2010年07月30日

メモ>白ポストの設置主体

 そういえば悪書追放ポスト(白ポスト・モラルポスト)については紹介項目を作ってなかったみたいで。でも紹介項目にはしない(=^_^;=)。

 以前よりあれってけっこう余計なお世話物件だと思っており、いらなきゃごみ箱にでも捨てればいいじゃんとも思っていたんですが、まあ滅び行くものなんだろうし微笑ましく記録に残しておきましょう気分だったわけです。んでもってまあ、形態とか設置主体とか、いろいろどうでもいいトリビアネタもありますし。
 とっころっがでっすねー。ちょっと設置主体情報を調べていたら、案外こう今でも新規に建植されていたり、設置活動を誇らしげに言ってたりするところがみつかっちゃったんですよねえ。面白いんでその情報を並べておきます。

*群馬県高崎市青少年補導センター(市青少年課)
*水戸東ライオンズクラブ(茨城県水戸市)
*兵庫県姫路市少年愛護センター(市立総合教育センター育成支援課)
*兵庫県芦屋市立青少年愛護センター
*兵庫県伊丹市立少年愛護センター(市教育委員会事務局生涯学習部)
*兵庫県宝塚市青少年センター(市教育委員会)
*広島県福山市青少年センター(市役所青少年課)
*香川県高松市生涯学習課少年育成センター
*香川県丸亀市少年育成センター(条例設置組織)
*長崎県佐世保市教育委員会青少年教育センター

 兵庫県伊丹市立少年愛護センターと香川県高松市生涯学習課少年育成センターのページは、悪書追放ポストだけのページじゃなくて自動青少年関連の広報および統計資料ページなんですが、「白ポスト回収状況」という情報がありまして。えー、2009年の回収状況は、伊丹市では1年間で10000点ほど、高松市では8ヶ月で1600点ほど回収しているようなんであります。内訳は伊丹市では「有害AV(6728点)」「有害図書(3587点)」の順、高松市では「有害図書(739点)」「有害ビデオ・DVD(551点)」「不要図書(321点)」「有害CD他(2点)」の順。不要図書ってなんだろう(=^_^;=)。

 いやあ。「滅び行くもの」と認識していたものが実はそうでもなくいまだに新たに作られているとか、どうやらある程度は使われているらしいとか、想像を絶する展開となったものですから、メモ書きをしておこうかとか思うのであります(=^_^;=)。
 しかしなんだなあ。やっぱしこれ無駄でばかばかしい事業だと思うんだよなあ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nekosuki600/51744386
 
-- Livedoor's --