ねことむのアレなソレ

オモチャで心を癒す大人の日々

アイアンマン・マーク47

00
メーカー:ホットトイズ
シリーズ:ムービー・マスターピース DIECAST MM#427D19
プロパティ:スパイダーマン:ホームカミング
スケール:1/6
定価(税込):48,000円
発売日:2017/10/26
アイアンマン・マーク47

01
映画「スパイダーマン:ホームカミング」に登場したアイアンマン・マーク47が、2018年3月発売予定から大幅な前倒しで2017年10月末に発売となりました。

本体はほぼマーク46と同じなので設計にかかるコストが節約できたのと、恐らく受注数があまり多くなかったからではないでしょうか。

02
みっちり。

03
付属品一覧。

05

マーク46の色替えかと思っていましたが、腿のグレー部分の塗り分けの為に新規にモールドが彫られています。

06
うしろー。

07
背中のスラスターハッチは開閉。

10
トニー・スタークの素顔ヘッドも付属。
劇中ではこんな風に頭部を露出する事はありませんでしたが、オモチャのプレイバリュー的には嬉しいですね~。

11
トニーヘッドの造形はマーク46に付属した物と同じですが、目線が違うのと右目のアザが有りません。

12
キリッ。

13
ピーター・パーカーと車中で話していた時に掛けていたサングラスも付属。

14
印象的だったからっぽヘッドも付属。

15
マーク47がメディアに露出し始めた当初、銀色部分はもっと濃いガンメタルでしたが、本製品ではもう少し明るいクロムシルバーになっています。

16
ダメージパーツは有りませんが胸部装甲は取り外し可能。

20
適当にポージング。

21
マーク46に引続きエフェクトパーツも付属。

22
パーツ交換で再現する肩と前腕の武装も付属。

25
フェリーの分解を防いだミニ・リパルサー・デプロイヤーは約1/18スケールの物が付属。

26
ミニ・リパルサーは2個付属。

こちらは1/6スケールです。

28
スタンドに取り付けてのディスプレイが可能。

29
「マーク47は伊達じゃない!」

34
商品構成から「ダメージ表現のない素顔ヘッドとサングラスを付けるからスーツと素体を用意して有効活用してね」という言外のメッセージを読み取ったのでやってみました。

35
素体はホットトイズ・トゥルータイプのナロー・ショルダー版V2を、スーツはPOP TOYSのX22を使用。

36
POP TOYSは使い勝手の良いメンズスーツをちょいちょいリリースしているので、幾つかストックしておくと良さげです。

38
ただ、付属の靴を使用すると足が短くなってしまうので、ACI Toysのメンズシューズを使用しています。

39
左がACI製で右がスーツに付属している靴。

40
素顔ヘッドは素体のジョイントに接続すると首の長さが足りないので、現状では乗っけてるだけです。

そのうちに延長用のジョイントを作る予定です。

50
以上、マーク47でしたー。

パニッシャー

00
メーカー:ホットトイズ
シリーズ:テレビ・マスターピース TM#004
プロパティ:デアデビル
スケール:1/6
定価(税込):32,000円
発売日:2017/10/26
パニッシャー

02
本来は2018年1月発売だった本商品ですが、いよいよ今月からNetflixで単独シリーズが配信開始されるのでそれに合わせてでしょうか、約3ヶ月の発売前倒しされて10月末に発売となりました。

本商品の出典は「デアデビル」なので「パニッシャー」版のコスチュームとはシャツの袖の長さが違ったりもしますが、基本的には一緒なので無問題です!
なにはともあれ映像媒体を見るタイミングで、既に立体物が手元に有るのは単純に嬉しいですねー。

03
「デアデビル」関連商品なのでパッケージのデザインフォーマットもデアデビル準拠で点字が刻印されています。

意味は”THE PUNISHER”

04
セット内容。
これにバックボードが付きます。

07
タクティカルベストにはパニッシャーのトレードマークのドクロマーク入り。

08
うしろー。

マスキュラー素体のため腕を真下に下ろせず、素立ちにするとちょっと力が入ったポーズになってしまいます。

10
コートを羽織って。

襟元には金属片と磁石が入っているため、襟が反ったりしません。

11
うしろー。

ブーツはデアデビルと同様に足首で分割されて、可動範囲が大きく取られています。

13
頬の生傷が痛そうです。

14
中の人ことジョン・バーンサルの程よい悪人顔が見事に再現されています。

15
横顔とか傷側とか。

17
このドクロマーク、劇中ではたまたま体についたペンキがドクロに見える的な演出になるかと思っていましたが、普通にスプレーで手描きでしたね。

20
M134ミニガンを構えて!

実は劇中では使っていないので給弾ベルトの先に有るはずの弾倉は無いのが正解。

21
M134にはM60のハンドガードが取り付けられています。

「プレデター」でクーパーが使っていたM134もこのタイプでした。

22
こっちは使ってましたね。

23
Barrett MRAD。

24
アメリカ海兵隊仕様のファイティングナイフとシース。

25
ハンドガンとかデアデビルのヘルメットとか。


26
ハンドガンはS&W 327 TRR8。

シリンダー部も可動します。
薬莢のペイントはもう一つ外側の円周まで塗られているのが正解ですね。

28
デアデビル シーズン1版のヘルメットが付属。

額には銃で撃たれた痕があります。

29
シーズン2版と比べるとより悪魔的な表情ですね。

32
付属のバックボード

33
朝焼けのヘルズキッチン。

35
以上、個人的にはマーベル作品の中で三本の指に入るお気に入りヒーローでしたー。

不知火舞 コスプレバージョン

00
不知火舞 コスプレバージョン
メーカー:Super Duck
シリーズ:Super Duck SET012A
プロパティ:
スケール:1/6
定価:$64.53
発売日:2017/10中旬
不知火舞 コスプレバージョン(黒)

01
Super Duckのコスプレイヤーさんを立体化しているシリーズより、不知火舞のレイヤーさんを再現できるセットが発売されました。

02
セット内容一覧。
ヘッドとコスチュームのみで素体はお好みの物を用意するスタイル。

03
素体はシームレス女性素体でお馴染みTBLeagueのPLLB2017-S20Aを使用しています。

以前紹介したPLMB2017-S22Aと比べるとバストとヒップによりボリュームが有ります。


あ、今気が付きましたが右足の脚絆が上下逆ですね。
失礼しましたー。

04
腰の帯から続く飾り紐には針金が入っているのである程度表情を付けられ、また自立時の補助にも役立ちます。

05
参考までにPLLB2017-S20AとPLMB2017-S22Aの比較。

06
うしろー。

07
側面。

08
ヘッドの肌の色はペールカラーの素体と比べると若干濃いですが許容範囲です。

09
植毛部分との境目はそのままだとちょっと美しくないので、適度に後れ毛等を追加したり書き加えてやるのが良さそうです。

結んで垂らした髪の毛はデフォルトだと軽くウェーブがかかっていたので、お湯パーマでストレートに直しています。

10
適当にポージング。

11
扇子は骨も紙製。

商品見本の扇面は金色でしたが、製品では山吹色になっています。

13
前述のように腰の帯も針金入りなのでボリュームが出てしまい、少し緩むと帯というより腹巻きっぽく見えてしまいます。

帯をギュッと締めれば軽減されるのですが・・・ちょっと改善策を検討してみます。

15
3年程前にEASTAR TOYSから発売された不知火さん風コスチュームは布の端が裁断されたまま未処理でしたが、本製品は折り返してあるためエッジが綺麗です。

17
当たり前と言ってしまえばその通りなのですが、やっぱり肌色面積の広い衣装はシームレス素体との相性が良いですね。

20
このコスチュームはKOF14版では無いですが、ロゴ入りスタンドを作成してみました。

22
以上、スーパーダックのヘッド&コスチュームのセットでしたー。

エレン・リプリー

00
メーカー:ホットトイズ
シリーズ:ムービー・マスターピース MM#366
プロパティ:エイリアン
スケール:1/6
定価(税込):32,000円
発売日:2017/10/13
エレン・リプリー

01
ホットトイズのムービー・マスターピースはシリーズ開始当初からエイリアン関連フィギュアを数多く発売してきましたが、以外なことに一作目のリプリーはこれが初めてとなります。

02
セット内容一覧。

04
ジョーンズと。

05
うしろー。

衣装デザインは「スター・ウォーズ」シリーズも手掛けたイングランドの衣裳デザイナー、ジョン・モロ。

08
発表当初は植毛で再現されていた頭髪ですが、最終的に製品版ではPVC製になりました。

また、顔の造形も幾度か変更され、よりシガニー・ウィーバー演じるリプリーらしくなりました。

09
いい表情です。

11
ヘッドのジョイント受け近くにはホットトイズの刻印が入っています。

肖像権絡みかと思ったのですが、同時期発売のパニッシャーのヘッドにも有ったのでコピー対策かもしれません。

13
ツナギ作業服の下にはシャツとTシャツも着用しています。

15
キャリーボックスにはジョーンズを収納出来ます。

16
サンプルの時点では猫によく似たネコ科の生き物でしたが、製品版ではかなり良くなりました。

17
シャーッ!

20
即席火炎放射器。

21
輸送船の機関長が有り物で火炎放射器とか作っちゃうの凄いよね。

23
アッシュの作った動体探知機も付属。

24
周囲の空気密度を遠隔測定する未来技術感あるガジェットです。

26
スタンドは同社の「エイリアン」「エイリアン・ウォーリアー」にも使われていたやーつー。

27
雰囲気出ますね。

30
ホットトイズから2008年9月に発売されたダラス船長とケイン副長と。

ようやくヒロインが合流できました。

31
ビッグチャップは再来年の映画公開40周年辺りでVer.2.0が出る事を期待しています。

40
バックボードはビッグチャップに付属した物です。

以上、ナルキッソス号で宇宙服を着用するシーンを再現出来るバージョンの発売はいつですか?な人でしたー。

ハルクバスター

00
メーカー:ホットトイズ
シリーズ:ムービー・マスターピース MM#285
プロパティ:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
スケール:1/6
定価(税込):120,000円
発売日:2017/10/23
ハルクバスター

01
ホットトイズのハルクバスターが届きまっ・・・デカくて重いぃ。

02
箱の容量的には同社の1/6バットモービルやデロリアンと大差無いですが、とにかく重いです。
え、8.9Kg?

03
スリーブを外すとこんな感じ。

このハルクバスターを制作したグッジョブなスタッフがクレジットされています。

04
日本での予約が始まったのが2015年3月3日で当初の発売予定は2016年の4月でしたが、2016年7月初頭に仕様変更に伴い約1年後の2017年6月の発売になると発表されました。
そこから更に数ヶ月後の2017年9月に先ずは香港で発売され、今月よーやく日本でも発売に至りました。
予約から実に2年と7ヶ月、永かった~!

なお今月発送されたのはホットトイズの直営店「トイサピエンス」での販売分で、一般流通分は12月発売との事。
恐らく生産ペースの都合でしょうね。

05
セット内容一覧。

07
相次ぐ発売延期にもはや実体は存在せず、実は発売される事をワクワクしながら夢見る事こそがこの商品の正体で、香港で発売されたという情報は実はフェイクニュースで、トイサピエンスからの商品発送連絡すらも手の込んだイタズラで、トイサピさんからデカくて重いダンボールが届いてからも箱を開けたら中から煙が出て来て目が覚めるんじゃないかとまで思っていましたが、こうして現物を実体として目にして両手でその重さと感触を確かめた今、ようやくホットトイズのハルクバスターが発売された事を実感しました。

08
ぐるりと全身を。

09
10
11
毎度の目、胸周りのリアクター、両手の平に加え、両腕のガントレットと両足のリアクターが発光します。

12
足の可動範囲は狭く、この画像の状態がほぼマックスです。
本商品をアクションフィギュアとして捉えると物足りないですが、むしろこの重量でこれだけ動けば御の字です。

関節はかなり硬めのロック機構が入っているため、安定したディスプレイが出来ます。

13
電池たっぷり。

これはホットトイズの電池あるあるなのですが、付属電池の表面はけっこう汚れています。
そのため電池を入れてもLEDが光らなかった場合は初期不良を疑う前に、ティッシュ等の上で電池の両面をこすって汚れを拭ってやると光るようになる事が多いです。

ちな、今回も何箇所かで光らなかったのですが同様の対応を行って光るようになりました。

14
アイアンマンとの対比。

15
AoU版ハルクさんとの対比。

16
この絡みをご家庭で楽しめる日がようやく来ました~しみじみ。

18
たのしい。

20
このハルクバスターは劇中同様内部にアイアンマン・マーク43を格納出来ます。
その様子を連続写真で。

21
22
23
24
25
肩アーマーの展開は劇中では見られなかったので、設定上のギミックだと思われます。

アイアンモンガー以上に厳重に中の人が守られています。

26
マーク43バストスタチューは目と胸のリアクターが発光します。

頭部はマーク43の物がまるっと流用されています。

27
ホットトイズのアイアンマンと言えばダメージパーツ。

ハルクのファーストアタックで負った左胸の凹みを左胸装甲を交換する事で再現可能です。

28
そしてこのハルクバスター最大のギミック、同社から発売されているマーク43を格納出来るやーつー。

受注時はマーク43のトルソが中に入っているだけでしたが、他社製品でマーク43を格納出来る物が発表された影響か、仕様が見直されてマーク43が完全収納出来る様になりました。
それに合わせて股関節や足首その他のフレームが金属製になったり、ガントレットやヘルメット部のギミックがより劇中に近い物に改良されました。

おかげで発売はがっつり伸びましたが、より良い物を手にする事が出来たので結果オーライです。

29
ちなみに中はこんな感じ。

30
格納前に傷防止用のチューブをマーク43に履かせます。

ハルクバスターの足を動かした際に、中で金属パーツ同士が干渉して塗装が剥げるのを防止するためっぽいです。

32
ライドオン!

33
実際に1/6フィギュアが格納できるパワードスーツはいいですね。

40
足の裏。

中央のスラスターの穴は塞がっています。

41
ガントレットはギミック盛りだくさん。

42
装着時の状態とか。

43
使おうとしたものの当てられなかったスタンスティックも、発光ギミック込みで再現されています。

52
足まわりをアップで。

51
ふくらはぎ。

53
横。

54
股間のこれ、一瞬パトレイバーみたいなウインチかと思ったんですがちょっと違う感じのディティールですね。

55
背面スラスター

56
脇や腿にチラ見しているメカディティールも見所です。

70
本商品開発中の時点ではミニチュアのベロニカやジャックハンマーが付くかもよ~的なフリも有りましましたが、結局それらは付属しませんでした。

それはそれで残念ですが不満が有るかと言えばノーです。
むしろマーク43が収納できなかった受注時のお値段据え置きのままで、よくぞここまで改良してくれました。

今後ハルクバスターはインフィニティウォーに再登場するとかしないとからしいので、ジャックハンマーはその時にでも付けば御の字です。


以上、いろんな意味で大人のおもちゃでしたー。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ