2008年04月07日

燃費向上運転方法

燃費向上のために日々の街乗りの運転で気をつけていることをいくつかピックアップしてみました。

誰でも簡単に出来る方法で、実際に効果があったものをご紹介いたします。

まず、燃費というものは各車前にお伝えしたように
各車のデータを路面条件のいいコースで測定していますので
実際には実質で紙面などに発表されている数値の6割から7割と考えて間違いないでしょう。

街中ではアクセルのオンオフが繰り返されます。


燃費を悪くする一番の要因は、このアクセルのオンオフの回数。

一定の速度と回転数を保てれば車の燃費は紙面の数値に限りなく近づくはずです。


高速道路が燃費がいいといわれるのはある程度の回転数で走っても
一定の回転数を保てるからです。
無論スピードを上げるということは回転数もあげるということですから
スピードを上げれば高速道路であろうとも燃費は悪くなるでしょう。

つまり街中でも出来るだけオンオフ時の回転数を下げず、一定でいられればいい。
と、理屈上はなりますが、

信号があるため、実際にはスピードを落とすだけでなく停車させなければならない。


一番燃料を消費するのは


止まっているものを動かすときなんです。


信号で止まって再度動かすときが一番燃料を消費しやすい。

燃費を計測されたデータに近づけるためには
出来るだけ止まらない方がいい。

なんていう机上の空論は止めて、


実際、オートマの車とマニュアルの車では
運転の仕方が違うので

一概には言いきれませんが、

オートマの場合、
クリーピング現象を利用して、車が滑り出してから、動き出してから
アクセルを右足の親指で微調整しながらゆっくりと踏み出すのがいいです。

それと、回転数を余りあげて加速させない。

徐々にスピードを上げてやる。


というのが簡単な燃費向上方法。


簡単だと思いません?



簡単で、そして環境にもとても優しい。


燃費が上がると、私たちの懐にやさしいだけでなく、
環境にも優しいんですね。


nenpikojo at 23:52コメント(1)トラックバック(0) 
燃費向上運転の仕方 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by エコリン   2008年04月08日 02:05
5 ロケットパワーにんじん君様

 トラックバックありがとうございます。

 燃費向上に向け大変参考になりました。
 これからも時々よらせていただきますので
 よろしくお願いします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星