ねこやまと

世界経済、金融、政治、社会問題について検証するブログです。

ブログ移転のお知らせ

誠に勝手ながら、ブログ閉鎖については撤回とさせていただきます

ブログをこちらに移転しますので、今後はこちらのページでお願いします
又、ブログ村の応援クリックの方もよろしくお願いします

http://blog.livedoor.jp/nekoyamato-economy02/

この国沈没してもよいのでは?

電車で座れるように何十分も立って待っているというのに、高校生やらサラリーマンやら割り込み乗車をします
毎日です

一昔は「今時の若者は…」と嘆いていたお年寄りが、今はバスの中で携帯は鳴らすわ、通話をするわといった状況です
ほぼ毎日です

学費、給食費が払えないと言う一方で不必要な携帯電話は子に持たせます
防犯と言いますが、一体何が防犯なのでしょうか

一番勉強がきついはずである大学ですが、日本の大学は遊んでも卒業できるレベルです
海外の大学は日本と異なり勉学が厳しいです

他にも例を挙げればキリがありませんが、不況とゆとり教育が重なり、日本のモラルが徹底的に崩壊され始めてきています
少子高齢化・晩婚化はもの凄い勢いで進んでおり、もはや日本が“姥捨て山”となる事は避けられません

何もしない、何もできない政府に対し国民は怒っているようですが、そのような人生になったのは自身の責任であり、こんな世の中になったのは一人一人の責任です
何でもかんでも政府・他人のせいにしているような国民である限り、国の再起は絶対にありえません

一度あらゆる崩壊を体験した方が日本の為になるかもしれません

アクセス調査


アクセス調査を行いますので、応援クリックをお願い致します
今回のアクセス調査はブログ廃止を考慮した調査となります



リンク集
薬剤師ユウの「薬剤師転職サイト」の比較と口コミのまとめ

一気に激変した楽観論

ECB理事
 「市場が不安定となる可能性がある」

日銀総裁
 「当局が為替市場を自在にコントロールできるわけではない」

中国外務省報道官
 「外圧により人民元政策は変えられない」

RBA声明(オーストラリア)
 「世界経済はいくつかの不確かさが残る」

これまで楽観論を唱えてきた世界各国の要人達が態度を一変させ一気に悲観論を唱え始めてきています

また欧州金融機関のストレステストにて特定の国債を除外して評価されていた事が悪材料となり、欧州株、NYダウが下落しています
さらに為替相場ではドル円が年初来安値を更新しておりますが、戻りが弱く83円半ばを推移しています

サブプライムショック、リーマンショック等のインシデントは8〜10月にかけて起きてきており、この調子だと今年も例年通りインシデントが起きる事になります
それがPIIGSショックなのかJAPANショックなのかそれとも別なショックなのかは誰も予想できませんが、この2、3ヶ月は要注意の時期と言えます

日本人が知らない米国の金融事情


問題あり 829行
破綻 118行

6月末時点で問題ありとされた銀行数と現時点での地銀破綻数を示していますが、おそらくほとんどの日本人は知らない統計であるはずです
TV等のメディアでは全く報道されないからです

この数字をご覧になれば米国経済は脆弱なものであり、世界各国の株式市場が弱気であり、ドル安の原因となっていると考えるのが普通かと思います
米国がそんな大変な事になっているならまだ日本はマシ、だから安全な円を買って円高なんだなという類の報道が最近頻繁になってきています
 
日本の財政は大変な状況にあるにも関わらず、海外から見ればまだマシな状況であるため安全な円を買うという動きが活発になり円高が進行しています

TV報道を見るたびにこのようなセリフを耳にしますが、このセリフを聞いて95%の日本人は日本が世界一安全な経済大国だと錯覚していることでしょう
その一方で残りの5%の日本人はこの円高は各国の自国通貨安政策・ヘッジファンドの仕掛けに過ぎず、間もなく日本の大暴落が起きる事を予測しているはずです
円だけでなく国債も株式も同時に大暴落し、本当に知る者はもの凄い勢いで逃避し始めているはずです

来る各国の自国通貨・国債・株式の大暴落は避けられませんが、この大暴落は金融を崩壊させ、我々の身の回りの実体経済は想像できないくらいのズタズタなものになります
1929年の世界恐慌以来に幾度となく金融危機が起き、政府の政策で何とか持ち耐え実態経済への影響は限られましたが、これから起きる全ての大暴落(金融崩壊)により我々の生活は崩壊寸前あるいは完全崩壊するかもしれません

この崩壊で世界の半数以上が亡くなる事になり、地道に準備を進めてきている者だけが生き残る事になり、新時代を築く者となります
米国はこの準備をもの凄い勢いで進めており生き残りを図っていますが、日本は完全に出遅れており、もはや生き残る事は100%不可能な状態に陥っています

大半の日本人は何も知らず何も気付かずその生涯を終える運命となるかもしれません

生活保護者のモラル崩壊

医療、教育の職場共に日々生活保護者に接しますが、モラルが崩壊していると言って良いでしょう

まずは医療の現場ですが、生活保護者に限って注文や難癖が多く、法律ギリギリの所に至るケースが少なくないです
そして暇つぶしの為なのか毎日病院へ通院するケースが少なくないです
我々の税金で生かせてあげているという自覚が無いのか、態度も図々しい有様です

教育の現場も然りであり、浪人を重ねて東大・京大を目指している者がいます
浪人を重ねている暇があればさっさと就職し、家庭に金を入れるのが筋ですが、一発逆転を狙いリスクを選好しているのです
これからの時代東大・京大を卒業しただけでは安泰と言えず、資格の1つでも取った方がマシではないかと繰り返し説得していますが聞く耳持たずと言った状態です

生活苦に陥っていも国・自治体が何とかしてくれると思うのが当たり前になってきていますが、今後金融・経済がジワジワと崩壊するに連れてそのような甘い戯言は世に通じなくなります
いつまで国民は老人・生活保護者(血税)の為に働くお人好しでいられるでしょうか



日経平均9000円、NYダウ10000ドル

日経平均は325円という暴落を演じており、NYダウ先物は1万ドルの大台を割り込む形となっています
政府・日銀が動けば動くほど事態がややこしくなり、これならば何もしない方がマシであったとなるかもしれません

繰り返しになりますが、日経平均は8000円、7000円…と下落し続けることになり、次にやってくる二番底は一番底とは比べ物にならない程の底なし沼となります
当ブログでは日経平均の適正価格は5000円以下である事を繰り返し述べていますが、最悪の場合この5000円でも高すぎる事態に陥るかもしれません

景気は底を脱したと言う根拠無いセリフに騙されて株に手を出した新規参入者はこれまでの運命となるはずです
又レバレッジ効果が効くFX取引をしている者も然りで、無理な資金を投入している者の寿命も長くは無いはずです
結果、地道に現物へ資金逃避してきた者、自身のキャリア・スキルアップをしてきた者だけが生き残る事になり、来る新世紀(現物・能力至上主義)の時代は華やかなものとなります

能力が無い・貪欲であっても今現在は生活する事が出来ますが、果たしてそう甘い世の中はいつまで続くでしょうか

余計な事を言わないでおくれ(日銀臨時会合)

おそらく経済界の人間であればこう思っているはずです
先日より総理、財務相、日銀総裁が何かを発言する度に失望感の円買いが加速しており、おいおいいい加減にしてくれと思っている人も少なくないはずです
今回は30兆円規模の供給オペを実施するようですが、効果は限定的と判断しメンバーの1人が反対をしております

日銀の中にもまともな人間がいた訳ですが、正しい判断をしても少数派であればその考えは間違いとみなされ却下されます
何事もそうですが、多数派だから正しいとは限らず、下手をすれば重大な過ちを犯し手遅れになる場合もあります

今一度冷静に判断するべき時期に差し掛かっているはずです

貧乏になった日本人

土日を利用し外貨両替や現物売買(金貨、ダイヤモンド等)をしていますが、どの店も客が全くおらずお陰様で待ち時間0という状態です
一般人には馴染みの無い店に限らず、都市部の駅前もガラガラであり、これでも給料日直後の土日なのかと目を疑います
百貨店も家電量販店もガラガラです

一方で駅前のマクドナルド、スターバックス等は満席であり、いかに日本人が金を持っておらず貧乏になったのかが分かります



外貨両替についてですが、ついに米ドルが枯渇し始めたようで、どの店舗に行っても在庫がない状況でした
空港まで行きたい気分でしたが、さすがにそこまではしませんでしたが…



午前は仕事でしたが、とある患者が待合室で大声でこのような事を言ってました

「カネがないと病院に行けない世の中なんておかしいじゃないか」

ごもっともと思いながら仕事をしていましたが、この言葉をシビアに受け止めていた同僚はいるでしょうか
貧困により受診控えが増加し始めている事実を知る医療人はほとんどいないはずです


さて、消えた日本人・米ドルはどこへ行ったのでしょうか

死人に年金を支給する国


200歳

次々と高齢者不明問題が発覚する中、ついにここまで来たかという感じです
いかに一般市民が愚かで、かつ公務員が仕事をしていないかを全世界に知らしめた事になります

日本国民はお金を得る為にそこまでするのか

日本の公務員は一体何をしているのか

一体どこまで日本は世界に醜態を曝すのでしょうか
プロフィール

ねこやまと

プロフィール・ひとり言
職業:○○師
年齢:20代後半

当ブログは金融・経済に関するブログです。
又、社会問題についても考察しています。

その他、家庭菜園や家計・節約、投資、旅行などの趣味の話題やひとり言をつぶやいています。
応援クリック
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お買い得医薬品
新ヘパリーゼプラス
1800錠・15,000円(送料無料)
↓購入はこちらから


新ヘパリーゼプラス
600錠・5,070円
↓購入はこちらから


新ヘパリーゼプラス
420錠・4,515円(送料無料)
↓購入はこちらから



コンクレバン
500ml×3本×2箱、11,700円(送料無料)
↓購入はこちらから


コンクレバン
500ml×3本、6090円(送料無料)
↓購入はこちらから


カモマイルブレンド
600円
↓購入はこちらから


注目の書籍
大恐慌入門

大恐慌入門

価格:1,680円(税込、送料別)



世界金融危機

世界金融危機

価格:504円(税込、送料別)



ルポ貧困大国アメリカ

ルポ貧困大国アメリカ

価格:735円(税込、送料別)




  • ライブドアブログ