かすみがうらマラソン開催地、茨城県土浦市の情報公開審査会の動きが悪い h30年度

昨年、h30年に審査請求を申し立てました。
h31年1月15日、当請求人からの意見陳述が終了となりましたが、その後、3月末ごろになって、本件意見陳述および同時に行われました審査会からの担当部署(土浦市課税課)職員への事情聴取に関する「議事録」が公開されることになりました。
しかしながら、本日、4月11日に至るも、審査会は、裁決を行うに至っていないということです。
せっかくの、素晴らしい制度「箱もの」がありながら、一日伸ばしに、期限なく結論が先延ばしに扱われることは、大変耐え難いものです。

土浦市長さん、4月14日ご予定のかすみがうらマラソン大会の催行、誠におめでとうございます。
総務課の皆さんも、一生懸命なのは十分わかります。

是非是非、こちらの審査会の進捗にも影響をきたすことの無いよう、ご配慮の程、宜しくお願いいたします。

請求人より。


茨城県土浦市の駅前歩道に、あったらいいな標識

この標識は、お隣、つくば市内で見かけました。はっきりわかりやすく、歩、車が分離されてます。
KIMG0442

高年齢認知症多発時代への備え、自益信託(民事信託)

高年齢時代に特徴的な犯罪、〇〇詐欺事件が多発しています。認知機能の衰え、自分だけは大丈夫との過信が事件多発の背景に見えるような気がします。

民事信託は、債券、株式、不動産などからの収益を目的とする投資信託(営利目的)とは異なります。高年齢時代に、例えば、身体的精神的機能の衰えから困難となるかも知れない社会生活を支えることなどを目的とする家族関係を中心とした、法令に基づく仕組みです。

不動産などの資産の売買、取得、処分や現金預金の出金、入金手続き等をご本人の意向を尊重し、ご家族などの手助けを得て、事故無く、安心して行うことができるようにするための、法令に基づく仕組みです。

民事信託(家族信託)に関心をお持ちの皆様、是非一度 ご相談ください。電話 070-5029-0877

縦覧を常陸太田市も4月2日から

固定資産評価の縦覧を、常陸太田市も4月2日から、開始するそうです。

常陸太田市のHpページでは、閲覧が大変困難でした。というより

私はできませんでした。


どうしても、Hpでご確認されたい方は、税務課へ直接お電話ください。

そのほうが、はやくHpを閲覧できます。この件に関しては、

電話 070-5029-0877 当事務所でも、ご案内いたします。

追記、本日、このご案内をアップするに先立ち、常陸太田市企画課、税務課の
皆様とHpでの表現について、他市町村Hp(日立市役所さん)も参考例として電話で
お願いたしました。 結果、30日夕刻現在では、常陸太田市Hpでも縦覧のおしらせが
見やすくなりましたので、ご報告させていただきます。ご対応の梶山さん、石井さん、
ありがとうございました。今後とも、貴市Hpのさらなる改善にご尽力をおねがいします。 
当事務所といたしましても、全力で、応援いたします。
行政書士つくば法務事務所 (📞📞 070-5029-0877) 根本 和志 拝。

冬場のガス給湯器対策

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 土浦情報へ昨日1月14日の朝、給湯器の湯が出ませんでした。
修理店に電話しましたが、約30年経過した代物で、修理部品はありませんとのこと。
昼過ぎに、3度、点火して、湯が出ました。ラッキー??
その後は、まったく点火しません。
今朝、点火しました。明け方に、一度、水を通しました。その効果かなー?

今日の午前中、給湯器本体を、段ボール、発泡スチロールで巻きました。
点火、回復しました。吸気口から空気が入るように隙間を確保が肝心。

固定資産税の還付、行政書士で何ができる?

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ毎年、この時期になると納税通知書が市役所から届きます。固定資産の評価額
に疑問をもったら市役所の税務課に質問しよう。というより、評価額を見ただけでは、疑問を
感じることが極めて難しい。

固定資産税の還付手続き自体は、税理士業務かも知れません。行政書士の業務ではなさそうです。
しからば、行政書士として、何ができるか、考えることにします。

まず、1.固定資産税の還付の仕組みを理解する必要がありそうです。そのためには、市役所に行って、
担当者に質問しますかね? 部署は、税務課、資産税係。
2.つぎに、還付のための作戦熟慮。標準宅地、比準宅地、路線価、公示地価、比準、所要の補正、沿接道路 等々、の専門用語に慣れることが必要ですね。これらの知識から、所有不動産について、何か課税誤りはないか、とか考える訳です。
3.一項目の誤りで、過去5年分の還付金、還付加算金が戻ってくる可能性があります。ま、すんなりとはいかないですけど。
4.証拠集めは、かなり重要だと思います。担当者は、3~4年経つと、配置転換ですから、個別の固定資産について理解していただくためには、見えるものをお示しすることが必要です。いくら言葉で説明しても、埒(らち)があきません。資料の準備には、情報公開申請も、役立ちます。
5.各所で、還付してよ~、という要求を高め、市役所に圧をかけていきましょう。P4260433
この現況写真は、がけ地補正の対象となったものです。これぐらいはっきりしていると、
知らなかったとは、言えないでしょう。



固定資産税、評価額の縦覧ができます

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ固定資産評価額の縦覧が行なわれています。わたしは、今年初めて、市町村の税務課で、縦覧を体験してみました。まず、固定資産評価基準というものをネットで読み、評価の仕組みを学びます。
きっと、いろいろな疑問、発見があると思います。是非、試してみてください。
市町村によっては、備付けのゼンリンの住宅地図が、2012年版と古く、最近の家屋が載っていないこともあります。縦覧(自由に見る)となっているのに、一部の不動産の評価額しか見せてくれないこともあります。でも、これは、窓口職員の勘違いです。
  縦覧の際、窓口職員に固定資産税の算出根拠を尋ねます。指標とされる、標準宅地の 評価額と
所有する土地の評価額、近隣の土地の評価額をメモし、評価の補正が適切に反映されているか、検討します。補正のことを、標準宅地と比準宅地(所有する土地)を比準するともいいます。窓口職員は、現地の状況を知らないのが通常ですから、土地の状況をよく説明して、評価額を下げてもらうことが固定資産税の引き下げにつながります。

ハナグモですか?

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へこんな蜘蛛を見つけました。下側に見えるのは、捕らえられた蜂。上側の緑色は、クモです。
 160508_1307~001
プロフィール

http://nemokazujp....

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ