2007年04月10日

断乳日記1

一年ぶりの更新になってしまいました。
実は先日うちの長男が断乳いたしました。

断乳から十日間は地獄でした。
一時間おき位に目を覚ましては泣き叫ぶ息子を
抱きかかえたりおんぶしたりしては自転車をこぎまくったり
激しく踊りまくったりして寝かしつけ

そーっとベッドにおろした次の瞬間に泣き出すという、
生後二ヶ月児みたいな調子になってしまった息子に
体も精神もマックスまで疲れ果て
バンコクのホテルに逃避行しました。

そこで11時くらいまでは街をぶらついたりして
息子につきあったものの
こんな提案をしてみたんです。
「それではどうだろう欧米のこどもは一人部屋に赤ちゃんの時から
寝かせられて、泣いたってそのままでもそのうち一人で寝るように
なるじゃないか。それでもみんな非行に走ってるわけでもないし、
ではそれを試してみよう」

というわけで私も旦那ももうベッドから一歩も外に出ないで
「ねんねだよ」といってそれっきり寝たふりを続けました。

ベッドから降りてドアを指さし「おんもーおんもー」
攻撃が始まりました。
ついにはスリングを片手に「おんもーおんもー」と言って
泣き続けています。これに入れて抱っこして外を
歩き回ってくれというわけです。

我々は薄眼で彼を見ながら隣の部屋の人に通報されないか
内心ヒヤヒヤしながらじっと耐えていました。
深夜一時ころになってようやく彼も力尽きたらしく
私のところに手を伸ばしてきてベッドに眠りました。

断乳日記 つづく

2006年04月09日

良くなってきた!?

息子の耳の湿疹ですが

だいぶよくなってきたようです


一ヶ月くらい悪かったわけだけど

どうしてよくなってきたか?

これは理由があるに違いない


実はアトピーとかアレルギーかもしれない

ということを意識しだして

一念発起して

食事を変えたんですわ


なんとうちには

キッチンがないので


食事は主に外食でした

ほとんどタイフードに冷たいジュースにフルーツ


これが悪いんではないかということで

マクロビオテックな

食事にしてみようというわけだ


キッチンがなくても調理するには

炊飯器が役に立っているんですねー


初めに500バーツ位(1500円位 安っっ

で買った炊飯器を使ったら

毎回炊くたんびに焦げ付くんですわ


これはアカンということで

清水の舞台から飛び降りる気持ちで

購入しましたよ

日立のな炊飯器を

ちなみに2200バーツ位6,7000円てとこか


これはケーキだって焼けちゃう優れものらしい

タイ米用に世界で初作られたと

名打ってあるけど

われわれは日本から運んできた

日本米を食べてますが


あんまりマクロビオテックでは

ないけど

昨日はこちらで売られていたバーモントカレーを使って

日本のカレーを作ってみた

材料を入れてボタン押して待ってるだけ

すんごいお手軽ー


しかも超おいちいの

ちなみに隠し味はビールです

一缶入れて水足しました

少々の苦味が出て濃くがあって

おいしく仕上がりました



今日は日本から運んできた

イミお手製の梅干

使って梅ご飯を炊いた

マクロビオ的には梅干は最高の食材らしいすよ



炊くときひじきを入れてみた

栄養のバランスを考えて

そしてゴマかけて

お好みで

おかかとおしょうゆで食しました


タイにいるとは

思えない夕食ですね


でも一度日本食作り出すと

もうタイフードの外食に足が向かなくなりますね

やっぱりタイフードは日本にいるとき

( `_ゝ´)ムッッショウに食べたくなるけど

毎日はつらいね


やっぱ母乳だし

日本人にあった食事がいいみたい


本筋からずれましたが

息子の耳の湿疹!

よくなってきたんですよ

たったこれだけで

やっぱフルーツジュースは毎日飲んでたからね


体冷やすらしんですわ

マクロビオ的には


また詳しくマクロビオテックについて

触れてみます



耳切れ赤ちゃんよくなってきて
よかったね の一票はこちら↓
人気blogランキングへ

布オムツにして今日から節約始めましょう!
とりあえずお試しセットで布オムツを
はじめてみよう!↓ここから買えます
かわいいベビー服ならレモール

ベビー&マタニティのショッピングサイトです。素敵な商品の販売及び、赤ちゃんに関する様々な情報を掲載しています。









2006年04月07日

耳切れ

赤ちゃんに肌のトラブルはつき物。

あせもかななんて思っていたら

だんだんひどくなって

ジュクジュクしてきたから

医者に見せると

アレルギー用の薬をもらった

えっアレルギー

まさか!

と思ったけれど

調べてみると耳切れはアトピーなどの

象徴的な症状なんだそうだ


私も小学生くらいのときまで

耳切れがあったけど

ほかになんにもなくて

アトピーだなんていわれたことは一度もなかったのに

だから一過性のものなのかもしれない


うちの弟はかさかさでアトピーといわれていたけど

あとで治ったし


気にしすぎて薬漬けになると治らないのかもしれない

と思うのだ


「赤ちゃんの自然治癒力を信じて見守ってあげましょう」

とどこかで目にしたけど

私もこの方法で見守ることにしたい


まだ耳の辺りだけだけど

最近体があたたまると頬にぽつぽつが見えるようになった

こういうのがほんとカンに触る。


どうしたんだろう?

母乳なのにいろんなもの食べてるせいだろうか?

とか

タイにきて水が悪かったり、日本食の粗食じゃなかったり

するからだろうかとか、

思い悩んでしまう。


原因と思われるものは無数にあるから

でもそんなにひどくないから

がんばって

とりあえず

牛乳や乳製品を控えた

卵や肉もなるべく控えて様子をみようと思う


赤ちゃん用の洗剤なのに

こっちの洗剤はにおいがきついし

すすぎも二度にしよう

耳切れは子供の心配事!共感の方は↓ぺしっっとお願いします
人気blogランキングへ

布オムツにして今日から節約始めましょう!
とりあえずお試しセットで布オムツを
はじめてみよう!↓ここから買えます

かわいいベビー服ならレモール

ベビー&マタニティのショッピングサイトです。素敵な商品の販売及び、赤ちゃんに関する様々な情報を掲載しています。



2006年04月03日

予防接種 in タイランド

先日、息子の二度目の予防接種に行って参りました!



我が家では医療費の全然お得な国立病院に行きます

これから来タイされる方には耳より情報です



タイの医療水準はとても高く設備も整っています

そして私立と公立では医療費が全然違いますo( ゚Д゚)oブンブン

もともと日本に比べたら医療費も3分の1くらいなんですが

公立ではもっとお得だったりします

予防接種も

BCG、三種混合、ポリオ、B型肝炎とこんなに受けて


なんと20バーツ=約75円アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

これなら日本で無料で受けてこられなくても安心のお値段ですよね

うちは風邪引いて受けられずに来てしまったから

私費で何万も取られるかと思い


(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

もんでしたよ



映画館などで上映される前、王室を称える映像が流れるが

その中で日照りで乾いてしまった田んぼにたたずむ

農夫が雨のお恵みで泣きながら小躍りする

様子がありましたが

外国人まで無料で予防接種してくださるなんて、

泣きながら小躍りしたいくらい

ありがたくて国王を称えたい気持ちになりましたね



ちなみに日本ではB型肝炎はタダじゃないですからね

しかし調べたところによるとB型肝炎導入してない国って

アフリカの国々とインドと北欧とイギリスくらいなんですね

これでいいのか日本!!!アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ


参考 日本は,WHOの分類2)でB型肝炎の有病率が中等度に高い国であるが,B型肝炎ワクチンは,一部の人の接種のみ施行されるにとどまり,「全員」が対象になっていない。



ちなみにタイのお医者さんは

こんなに大きな大学病院のお医者さんでも

みんなすっごく優しくてフレンドリーで

英語も喋れて信頼できます!



日本の大病院でいろんな産婦人科に行ったけど

なんなんだその態度はーっゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!ー

目を合わせない、返事しない、質問に答えない、

人のまたぐらに何の躊躇もせず

何かを突っ込む((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



おんどれおまいにもおんなじことしてやる

このへんないすに固定してやるっ>(`Д´)ゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!


と掴みかかりそうになりたくなる医者がわんさかでした



これで初診料5千円とか平気でとりやがります

ちなみに半年経ったらまた初診料必要です、

とか、

違う件ではまた初診料必要です

とか

初診料、初診料っていったいいくらふんだくる気なんだよ

(#゚Д゚)ゴルァ!!

日本では大きな病院はこうやって好き勝手に

初診料の設定ができると

何かの番組でやっておりました

イミは番組見る前に実体験済みでしたけれどね(´Д⊂グスン


それはおいといて

今回は二度目で、お医者さんに診てもらった時に

HIBも受けたらいいよって言われました

タイではやはり国の予算でカバーできないから

タダではないけれど絶対おすすめです

と医者に言われました



なんだべな( ゚д゚)ポカーン

としていると

Haemophilus influenzae type b(Hib)(インフルエンザ桿菌 b型)

という

これまた

先進国では殆ど全部全員接種しているという

予防接種でした

参考

また,Hibも,世界の大多数の国で接種が施行されているにもかかわらず(図2),未だ日本では定期予防接種に導入されていない3)。Hibは,5歳以下の小児に髄膜炎,敗血症などの重篤な感染症を引き起こすことで知られ,日本の5歳以下の小児の髄膜炎の起因菌でも第1位であるとの報告が随所で見られている4)。世界的には,Hibワクチンは非常に効果が高く,導入している国では,Hibの感染症は「ほぼゼロ」になっているのが現状である。http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2003dir/n2547dir/n2547_03.htm

ちなみにこの予防接種するためにこちらで2千円弱くらいかかりました

日本では他の途上国と混じってタダでは受けられないのです

なんでもカネカネ、ですな

しかも、こんなに重要なんだよってことすら

たいして説明されませんよね

これでいいのか日本よアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!



日本の病院や予防接種に疑問を感じた人は
お恵みの一票をよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ



布オムツにして今日から節約始めましょう!
とりあえずお試しセットで布オムツを
はじめてみよう!↓ここから買えます

かわいいベビー服ならレモール



ベビー&マタニティのショッピングサイトです。素敵な商品の販売及び、赤ちゃんに関する様々な情報を掲載しています。


2006年04月02日

乳児の便秘

うちの息子は2ヶ月頃から

うんちを溜め込むようになり(´ε`;)ウーン…

最近では二週間ほど溜めたという記録を持っている

機嫌も悪くなかったし

心配はしたものの

病院で相談しないでいた

しかし最近よくうーんとうなっているようで

かわいそうで

綿棒浣腸をしてみたけど

駄目だった

今日は徹底的にマッサージして

前回出してから6日分を出させようとした

昼寝から目覚めると

突然、息子が泣き出した

普段、夜泣きも人見知りもしない子がぐずっている

そしてオムツをみると

少量うんちしている

6日分ならもっと多いはずだ

そして綿棒浣腸してみると

また少し出た

そして

もっとしてやると

ソフトクリームのように

出てきた

しかし息子は泣き続け

思ったほどうんちも出てこなかった

うんちをしながら

泣くのは初めての事で

何かお腹に問題でもあるんではないかと

診療所に行った

そしたら

赤ちゃん用の浣腸をもらった

調べてみると

東洋医学では

宿便を出したほうがいいという

意見もあり

やはり相当溜めこんでいるものを

ここらで一掃させてやりたい

と思い

実行した

しばらくすると

思いっきり噴出した.∵・(゚ε゚ )ブッ!!

お腹を触ると

固かったわけではなかったが

それでもかなり小さくやわらかくなった

おお泣きしたがおっぱい飲んで

泣き止んでぐっすり昼寝している

一安心だ

ε-(´∀`*)ホッ


うんちしながらおお泣きした可哀想な
息子のために哀れみの一票はこちら↓
人気blogランキングへ

布オムツにして今日から節約始めましょう!
とりあえずお試しセットで布オムツを
はじめてみよう!↓ここから買えます

かわいいベビー服ならレモール



ベビー&マタニティのショッピングサイトです。素敵な商品の販売及び、赤ちゃんに関する様々な情報を掲載しています。





2006年03月17日

離乳食の始める時期

母乳育児が軌道に乗り

楽珍、ラクチンチン☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

になったのもつかの間

今度は離乳食って山が控えているんざます
ド━(゚Д゚)━ ン !!!


イミは産院で、今までの早期離乳が見直されていると言う事を

教わり、6ヶ月くらいまでは果汁や白湯すら飲ませなくて

良いという風に指導された

だが世の育児書や母子手帳には未だに

果汁は2ヶ月からとかかいてある。

何が正しいんじゃーヽ(`Д´#)ノ ムキー!!



となったイミは自分なりに答えを出すべく立ち上がったヘー(´ν_.` )ソウナンダ



まずWHOでは6ヶ月までの乳児には母乳かミルク以外のものを飲ますべからずとある

ハチミツをなめた乳児がポツリヌス菌で死亡したという例も報告されるなど

乳児の腸は未熟で害があるものでもそのまま吸収してしまいやすいって事が

わかってきたんだね
( ゚Å゚)ホゥ

つまり早期の離乳食って危険を伴うってことだね

ではいつはじめたら早過ぎないのか?

(´ε`;)ウーン…




原始の昔を思い起こした

我々のDNAの記憶である


昔はマニュアルなどない

昔の母たちが「そろそろこの子も五ヶ月だし離乳食をはじめなきゃ」

なんて思って実践していただろうか?


しかも5ヵ月くらいではじめても嫌がって舌でベーって出しちゃう子は

多いと聞く

赤子だって自分が食べたくなったら食べたいって意思表示するに

違いないとおもうんだ


生まれたての赤子だっておっぱいが飲みたければ

ワーんて泣いてあらわすし

必死で乳首を探して一生懸命飲む

足りなければ泣くし、足りていれば満足げだ

(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

満足そうにしている間はつまり

母乳だけでいいよってことなんじゃないかと思うのだ


でも西原って言う人は一歳まで母乳のみのほうがいい、とか二歳までとか

三歳までとかその時によって年齢変わってるみたいだけど、言ってるようだね

( ´,_ゝ`)プッ

それもどうかと思う

だって一歳までには子供が欲しがるでしょ

欲しがらなければいいのかも知れないけど

それはあくまで子供が教えてくれる事であって

どっかのおっさんに教えられて

そうすべきではナイとイミは考えるm9っ`Д´) ビシッ!!








そこで先人はどうしていたのかって調べてみると

江戸時代くらいでは

大体八ヶ月くらいまで母乳で育つのが普通らしかった
( ´_ゝ`)フーン


それと日本以外の国ではどうだろう

ここタイでは医療は専ら西洋医学で

医者には5ヶ月からと指導された

大体日本と一緒である

聞けば日本で医療を勉強する医者も多いらしい

それになんていったって母親は三ヶ月くらいまでしか

子に乳をあげずに出稼ぎなどに行ってしまう

というお国柄である

これはアジア全体の傾向らしい

乳飲み子を祖父母などに預けて働いている母親は多い!

これは途上国の宿命なのか?!

だから離乳食も早いのじゃないか



日本が離乳食は5ヶ月といっていたのも

戦後すぐに決めた事

離乳を早めてお母さん方に働いてもらうことができるように

そうしたんでないのか

それがそのままつづいてるんじゃねーの┌( ゚Д゚)ノ イッテラー





ニューズウィークを見るとアメリカなどでは

7,8ヶ月位らしい


原始の形がまだ社会に残っていそうなアフリカの婦人に

聞いてみると

「母乳がでるならそれが一番、母乳の出方によるけど

母乳が足りなくなってくる大体7,8ヶ月くらいにうちは離乳食始めたわね」

とのお答えを頂戴した

隣にいたラオスからの婦人も異論はないようだった


ナルホド!

ウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!

道は開けた



イミは7,8ヶ月になって母乳だけでは足りないという

何らかのサインを息子が見せるように

なったら

離乳食を開始したら

いいと決めたのだったフ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!


(゚з゚)イインデネーノ?

日本の早い離乳食開始時期の指導に疑問を持った人
ポチッと応援よろしくお願いします↓
人気blogランキングへ


























2006年03月15日

布オムツ貧乏育児

布オムツをはじめて早一ヶ月
(´ι _` )

紙オムツに戻る気など

さらさらない┌(`Д´)ノ

なぜならとっーーーーーってもお得なんですもの
( ゚∀゚ )

紙オムツだと一日に二枚使っただけで

月約二千円はかかる

紙だけだったら月6千円はくだらないでしょ

軽く見積もっても年間なら7,8万円!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


二歳までなら15,6万円!(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

おしりに当てるものの差がこんなにもあるなんてみんなちゃんと

計算してる?( ゚Д゚)ヒョエー

布なら初期投資だけですむん

こんなめんどくさがりの

イミですら続けられるんだから

誰にでもできるんじゃないかなと思うよ

布オムツに対する世間の先入観が悪すぎるんではないかな

実際、うちらの親の代は布が当たり前だったんだから

不可能なわけはないんすよね( ´_ゝ`)

とにかく布オムツは三日やったらやめられない!

是非挑戦してみるべし!ヘー(´ν_.` )ソウナンダ

布オムツ貧乏育児に是非挑戦してみたくなった人も
そうでない人もポチッと応援お願いします↓
人気blogランキングへ

布オムツにして今日から節約始めましょう!
とりあえずお試しセットで布オムツを
はじめてみよう!↓ここから買えます

かわいいベビー服ならレモール



ベビー&マタニティのショッピングサイトです。素敵な商品の販売及び、赤ちゃんに関する様々な情報を掲載しています。





6ヶ月赤ちゃん

5カ月末ころ下の歯が二本顔を出し始めた。

まだ右側だけにしか寝返りが打てないが

おやっと言う間に移動していることがある(;゚Д゚)

生活リズムもだいぶ定まっていて

夜九時前には寝る。

朝方四時ごろおっぱいを求めて起きるが

八時過ぎまで寝ている。


昼には結構昼寝して

シャワーを浴びる

暑いから夕方から外に出る(υ´Д`)アツー

散歩する

夜八時くらいにお風呂に入れて

おっぱいのんで就寝

夜十時過ぎるまで何度か( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

で寝ぼけたように泣くがおっぱい咥えるとまた寝る

以上、ある六ヶ月児の一日でした



応援お願いします↓
人気blogランキングへ


2006年02月26日

夫と二人で陣痛を乗り越えるマタニティヨガ!

新しいマタニティヨガのDVDを手に入れました

今回の出産はマタニティヨガなど努力の甲斐あって
二時間程の激痛陣痛と三十分程の分娩時間の
安産だったけれど反省点を生かして
次回の出産をさらにさらに有意義で大安産にしたい!
と思い
今回は夫と二人でやるマタニティヨガなるDVDを発見!

いみの初めての出産での成功点
☆陣痛時の腰の痛みがなかった
☆陣痛の激痛時間は比較的短かった(一、二時間程度)
☆分娩時間が超短時間で済んだ(分娩台に上がってから二、三十分)
☆分娩時間が短く会陰の伸びがよかったためか
 子供の頭は伸びたりせずまん丸でした
☆会陰切開せずに済んだ ほんの少しの自然裂傷のみ
☆誘発剤や陣痛促進剤など使わずの自然分娩ができた
☆もちろんいつの時代においても生死の危険を伴う出産において母子ともに
無事に終えられたということが最大の成功点であることは
いうまでもありませんが

いみの初めての出産、次回で改善したい点
★陣痛が激しくなると最後の一時間くらいは呼吸法など
 できなくなってしまった
夫が付き添ってくれたが呼吸法などの練習をしていないため
 呼吸法のリードをしてもらえなかった
(助産婦さんなどはあまりにお産の進みが速 すぎたため付き添って呼吸などリードしてもらえなかった)
★産後の回復が比較的遅かった

自身満々でお産に臨んだイミだったがさすがの
陣痛の前では非力だった。
しかし分娩台にあがって最後の十数分は助産婦さんが呼吸法を
リードしてくれた
そしたらとたんに楽になった気がしたんだ
だから呼吸法はすごく重要だと再認識したのだ

ずっとついていてくれた夫が
それをできたなら
これ以上のお産はない!というわけで
このDVDやることにしました
三部作で,魯檗璽困覆匹鮹羶瓦
◆↓は実際の陣痛、分娩に備えての呼吸法などを
中心に構成されています

これで次回のお産にも堂々と望めるね!

お産初めての方も、次こそは、という方も
おすすめです。



いざ陣痛!のためのヨガです


ここクリックすると,鉢や他のヨガDVDなど見れます

2006年02月23日

布オムツ

布オムツを始めて二週間以上が経過した

何故か大変そうなイメージが先行していて

食わず嫌いしていたようだ

おしっこが漏れたりすることもなく

順調である

それでも紙おむつより

ぐっしょり濡れる感覚があるから

頻繁に取り替える必要があるけど

もったいないなんて思わなくていいから

逆に爽快感がある。


うんちがつくと流石に落とすのに時間がかかるけど

うちの息子は溜めて出すタイプなので

紙オムツでも洋服にはみ出すほど出て

全部手で洗う羽目になるのでうんち汚れ

を手洗いするという点では

手間は同じなのだ

なんでもっと早く布にしなかったのか後悔するほどだ

新生児の頃のように一日十回とかうんちしなくなった

2ヶ月くらいから

布オムツ始めるのはいいんじゃないかと思う。

ちなみに流石に夜や外出時は紙オムツ使ってますがね

布使い出すと本当に捨てるのがもったいなく感じる!

布なら何人産んでも一人分で済むんだから全然お得!

貧乏なイミ家の家計にぴったりだ


でも布の一番いい点は頻繁にベイビーとかかわってあげられる事

紙だとちょっと放置していっぱいおしっこしたままに

させちゃうけど

布ならすぐ替えてあげなくちゃとなる

時代を追って親の便利さは追求されるけど

赤ちゃんのうちから子供の快、不快を追求させてあげたいな

とイミは思うのだ



2006年02月06日

寝返り

夜中に息子が寝返りをしてうつぶせになって
遊び始めた
少し前から寝返りをし出した

育児書には4ヶ月くらいから
しだすと書いてあったがうちの子は太ってるから
ずいぶん遅いんだな
と心配していたが6ヶ月くらいになれば
するだろうと心配を止めたらできるようになった

一週間くらい前は
ベッドの上だから成功したんだろうと
思っていたら今日は布団の上だった

もう本格的に寝返りができるようになったようだ

嬉しい反面、目が離せなくなった

本当にこの子がお話したりするようになるのか
といつも不思議に思うが多分この調子で
あっという間に成長してしまうんだろうな

2006年02月04日

初!垢すり体験

今日はバンコクに遊びに行った

お昼はイタリアンのコースを食べた
ちなみにどんなところにも5ヵ月の息子連れである

ビジネスマンらしき欧米人ばかりの店内で
浮いてはいるものの
タイ人の店の人たちは全く気にしないで
赤ちゃんに微笑みかけてくれたりするので

甘えきっています
amazing Thailand!
ってやつですかね

まあ、息子が動き回るようになったら
さすがにこういうところには食事にこれなくなるだろうから今のうちに
と、まあこういうわけです

そしてケンに息子を預けて
今度は韓国式スパ体験です

子供の人見知りや後追いが始まったら
さすがにできなくなるだろうから今のうちに
と、まあこういうわけです

期待していたサウナは今スイッチ入れました
って感じで全然暑くなく
あれれって感じでした

さらには期待していたお風呂の方は
なんと水風呂ではないですか!?

パンフレットではフラワーバスに優雅にくつろいでいる
姿なんか載せてるくせに

そして垢すり

初だったためか皮膚が弱いのか
あまりの痛さにびっくりして
体が緊張した

でもだんだん慣れてきてそんなに痛くなくなった
そして体がポカポカしてくるのがわかり
血行が良くなっているのだなと実感した

そしてシャワーで洗い流したら
オイルマッサージである

これはいろいろなところで受けたが
かなりイミのツボからずれている感じだった

最後に顔にヨーグルトパックをされ
放置された
少し眠ってしまったが
不安になってきたころ
店の人が戻ってきた

帰宅するときには
なんだか期待のわりに肩透かしを食らわされたような
スパ体験だったなと思っていた

が、

ここ最近夜中に寝苦しくて
よい睡眠が取れない事に悩んでいたが

今日は夜中によく眠れた
途中で目覚めたときも
暑くても寝苦しくないのである

暑いからとエアコンを入れるとすぐ冷えすぎるしで
暑かったり寒かったりでよく寝られないのは
結局冷たいもの食べ過ぎたり体の中が
冷えていて
自律神経のバランスが崩れているから

それが体は汗をかいているのに不快で寝られない
という事がなくなった
これは垢すりの効果かなと
摩擦による刺激で酸素が毛細血管まで
行き渡るから冷えとか美肌に効くらしい


これは垢すり初体験の効果があったんではないか、と
思ったわけです

どうりで亀の子たわしでごしごししたりや乾布摩擦が昔から
健康に効く、というわけだなと
実感したわけです

垢すりはごしごし皮膚の垢とりすぎると逆に
皮膚の組織が壊れそうと
敬遠していたけれどなるほど摩擦が効くんだってことを
教わった

これは自分なりに実践していくべきだなと思った

2006年02月01日

タイ フード

こちらに来てから
あまりいろんな食べ物に積極的にトライは
していないものの

それなりに試してきた中で
イミお気に入りのものについて
挙げてみたい

まず
フレッシュジュース類は
安心して頼めるおいしさです

値段も安いし
その場で作ってるから
百パーセントだしね

マンゴー、スイカ、グアバ、パイナップル、
イチゴ、ココナッツジュース
と、たくさんあるけど
どれもとってもおいしくて
冷たいから
お腹をたびたび壊してしまいます

もちろんフルーツそのものもおいしい。
今は乾季であまりフルーツの種類はないけど
マンゴーやポメロという柑橘類はよく食べます。

ごはんものでは
カオマンガイが好きです
蒸した鶏肉と鶏肉のだしで炊いたご飯にスープの組み合わせ
これはタイ料理には珍しくとてもシンプルな味わいで
辛さとか油モノに飽きたら食べたくなります

あと米粒の残ってないお粥も好きです
さっぱりしたものがとてもおいしい

なのになんであんなに甘かったり辛かったりするものが多いんだろ
謎です

デザートではマンゴーやドリアンともち米の組み合わせ
が好きです

もっと他にもいろいろ開拓していこうと
思ってます

来期はキッチン付の寮に移ったら
料理をしたいなー

今は朝にアメリカ産のパンケーキミックスでホットケーキを
焼くだけしか料理はできてないんです。

電熱器一つと、洗面台では料理する気になりませんものね

ちなみにタイ産のホットケーキミックスはおすすめできません。
アメリカのがとてもおいしいです
パンケーキはアメリカのおいしいものの数少ない一つです

2006年01月30日

5ヶ月を迎えました in タイ

1月4日に来タイしてから早くも一月近くが経ち大分落ち着いてきました。
息子も無事5ヵ月を迎えることができ感慨深いなー

隣の国立病院でなんと20バーツで
4種類のワクチンが受けられました。
なんと70円位!

日本での無料のワクチンが受けられなく戦々恐々としていたのに。

日本では受けられないワクチンも受けました。

タイでは私立と公立病院で値段が全く違うらしいですね。
初めに調べていた値段の何十倍も違います。

息子は身長62cm、体重8.7キロとかなりの太めです。

まだ寝返りがほとんどできません。

こちらにきて一週間くらいの間キャーなんて叫び声をあげて
よくぐずったけど今はお昼寝をたっぷりするようになったし
悲鳴も上げなくなった

赤ちゃんなりに環境が変わった事による
ストレスがあったのかなと思う。

こちらは一年中夏だけど今は乾季で一番涼しい時期らしい。

夜中は冷えて仕方ないので布団を買ってきたくらいだ。

日本から持ってきたプレイジムマットはいつも午前中少し
ぐずりだしたら使っている。

こっちに来てからぶら下がっているぬいぐるみをつかめるようになって
結構一人遊びができるようになったから
その間楽です。

こっちの人は赤ちゃん大好きでどこにいっても
歓迎されるからその点では
日本よりも楽ですね。

マッサージにも赤ちゃん連れで行っても
店員さんが見ててくれるから本当助かる。

どこいっても人手が余ってるからこそできる技!

素敵なレストランとか行っても全然嫌がられないし
むしろ見ててくれたりするので

とっても楽チン。

タイで子育てはとてもいいって聞いてたけど
本当実感できますね。

うちの子肌が強いから防水加工のよだれかけ止めたら
あせもも直ったし

風邪も心配ないし

ただ、蚊とバンコクに行ったときの排気ガスだけは
心配だけどね。

蚊は夕方以降しか出てこないので
出かけるときは防備して
夜は蚊帳で結構快適になって来ました。

明日からはイミの登録した
タイ語のクラスが始まります。

そこでお友達ができるといいなー

2005年12月17日

百日記念

12月7日ぽうずの百日記念を迎えた
お宮参りでもらったお食初めセットで
めざしと赤飯のお七夜の時と
ほとんど同じ粗食での
お食初めのお祝いをした

まだ何も食べられないけれど
食べさせるまねをした

私にとっても百日間の
母乳育児よく頑張ってこれたなと
感慨深かった

しかし過ぎてしまえば
そんなに大変でもなかったかな
と思えてしまうのだから
都合がいい

友達に二十四時間ハイクで
歩き回るのと比べて
そんなに甘いもんじゃないだろうけど

といわれたとき
とっさに
いや、二十四時間歩くほうが
辛いんじゃないの
と返したが
よく考えたら
数々の苦しみを考えたら
母乳育児の方が初めの
一ヶ月くらいまでは
大変かもしれないな
と後から思った

乳腺炎になったり
夜中にすやすやねむる赤子を
前に張りきってぱんぱんに
なった乳と共に眠れず
一時間くらい呆然とする

とか夜泣きされるのも
辛いだろうけど
おっぱいが張りすぎるのも
辛い経験だった

経験から言えば
乳の張りを抑えるのに
何をどう改善するかというより
ただ時が過ぎるのを待つしか
なかったようだ

とにかく
息子も百日を過ぎて
あやすと良く笑うし
にぎにぎをもたせると
じっと見つめながら
握る事ができるようになった

あやして笑うようになったとき以来の
感動の瞬間だった

タイへのビザもやっと取れた
これで家族三人の
タイでの新生活が始まりを
約束してくれた

2005年11月22日

出産レポート 7 〜生涯一番の幸福と恐怖の一夜〜

二時間のタッチケアが終わると
分娩台から降りてトイレに行くように言われた

本で何時間もあとに初のトイレはするものだと
かいてあったのでぎょっとした

ようやくトイレに座って用は足せたものの
自分で立つこともままならなく
車椅子で部屋に戻った

予約していたファミリータイプの部屋で
家族三人で退院するまでの6日間を過ごす


イミは出産まで何一つ問題なく
順調にきていたので妊娠中は
出産の恐怖など何一つ無かった

しかし実際に体験してみると陣痛の
あまりの苦しみに我を忘れた
こんなに苦しんだのは
間違いなく生まれて初めてだった

出産直後からお腹から下は全く力が入らなかった
ひざをたてた状態でベッドに寝て
そのまま身動きができなかった

我が子を産んだ幸せ感よりも
出産の恐怖がとりついて
その夜はほとんど眠れなかった

陣痛の苦しみはたった一人
無抵抗のままで大勢からリンチされているような
恐怖だったと記憶している

「こんなに苦しいんじゃもう二人目は産めないかも
しれない。」
「痛みに耐え切れなくて呼吸法で痛みを逃したり
できなかった」
と後悔したり自己嫌悪で涙が出てきた

とにかくこのときはあの苦しみを思い出すだけで
瞳孔が開いたままになるほど怖かった

出産雑誌などは全て目に見えないところにやるように
ケンに頼んだほどだった
なぜなら出産のことを思い出すのも恐怖だったからだ
この苦しみはトラウマになって一生付きまとうんじゃないか
と思われた

しかし何度も言うがこんなに苦しんだのに
約三ヶ月経つ現在ではトラウマどころかまた
赤ちゃんを産みたくてしょうがないのである


つくづく女の体は不思議と神秘に満ちているな
と体感させられる

新生児は出生後、二時間は覚醒していてその後
十二時間はぐっすり眠ると
産院のマザークラスで教わったが
ぽうずはこんな恐怖にとりつかれた
母親の隣でぐっすりと眠っていた

ときおり「あー」「うー」とか
声を出したり伸びたりして
生まれた直後から
ちゃんと大人と同じように生きてるんだね
と当たり前のことをまた実感した

出産レポート 6 〜はじめまして、新生児ちゃん〜

2005年8月28日午後7時53分
今までお腹の中にいたぽうず君と
初対面した

院長先生はその直後に現れた
婦長さんは
「もう産まれちゃいました。全てが
あっというまの出来事でした」
と言った

やはり誰もこんなにはやく産まれると
思ってなかったから
のんきにやってたんだなと思った。

会陰は裂けなかったが上の粘膜の部分が
少し裂けたらしかった
婦長さんが
「この部分は直りもすごく早いし普通の場合より
痛みもうんと少ないから大丈夫よ」
とおっしゃってくださった
そして院長先生が胎盤を出した
痛いという情報もあったけど
痛くも痒くもなかった

そして縫合を始めた
痛みの苦しさに取り付かれたイミは
精神が錯乱気味だったので
それが恐ろしくかった
麻酔を打ってるのに痛かった

「痛い〜痛い〜」
と大人気なくわめいた
院長先生は顔色一つ変えず
縫合を続け終わるとさっさと帰った
妊娠中にエアロビの仲間で体重管理が
できてない人はみんな院長先生怖すぎると
言っていたがその本性がはじめてわかった

おなかに乗っていたぽうずをしばらくすると
看護婦さんがいろいろな検査のために
連れて行った
その時また泣いた

分娩台に戻ってきたら婦長さんが
イミのおっぱいをぽうずに咥えさせた
一生懸命吸い出した

はじめてみるぽうず君は頭の形がまん丸で
ゆがみが全然なかった
分娩時間が2,30分ととても短かったし
ヨガや体操、会陰マッサージで
会陰が会陰切開せずともやわらかく伸びた

からだろう

髪の毛が結構生えてて耳の上に少しかぶさる
直毛がケンに似たんだなとすぐわかった

おめめをパッチリあけておっぱいを吸っている
様を見ていると本当にかわいいなと
思えてきた

お腹の中にいるときは立体感のある
生身の赤ちゃんを思い浮かべるのは
難しかった

結局頭の中にある我が子は
絵の中でみる二次元の赤ちゃんでしか
なかったように思う

生まれでた瞬間に生きて動いていると
「本当に人間が入っていたんだな」
とあほらしく聞こえるが率直にそう感じた

続く





2005年11月21日

出産レポート 5 〜もう、産みます、産まれます 篇〜

ナースステーションにはほとんど人がおらず
婦長さんだけがいらしてのんびりと
準備を始めたようだった

イミが分娩台に座ると
もう出てきちゃうような感覚があった

「もう出ちゃう出ちゃう」
と言っていた
よく妊婦雑誌などで
「いきみを我慢するのが一番辛かった」
というのを目にしていたから
当然ここからかなり我慢しなければならないんだろう
と覚悟していた

子宮口が全開にならないと危険が生じるからだろう

しかし婦長さんが内診すると
「じゃあ出していきましょう」
とあっさり言ったので信じられなかった
 
「え?いきんでいいの?」
と苦しみながらもきょとんと聞いた

ちなみにこのときの婦長さんの内診はなんだか
気持ちが良かった。苦しみが少しまぎれた感があった

それでは、といきんでみようとしたが
コツがつかめない
ちなみにこのときそばにいたのはケンだけで
婦長さんは準備に忙しそうだった

お産の時はもっと手取り足取りいろいろ
教えてもらったりさすってもらったり
してもらえるものだと思っていたので
淋しかった
進行が予想以上に早かったためだろう
陣痛中からずっとケンと二人きりでここまで来たのだ

思いっきりいきんでみると勝手にお腹から胸、顔まで
力が入って胃の中身が押し上げられそうになる
顔は目に力が加わって涙で潤む
一回のいきみで顔までの余波が来る
これが結構苦しかったが

いきむとなると今まで一心不乱に痛みに
耐えて錯乱した精神状態から
はっと抜け出すことができた

思い切りいきんでといわれても
お尻の方に力が加わってそっちから
違う中身が出そうでそれが気になって
いまいちちゃんといきめなかった

それでも肛門ではなくちゃんと産道に
力が加わっていたらしく
赤ちゃんは降りてきていたようだ

そして何かあったときのためにと
血管確保の点滴をされた
そして鼻には酸素のチューブを
入れられた

それが外れたとき
それを入れなおしてと婦長さんに言われたが
その時までにイミは
痛みによるショックで疲れ
頭も体も思うようにならず
自分でそのチューブを鼻に
入れなおす気力すらなかった

「完全に痛みに負けてるね」
と婦長さんがケンに言った

ようやく看護婦さんと婦長さんが
周りにきて呼吸の仕方を教えてくれるようになった

そうすると自分だけでやっていたときより
やはりちゃんと呼吸ができるような気がした

途中でケンがカメラを取りに部屋に戻った
その間に産まれてしまわないかと
はらはらした
がちゃんと戻ってきた

しばらくすると
「頭がでてきたよ」
と婦長さんが言った
それと同時に破水し生ぬるい液体がドッと出た
感触があった

婦長さんが
「ふー、ふー、ふー、」
と呼吸しろと指図したが
頭が出たら
次にいきみがきてそのままいきんでしまったらしく

体がつるりと出てきた
ピンク色で胎脂などついていない
きれいな体だった

ちょっとしたら
「おぎゃー、おぎゃー」
と元気良く泣きはじめた

「生き物だ!」
それが出産直後に我が子を初めてみた
感想というか実感だった

イミのお腹の上に置かれると
すぐに泣きやんだ
「おかあさんとわかるのかな」
と思った

赤ちゃんの体重はずしりと重く
その体の感触はまさに「生き物」のそれで
命の重厚さを感じた


続く






2005年11月19日

出産レポート 4 〜死闘の陣痛 篇〜

8月28日午後6時頃 2、3分間隔の壮絶な陣痛に苦しめられていた。

もう冷静になる事は本当に難しくなっていた。

陣痛というものは例えば三分間隔というと
休憩が三分あるのではなくて痛みが始まってから
次の痛みが始まるまでの間のことなので
痛みが一分続いたら実質休みは二分なのである。

次から次へと襲ってくる痛みに
「えー、既にこんなに苦しいのに
陣痛一分間隔なんてなったら実質休みがないって
いうこと!!??」
とあせった。

陣痛は結構、精神的なことも作用するらしく
ああ、もう疲れた、と思ってかなりぐったりすると
休みが長くなり
三分間隔でも突然五分休みが入ったりした

ずっと時計を見ながら
「一分休んだ、またやってくるぞ」
っと思うと本当にやってきてしかも
どんどん間隔が短くなってきたような気がする。

イミの陣痛の記録を読み返すと
16時8分にトイレに行ったあと
16時48分から本格的になりだしたのか
5分間隔で記録がスタートしている。

多分このころ婦長さんが現れ、胎児の心拍数を測定しにきた
しかし婦長さんにあいさつどころかまともに
顔を見ることすらできないくらいに
痛みが強かった。

「うー、うー、」と顔を歪ませて我慢するしかなかった
女性に備わった特殊な能力のおかげでその痛みをすっかり
忘れてしまったのだが
その時は確か、
「ドライバーでお腹を突き刺されているとか、
ピンチでおもいっきりひねられてるような痛み」
だなと思ったのを覚えている

今、自分でこう記していても、
「え!?まじかよ?おソロシーな。そんな痛いわけないじゃん
我慢できるわけねーよ」
と他人事のように思ってしまうのだから出産っていうのは
不思議な体験だ
まったく思い出せないのである

とにかく
普通、一回ドライバーで突き刺されたら
ショック状態で口も聞けないと思うけど
その状態がじわじわと30秒から一分続き、
立て続けに巻き起こるのである

それから4分間隔になり17時45分には3分間隔になった
イミの文字では18時2分まで記録がある。

それからは自分ではペンを握って書く事も
できなくなりケンが記録を残している。
ケンは悶えるイミを後ろから支えながら
書いたので最後の方は文字がかなり歪んでいる。

もう呼吸法なんてまともにやってられない
カナきり声をあげて「痛い、痛いー」
と言うしかなった

悶絶の痛みとはまさにこのことだろう
マタニティビクスでコーチが
「実際はこのポーズに想像を絶するような
痛みが伴います」
なんて笑顔でいっていたけど

「想像を絶する痛み」なんて、なんて大げさな
と鷹をくくっていたイミだったが
さすが出産経験者のコーチの言葉は正しかった

本当にイミの想定の範囲を遥かに超えた想像を絶する痛みだった

それから19時過ぎると2分間隔になり
ナースコールで婦長さんに聞いてみると
「いきみたくなるまでお部屋で頑張って下さい」
と言われた

もうケンにすらペンを持って記録する余裕がなくなったのと
結構すぐにいきみたくなったらしく
陣痛間隔の記録は19時13分で終了している

そして
陣痛の合間を縫ってLDRの分娩室に歩いていこうと
それまでに覚悟を決めていた
休みに入るとすぐベッドから起き
スリッパが上手く履けなかったので
ええい、いいやっとケンより速く
裸足ですたすた歩いていった
しかし
エレベーターを降りたところで
また始まり今度はいきみたくなり
「あー、出ちゃう」
と焦った

分娩室に通じる廊下のドアが上手く開けられなかったので
これもいいやと分娩室の隣のナースステーションに入って行って
そこから分娩室に入った。

そこには婦長さんがいて
「あれ、スリッパは?」
なんて聞いてきたけど
もうそんなどうでもいい質問に答えている余裕は
ゼロだったので
分娩台に座りただ必死に陣痛に耐えた

続く

2005年11月05日

出産レポート3 〜いよいよ入院します 篇〜

8月28日午後2時30分頃産院へ到着した。
このときは陣痛がくると少し立ち止まる程度の痛みだった。

日曜日のせいかとても静かだった。
予約していたファミリータイプの部屋に通された。
分娩着に着替えて分娩室に来るように言われ
お腹に分娩監視装置らしきものを着けられた。
脚にむくみがありますねといわれた。
イミは出産当日になって初めてむくみが出たのだ。

しばらくして看護婦さんが来て
機械からでてくるグラフの紙をみて
「まだ不規則な感じだね」といってまた去っていった。

それから院長先生がきて内診された。
「子宮口は2センチないし3センチといったところで
お産の始まったところですかね」
と言って去っていった。

この内診の刺激で陣痛が強くなりだしたようだった。
グラフはいままでより大きな山を描き出し始めた。

そして4時くらいになってまた部屋に戻るように言われた。

部屋に戻って出産雑誌を眺めて子宮口2、3センチは
どれくらい続くのか、あとどれくらいで出産になるのか
とかを調べた。

看護婦さんがラベンダーのアロマの芳香するものを持ってきた。

最後に馬油で会陰マッサージしとこうかなと思って
触ってみるとあら不思議、もんのすごくやわらかくなっていて
まるで熟しきった桃のようになっていた。

これではマッサージしようがないななんて思ってやめた。

まだまだあと何時間もあるなと思っていると
どんどん陣痛が強くなってきて
それでもまた便意を催してトイレに入ったら
「やばい」
というくらいの痛さになってきた。
この頃が多分強い下痢のときくらいの痛みだったのだと思う。

本に載っていたイメージトレーニングの方法で
痛みが来ると
「呼吸をすることで赤ちゃんに酸素が行き
赤ちゃんが回転しながらどんどん降りてくる」
といったような催眠術みたいな文をケンに読み上げてもらっっていた。

確かにそれを聞くと痛くてもちゃんと呼吸して赤ちゃんに
酸素を送らなきゃと言う風に冷静になって
呼吸法で痛みが逃せた。
しかしそれもつかの間でイメージトレーニングやアロマが
効いたのか

陣痛がどんどんどんどん強くなり5分間隔でずっと陣痛がやってきて
もう本の陣痛逃しのポーズとか調べてやっている余裕も
なくなってきた。

イミはベッドに座り陣痛が来るとひたすらケンに
後ろから支えてもらって腰を押してもらうのみだった。

続く
色んな人気ブログ見れます 励みになりますので毎回1クリックお願いします↓↓↓
レモール ↓布オムツにして今日から節約!↓
かわいいベビー服ならレモール
ベビー&マタニティのショッピングサイトです。素敵な商品の販売及び、赤ちゃんに関する様々な情報を掲載しています。
↓DVDでおうちでマタニティヨガ!妊娠生活、美しく楽しく分娩は楽に!のDVDです↓
↓いざ、陣痛!夫と二人で乗り切るヨガDVDです シリーズであります↓

いざ陣痛!のためのヨガです
イミの自己紹介
イミ
結婚二周年。初出産後4ヶ月でタイに居を移す。
タイにて貧乏子育てを遂行中。


東洋医学やアロマテラピー、ヨガなどに興味を持つ

訪問者数