戦後
戦争と向き合わず
目を背け続けてきた日本は
当然
戦争の基本すら知らない人が殆どで

ドンパチ
兵器による殺し合いだけが戦争
だと思っている方が殆どなのではないでしょうか
おっさんも過去はそう思っていました


今までも何度か言及してきました
スイスの「民間防衛」という書籍
誰の味方にもならない永世中立国であるスイスが国民に無料配布していた著です
その中には
武力によらない戦争
情報戦について書かれています

相手国の情報をコントロールして
ダメージを与える

兵器によるドンパチよりも
むしろ
情報戦によるダメージの方が
長期に渡り深刻な問題を引き起こす
おっさんはそう思います

侵略戦争
「従軍」慰安婦
南京大虐殺
などなど
これらは情報戦により生み出された
虚構
です

これらの虚構による損失は?
どれだけ謝罪させられた?
どれだけ賠償させられた?
国際社会でどのようなイメージを持たれている?

情報戦の恐ろしさが実感できますね...




さて
家の中に蟻が入り込んできたときに
入ってくる蟻を一匹ずつ退治していてもキリが有りません
巣から新たな蟻が次から次へと入り込んできます
ですので
根源である巣から退治しなければなりませんね


日本で起きている
様々な問題

憲法9条礼賛
慰安婦問題
米軍基地問題
マスゴミの捏造報道
CHINAの侵略
土下座外交

戦後レジーム
55年体制
による負の遺産ですが

これらの問題は
全て
家の中に出てくる蟻と同じですね

一匹ずつ退治しても
次から次へと湧いてくるんです

これらの根源にあるもの
これを解決しなければ
ダメでしょう

慰安婦問題の真実を知ったところで
それだけでは意味が無いんです

慰安婦問題が生まれた背景
戦後レジーム
55年体制
が出来上がった背景を知らなければ

何が日本を病に追い込んだのか



War Guilt Information Program
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム:wikipedia

今までもこのブログで何度か言及していますが
米国による
情報戦
心理戦
であるプログラムです

昭和20年 終戦
昭和27年 サンフランシスコ講和条約
この7年間に
米国はWGIPにより
徹底して情報をコントロールし
日本人を洗脳しました

昭和20年に終戦とは兵器による戦争が終わっただけで
それ以降も
日本は
情報戦
心理戦
により
戦争状態だったんですね

この米国による工作こそが
蟻の巣
日本の病の根源なんですね

枝葉の問題を潰していっても
これを克服しない限り
いつまでもイタチゴッコは続いていきます




この
WGIPですが
決定的な証拠が無かったんですが

おっさん勉強不足でした
3年も前に証拠を発見した方がいて
既に著作となっています

日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦 (自由社ブックレット):amazon
91EeFij6eyL

540円ですよ
安すぎる

おっさん
今朝この著作を知り
すぐにamazonで注文しました

一刻も早くこの書を読みたい
週末には届くと思いますので
読了後は
レビューしたいと思います
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村