今編んでいるのは、野口智子さんの「わたしのセーター」から、セーラーカラーのプルオーバーです。
ボランティアニット中はほとんど経過を載せていませんでしたが、また少し真面目に?途中経過も書けたらいいなと思います。
ってこれももう結構進んでいるのですが(^_^;)

IMG_20191003_174346

後ろ身頃とお袖ができていて、これは後ろ身頃。
子ども用を続けて編んだあとなので、すごく大きく感じます。
いつもこれくらいのを編んでいたはずなのに、すっかり感覚を忘れてしまっていました。


IMG_20191003_174358

こちらがお袖。
裾と袖口がメリヤスのダブルになっています。
ダブルにするのは難しくなかったのですが、ここってどうやってとじたらいいんだろう?うまくできるか心配です。


IMG_20191004_134244

前身頃は裾のダブルのところが終わったところまで。
全然進んでいないので写真なくてもよかったのですが、上2つが夜に撮ったものなので、自然光で撮ったこちらも一応載せておきます。
まだ編み地が小さいので、やっぱりあってもなくてもな感じですけど(^_^;)

セーラーカラーって大好きなのですが、個人的な印象としてちょっと制服っぽいというか、若いイメージが強くて、年を重ねるにつれ抵抗も出てきていました。
それでも好きなのは好きだし、これは大人に似合うものを目指してデザインされたそうなので、多分大丈夫かなぁと。
大人ということは、20歳以上ってことですよね。それなら私も範囲内、という解釈です(笑)
とか言いつつピンクで編んでいるのもどうかという話なのですが…。
多分指定通りの紺とかで編んだ方が締まっていいと思うのですが、それ系の色は在庫にないし、在庫を漁っていたらどうしてもこのピンクが編みたくなってしまったので(^_^;)
色味だけで言ったらまぁ似合うとは思うので、うまく仕上がるといいなぁと思います。



この本からはまだ他にも編みたいものがあるのですが、手持ちですぐ編めそうだったのでまずはこちらにしました。
糸は指定通りアメリーで、28番で編んでいます。
他の編みたいものも、糸を買い足すよりは在庫で編めないかなぁと思っているところです。
が、私のことなので、何だかんだで結局買ってしまいそうなのが怖いところです(-ω-;)


なんだか10月なのか何月なのかわからないような気温の日も多くて、ウールの出番はいつになるのやら…。
このくらいの気候ならコットン編んでもよかったなぁという気もしていますが、そうこうしているうちにきっと涼しくなってくるし、冬物は編みたいものも糸もたくさんあるので、せっせと消費に励みたいと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
いつもありがとうございます(〃^ー^〃)