2010年01月27日

年末年始におけるパスポートの紛失・盗難

こんにちは、中国国際結婚手続き-ねむししの管理人をしているHEROです。

パスポートの紛失・盗難についての知らせが在中国日本国大使館から来ました。

****************************************

年末年始における当館管轄内のパスポートの紛失・盗難について

(10.01.26)

年末年始にかけて当館管轄内でパスポートの紛失・盗難が複数発生しましたところ、主な事例をご紹介いたします。

1.一時帰国しようとした留学生(男性)が北京首都空港に到着し、タクシーから降りた際、トランクを開けた運転手がスーツケースを下ろしてくれなかったため、後部座席にパスポートと財布が入ったリュックを置いたまま、自分でスーツケースを下ろしていたところ、急にタクシーがその場から走り去ってしまった。タクシーの領収書はもらっていなかった。派出所に届け出たがリュックは見つからなかった。

2.北京市内でバスに乗って移動していた在留邦人(男性)が混んでいたバスから降りた際、肩にかけていたバッグの中のパスポートがなくなっていることに気づいた。派出所に届け出たがパスポートは戻ってこなかった。

3.日本から西安市内を訪れた観光客(女性)が同市内を観光中、人混みの中で、何者かにバッグの中からパスポートだけを盗まれた。ホテルに到着後に盗難に気づいて派出所に届け出たがパスポートは戻ってこなかった。

4.日本から旅行で訪れた邦人の家族連れが北京首都空港で入国手続きが済みターミナル内を移動中、子供がパスポートを紛失したことに気づいたので、空港派出所で紛失証明を出してもらって、当館に帰国のための渡航書の申請に訪れた。ところが、その子供が本人であることを証明するもの(パスポートのコピー等)を持ち合わせていなかったため、北京市公安局では、出国ビザを発給してもらうために多くの時間がかかってしまった(健康保険証は持っていたが、本人の顔写真がついていなかったため身分証としては認められなかった)。

これらの事案は、バッグ類を身体から離さない、バスの車中などではリュックなどは身体の前に抱える、人混みでは荷物に特に注意する、パスポートのコピーを必ず携行する等基本的なことに少し気をつけるだけで、防ぐことができたり解決を簡単にすることができます。在留邦人や旅行、出張等で中国を訪れる日本人の皆様には充分ご注意いだくとともに、関係者(ご家族・友人等)にも周知いただき、パスポートの紛失・盗難防止にご協力をお願いいたします。

******************************************************************

以上、在中国日本国大使館のメールからの抜粋でした。



nemushi2 at 12:38│Comments(1)TrackBack(0)在中国日本大使館ニュース 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by iruka259   2010年01月27日 18:35
まさに1番の経験をしました。
2人で追いかけたところ、直ぐに気付いて止まってくれましたが、危機一髪です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔