2012年01月13日

お散歩>茨城県那珂市静の静神社

 だんだんコネタになってきたお散歩報告ですが、常陸国二ノ宮だった静神社です。ていうかお散歩報告の性格が変わってきたんだよな、更新の回数が減ったかわりにお散歩報告でとりあえず写真を公開しちゃおう、みたいな感じです。

 水郡線に「静駅」というのがありますが(駅そのものはつまらん無人駅だ)、その駅名の由来となった地名の源流がこの神社であるらしい。常陸二ノ宮ですから(ちなみに常陸一ノ宮は鹿島神宮であるらしい)、まあかなりの神社であると言えましょう。
 もっともまあ、訪問が12月の16時でしょ、もう暗くてなにやらようわからん感じ。写真も露出不足でボロボロです。じゃあ出すのやめればとか思わないでもないんですが、生きてる間に再訪することがあるかどうか微妙な場所ってけっこうあるわけで、そういうところは「いつか再訪したときに」ではなく「とりあえず出す。再訪したら差し替える」の方がいいような気がするんすよね。ま、「もったいないお化け」が出ただけかもしれませんが。

 んで静神社。さすがは二ノ宮で、けっこうな規模の神社でした。しかしそれより、そろそろ年末なわけで、初詣の準備とかが中途半端に進んでおり、その「作りかけの舞台装置」みたいな部分がちょっと興味深かったのでした。いやな視点だなあとか思わないでもありませんが(=^_^;=)。
 

s3p73593.jpg - 2011/12/23 16:17
茨城県那珂市静
静神社。入口。一の鳥居、二の鳥居ともに石造の神明鳥居。
s3p73596.jpg - 2011/12/23 16:19
茨城県那珂市静
静神社。表札石碑。常陸二ノ宮だったことが刻まれています。
 
 参道入口周辺。
 
s3p73602.jpg - 2011/12/23 16:20
茨城県那珂市静
静神社。石段の入口。
s3p73606.jpg - 2011/12/23 16:20
茨城県那珂市静
静神社。手水場と街灯。
s3p73611.jpg - 2011/12/23 16:21
茨城県那珂市静
静神社。街灯ヘッド。
s3p73597.jpg - 2011/12/23 16:19
茨城県那珂市静
静神社。入口のところにある建物。
s3p73612.jpg - 2011/12/23 16:21
茨城県那珂市静
静神社。由緒書き1。
 
 で、参道の石段。正直、きつかったわぁ(=^_^;=)。んで両側に「御神燈」と書かれた行灯が延々と並んでいるんですね。初詣仕様なんでしょうねえ。並んではいるんだけど、しかし火ははいっていない。周囲はすでに暗い。なかなかにあやしげな雰囲気をかもし出しておりました。もっともこれで行灯に火がはいっていたら、その部分が露出オーバーになるわけで、写真を撮る上での条件はもっと厳しくなっていたようにも思いますが。
 
s3p73615.jpg - 2011/12/23 16:22
茨城県那珂市静
静神社。石段。
s3p73618.jpg - 2011/12/23 16:24
茨城県那珂市静
静神社。石段。
s3p73621.jpg - 2011/12/23 16:25
茨城県那珂市静
静神社。石段。
 
 石段を登りきったところにある平地。瑞垣で囲まれた中枢部の手前にもいろいろとあります。
 いやあ、ここらへんにも「御神燈」が乱立しておりますてね。狛ちゃんなんか御神燈に隠れてしまっていて、最初は気づかなかったもんなあ。おまいら番犬なんだからさ、人がとおりかかったら「ここに狛犬がいますよ」とかちゃんと吼えろとか、理不尽なことを思っちゃいましたよ。
 手水場のドラゴンは、帰り道で気づいたもので、もうほとんど真っ暗闇でした。よって手水場全体の写真はありません。
 
s3p73627.jpg - 2011/12/23 16:26
茨城県那珂市静
静神社。瑞垣門。
s3p73665.jpg - 2011/12/23 16:37
茨城県那珂市静
静神社。右狛犬。
s3p73668.jpg - 2011/12/23 16:38
茨城県那珂市静
静神社。左狛犬。
s3p73671.jpg - 2011/12/23 16:39
茨城県那珂市静
静神社。手水場の竜。
s3p73628.jpg - 2011/12/23 16:27
茨城県那珂市静
静神社。由緒書き2。
 
 瑞垣内部の拝殿・神殿ほか。
 
s3p73634.jpg - 2011/12/23 16:28
茨城県那珂市静
静神社。拝殿斜め。
s3p73640.jpg - 2011/12/23 16:29
茨城県那珂市静
静神社。拝殿と神殿。
s3p73649.jpg - 2011/12/23 16:31
茨城県那珂市静
静神社。神殿。
 
 やー。三脚つけて撮ればまあまだいける程度の光はあったんですが、手持ちじゃちょっと無謀でしたね。まあ、基本的にいちおう三脚は持っていることが多いんで、面倒がらずに「暗いな」と思ったら帯同することをまじめに考えようとか反省したのではございました(車に積みっぱなしにしていて持っていかなかった)。反省はしたけれど実践するかどうかは微妙なところですが。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nekosuki600/51921940

この記事へのコメント
静神社、行った事あります。生きてるうち…同感です。
また、「ある機関助士」ネタですみませんが、偕楽園駅がうつってるんですね。隣の踏み切りは、水戸街道でも6号線でもないけど旧陸前浜街道のはずです。
Posted by 仕事中の at 2012年01月13日 23:41
 仕事中の さんどうもです。
 やー、国道の付け替えになるともう手がまわんないというかなんというかなんですが、えーとそうなんですか?
 基本的に、陸前浜街道は「水戸街道+岩城街道」の明治時代初期における合体名だったはずで、陸前浜街道を経て、その後それが国道6号になっています。なので、一般的にはまあ、「水戸街道あるいは岩城街道」「陸前浜街道」「国道6号(の旧道)」はセットになっているはずなのですが。もっともまあ、途中で付け替えがあった場合には「陸前浜街道が単独で存在した」というケースも考えられますし、例外的ケースは山ほどあるのでなんともいわくいいがたいのですが(=^_^;=)。
 水戸街道+岩城街道は千波湖の東側を通っていましたが、偕楽園付近となると千波湖の西側になっちゃうのですよねえ。とはいえ西側を通る街道筋もあったので、付け替えにより一時的にそっちが浜街道を名乗っていたという可能性はあるかもしれないんですが。そういえば「浜街道踏切」てのもけっこうあちこちにあるなあ(新金線・成田線・常磐線で見たような記憶がある)。とんでもねえ細い道についていたりするのだが、実はそれが正しく旧道筋だったりするんだなあ。
Posted by 猫が好き♪ at 2012年01月17日 00:59
 
-- Livedoor's --