2012年01月09日

お散歩>水車小屋2件・茨城県立博物館および県民の森

 そういうわけで別に水車に深くこだわるつもりはないんですが(=^_^;=)、水車小屋2件。

 まずは移築保存物件の茨城県立博物館にある水車。
 建築年代は幕末ないし明治初期とのこと。もとの所在地は山方町諸沢で菊池家のものだったそうです。
 水車の様式は上掛け(水輪の上から水をかけるタイプ)。このタイプの水車はパワーは出るものの傾斜地でないと設置できず(駒村清明堂の水車もこの様式でした)、平地に移築保存するとなると展示場所の選択がけっこうむずかしいしろものです。茨城県立博物館では、敷地内の崖を上手に使って、不自然ではないかたちで展示していました。
 

s3p73483.jpg - 2011/12/23 13:43
茨城県水戸市緑町
茨城県立歴史博物館。水車小屋(移築保存物件)。
s3p73479.jpg - 2011/12/23 13:43
茨城県水戸市緑町
茨城県立歴史博物館。水車小屋(移築保存物件)。
s3p73486.jpg - 2011/12/23 13:44
茨城県水戸市緑町
茨城県立歴史博物館。水車小屋(移築保存物件)。水輪。
s3p73489.jpg - 2011/12/23 13:44
茨城県水戸市緑町
茨城県立歴史博物館。水車小屋(移築保存物件)。
s3p73494.jpg - 2011/12/23 13:45
茨城県水戸市緑町
茨城県立歴史博物館。水車小屋(移築保存物件)。説明看板。
 
 なんか説明によると、中のからくりがけっこう充実しているらしい。本体がそもそも二階建てで、碾臼に自動的に少しづつ蕎麦の実などを補給する木製のコンベアなども装備しているとのこと。ただ、中を見ることができるような展示とはなっておらず、そのメカニズムを見ることはできませんでした。また、そういうややこしいメカがあるせいか、動いてもいませんでしたね。まあ、しょうがないっちゃあしょうがないんですが、メカも含めて、動いているところを見たかったなあ。
 移築保存物件ではありますし、なんか茅葺屋根というあたりでありがちなステロタイプな物件を一瞬連想していやんな予感もしたんですが、詳細を見てみると水輪付近にはトタン波板が打ち付けられていたりもして、まあそれなりに使われていたものであるという痕跡も見て取れます。最初は「茅葺屋根にトタン波板」という組み合わせにはちょっと違和感も抱いたんですが、それはおれにもステロタイプな水車小屋イメージがある、ということの証明でしかないわね(=^_^;=)。

   *

 もう一件は県民の森に設置されているもの。こちらはちょぉっとヒドかった。ヒドいもんの方が写真の枚数が多いってのもなんですが。

 最初に説明看板。なんか池の浄化設備として木炭を使った循環システムを作ったらしいんですが、その一環として水車小屋も作ってみましたってことらしい。必然性がどこにあるんだかよくわかりませんが。そういうわけで移築物件でも保存物件でもなく1993年に税金で作られた新築物件です。
 

s3p73551.jpg - 2011/12/23 15:30
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋説明看板。
s3p73548.jpg - 2011/12/23 15:29
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋説明看板。
 
 で、せっかくの新築物件なんですが、その後放置されたらしく、廃墟と化しています。
 
s3p73552.jpg - 2011/12/23 15:30
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
s3p73581.jpg - 2011/12/23 15:35
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
s3p73556.jpg - 2011/12/23 15:31
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
s3p73559.jpg - 2011/12/23 15:31
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
 
 で、ぱっと見、下掛け水車に見えるんですね。水の流れに水車の下端を接触させて回すタイプの、パワーは出ないけど傾斜地である必要はなくある程度の水流があればどこにでも設置できるというやつ。上の写真を見るとそうとしか思えないでしょう。
 ところがこれ、上掛け水車なんだなあ。
 
s3p73561.jpg - 2011/12/23 15:31
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
s3p73571.jpg - 2011/12/23 15:32
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
s3p73566.jpg - 2011/12/23 15:32
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
 
 3枚目の写真に写っていますが、裏側に立ち上がっている鉄パイプがその無理やり上掛けにした証拠の送水管。おためごかしに木枠で囲ってはありますが、いかにも不自然なしろものです。なんでこういうことをやるかなあ。
 立地を見ればわかるとおり裏側には傾斜地があるんで、ちょっと場所を考えて崖に寄せるとか、高架水路でつなぐとかすれば、こんな不自然な上掛け水車にはならなかったはずなのにな。「茅葺木造の小さな小屋を新築」「平地にむりやり上掛け水車を設置」という、ある種の「最悪の展示用水車」の見本的しろものとなってしまいました。廃墟化しておりこのまま朽ちていくのでしょうが、まあ設置者がかなりいいかげんな気分で作っているのが手に取るようにわかるしろものなんで、それで良かったのかもしれませんわ。
 また、水輪も、詳細に見るとあまり例がないような作り方になっています(側板がたがいちがいに重ねられている)。こういう作り方をする地方がないとは断言しませんが、これは釘打ちなどを前提とした設計のように思われ、なんかちょっと釈然としないものを感じます。少なくとも水車に詳しい人や仕事として水車を作っている水車職人が作ったものではないような気がする。
 
s3p73578.jpg - 2011/12/23 15:34
茨城県那珂市戸
県民の森。水車小屋。
 
 中もいちおう、なんらかのメカニズム(搗臼でしょうか)が設置されていた痕跡があります。杵と臼は2セットあったんでしょうか。しかしどうやったらこのように壊れるのかわからないような壊れ方をしたままで放置されています。パーツも、全部そろっているような気がしません。

 なんか見ていて悲しくなるような水車でしたね。こういう無駄なものを税金で作るのはやめましょうや。作るんだったら、ちゃんと「作る意味があるだけのクォリティのもの」を作るようにしてほしい。まあ、ここの場合、「なんで木炭浄水設備に水車を作りつけようと思ったのか」からしてもうわけがわからず、予算が余ったから消化試合としてでっちあげたという以上のものには見えないのですがね。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nekosuki600/51921937
 
-- Livedoor's --