街道をゆく Minecraftのみち

旅商人として街道を巡ります。村人との交易を中心に、ときどき探検、牧畜、村作りなど。

<前回>
ヴェーレスンを出発し、大きな町ゴースハウンにやってきたエスキル。まずは一泊して、頼まれた荷物を届けにいこう。

25
天気のいい朝だ。
今日は荷物を届けるため、学院に行こう。
あの丘の上の砦のような建物が学院と聞いている。
01
荷物はラピスラズリ51包。
スワインハムのギルドで預かったもので、エンチャントに使われる貴重な品物だ。
41
学院の丘へは急な坂をのぼる。
お、アイアンゴーレムが警備してる。
厳重だなあ。
56
坂をのぼりきるともう学院内だ。
学生さんがいる。
「学院にラピスラズリの届け物があるんですが、どこへ行けばいいですか」
「文書館じゃないですか。よくわからないのでまた聞いてください」
09
のぼり、またのぼる。
石造りの寄宿舎が延々とつづく。
25
大きなオークのある中庭に出た。
どうやらここが学院の本部のようだ。
この町と海域を支配している政庁でもある。
01
「すみません、文書館へはどうやっていけばいいですか」
「この正面の階段をのぼったところが文書館です」
ありがとうございます。
おや、あそこにいるのはヴェーレスンからつれてきた黒猫じゃないか。
すっかりこの町に馴染んでいるようだ。
では中に入ろう。
23
文書館の中には教授らしき人がいた。
「スワインハムのギルドからのお届け物、ラピスラズリ51包です」
「長い道のり、ご苦労でしたね。ではついてきてください」
34
文書館に付属した階段塔をのぼる。
この町に来てからというもの、のぼってばかりだ。
47
「こちらです」
文書館の3階には大きな本棚とエンチャント台があった。
ここでさまざまなエンチャントが行われるのか……。
思わず見入ってしまった。
14
無事、商品を納入。
「輸送料は後日渡します。また取りにきてください」
「ええーーーーー」
どうもゴース海地域の人々は渋い商売をするようだ。
19
「そのかわりといってはなんですが、その立派な弓を修繕してさしあげましょう。おや、消滅の呪いがかかっている」
「海で釣れたものなんですが」
「これをもったままモンスターにやられると、弓は消滅してしまいます。気をつけてください」
そうですか……。
37
気をとりなおして文書館の屋上にのぼってみる。
学生たち、授業にも出ずにこんなところでさぼっている。
06
北側をのぞく。
埠頭がふたつもある。
でかい町だなあ。
36
こちらは西側。
おや、豚牧場の手前に妙に近く見える建物がある。
どうやら浮き島のようだが?
26
南側。
丘の上にのどかな農場が広がっている。
12
文書館を降りて、いろいろ回ってみる。
まずは中庭へ戻ろう。
41
中庭の木の上で瞑想してる老人がいる。
やはり学院の人は少し変わっている。
32
こっちにも人が……あっ、失礼しました。
51
ここはなんだろう。
ガラス瓶の看板がかかっている。
47
蒸留室だった。
ここでいろんなポーションが作られるらしい。
「どうも、こんにちは」
39
「ここでは主に耐火のポーションを生産しているよ。この学院はネザーにつながっているからね」
「ネザー?」
「溶岩と業火に満ちた異次元の辺土だ。あんたもそのうち行くことになるかもしれんな」
それはごめんこうむりたい。
28
蒸留室を出ると、さっき上から見た農場だ。
牛が脱走しているね。
16
こちらは薬草園。
各地で集められたいろんな花が咲いているようだ。
50
学生の寄宿舎ものぞいてみよう。
31
安い宿屋とあまりかわらないですね。
さて、ほかの用事もあるのでそろそろ退出しよう。
57
学院からおりてくると、さっき上で見た浮き島がちゃんと浮いているのがわかる。あそこにはいったい何があるんだろう。
18
少し低いところから町を見下ろす。
農家のおばさんが路地を歩いている。畑でもあるのかな。
こんな大きな町でも人々の暮らしは変わらない。

<前回>
港町ヴェーレスンを気ままに散歩していると、街角で黒猫の輸送を頼まれてしまった。行く先はゴースハウンという大きな町だ。どうせ行くつもりだったし、ちょうどいい。

52
ヴェーレスンのさわやかな朝。
黒猫はどこにいるのかな。
40
いっぱいいた。
21
猫を連れていくためには魚が必要だ。
今日こそいっぱい釣ろう。
18
魚はたくさん釣れたが、変なものも釣れてしまった。
強い弓のようだが、「消滅の呪い」とは?
22
さて猫も連れ、魚もそろえ、荷造りをして出立の準備が整った。
お世話になったプレスコットさんにあいさつをしよう。
こちらを向きもせず、なにかいそがしく計算をしているようだ。
「ゴースハウンに行くんだってな。木材は船に積み込ませておいたぞ」
どうもありがとうございます。
プレスコットさん、いい人だなあ。
04
埠頭は人でごったがえしている。
34
出航。
これよりゴース島の北岸を回り、ゴースハウンに向かう。
56
ゴース島は大きな島だ。
29
灯台を回ると……。
51
大きな町が見えてきた。

<ゴースハウン>
人口100 学院が支配する、海域最大の都市
1
25

50
いよいよ上陸する。
38
大きな埠頭に商館が並んでいる。
17
埠頭からの街路はせまい。
進んでゆくと、町のざわめきが大きくなってくる。
あっちにあるのは広場かな。 
54
大都会だ……!
04
数え切れないくらいの人がいる。
目が回りそうだ。
スワインハムよりたくさんの人がいるところは初めてだ。
44
うまそうな匂い。
店もいっぱいある。
54
ここで黒猫とはお別れ。
いっぱい子供を作って栄えるんだぞ。
30
田舎者らしく、見るものすべてにびっくりしながら歩いていたら日が暮れてしまった。
宿屋を探さなくては。
41
この町には宿屋が6つもある。
ここでいいかな。
『良きスープ亭』
スープがうまいんだろうか。 
57
部屋はあいていますか。
17
「どこの田舎から来たんだね」
「ノール谷です、あ、直接にはスワイン庄からです」
「遠いところからよく来たねえ。大部屋しかないがゆっくりしてってくれ」
35
というわけで宿屋の2階に落ち着いた。
広場にはまだ明かりがともっていて、人々が居酒屋を出入りしているのが見える。明日は荷物をさばいたら、いろいろ店を回ってみる予定。

<前回>
ヴェーレスンという大きな町に到着したエスキル。いきなりの伐採仕事を請け負い、へとへとになって宿屋へ帰ってきた。

09
港の朝。
埠頭ではもう荷揚げ作業が始まっている。
16
おはようございます。
45
外は人通りが多い。
今日はどこへも行かず、この町を散歩する予定。
47
あ、ゴーレムが2体もいる。
やはり大きい町は違うな。
14
あれは教会かな?
いってみよう。
02
なんてせまい階段道なんだ。
坂がきつい。
45
ふりかえると船の帆柱。
ずいぶん高いところまで登ってきたものだ。
26
教会に入ってみよう。
神父さんがいる。
こんにちは。
37
「旅人の道に平安を」
ありがとうございます。
柵に囲まれてらっしゃいますけど、ずっとここにいるんですか?
「それがわしの勤めじゃからな」
お勤めごくろうさまです。
57
神父さんの許しを得て聖歌隊席に登ってみる。
なかなか立派な教会堂だ。
この町の人たち全員を入れることができそうだ。
19
塔にも登らせてもらった。港の船が見える。
貴重なガラスを窓に使っているし、やっぱり豊かなんだなあ。
02
塔の上から。
広いようでこぢんまりしている。海に向かってひらけた町なのがわかる。
あ、右のほうに菜園が見える。農家のおばさんが仕事してる。
46
教会の丘から降りてきた。
こんどは船を見てみよう。
でかい船だな。
52
「船を見学したい? いいだろうついてきなさい」
ありがとうございます。
57
勧められるまま、船首楼に登ってみる。
いかつい船だ。海賊に備えているのかな。
「まあこのあたりは学院の支配が行き届いているがね。辺境にいくと海賊が出ることもある」
39
次は船倉だ。
えっ、このせまいところに入るんですか。
29
船倉には水色の羊毛の梱が積まれている。貴重なラピスラズリで染めたものだそうだ。豪勢だな……。
32
「舷側から水の中をのぞきこんでみな。アイアンゴーレムがいるだろう。彼らは水の中に落ち、そのままひっそりと立ち尽くしている」
なるほどこれもまた港町らしい光景だ……。
11
船の人に別れを告げ、町を歩く。
スワインハムほどではないが、建て込んでいて空がせまい。
29
裏手の植林場に出ると、なにか視線を感じる。
エンダーマンだ!
 
やばい、目があってしまった。
逃げろ、逃げろ!
29
路地に逃げ込み、九死に一生を得た。
エンダーマンはゴーレムが倒してくれたようだ。
形見のエンダーパールを手に入れた。
07
あ、さっき塔から見た菜園だ。
農家のおばさんはすでにいない。
かわりに若い娘さんが水をやっている。
どうもこんにちは。
「ゴースハウンに行くの? だったらひとつ用事を頼まれてくれない?」
24
「ゴースハウンじゃ猫の病気が流行って黒猫がいなくなってしまったらしいの。いくらか連れていってほしいんだけど」
お安い御用だ。
でも猫を連れていくとなると魚がいるなあ。
25
魚を釣るため小舟を借りた。
12
釣れないまま、とっぷりと日が暮れてしまった。
07
まったくのボウズだ。
宿屋へ戻ろう。
04
「はっはっは、それは残念だったな。釣りは明日にして今日は休むといい」 
そうします。 
33
明日はゴースハウンへ出発しようと思っていたんだが、釣りをするのも悪くない。その晩は遅くまで飲んで、他の客からいろんな話を聞いた。楽しい話は最高のつまみだ!

このページのトップヘ