最後に、若者に言っておきたいこと。

daisies-1373075_960_720




4月の15日をもって、おかげさまでブログを始めて、丸12年が経ちました。

ブログをやったことがある人ならばわかると思いますが、途中でやめてしまうのって、「書くことがない」「だるい」っていう理由の他に「読んでくれる人がいない」っていうことも大きく影響すると思うんですね。

「コメントが全くつかない」「反応がない」っていうような。

twitterやFacebookの場合、久しぶりに書いたとしても、誰かからの何がしかの反応があるので、「完全放置」ってことにはなりにくい。

とういわけでね、私が12年もの長い間ブログを書き続けてこれたのも、読んでくださった方々がいるからです。今はコメント欄を閉じてますが、たくさんの素敵なコメントを頂きましたし、メールで感想を送ってくださった方々もたくさんいました。

直接会いに来てくれて、お礼を言ってくださった方も。お花くれた女子もいたな〜。

というわけで、そんな12周年記念と、もうすぐで、総記事数が4000件になる記念と、セッションを始めて5年になるので、それも記念して、特別価格にてセッションをご提供させて頂きます。

普段、10分あたり2000円を頂いておりますが、今回は一律、

70分 = 5000円

でやらせて頂きます。

25歳までの方は、70分=3000円で。

普段だと、70分で14000円ですので、相当にお得です。


それと、メール相談も、普段は4000円でやらせてもらってますが、今回、2000円でやります。半額です。



特別セッション期間は、1ヶ月くらいを想定していますが、どうなるかわかりませんw すぐ終わるかもしれないし、5月いっぱいくらいまでやるかもw その辺、気分次第ですので、どうぞ、お早めに。

期間中、何度受けてくださっても構いません。基本的に延長は出来ませんが、相談に応じますし、時間に余裕がある日程でしたらオッケーです。





期間限定4月23日〜 【ブログ12周年大感謝祭・特別セッション】

セッション時間は、月・火・水・木・金・土・日の、【18:30〜21:00】までの間でご都合に合わせて調整します。

料金は、

25才までの方 1回70分-3000円 
26才以上の方 1回70分-5000円


対面の場合、下記住所の「ねこじたゴリラ堂」にて行います。

スカイプ、電話による対話も受け付けております。(電話代はご負担ください。)

料金の支払いは対面の場合は直接、スカイプ・電話の場合、郵便口座振込みになります。

【宛先】 satotadahiro.tokyo@gmail.com



期間限定4月23日〜【ブログ12周年大感謝祭・特別メール相談】
・【相談内容】 詳しい方がありがたいのですが、あまりにも長いと困りますので1回の文章は1000文字程度にまとめて頂くようにお願いします。
・【相談期間】 3日程度(お互いの予定によって調整)
・【メール回数】 10往復程度
・【料金】 2000円
・【支払い方法】 前払い。申し込み後、ゆうちょ口座への振込確認してから開始致します。
・【宛先】 satotadahiro.tokyo@gmail.com


ねこじたゴリラ堂
[営業時間]  10:00〜18:00
[定休日]    無休。(不定休です。)
[住所]     東京都小平市花小金井5-29-10 
[tel&fax]     042-452-6200
[E-mail]     satotadahiro.tokyo@gmail.com
(携帯電話のメールで送信すると、返信が届かないことがあります。設定を変えるか、Yahoo!やGmail等のメルアドから送って下さい。)


今のところ、平日の18:30からの時間で受け付けますが、

4月26日(水)は店が休みですので、その日の日程を挙げておきます。以降、予定が決まり次第、日中で受けられる日が出来たらアップします。


4月26日(水)

9:00〜
10:30〜
12:00〜
13:30〜
15:00〜
16:30〜
18:00〜



それでは、たくさんの方のお申込みお待ちしてます♪
スポンサードリンク

image (1)





【イデオロギー】
人間の行動を左右する根本的な物の考え方の体系。観念形態。「―は社会的立場を反映する」。俗に、政治思想。社会思想。


人が生きていく以上、イデオロギーというものを持たずに生きることは不可能でしょう。

日本人なら日本人の、歴史・文化・郷土・時代などから影響を受けて、そこから何かしらの規範というか、「自分の行動の原則となるような何か?」を持つものですから。

そういうものから一歩進んだところでの、政治的だったり、社会的だったり、宗教的だったりする、強く特別意識の強い思想をイデオロギーと定義して話を進めますが、誰が、どんなイデオロギーを持とうが、それは自由であると思うんですね。

ベジタリアンだろうが、肉食主義であろうが、クジラを食べる人であろうが、犬を食べる人であろうが。

右だろうが、左だろうが、何をどう考えようが、それは個人の自由。

好き嫌いはありますが。


ただね、私がどうにも許せないというか、凄まじく腹立たしいのは、イデオロギーを他人に押し付ける人。

この宗教を信じろ、この思想を信じろ、ってことを強制してくる人。

私もね、日々、色んなことを書いています。色んなことを言っています。

言っていますが、「私の言うことを信じろ。」って思ったことは1度もない。

私がしていること、したいと思っていることは、「こういう考え方・こういう見方もありますよ。」っていう1つの意見の提示でしかない。

たまに、おもろい映画を見たりすると、「絶対に見ろ!!」って書いたりしますが、本気で言っているわけは1ミリもなく、そもそも、私が「見ろ!」って言ったって、何の強制力もないでしょ?

見ないと会社をクビにするとか、見ないと落第させるとか、見ないとご飯を食べさせないとか、そういう強制力は皆無。

そして、仮に強制力があったとしても、「見たけどつまらなかった。」って言われたらおしまいです。

イデオロギーの強制ってのは、「見ることを強制した上で、面白いと思え!」ってことですから。


これまでの人生において、反日的な思想の強制だったり、特定宗教の信仰の強制だったり、「友達がいない人間は寂しい人」っていうものだったり、明確に、時にわかりにくい形で、意識的・無意識的に、多くのイデオロギーを強制されてきましたが、そういう思想の押し売りって心の自由を奪います。

特に宗教イデオロギーの強制は何度も受けましたが、本当に、心の底からイヤだった。

まあ、そういう、心の底からイヤだった事案があったからこそ、「イヤな人間から離れる。」「自分を苦しめる考え方は捨てる」っていう生き方を掴むことができたところはあるわけですが、そう出来ない人間もいます。

特に、確固たる1人の人間としてのアイデンティティを獲得する前の子供とかは。いや、子供だけでなく、大人でも、「自分としてはシックリ来ないし、正直イヤな部分があるけれど、あの人が言うのならば・・・。」っていう思いをもって日々を過ごしている人もたくさんいると思うんですね。

そういう疑問があるのならば、それはそれでまだマシですが、完全に信じきって確信してしまうと、イデオロギーに染まってしまいます。

それで笑って過ごせるのならばそれはそれで良いですが、自分を苦しませて楽しく生きられない状態であるのに、そんなことすら否定させるだけの力がイデオロギーというものにはある。

だからこそ、自分から進んで信じる分には自由ですが、他人に強制する意図を持って介入する人間というのが嫌いなわけです。

宗教勧誘に来たおっさん、おばさんを徹底的に論破したくなるのも、それが理由w

「神を信じないと救われない?」 うっせえよ、バカ。

「悩みがあったりしませんか?」 悩みのない人間なんていねえよ、タコ。

「アベ政治を許さない!」 アベ政治がどんなものであろうと、そもそも、それが民意だろうが。


別に、個人がどんなイデオロギーを持って、どんな主張をしても自由。

何を表現するのも自由。

でも、そこには、やはり一定のルールというものがあって、私は若者と話す時は、「俺はこれが正しいと思って言っているけれど、それはあくまでも今の俺が正しいと思っている意見であって、世界にある色んな意見の中の1つでしかないから、盲目的に信じたりすんなよ。」ってことはしょっちゅう言います。

だから、神を信じろ!とも、神を信じるな!とも、他人に言う気はない。

俺が言いたいのは、「俺はこう思う。」ってことだけ。で、「あなたはどう思うの?」ってことだけ。


ってことを言っている私の物言いも、1つのイデオロギーであることは間違いありません。

「イデオロギーを押し付けられるのが大嫌い」っていうイデオロギーでしかない。

それは重々承知しています。

だからね、「だからこそ、考えてみようよ♪」ってことを言いたいんですね。

自分の人生は自分のものなので、自分が楽しいと思えるものを信じたらいいし、自分が好きなものを信じたらいいし、自分が正しいと思ったものを信じたらいい。

いろいろな考え方や知識を得た上で、そこから自分なりの方法論をつかんで、それを人生に活かせばいいわけで、人生の根っことなる思想を、他人に強制される必要は全くないし、そんな義務も責任もない。

いらないものは捨てましょう。




ブログ12周年大感謝祭・特別セッション

スポンサードリンク

image (2)




先日、家族の誕生日祝いに、銀座の「東屋」っていうお店で会食したんですね。

その最後に鯛めしと赤だしが出てきたんですが、その味噌汁が素晴らしく美味しかったんです。

味噌汁はね、これまで一体どれだけ食べてきたのだろうか、数えられません、ってレベルで食べてきました。

日本人の多くはそうですよね。

白米と味噌汁が嫌いな人って聞いたことがないですし。

そんな私ですが、そのお店の味噌汁を飲んで、改めて味噌汁の美味さを思いました。




R0058250

卵入りの味噌汁。



昔、ドイツに半年くらいいた頃も、1番食べたくなった日本料理は味噌汁とラーメンでした。

幸い、お湯を入れるだけで作れる味噌汁があったので、たまに食べることは出来ていましたが。

それくらいのソウルフードですよね。

日本人の何%かは、ほぼ365日、毎日白米と味噌汁を食していると思うんですね。

何年も。

何十年も。

飽きることなく。

いや、飽きない味。

飽きずに毎日食べることの出来る手軽で美味しい栄養価の高い食事。




R0058252

ナメコ入りの味噌汁。




私もね、たまに味噌汁は作ります。

料理をするのは苦ではないんですが、手間暇かけて細かいことをするのはだるいので、昆布やかつお節で出汁を引いたりはしません。

「具がゆだったら味噌をぶちこむだけ」的な味噌汁です。

でも、ちょっと、色々な具の組み合わせとか、味噌の組み合わせで、どんな感じになるんだろうか?っていう強い興味が湧いてきたので、これからは「味噌汁研究家」とか、日々、味噌にまみれて生きていきたいと思います。

今のところ、なめこ、ネギ、豆腐、わかめ、油揚げが入った具が1番好きです。







【人生相談室】
【対話セッション】


【メール相談】
メール相談は、月に3名までとさせて頂きます。





スポンサードリンク

このページのトップヘ