最後に、若者に言っておきたいこと。

girl-1906405_960_720




さて、この春で、昔、私がボランティアで一緒に遊んでいた当時に幼稚園児だった子達が大学を卒業して社会人になるそうで。

で、一言、何か贈るとしたら何を言おうかな、ってことを考えて。


まずね、「友達は大事にしなさい」ってこと。

高校や大学で出会って素晴らしい仲間との関係はね、本当に大事にした方がいい。

でね、「その関係を大事にするために何をしたらいいか?」ってことですが、「意図的に会う時間を自ら作る」ってことです。

学生のうちはね、自分が何をしなくても、「友達と会う機会」というのは勝手に与えられるわけです。学校に行けば会えるし、サークルに行けば会える。

誰かが飲み会を企画してくれたりするし、誰かが同窓会を企画してくれたりもする。

でも、社会人になると、そういう機会というのは激減すると思っていたほうがいい。

たまたま、企画を立てて幹事を引き受けてくれる調整役がいれば別ですが、そうでない場合、忙しさにかまけて、1年会ってない、2年会ってない、5年会ってない・・・、ってことになってしまうのはよくあることです。

学生と社会人では時間の感覚というものが全然変わるし、なんだかんだで忙しくもなる。

でね、5年会ってない、6年会ってない、ってことになると、再び学生時代のような感覚を取り戻せるかどうかってのも微妙になってきます。

なので、「こいつの関係は一生大事にしたい。」ってことを思える友人がいるのならば、学生の時以上に意図的にコミュニケーションを増やす意識を持って、実際に行動することです。

私は、友達というものの1つの定義として、「用事がないのに電話して、互いが気を遣うことなく喋れる。」ってとこがあると思ってますが、そういう電話をたまにすることです。別に電話じゃなくても良いけれど。

友達というのは、恋人よりは、1000倍くらい寛容なものだと思いますよ。関係の柔軟性としては。

でもね、やっぱり、3年間何もコミュニケートしてなかったら、昔と同じ関係ではなくなったりもするよ。

大事なことはね、「学生の時の友達との付き合い方」と、「社会人になってからの友達との付き合い方」ってのは、結構変わるものであるし、人によっては別物になってしまったりもするということ。

多分、私が思うに、「社会人になってからの友達との付き合い方」というのは、社会人になって、一から再構築していくものだと思うんですね。

それが上手くいく人と上手くいかない人というのは、歴然として差があって、学生の頃にしょっちゅう会って遊んでいたのに、そういうことが全然なくなってしまったというか、なんとなくギクシャク感が出てきてしまったりもするんですねえ。

別に、仲が悪くなったわけではないんですが、社会人になってからの付き合い方を構築出来てこなかったから、流れた時間の分だけ、色んな距離が生まれてしまったりもする。

ま、その辺、上手く言語化出来なかったりもしますが、私は学生の時に、「こいつらとの関係は生涯大事にする!」ってことを決めたので、意図的に連絡して酒を飲む機会を作ったりして来ましたが、それはね、やはりやってよかったと思いますよ。

別に自分だけが頑張ってどうこう・・・、ってことではないけれど、多分、酒を誘う機会とか、会う機会を作ったのは、俺が1番多かったりしたんじゃないかなあ。

学生の時はね、みんなが何をしているか?なんてことは、大抵把握出来ているし、大抵の場合、自分もその環の中にいるわけじゃないですか?

でも、社会人になると、友達がどこでどんなことをしているのかが一気にわからなくなるし、自分が何をしているかも、友達がわかってくれることは少なくなります。

まして、結婚して家族が出来たりすれば、そういう部分はもっと増える。

で、気を遣ったり、遠慮したり、自分も忙しいし・・・、ってことになって、気付けば疎遠に・・・、ってことは、本当に普通にあることなんですよ。

何かのキッカケがあって復活することもあるでしょうが、何のキッカケもなく復活しないこともある。


とりあえず1番言いたいことは、「友情の維持」というのは、思ったよりも簡単なことではないので、それを生涯保ちたいと思うのならば、その為の決意というのは持っておいた方がいいと思うよ♪、ってことでした。




【人生相談室】
【対話セッション】


【メール相談】
メール相談は、月に3名までとさせて頂きます。




スポンサードリンク

R0058124



油の処理が面倒なので、油を使った料理というものはしません。

天ぷらとかフライとか、好きか嫌いかで言えば超絶好きですけど〜〜〜!!

でね、「揚げ出し豆腐」という究極的に美味い食い物があるわけじゃないですか?

なにあれ?

なんであんなに優しいの?

豆腐に衣をつけて揚げて、そばつゆをかけただけの代物が、なぜにあんなに優しくて美味しいのか?


でね、幸いな事に、揚げ出し豆腐は、フライパンにちょっと油を引いて焼くだけでも出来るのでたまに作ります。

今回は、超絶上手く出来たよ〜。


次はナスも一緒にやろ〜〜〜♪






【人生相談室】
【対話セッション】


【メール相談】
メール相談は、月に3名までとさせて頂きます。




スポンサードリンク

R0058129




久しぶりのゴリ餃子。

以前も書いたかと思いますが、私が作る餃子はひき肉を使わずに、塊のままの豚肉を細かく切り刻んで包むことがほとんどです。

今回は、豚の肩ロースと、豚ガツが安かったので、それを茹でてから細かくして包んでみました。


R0058133



見た目は汚いw

「綺麗に丸くして焼いて、ひっくり返して盛り付ける」的な感じにするのが美しくて良いのでしょうが、焦げ付き加減を確認するのが面倒だし、1個1個に個別に火が通るので、見た目は悪いですが、簡単で味も良いと思ってます。

でね、ガツを入れることで食感が変わり、甘い脂もついているので、なんともいえない美味さが広がっておりました。

ほんとねえ、この「肉だけ餃子」を、是非試してみて欲しいわけです。

特にこれを見ているパパ達!

「男の料理」としては最高ですよ。

「ママの作る餃子は美味しいけれど、パパがたまに作ってくれる肉だけの餃子も美味しい♪」ってことになるのはうけ合いですし、子供の記憶にも残るパパレシピにもなると思いますよ。

だって、そんな餃子が出てくることなんてないでしょ?

以下に詳しいレシピを書いておきます。

・豚肉・・・適当 ひき肉じゃなければなんでも良い
・塩 ・・・適当
・片栗粉・・・適当
・餃子の皮・・・適当

1、以上の材料を包んで焼きます
2、完成♪


ま、コツはね、フライパンに餃子を並べたら中火で1分くらい焼いて、お湯を底が隠れるくらいまで入れて蒸すことですね。誰でも出来ますw




【人生相談室】
【対話セッション】


【メール相談】
メール相談は、月に3名までとさせて頂きます。



スポンサードリンク

このページのトップヘ