いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”:DIAMOND男の健康

研究は無いようですが
就職氷河期世代と引きこもり
おっさんは相関関係が有ると確信しています

ひきこもり地域支援センター
なる国立の施設も有るそうですが
対象は40歳未満だそうで
実体に見合わない対策



就職氷河期世代は
1970年から1983年生まれ
と言われています
現在の年齢にして35歳~48歳ですね
おっさんもこの中に含まれます

まだ親が生きている世代ですから
引きこもりも可能ですが
親が無くなったら
その後の生活はどうなるのでしょうか



おっさんも紙一重だったように思います
高校は留年→中退目前のところで踏みとどまり
高校卒業後も学校から紹介されたサラリーマン生活は3か月で終わり
その後知人から紹介されたガテン系の職場はチンピラだらけ
18歳のおっさんは職場で30代40代のチンピラに恫喝されたりしていましたね(^^)
その後も職場を転々とし
定職に就かず数か月間東京でさまよい続けた事もありました
ギリギリのところでホームレスを回避
でも結局は
超絶ブラック企業で働くことになるんですが...


たまたまおっさんには
引きこもる事が出来る家が無かったので
今が有るだけで
引きこもれる家が有ったなら
引きこもったかもしれません

それだけ
デフレ
不景気
により
有効求人倍率は下がり
失業率は上がり
圧倒的買い手市場

真面目に大学に行っていても
ロクな就職先は無い状況の中
おっさんのように
惰性で何もせず何も考えず生きていた人間には
超絶ブラック企業しか残されていない状況で

もちろん
自己責任はあります
このままじゃヤバイ
と気付いた20代中ごろ
それまで何もしていなかったんですから

でももし
デフレを回避し
そこそこの景気であったなら
一度失敗している人生から
やり直しは出来たでしょう

しかし
デフレ
不景気がそれを許さずに
一度の失敗が致命傷となり
再起不能

その結果
引きこもりの中核は
就職氷河期世代
になったんです

つづく
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村

dog-1674553_640