2005年08月

2005年08月31日

災害時の電気対策グッズ


アウトドアグッズが災害時にいろいろ役に立つという話を以前に書きましたが、やっぱり災害時にも欲しくなるのは電気ではないでしょうか?

そこで、今日は、電気対策のグッズを調べてみましたので、ご紹介します。

1つ目は、

ノーバッテリーライト
ノーバッテリーライト

です。
これは電池を使わない懐中電灯で、グリップを握ることで電気を起こしてライトを点けるというものです。
もちろん電球はLEDですので、玉切れの心配はありません。
実際の明るさは使ってみたことがないのでわかりませんが、1000円もしないようですので、今度買ってみてまたレポートしようかと思っています。

2つ目は、太陽工房というメーカーの、

バイオレッタソーラーギア
バイオレッタソーラーギア(単3形2本入り)

です。
これは、太陽電池を使って単三充電池を充電するグッズです。
1つ目の懐中電灯で起こした電気は懐中電灯自体にしか使えませんが、これは電池を充電するタイプですので、電池が使える電化製品に何でも使えるのがメリットですね。
さらに別売りのUSBパワーアダプターを使えばUSB電源としても使えます。

最近は、USB電源を使ったグッズが色々(例えば扇風機や携帯充電器など)出ていますので、さらに用途が膨らみます。

最後にご紹介するのは、写真はないのですが、

モバイル太陽電池「バイオレッタ ソーラーギア VS12」

です。
災害時だけでなく、アウトドアにもあると便利かも知れない最強の発電グッズになるかと思います。
出力が車のシガライターになっている太陽電池ですので、シガライターにつながる電化製品が使えます。例えば、シガライターからの電源があれば、ノートパソコンを使ったり、TVを見たりすることもできます。
また、シガライターにつながるDC/ACコンバータも市販されていますから、これを使えば、普通のACコンセントを使う電化製品まで使えてしまうわけです。
もっとも、最大出力が50W(充電池25.2Whタイプの場合)ですので、ストーブとかには使えないと思います。
お値段も充電池25.2Whタイプでも45,000円と結構しますが、これがあるとかなり心強いのではないでしょうか?

我が家としては、防災用というよりもアウトドア用にこういうグッズを揃えたいなぁ、と思ってしまいますね ^_^


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
話題の電化製品 

妹背牛温泉(北海道)


妹背牛温泉(北海道)

「ペペル」という名前の温泉施設があります。お湯黄色透明でやや塩味がありつるつる感もあります。設備もよく旭川近郊ではオススメの温泉だと思います。露天風呂もいい感じで結構気に入っています。コテージでの宿泊も可能です。

温泉ガイドの方も更新しています。

(温泉ガイドの方には宿などのリンク先も記載しています)


続きを読む

PermalinkComments(1)TrackBack(0)
温泉ガイド更新情報 

2005年08月30日

女満別温泉(北海道)


女満別温泉(北海道)

「湖南荘」のお湯は少し薄いコーヒー色の温泉ですが、つるつる感はほとんどなく無味無臭です。また「ホテル山水」のお湯は無色透明ですがつるつる感があり、露天風呂もなかなかいい感じでした。

温泉ガイドの方も更新しています。


続きを読む

PermalinkComments(2)TrackBack(0)
温泉ガイド更新情報 

2005年08月29日

雌阿寒温泉(北海道)


雌阿寒温泉(北海道)

「野中温泉別館」は、ひのきの内湯と岩風呂の露天があり、お湯は無色透明無味でほどよい硫黄臭がしていました。それほどつるつる感はありませんでしたが、露天風呂ではゆっくりくつろげました。

温泉ガイドの方も更新しています。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
温泉ガイド更新情報 

2005年08月28日

マルエー温泉(北海道)


マルエー温泉(北海道)

無色透明無味無臭ながらも、お湯はものすごくつるつるで気持ちのいい温泉でした。

温泉ガイドの方も更新しています。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)
温泉ガイド更新情報 

2005年08月27日

幕別温泉(北海道)


幕別温泉(北海道)

幕別温泉はモール泉という緑褐色の透明のお湯で塩分が少しあります。また源泉からは少し硫黄臭が漂っています。ホテル緑館では、プールと温泉が共通料金になっていましたので、水着を持って行けば、プールにも入ることができます。

温泉ガイドの方も更新しています。

(温泉ガイドの方には宿などのリンク先も記載しています)


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
温泉ガイド更新情報 

2005年08月26日

まっかり温泉(北海道)


ここしばらく、夏休みに向けて北海道の温泉を中心に更新してきましたが、間もなく夏休みも終わりですので、そろそろラストスパートで31日までは北海道の温泉をご紹介する予定です。
(31日までにご紹介できなかった分については、またおいおいご紹介していきます)

まっかり温泉(北海道)

羊蹄山を見ながら露天風呂に入れるのが売りの温泉です。お湯は少し濁っていて無味無臭ですが源泉かけ流しになっています。

温泉ガイドの方も更新しています。


続きを読む

PermalinkComments(1)TrackBack(1)
温泉ガイド更新情報 

ブログ内の記事検索
デジカメを楽しもう
我が家の撮影機材のラインナップをご紹介します。

メインカメラ(一眼)
Canon EOS 40D
Canon EOS 40D
我が家の2代目一眼デジカメです。秒6.5枚の連写は子供のイベント撮影に最適です。記事
サブカメラ(コンデジ)
パナソニック LUMIX DMC-FT1
パナソニック LUMIX DMC-FT1
広角が28mmから撮れる防水デジカメ。手ぶれ補正、HDムービーなど機能充実。温泉に普段使いにオールマイティな1台です。記事
サブカメラ(一眼)
Canon EOS
Kiss デジタル N

Canon EOS Kiss デジタル N
我が家の初代一眼です。EF50mmF1.8を付けてリビングの本棚に置いているので、子供の幼稚園、小学校での作品など、昼でも夜でもすぐにスナップ撮影ができるようにしています。記事
メインレンズ
EF-S17-55mm
F2.8 IS USM

Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
おでかけ時にはいつも40Dにこれを付けています。明るくてAFも速く、ISのおかげで屋内でもフラッシュなしで雰囲気のある写真が撮れます。記事
望遠レンズ
EF70-200mm
F2.8L IS USM

Canon EF70-200mm F2.8L IS USM
子供のイベント用ですが、撮った写真が他のレンズと比較にならないくらいきれいです。記事
ソフトケース
F.64 NHCM
F.64 NHCM
40DとEF-S17-55mmF2.8のレンズとの組み合わせにピッタリのカメラケースです。いつも予備のメモリカードやブロアーを一緒に入れています。記事
カメラ用リュック
F.64 BPL
F.64 BPL
カメラをまとめて運ぶのに便利なリュック型のカメラバッグです。アウトドア用のザックと同じくらいしっかりとしたつくりで、カメラと一緒にノートPCも持ち運べる収納力で、三脚もセットできるようになっています。記事
ストロボ
キヤノン
スピードライト 430EX

キヤノン スピードライト 430EX
これを使うことで屋内撮影時の機動性(連写性能)が大幅に向上します。夜間屋外でも本体のストロボとは段違いにきれいに写ります。記事
三脚
ベルボン
El Carmagne 435

ベルボン El Carmagne 435
70-200の大きなレンズでも安心して使える三脚です。旅行先ではクイックシューが大活躍します。記事
防湿庫
東洋リビング
AUTO DRY ED-40SS

東洋リビング AUTO DRY ED-40SS
手持ちのカメラ機材一式とムービーを入れています。梅雨の季節でも安心です。記事
コンパクトデジカメその1
Konica KD-510Z
Konica KD-510Z
発売当時は隠れた名機と言われた機種で500万画素ながら高画質のデジカメです。
東京写真月間では、このカメラで撮影しA4に引き伸ばした写真が入選でき、それ以外の写真コンテストでも何度も入賞できた、思い出深いデジカメです。写真集
今は上の娘がこのカメラでいい写真を撮ろうと、いつも頑張っています。
コンパクトデジカメその2
PENTAX Optio W20
PENTAX Optio W20
温泉用デジカメに購入。DMC-FT1を購入したので、今は下の娘のおもちゃです。
(番外編)コンパクトカメラ
CONTAX TVS
CONTAX TVS
だいぶ昔に中古で探して購入したカメラです。滅多に使いませんが、今でもこのカメラの写りがとっても好きです。