photo-1560251180-4d89132cdab2





さて、

クッソつまらなそうで全然読む気にならない文章のタイトル。

という記事に、しょうもないコメントを頂きました。

文章を書く人で、「多くの人に読んで欲しいともらいたいと考える人」は、その書き方に注意しようぜ、っていう趣旨の記事なんですが、それに対するご意見。

ご紹介致します。

全ての人が再生数稼ぎしたいわけではないでしょ。
只日記書くのが楽しい人もいるでしょうに。
それを勝手に晒してマウント取って蔑んでる。
自分に自信が無いんでしょうが、人と比べるよりも自然発生的に好きな事やった方が幸せになれると思いますよ。



・再生数?ページビューのことだよね?「只日記書くのが楽しい人もいるでしょうに。」って、そんなこと当たり前だし、他者に読んでもらうことを望んでいない人をバカにしたり揶揄したりは一切していません。

そんなもん、読めばわかることなのに、おわかりじゃないらしい。


・「それを勝手に晒してマウント取って蔑んでる。」って、これは、興味を惹かないタイトルしていくつか私が挙げた

”「今日の日記」とか、「note53日目」とか、「良い日でした」とか、「ケーキ食べました」とかっていう、「なにそれ?」としか言いようのないタイトルが並んでいます。”

のことを言っているんでしょうかね?これ、どなたかのタイトルをそのまま拝借したわけではなくて、私が適当にそれっぽく創作したものを書いただけです。

まあ、「今日の日記」とか、「note53日目」とかって人は実際にもいるでしょうが、それ、他者の表現を晒しあげて蔑んでる、ってことになる?まあ、思う人は思うんでしょうが、私は「興味を惹かないタイトル」と言っているわけで、そこをどう捉えるかは個人の解釈の問題だと思いますけどね。


・「自分に自信が無いんでしょうが、人と比べるよりも自然発生的に好きな事やった方が幸せになれると思いますよ。」

自分に自信が無い?

どういう論理?

自然発生的に好きなことをやった方が幸せになれる?

何の話?

私は、「他者に読んでもらうための文章術」の話をしているのに、なぜに、自信があるかないか?とか、好きなことをやったほうが幸せになれる、とかって話になってんの?

全く意味不明。



というわけでね、なんで、頂いたコメントを晒しあげてイチャモンをつけたのかと言いますと、twitterなんかを見てても、個人のアカウント宛に直接文句を言う人が、ものすごっっっっっっっっっっっっく多いわけです。

尋常じゃないです。

炎上したり、話題になったりした芸能人のところには、見るに耐えない汚い言葉が山のようについています。

宮迫さんが炎上した時も、そりゃあもう、ひどいクソリプがつきまくってました。

いま見ても、すぐに確認出来ると思いますよ。


1つ、勘違いして欲しくないのはね、自分のブログやFacebookやtwitterや、そういうところで、「吉本の問題」について書くとか、「宮迫の嘘について」っていう文章を書くとか、そういうのは自由であるんです。

全然、自由。

ただ、不特定多数の人(若しくは、特定少数の人)に向けて、自分の意見の表明をするということと、対象者本人に「文句・悪口・イチャモンをつける」ってのは、全く別の筋の話なんです。

「このことについて、私はこう思う。」ってことと、「お前はクソだ。芸人やめろ!」って直接言い放つということは、全く性質が違うもの。

「私はウソつきは嫌いです」っていう一般的表現と、「お前はウソつきだ。死ね!」っていう特定の表現って、全く別の次元の話でしょ?


私は、15年ほどブログを書いてきて、少しは、こういうイチャモンコメントをもらうのにも慣れていますが、それでも、普通にムカつきますよ。

だって、どこの誰だかもわからない人間で、私からは相手に反論することも出来ませんしね。私の反論を読んでいるのかもわからない。

多分、SNSを使っている多くの人が知り得ないでやっているのは、不特定多数の人(不特定少数でも)から悪意を向けられるというのは、物凄く大きなダメージを受けるということです。

何も考えずにクソリプを送っている人で、自分が逆の立場になって、多くの人からクソリプをもらったことがある人というのは皆無に近いはずです。

つまり、自分のやっていることのろくでもなさを一切感知し得ぬまま、その愚かな行為を正々堂々とやってしまっている。

たまに、twitterでチラホラ見かけますよ。

私からすれば、そんなん批判でもなんでもないでしょ?っていうようなコメントをもらっただけで、

「色々なご意見を頂きましたが、苦しいのでこのアカウントは閉鎖すること致しました。」

ってことを言ってやめていく人。

つまり、それくらい、「不特定の知らない人からのマイナス表現」というのは、他者にダメージを与えるものだということです。


私のブログを読んでいる人の中にもね、そういうクソリプ的なことをしている人がいるかもしれません。

それね、今すぐやめたほうがいいです。

無駄ですから。無意味ですから。

そして、そういう無思慮で単細胞なクソリプを送るような人って、私が上に晒した人のように、自分の主観だけを根拠にして、論理的整合性も見いだせず、意味不明な罵詈雑言を言い放ってくる、ってところで、結構共通しています。

なぜか、「絶対に自分は正しい」と思い込んでいるので、「こいつはバカなことをしたのだから、俺はこいつをバカにしてよい」っていう悪魔的思考になりやすいようです。


「批判をするな」って言いたいわけではありません。

上のコメントの例で言えば、

「初めまして。発言の主旨はわかりますが、よその方の文章のタイトルを挙げるのはいかがなものかと思います。」

っていうご批判であれば、勝手にタイトルを使っていたとしたら謝罪して訂正するでしょうし、今回のように私が創作したものであれば、普通にそれをお返事させて頂きます。

それだと、お互いの誤解をなくして、良好な関係を築くためのコミュニケーションになるでしょ?

でも、敵意むき出しのクソリプは、悪意と精神的疲弊と虚無とストレスとかっていうダークネスダメージポイントしか生みません。

世界の人のHPが奪われていきます。


クソリプは呪いです。

相手のHPを削る禁断の呪法です。

中には、「魔法の類が効かない種族」というのもいますが、そういう人は激レアケースであり、多くの場合、有効に他者を傷つけるので、悪いことは言わないからやめたほうがいいです。

呪いは必ず、自分のところにも返ってきますから。





















スポンサードリンク