brush-3068340_960_720




登場人物は色だけのお話です。

いえ、人物かどうかもわからないところがあります。

顔がなければ、手も足もない。

目も鼻も耳も口もない。

青い丸と、黄色い丸が主人公ですから。

でも、その信号の丸のような、あおくんときいろちゃんが、なんともかわいらしく、とても人間的で、いたずらっこのような感じに見えてくるから本当に不思議。

この絵本を読む人は絶対に想像力を使うわけです。

想像力を使わないと、話が成り立たないわけですから。


想像の世界では、どんなものにも命があって、中にはいたずらっこがいて、楽しいお話があって。

こどもたちはあっという間にその世界にリンクし、没頭できる。

この絵本を読むと、子供はあっという間にその世界の扉を開けて行くでしょうが、その扉には大人も入っていけます。

誰でも入っていける、柔らかく優しい扉を持つ絵本です。













ブログランキング。
↓↓↓↓↓↓↓↓
♪♪♪♪♪♪♪♪