちょっと遠い場所だしボツにされたかなーと思っていたら2日連続での取り扱いで、ちょいうれしかったんでした。普段は公共交通機関では行けない場所なんで、直行バスが出る時期まで待っていたということなんでしょう。まあ、単なる一般視聴者からの投稿ですから採用の連絡もなんもありませんでしたけど、まあそれでもいいやみたいな。他のひとも投稿してたかしらんし、真壁も売り込んでいたかもしれませんし。
 普段はひなびた田舎町ですが、ひな祭りの時期には「観光客大歓迎!」という気合いがはいっているようです。普段着の真壁でも、祭りの真壁でも、お好みの方を選んで、ぜひ一度お出かけくださいませ。
Posted by 猫が好き♪ at 2010年02月13日 23:59
おはようございます。

茨城県へは久しく訪れていませんが、つくばと言えばどこの方角からからも筑波山がぽっかり望めますね。
てっきり、都会になっていると思ったら、まだのんびりした場所も残っていたとは…
どこの場所も行ってみないと解りませんね…
Posted by 中山 at 2010年02月15日 08:40
 中山さん、どうもです。

 えーとそんで「つくば」なんですが。
 確かにまあ「つくばセンター周辺」はある程度ビルとかもありまして栄えてる感じはします。つくばエクスプレスの駅周辺は場違いとしか思われぬ高層ビルがあったりします。しっかしですねー、それはケニア共和国でもナイロビにはビルがありますみたいなもので・・・(おい(=^_^;=)>おれ)。

 東京みたいに「どこまでいっても家並みが続く」というのは日本的にも世界的にも異常事態としか思われません。というわけで、茨城は、大半が田舎です。千葉も、群馬も、栃木も、埼玉も、神奈川も、大半が田舎なんであります(=^_^;=)。
 まあ、「どこまでいっても」てのも微妙ですが、たいていのところは2時間も歩けば農村や公共交通機関絶滅地帯にぶちあたるんでした。でもそういうところをお散歩するのは楽しいなあとか、おれは思うんです。
Posted by 猫が好き♪ at 2010年02月15日 21:09
 
-- Livedoor's --