2008年06月

2008年06月30日

道東の長い直線道路

北海道の道路と言えば、長い直線道路のイメージがありますが、道東方面にはそういった道があちらこちらにあります。

24e809fc.JPG


この写真の道路も、開陽台から標津方面に向う途中でたまたま通った道です。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

2008年06月29日

開陽台

開陽台は、中標津町にある展望台で「地球が丸く見える」ということで有名です。
養老牛温泉から少し東に行ったところにあります。

9ee3fe5c.JPG


駐車場から階段を登ったところに、360度を展望できる展望台があります。

d6ee6f9e.JPG


「幸せの鐘」だそうです。子どもたちは楽しそうに鳴らしていました。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

2008年06月28日

霧多布岬

我が家が道東の南側(釧路方面)で特に気に入っているのが霧多布岬です。

c3330daa.JPG


駐車場から岬に向かう両脇の斜面は、まさに一面お花畑です。
富良野などの花畑と違って自然のものですので、花の密度にはムラがありますが、種類も豊富で見ごたえもあります。

727a2067.JPG


また、岬の先端の風景も、まさに岬という感じでついつい見入ってしまう雰囲気です。

近くには「霧多布温泉ゆうゆ」もありますので、岬散歩のあとは温泉に立ち寄るのもよいと思います。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

2008年06月27日

すしハウスかざぐるま

厚岸で「かき」を食べたいというのと、やっぱり北海道に来たので寿司が食べたい、というのが両方あって、たまたま入ったのが「かざぐるま」という回転寿司のお店でした。

e1cb606c.JPG


残念ながら「かき」は「かきフライ」しかありませんでしたが、美味しかったです。

8bbe4944.JPG


回転寿司と言ってもほとんどその場で握ってくれるのがよかったです。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

2008年06月26日

鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO

釧路湿原の北東、鶴見台の北にある小さな町の一角に「鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO」というホテルがあります。

7bbf0914.JPG


我が家が泊まった和室の写真です。最近の夏の北海道は時々暑い日があって、この日もとても暑く、冷房がないのはちょっとつらいものがありました。

f2b11d0f.JPG


夕食はステーキとお刺身でした(いい写真なくてすみません)。

f3fa20d0.JPG


館内の配置図です。このホテルの売りはやっぱり温泉です。
黒いつるつるの温泉がかけ流されていて、宿泊客は24時間入ることができます。

温泉の詳細は、温泉ガイドの「鶴居村温泉」を見て下さい。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

2008年06月25日

コッタロ湿原展望台

釧路湿原の北東側の展望台のひとつが「コッタロ湿原展望台」です。

8476de4b.JPG


こんな感じの階段を登って行くと、

a2dfe3a0.JPG


こんな感じの景色が見れます。

いかにも釧路湿原という感じなのでよいのですが、我が家が行った夏場は、駐車場周辺が虫だらけで、車の乗り降りをするだけでも大変でした。
蜂も多かったので、子供は一緒に行けないような、そんな状況でした。

続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

2008年06月24日

和商市場の勝手丼

北海道ではいろいろなところで色々な海鮮丼を食べることができますが、その中でも比較的有名なのが釧路市の和商市場の勝手丼ではないかと思います。
勝手丼は名前のとおり、自分の好きなネタを丼に乗せて食べることができる海鮮丼です。

まず、丼の容器にご飯を買うのですが、この丼のサイズも何種類かから選ぶことができます。
このご飯を売っている店だけでも何軒もあり、普通の白飯と酢飯を選ぶこともできます。

そして適当なお店を選んで、

1023e649.JPG


こんな感じで並んでいるネタの中から好きなものを選びます。
何でも選べると言ってもやっぱりいいネタは高いので、それなりに予算に気を使いながら選ぶことになります。
店によって値段も微妙に違いますし、扱っているネタも違います。
たまに、盛り合わせのようなメニューもあり、好みのネタによっては、それを選んだ方が得な場合もあります。
何軒かチェックして、自分の好みにあった店でネタを選びます。

902298a7.JPG


そしてできあがったのが、これです。
上に乗っかっている卵はおまけでつけてくれました。


続きを読む

PermalinkComments(0)TrackBack(0)
北の大地 北海道 

ブログ内の記事検索
デジカメを楽しもう
我が家の撮影機材のラインナップをご紹介します。

メインカメラ(一眼)
Canon EOS 40D
Canon EOS 40D
我が家の2代目一眼デジカメです。秒6.5枚の連写は子供のイベント撮影に最適です。記事
サブカメラ(コンデジ)
パナソニック LUMIX DMC-FT1
パナソニック LUMIX DMC-FT1
広角が28mmから撮れる防水デジカメ。手ぶれ補正、HDムービーなど機能充実。温泉に普段使いにオールマイティな1台です。記事
サブカメラ(一眼)
Canon EOS
Kiss デジタル N

Canon EOS Kiss デジタル N
我が家の初代一眼です。EF50mmF1.8を付けてリビングの本棚に置いているので、子供の幼稚園、小学校での作品など、昼でも夜でもすぐにスナップ撮影ができるようにしています。記事
メインレンズ
EF-S17-55mm
F2.8 IS USM

Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
おでかけ時にはいつも40Dにこれを付けています。明るくてAFも速く、ISのおかげで屋内でもフラッシュなしで雰囲気のある写真が撮れます。記事
望遠レンズ
EF70-200mm
F2.8L IS USM

Canon EF70-200mm F2.8L IS USM
子供のイベント用ですが、撮った写真が他のレンズと比較にならないくらいきれいです。記事
ソフトケース
F.64 NHCM
F.64 NHCM
40DとEF-S17-55mmF2.8のレンズとの組み合わせにピッタリのカメラケースです。いつも予備のメモリカードやブロアーを一緒に入れています。記事
カメラ用リュック
F.64 BPL
F.64 BPL
カメラをまとめて運ぶのに便利なリュック型のカメラバッグです。アウトドア用のザックと同じくらいしっかりとしたつくりで、カメラと一緒にノートPCも持ち運べる収納力で、三脚もセットできるようになっています。記事
ストロボ
キヤノン
スピードライト 430EX

キヤノン スピードライト 430EX
これを使うことで屋内撮影時の機動性(連写性能)が大幅に向上します。夜間屋外でも本体のストロボとは段違いにきれいに写ります。記事
三脚
ベルボン
El Carmagne 435

ベルボン El Carmagne 435
70-200の大きなレンズでも安心して使える三脚です。旅行先ではクイックシューが大活躍します。記事
防湿庫
東洋リビング
AUTO DRY ED-40SS

東洋リビング AUTO DRY ED-40SS
手持ちのカメラ機材一式とムービーを入れています。梅雨の季節でも安心です。記事
コンパクトデジカメその1
Konica KD-510Z
Konica KD-510Z
発売当時は隠れた名機と言われた機種で500万画素ながら高画質のデジカメです。
東京写真月間では、このカメラで撮影しA4に引き伸ばした写真が入選でき、それ以外の写真コンテストでも何度も入賞できた、思い出深いデジカメです。写真集
今は上の娘がこのカメラでいい写真を撮ろうと、いつも頑張っています。
コンパクトデジカメその2
PENTAX Optio W20
PENTAX Optio W20
温泉用デジカメに購入。DMC-FT1を購入したので、今は下の娘のおもちゃです。
(番外編)コンパクトカメラ
CONTAX TVS
CONTAX TVS
だいぶ昔に中古で探して購入したカメラです。滅多に使いませんが、今でもこのカメラの写りがとっても好きです。