しっかりと年金相当分を確保する大家になる為の年金大家生活ブログ

このまま年月が経ち、普通に年金をもらうのではなく、もし国の年金政策が破綻しても、独立して十分な生活ができる方法の検討をはじめることも大切です。年金を知り、これよりも良い条件の資産作成法、資産運用法、生活維持法を検討します。定年後に、安定して継続した月30万を確保する方法を考えつくし、その結果をお伝えします。著書:(1)あなたにもできる!サラリーマン大家入門 王道アパート経営で「マイ年金」づくり(カナリア書房)(2)サラリーマン大家の「クズ土地」アパート経営術(日本実業出版)宅地建物取引主任者、貸金業務取引主任者、ファイナンシャルプランナー、アパート大家、アパート投資の王道メンバー、AllAboutProfileメンバー

【SUUMO共催】1/19丸の内不動産セミナー初級編入居者の気持ちを徹底解説する会

【残り10席】となりました。
 
参加の申し込みをしていただきました方、ありがとうございます。

==
人生90年、そして100年の時代がやってきました。
長生きは素晴らしいことです。
しかし、その時、生活資金がなくてはいけません。
年金、国の政策任せではなく、自立していたいものです。
日本中の全事業の中で、いま現在、80歳の高齢者が安定して収入を得ているのは、『賃貸経営の家賃収入だけ』とも言えます。
どんな事業よりも、落ち着いて安定してできる賃貸経営を勉強することは、90歳を超えて豊かに生き続けるために必要なことです。
初めての人でも変わりやすく賃貸経営について、お伝えします。
今回は、賃貸経営で最も大切なこと!。
お客様である入居者が求めていることをリクルートSUUMOさんとの共催による不動産セミナーを開催します。いまサラリーマンが、自営業者が知っておくべきことがここにあります!
 
【SUUMO共催】
東京駅1分会社員&事業主向け!
賃貸経営初級編、入居者が求めていることをしれば、安定安心して家賃収入を得られる、老後破綻対策、優良物件を取得するための不動産セミナー
開催日 2017年01月19日(木)
エリア



<セミナー概要>
初心者&会社員の方々を対象とし、短期でなく中長期で大きな資産をつくりたい人向けのセミナー、
「長期安定した不動産賃貸経営」での資産運用の卓越した戦略を伝えます。
 
◆不動産:サラリーマン大家さんが急増している今、他人と同じ方法では大成功できません。

SUUMOとの共催セミナー。
SUUMOが、入居者募集において賃貸サイトにおいて情報収集をした結果を報告します。
いま現在、入居者が求めているものがわかります。
入居者から、好まれる物件がわかります。
入居者が何を考えているのかを知ることができます。
膨大なSUUMOのデータから得られた調査結果を持ち帰ってください。
このセミナー後は事業計画、土地取得、銀行融資、設計建築、満室管理までの支援を受けられます。

<セミナー内容>
不動産の資産運用において、時間に価値をおいています。
長期のスタイルは「無理をしない」スタイルなので長く継続的にでき、結果的に利益の額は大きくなります。
是非、「無理をしなく長く継続できる不動産賃貸経営」をあなたにも知っていただきたい。

<当日のスケジュール>
19:00-20:10 SUUMO担当者
SUUMOが賃貸サイトにおいて情報収集をした膨大な資料を公開。
いま現在、入居者が求めているもの、入居者から好まれる物件、入居者が考えていること

20:15ー20:45 大長伸吉
(1) SUUMOデータを収益不動産物件サポート事例を活用して解説
 SUUMOデータを大長氏が、さらに掘り下げます。
 さらに、参加者の疑問をSUUMOさんに問いかける時間を用意します。

(2) 夢のマイホームは間違い、買ってはいけない住宅&トラブル事例
 ・住宅を購入してお金を失ってはいけない
 ・自宅は資産ではない、常識どおりでは無駄使い
 ・一部上場企業の退職金2000万円と年金だけでは生活できない
 ・買ってはいけない土地
 ・業者のノルマとして使われない、最低限の知識
 ・一般的な住宅ローンの間違い

(3) 賃貸併用住宅で副収入を稼ぎ、資産つくる
副収入を得られ、資産形成を行えて、年金及び相続対策となる賃貸併用住宅が大注目の的となってる!
消費税、年収減、年金、相続税、今こそ自己防衛が必要
各投資の中でもローリスクで、何十年も継続してリターンを得られるものが収益物件の賃貸経営
サラリーマンだからこそ、実行し易くて大きなメリットが得られる手法が賃貸併用住宅
さらに、他にはない新しい工夫を装備することで、2棟目の収益物件を安定的に得ることができる
 
 1.戸建住宅と新型賃貸併用住宅の違い・収益差異
 2.新型賃貸併用住宅のメリットとデメリット
 3.土地なしでサラリーマンが達成した賃貸併用住宅取得事例
 4.賃貸併用住宅を利用し、次の2棟目アパートを取得する新手法
新型賃貸併用住宅を知るべき
この手法に副収入取得と年金問題の解決策が眠っている
サラリーマンが東京の土地を購入し、新築木造建物を取得して、安定した賃貸経営を継続するためのノウハウ
ご自身と家族の将来の安定した生活のために知っておくべき方法

20:45-21:00
スペシャルゲスト、2017年の銀行融資事情について特別なお知らせ

21:00-21:10
質疑応答

21:15-
懇親会(飲食代実費)

<こんな方のためのセミナーです>
・継続的に学んでいく事に興味のある方
・本業以外のスキルを身につけたいと考えている方
・年収をもっと増やしたいと懇願する人、副収入源が幾つも欲しい人
・年金や将来の生活資金の不安を払拭したいと本気の人
・海外移住、優雅な生活をすると希望に満ちている人

<期待できる効果>
・長く継続的にお金を増やす手法を理解できる
・自分の生活スタイルに取り入れるべき自宅取得戦略を理解できる
・収益物件を複数棟所有する時代、正攻法を得られる
・土地取得、融資、建築、管理、2棟目取得までを知ることができる
・老後の生活資金に困らなくなる

<日程>
開催時間 2017年01月19日(木)  19時00分 ~ 21時10分
受付開始 18時45分
定員 20 名
申込期限 2017年01月19日
セミナー詳細&申込サイト  http://www.seminars.jp/s/273792
持参物 筆記用具
主催 ランガルハウス株式会社


<プレゼント>
・フォロー: 参加者限定の不動産個別無料1時間相談会

・リクルートSUUMOのビッグデータ(80枚相当)

・レジュメ: セミナー資料

・アドバンス編: 参加者限定情報
DSC04558
 

7/24に、郡山商工会議所にて、賃貸併用住宅セミナーをおこないます

7/235名古屋セミナーに続きまして、
明後日7/24日曜日のイベントのお知らせです。
福島県郡山の商工会議所にて、
セキスイハイム東北主催の
賃貸住宅経営実践セミナーにて、講演をさせていただきます。
=
日時: 13:30〜
場所: 郡山商工会議所
住所: 福島県郡山市清水台1-3-8郡山商工会議所6F
=
参加無料です。
福島県の方など、お気軽に参加してもらえればと思います。
image

ここでも、また気合を入れ情熱を持って、しっかりとお話をさせていただきます。
講演後に、個別相談会も、おこないます。

現在、まだお席に空きがあります。

よろしくお願いします。

7/23に名古屋の栄、ナディアホールにてセミナーをおこないます

明日7/23土曜日のイベントのお知らせです。
名古屋市中区栄のデザインホールにて、
中日新聞/読売新聞/東京新聞主催の
収益不動産セミナーにて、講演をさせていただきます。
image

=
日時: 13:30-15:30
場所: デザインホール
住所: 名古屋市中区栄3-8-1ナディアパーク3F
=
参加無料です。
名古屋の方など、お気軽に参加してもらえればと思います。
気合を入れ情熱を持って、しっかりとお話をさせていただきます。
講演後に、個別にお話ができる時間もあります。

現在、120人ほど集まっていますが、180人ほどのお席を準備しております。

よろしくお願いします。

アパート管理:大家ができること、できないこと

今日も、渋谷駅前は人が溢れて、熱気で満ちていましたね

ここ渋谷でおこなわれている勉強会に、参加しています。

本日は、第一部が門倉弁護士さん、第二部が豊田弁護士さんです。

13627132_1455676904457992_5307490131392793174_n


18:30より、第1部の門倉弁護士のお話が始まりました。

内容は、

大家さんのトラブル対策、
『家賃滞納発生時の対応について』です。
複数の実際の事例を、具体的に話してもらっています。
法的に何をすべきで、何をしてはいけないのか?
対策にどれくらいの期間がかかり、いくらかかるのか?


入居者として、高所得者をターゲットにしている大家さんの集まりです。
総計600室程で、この10年間、明け渡し裁判はなく、先ほど挙手を依頼した中では、高所得者ではない入居者の中古物件のアパートを含めても、弁護士さんに依頼をした経験はないとのデータが集まりました。
 
それでも、万が一のこともありますので、参加している方も、真剣な表情で、聴講されています。


主なキーポイントは、

1.すぐに滞納が分かり次第、入居者に連絡を入れる事!!

2.根気強く、請求をする。

 しかし、やり過ぎはしない、早朝深夜の督促や、カギの交換は勝手にしないでください。

3.分割、割引に要求に応じない

そして、弁護士さんに早めに相談をしてくださいとのことです。

などなどです。

事前、事前の準備が大切です。
 

この後は、第2部の豊田弁護士です。

こんばんも、勉強させていただきます。
 

 

賃貸経営の勉強会にて大家の適性を知ろう

先日、勉強会会員さんから次のようなコメントをいただきました。

「不動産投資や大家さんにはいろいろな種類があるのですね。」と。

また「講演をするような大家さんは大変なことをしている、あれと同じようなことはできない。」と。

 

確かに、すべてを真似しようとしても真似られるわけではありません。

全く同じ場所でできず、過去と同じ市場状況や同じタイミングで、できるわけではありませんから。

 

先ほどの方がもう一言「成功している大家さんの講演の中には、幾つものノウハウがあり、活用をしたいと思うことや珍しい発想が詰まっていて『面白い』」。

私もそう思います。

成功を収めている大家さんの話はとても参考になることだと思います。

成功している大家さんは、本当によく考えています。

 

そして、実行しています。

その時の考え方や実行手続き、そしてその結果。

はたまた失敗したケースでの対処方法までも語ってくれています。

成功大家さんのお話を聞く機会を作ることが大切です。

本で読んでも良いですが、実際に直に対面することは実行に移す決意に、差が出ることになります。

 

もう一つ、先の会員さんの感想に『面白い』との言葉がありましたので、きっとこの方は大家さんにむいていると思います。

私自身も勉強会に参加して、多くの大家さんのお話を聞けること、とても楽しみにしています。

アパート経営では、滅多に珍しいこと、難しいことは起きないのですが、フロンティアを行っている大家さんほど、珍しい出来事にあっていて、そして解決しています。

その事例を知ることができ、今後の大家業への安心感につながります。

 

また、勉強会では「自己資金が沢山あるわけではない」との意見がありました。

自己資金は、ご自身の立ち位置を見極める重要な要因ですので、現状に見あった選択をするよう心がけられると良いでしょう。

先駆者の例の一部を利用しても良いかもしれません。

 

または先の事例のように実行するためには、先駆者同様に自己資金を準備すれば目標に到達できるなど、将来の参考になります。

大型アパートだけでなく、14室アパートを敢えて選択する人、もっと小規模の賃貸併用住宅という選択肢もあります。

「本業が忙しくて、アパートの掃除に行く時間なんてない。」

これも大切な要因です。

手足を動かすことも大事、動かさないで効率性を高めることも大事。

セミナーに参加したからこそ、気がつくことがあります。

最適な方法が見つけられることと思います。

自分で作業をするとコストがかからないのですが、本業での収入が大きな人にはデメリットですので、中古アパートのように修繕に時間をかけるのではなく、新築アパートでは、設計士さん・施工業者さんが親身にサポートします。

そのため、オーナーの手間が取られない、競争力のある収益アパートを選択するというのも得策だと思います。

 

このように、自己資金が豊富な先輩大家を見て自己に最適な規模を選ぶ。

タフで修繕能力の高い大家さんを見て、自分ができるか否かを知る。

これは一つの事例にすぎないのですが、セミナーでは文字だけでなく、講演者の声、身振り、熱意、辛い出来事を直に知ることができること。

安定した収益を得られる多くの大家さんとお会いできる場が勉強会です。

 

このブログを読んでいる方も、この体験をしてもらいたいと思います。

そして、今年こそ皆さんが成功を収めてもらえればとおもいます。

自宅の活用法を変えるだけで、将来の生活が明るくなります

自宅の購入方法を間違えないように注意をする人が多いのですが、たいていの人は自宅から収益を上げられず、活用を間違えてしまいます。

自宅を買うことは、人生の中でとても大切な行事です。

 

多くの人が誰から購入したほうがよい、どのように購入したほうがよいと、インターネットや雑誌で自宅の買い方を必死に検討しています。

住宅セミナーでもどのハウスメーカーの建物が良いとか、このハウスメーカーは良くないなどと見分けようとします。

マンションか戸建かまたは設備がどうなのかなどと調べます。

しかし、今までどおり、不動産業者やハウスメーカーのいうとおりに自宅を購入することが本当に良いこととはいいきれません。

 

そのようなときこそ、自宅は住むものだけではなく、自宅で稼ぐものだと考えましょう。

自宅の活用方法がたくさんあることを知っておきましょう。

多くの人は、自分には無縁だと思っていることがあります。

それは不動産賃貸業です。

 

しかし、不動産賃貸業は遠くの世界のものではありません。

今自宅を持とうとしているすべての人に可能性があるものです。

そうすることで、一生に一度と言われている自宅の購入がもっと容易になり、楽しめることになります。

自宅はあなたとあなたの家族の満足度を満たすものですが、不動産賃貸業は、多くの一般の人の満足度も満たすものです。

 

ふとあたりを見渡してみると東京中に沢山の新旧の事例があります。

その中から成功事例を見つけて、まねをするだけでよいのです。

成功事例をまねることで、不動産賃貸業として他の物件に負けることのないあなただけの希少な収益物件を手に入れることができるのです。

 

自宅は消耗品となるものでなく、更に資産を殖やしてくれるものとの認識が広がっています。

多くの人が住みたいと思う立地であるところの土地を取得することで、将来、年を取った後に、相当額の価格にて売却ができます。

または相当額の家賃にて貸し出すことができます。

 

しかし、立地を間違えてはいけません。

立地を間違え内でください。

将来、土地の価値がなくなる土地を取得してはいけません。

現在でも、シャッターが閉じたまま商店街があります。

人気がない商店街です。

 

さらには、商店街が全くなくなってしまった住宅街もあります。

今後、日本の人口はますます減少します。

今の子供たちは、これからどの町に住むのかを自由に選ぶ権利があります。

このような街には、人が寄り付かなくなります。

 

そして、ますます住民が減ります。

住民が減り、地域全体が寂しくなるだけでなく、生活が不便になります。

人が住まないエリアには小売店は進出しません。

いま、土地が安いからと言って安易に土地を購入してはいけません。

将来も街が存続する地域を選ぶことが大切です。

現在と似たような生活レベルを保てるかもしれません。

 

自己満足だけで自宅を選ぶのではなく、自宅を人に貸し出すことを考えて、入居者が喜んでもらえる土地と建物を取得するべきです。

自宅を買うことは、人生の中でとても大切な行事です。

自宅で稼ぐことを考えましょう。

 

自宅の購入時に不動産賃貸業を検討しましょう。

それにより、一生に一度と言われている自宅の購入がもっと容易になり、老後の人生までをゆとりをもって楽しんでもらえることと思います。

身内の理解を得て、家族全員で成功を

土地を取得して、アパートを新築し、賃貸経営を始める。
この一連の事業において、多くの人の協力が必要です。
そして、しっかりとした関係者選びとその維持が大切なものとなります。

さらには、ご自身の家族や近親者の協力も大切です。
そのためには、身内の理解が大切です。
 
不動産は高額なものですから、1つの物件を購入することはその人の生活を大きく左右し、家族の今後の生活に関わるものです。
不動産に関することは、失敗事例も多々あり、不動産を良く思わない人もいます。
配偶者、子供、両親など、皆さんが心配をすることは無理もありません。
アパートを30年以上も維持・運営することに理解を得られないときには、建物管理・長期運営についてより詳しく説明することが必要になります。

身内に賃貸経営の経験がある人がいると理解をされやすいという傾向もあります。
身内の理解は、サラリーマン大家としてスタートする為の試金石です。
 
この他に身内の協力が必要な事例があります。
銀行融資を受ける条件として、連帯保証人が必要となる場合があります。
配偶者の方又は家族の理解が大切です。
身内の理解がより深まり、追加資金の協力を得たケースもありました。
他にも、相続対策としてもご家族で協力して行うことは特に有効です。
共有名義にする策、両親に所有してもらう策、または銀行融資を受けて金利を支払うよりも、低い金利で両親と金銭消費貸借契約を行う策など。

身内の理解はとても大切です。
身内や関係者の理解は、多くのオーナーによい結果をもたらしています。
家族全員が、成功を体感できるととても喜ばしいですね。

土地は現金よりも、さらに利用価値があります

将来の生活資金について不安に思っている人が近年増えてきています。
若いうちは身体が元気であるため、心配はありません。
 
しかし、70歳を過ぎたときに徹夜をするなど若い人と同じように働くことは、極めて困難です。
将来の生活資金について、今からどのように準備すればよいか迷っている人が増えています。

そのようなときにこそ、今から安定した家賃収入が見込める収益不動産を取得することをお勧めします。
適切な物件を選びさえすれば、収益不動産は人の体力よりも継続して、副収入を生んでくれます。
適切な収益不動産を持つことにより、あなたが70歳になっても90歳になっても、若いときと同じように毎月の収入を得ることができます。
その証拠に20年前の賃貸物件でも、30年前の賃貸物件でも、現在も着実に収益を生み出している物件があります。
 
しかし、建物が古くなると空室が増えるとか、家賃が下がるとか、不安になることもあります。
そんなとは、銀行から追加融資を得ることを考えてみてください。

とくに優良な土地は、現金よりも利用価値があります。
優良な土地、安定収入が得られる建物では何度でもお金を借りることができるという事例があります。
4000万円の現金は使ってしまうとゼロになってしまいます。

これに対し、土地の場合は異なります。
例えば、3000万円や4000万円を銀行から借り入れて取得した土地については、10年または15年が経過したならば、1000万円から2000万円ものお金を再び借り入れることができます。
3000万円の価値の土地から、4000万円から6000万円程もお金を調達することができるのです。
 
しかし、この戦略を甘く見ないでください。
適切な土地を選び取得すること、適切に賃貸経営を継続することが大切です。

誤った選択やお金を無駄に使いたくなる誘惑はたくさんあります。
例えば、追加で中古物件を購入したり高級自家用車を取得したりすることです。
より高い収益を求めすぎることも危険でして失敗をひきよせることにもなります。
Nさんの場合は、当初土地取得費用分として4000万円を銀行から借り入れました。
そして7年間無事に滞りなく返済を継続しました。
その7年経過後に、追加で1000万円の融資を受けることができました。

これは7年間も着実に返済をしたこと、7年間家賃の売り上げを確保したこと、確定申告をキッチリとしていたことが認められたからです。
優良な土地はお金を借りて、そして返済しまた借りることは危険なことのように思われます。

しかし、安定して家賃収入が入ってくることでこのような利用価値があるのです。
借りたお金で修繕をすることができ、更に収益を上げる施策に使うことができます。
4000万円の土地は家賃収入だけでなく、6000万円の資金調達をすることができる玉手箱のようなものです。

適切な土地で適切に賃貸経営をすることが大切です。
優良な不動産には、想像以上の利用価値があるのです。
不動産を怖いもの危ないものと思うだけでなく、有効利用できる方法があることも知っておいてください。

経済産業省の内閣総理大臣賞日本ベンチャー大賞の授賞式&セミナー&交流会のお知らせ

こんにちは、

一般的な参考情報です。

= = =

経済産業省の内閣総理大臣賞日本ベンチャー大賞の授賞式&セミナー&交流会のお知らせです。

2/26(金)にホテルニューオオタニ鶴の間にて開催されます。


費用は、
授賞式&セミナーは無料、
交流会は¥3,000


詳細&申込サイト:http://everevo.com/event/28464

ベンチャーでの成功を目指している人にとって、勉強になるかと思います。


政府系のイベントです。
日本の経済界の多数の大御所の講演を聞くことができます。

1000席中、残り40席ほどです。
予想ですが、明日には、満席になってしまうかと思われます。
 

【年金大家サイト】 http://nenkinooya.com/ 
 

人気ブログランキングへ
 

 年金大家 twitter Join my conversation


ビジネスブログ100選
 


blogram投票ボタン

相続税が無縁なひとでも考えておきたいこと

2015年1月から相続税制が改定されましたが、たいていの人は「私には相続税とは無縁だ」と思っています。

しかし、今回の改定では東京都内に戸建を持っている人やこれから戸建を持つ人は相続税を準備しなくてはいけない時代になったのです。

==
2014年までは、基礎控除5000万円+配偶者・子の人数×1000万円が、相続税課税評価額から差し引かれ、その残金に相続税がかかってきました。
 

201511日からは、基礎控除3000万円+配偶者・子の人数×600万円しか、課税資産評価額から差し引かれなく、その残金に相続税がかかります。

 

例えば、相続税課税評価額が8000万円となるご主人がなくなり、配偶者と子2人が残された場合です。

==
2014年までは、5000万円+3人×1000万円=8000万円となり、
 相続税は
0円でした。
 

201511日からは、3000万円+3人×600万円=4800万円となり、
 控除後の相続税評価額が
3600万円となります。

 

もし、突然、相続税を支払わなくてはいけないことになったとしたら、その相続税を500万円以上も支払わなくてはいけなくなったのならば、冷や汗が出ますよね。

そして、もし自己資金が無く、資産が東京の自宅だけしかなかったのなら大変です。

自宅を売って現金を作り、相続税を支払っても、そのあとに住む家がなく、資金もないかもしれないのですから。
 

そのような心配しないためには有効であり、自宅を取得するときに検討をしておきたいことが賃貸併用住宅の取得です。

自宅にかかる相続税を現金で準備することができるようになります。

賃貸併用住宅から家賃収入が入ってくるからです。

自分が住むためだけの戸建やマンションのために住宅ローンを組んで購入した場合は、ローンの返済を個人の月収から支払わなくてはなりません。


これに対し、賃貸併用住宅では、住宅ローンの返済は、個人の月収から支払うのではなく、家賃収入で支払うことができるのです。

ただし、取得する賃貸併用住宅の立地と建物と事業計画を間違えると、住宅ローン以上に大きな負債を負ってしまうことになります。


賃貸併用住宅は、オーナー住居と賃貸ルームが併設されているために、一般的な戸建よりも大きな建物になります。

そのため、土地はより広く、総費用もより大きくなり、借入金額もより高額になります。

この場合のローンの返済は、個人の月収だけではしはらうことが不可能です。


適切な土地選びと建物選びと資金計画がとても大事な検討課題となります。

30代の一般的なサラリーマンのTさんは、住宅ローンを組み、東京都内の30坪の土地を取得して、自宅+2賃貸ルームの賃貸併用住宅を新築しました。

その結果、住宅ローンの返済額は毎月18万円ですが、家賃収入は22万円となり、毎月4万円の収益を出しています。

月収から住宅ローンの返済をすることはないというメリットを得ている多だけでなく、年間で48万円もの利益が出ています。


長期的にこれを積み立てることで、両親が亡くなった時の相続税や、子供が支払うことになる相続税に対しても準備をしているそうです。

Tさんのすごいところは、会社の同僚と同じような生活レベルでよいとのことで、毎月自分の口座に住宅ローンに相当する10万円程を月収から積み立てているため、貯金もたまっているとのことです。

そして、この積立の一部で、毎年、海外旅行に行くことができているそうです。

そして、土地選びにも力を入れたため、自宅は都内の東急線の最寄り駅から駅徒歩7分という好立地です。

会社への通勤も時間がかからなく便利であり、駅や街の雰囲気が良く、毎日の生活を楽しんでいるとのことです。


さらには、積立をした資金を活用して、今度は新築の収益アパートを取得しようとの計画があるとのことです。

賃貸併用住宅の検討がよい解決策となります。

livedoor プロフィール
最新記事(画像付)
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    王道アパート経営で『マイ年金』づくり(カナリア書房)

    1棟4室『クズ土地』アパート経営術(日本実業出版社)

    ギャラリー
    • 【SUUMO共催】1/19丸の内不動産セミナー初級編入居者の気持ちを徹底解説する会
    • 7/24に、郡山商工会議所にて、賃貸併用住宅セミナーをおこないます
    • 7/23に名古屋の栄、ナディアホールにてセミナーをおこないます
    • アパート管理:大家ができること、できないこと
    • 収益不動産取得時、銀行融資を受けるときの注意点2
    • 所得が先細る、だから現状打破しなければならない
    • アパート経営を成功させる秘訣は自己資金を積み上げること
    • アパート経営を成功させる秘訣は自己資金を積み上げること
    • 書籍を読んできた方との相談会、感謝感謝です
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • 世田谷の収益物件建築現場
    • ライブドアブログ