October 15, 2017

スリアロクイズ打ち上げ★

DI-All8VAAA7kpz


毎度blogを書くのが遅くてすみません。

9月初頭、スリアロ33時間生放送のクイズ組で優勝祝いという名の飲み会をしてきました(笑)
場所はKICHIRIというわたしお気に入りのダイニングバー。
料理が安定して美味しく、サービスも行き届いている素敵なお店です♡

クイズ勢ということで、麻雀の話もしつつ、どんなことを勉強していたか、何が得意だったかなど話題になる中、わたしが大好きなゲーム・黒猫のウィズで印象に残った良問をふと出題してみました。
「四国で一番海岸線が長い県はどこでしょう?」(四択問題/ヒント・正解率27%)
ほとんどの人がぱっと見て選ぶのが高知でしょうから、この正解率からおそらく高知でないことが推測できます。この問題に最初出会ったときは海峡があるし…と徳島を選びました。
しかし、正解は愛媛なのですね。県の面積自体は大きくないものの、長いリアス式海岸があるのです。宇和島というとピンと来る方もいらっしゃるでしょう。真珠の養殖が有名なところです。なかなかの良難問だと思いました。

そこで宮田さんが世界の海岸線が長い国ベスト5行ってみようか、と。こういうとき、スマホですぐにこの手のクイズが出せるの、しみじみ便利だなぁと思いました。
しかし、これがなかなかの難問に…。
さて、皆さんも考えてみてください。





正解は…
1.カナダ
2.ノルウェー
3.インドネシア
4.ロシア
5.フィリピン
です。
けっこう意外じゃないですか?
オーストラリアが入っていないのが一番の驚きでした。


肝心の番組の方のクイズですが、結果的に勝てて良かったものの、TSで見返すと押しの遅さが気になりました。わたしにとってグルメ・音楽など(当たってないのだと文学・意外に理系も)は高打点も取れるのでカバーはできるのですが、簡単な問題はほぼ全て押し負けています。一人でクイズ番組を見るときは、ボタンがあると思って押す練習しておきます。笑

個人戦や、来年の3X時間??生放送でもクイズ登場を願っています!



nemurin_zzz at 23:17|PermalinkComments(0)雑記 

August 26, 2017

スリアロ33時間生放送~クイズ優勝!&天鳳ビンゴ~

8/14,15の2日間にわたり、スリアロ33時間生放送が行われました。

URLはこちら

わたくし、1年半越しのリベンジを果たすべく、クイズ!スリアログランプリ団体対抗戦に性懲りもなく出場して参りました。(クイズは番組の21:24:00頃からです)

今回のメンバーは先鋒が過去1度の出場で2位、元立命館将棋部主将、ほぼ最速でプロライセンスを獲得した楢原和人プロ。
次鋒は一度優勝経験はあるものの文学音楽と食い道楽だけが取り柄、へっぽこアスリートのわたし。
そして大将は過去5度出場、優勝3回ノーラスというクイズガチ勢、数学科ご出身のバリバリの理系で、RMU内では歩く計算機とも名高い宮田信弥プロ。

先鋒戦では、協会の橘プロのあまりの早押しと知識に他の方々が圧倒される様相。
惜しくもタッチの差の押し負けも複数あり、手痛いラススタート。

そして次鋒戦、わたしが過去対戦または観戦し、知識も早押しも鋭いと思っていたμのむくプロと最高位戦の柿木プロが登場し、緊張が走ります。低打点ではことごとく押し負けたものの、500-1000問題の親番あたりから意地の巻き返し。

quiz2017

麻雀もクイズも高打点派!というわけで、これだけは負けられない、グルメと音楽の最高打点を獲得。
なんと一気にトップまで追い上げました。

そして大将戦。わたしと対照的に、前半の問題を大量に押し勝ち、ミスのない宮田プロの熟練の技で点数を増やしつつ維持。

かくしてRMUチーム、念願の優勝を果たしました!!!

quiz20172

全体的に早押しが皆さん鋭く、一般のクイズ番組とも遜色のない緊張感のある戦いになったのではないでしょうか。
視聴は無料ですので、未視聴の方は一緒に答えながら是非ご覧ください(*´∇`*)

余談ですが、これ、見ていると「自分も行けるんじゃない?これより早く押せるんじゃない?」と思われるのではないかと思います。しかし、押してランプが点灯して音が鳴るまでにはそれなりのラグがあります。また、視聴者として見る場合はそれに加え、回答者が指名され、答えるまでの時間に考えることができます。つまり、対戦時はその時間を計算に入れつつフライング気味に押すことが必要なのですね。
初めて出演したときは、「見るのとやるのが違いすぎる…」と大きなショックを受けました。
全員がほぼ同時に押している場面も沢山ありますので、手元が映っているときはそこにも是非ご注目ください。


そして、33時間ぶっ通し企画、仲川翔の天鳳ビンゴ。
わたしもかなりの時間出演してきました。Youtubeでまったり中継されていましたが、大部分は森ちゃんの瞬発力のありすぎるダジャレにただわたしが爆笑していました。役立たずですみません。
でも、とても楽しかったです(笑)

DHb9Up9UQAEihWI


仲川師匠、33時間という大変な長丁場、お疲れ様でした!
また、なかば裏企画でありながら常に参戦者が途切れなかったことに、師匠の人気と人望を改めて感じました。

そんなわけで、楽しい33時間でした!
来年は更に長くなるのか…?!乞うご期待!!


nemurin_zzz at 21:03|PermalinkComments(0)麻雀 

July 21, 2016

ヴィーナスカップ優勝!


ツイッターでのご報告からずいぶん時間が空いてしまいましたが、
去る7月3日に行われたRMUスプリントカップ・ヴィーナスカップで優勝しました!!

予選は2312と決して目立った順位ではありませんでしたが、
素点が勝敗を分けがちなRMUルールで、4万点近い2着を2回取れたこと、
素点はそれなりにある3着1回で抑えたことが結果的に貯金になりました。

スプリントカップはRMU公式A、B、Cルール…と順番に行われていくのですが、
(Aルールは一発裏ドラカンドラあり赤なし、
Bルールは一発裏ドラカンドラなし、
Cルールは一発裏ドラカンドラあり赤あり+オカあり)
実は入会前から今回を合わせて三度の準決勝進出はすべてBルール。
得意かと言われると一番練習不足という気はするのですが、
打点を追う手組に優れた仲川師匠に教わったものは活かせている、のでしょうか…?

しかし、ボーダーが50ポイントを超え、首位で準決勝に駒を進めた方は
130を超えるポイントを持っている状況で、約57ポイントでの準決勝進出。
決勝進出は当然のトップ条件、そして決勝での条件まで見据えると
大トップが欲しいところです。

ここで上家に登場、ショウ・ナカガワ…
どちらかしか決勝に進出出来ないという師弟対決です。
被ツモが続いてやや劣勢からのスタートでしたが、
師匠が不幸にもリーチ後に掴んだラスト1枚のドラ単騎チートイツが実るなど
危うい勝負を制し、4位でギリギリの決勝進出。


2016ヴィーナスカップ観戦記

決勝の模様は江澤プロによる上の観戦記をぜひご覧ください。
観戦記にも書かれていますが、大幅な条件戦となる中、
東場の親で積んだ執念の6本場。
このどんなに不利な状況でも喰らいついて喰らいついていって実ったこと、
一生忘れません。

わたしは今約2年間患っている病気の療養中で、
数度リーグ戦を欠場するなど周りにご迷惑をおかけし、
また自分自身悔しい思いをすることも多々あります。
記憶力が低下し打牌ミス等も増え、麻雀に影響していることを
感じることも多いです。

ですが、このときのように人生に、自分自身に諦めずにしがみついて
いつかは光を掴めることを信じていこうと思える初優勝でした。


CmcD4yVVIAAbLE3

追記:なんと、この勢いに乗って?今年新設のサマーチャレンジカップも
ベスト8に残り、7/31のニコ生放送対局が決定しております。
そしてまたしても因縁の師弟対決!!
ぜひともご覧ください




nemurin_zzz at 02:03|PermalinkComments(0)麻雀