土地を取得して、アパートを新築し、賃貸経営を始める。
この一連の事業において、多くの人の協力が必要です。
そして、しっかりとした関係者選びとその維持が大切なものとなります。

さらには、ご自身の家族や近親者の協力も大切です。
そのためには、身内の理解が大切です。
 
不動産は高額なものですから、1つの物件を購入することはその人の生活を大きく左右し、家族の今後の生活に関わるものです。
不動産に関することは、失敗事例も多々あり、不動産を良く思わない人もいます。
配偶者、子供、両親など、皆さんが心配をすることは無理もありません。
アパートを30年以上も維持・運営することに理解を得られないときには、建物管理・長期運営についてより詳しく説明することが必要になります。

身内に賃貸経営の経験がある人がいると理解をされやすいという傾向もあります。
身内の理解は、サラリーマン大家としてスタートする為の試金石です。
 
この他に身内の協力が必要な事例があります。
銀行融資を受ける条件として、連帯保証人が必要となる場合があります。
配偶者の方又は家族の理解が大切です。
身内の理解がより深まり、追加資金の協力を得たケースもありました。
他にも、相続対策としてもご家族で協力して行うことは特に有効です。
共有名義にする策、両親に所有してもらう策、または銀行融資を受けて金利を支払うよりも、低い金利で両親と金銭消費貸借契約を行う策など。

身内の理解はとても大切です。
身内や関係者の理解は、多くのオーナーによい結果をもたらしています。
家族全員が、成功を体感できるととても喜ばしいですね。