ZX-10R

2019年11月16日

電気系トラブル?

ちょっと前から10Rの電気系が弱ってきたらしく長距離は乗れなくなっていました。

症状としてはバッテリー充電後はちゃんとエンジンもかかり走り出すことも可能なのだが、しばらく走行したあと再始動しようとするとセルの回りが弱々しい。

最悪な場合は再始動不可なんてことも・・・。

しばらくは乗り出す直前にバッテリーを充電してから乗っていました。

さすがにそんな面倒で出先でエンジンがかからなくなるなんてリスクを抱えたまま走るのも嫌なのでなんとかしようと思います。

パッと思い浮かんだのはC型10Rではよく壊れるという倍速ジェネレーターのトラブル。

ジェネレーターコイルが焼けて発電しなくなっているんじゃないかという疑いが・・・。

これに関してはテスターを使ってバッテリー側で測定したところ、エンジン始動後14Vまで上昇していたのでジェネレーターは無事なようだ(以前乗っていたCBRは電圧が全く上昇せずジェネレーターコイルを確認したら真っ黒に焼けていたということがあった)
DSC_0217
ジェネレーターじゃないとなるとセルモーターかとも思ったがここ最近でも何回かエンジン始動はしているし・・・。

ちょうどバッテリーを取り外して充電した後、ちょっとの期間置いてから車体に取り付けエンジン始動しようとしたところセルが弱々しく最終的にはリレーのカチカチ音だけとなったのでバッテリー自体の劣化の可能性が出てきた。

というわけで新しくバッテリーを交換してみることにします。

neo555typer at 22:52|PermalinkComments(0)

2019年09月08日

GIpro取付後の試走のはずが・・・。

10RのシフトインジケータをGIproに変えたので試走したところ、バイクに乗らない期間が長すぎたため車両が不調でまともなインプレができない状態に・・・。

まずバッテリーが上がっていてエンジン始動に至らず(キーオンで通電していたのでインジケータの作動は確認できてはいたが)

バッテリーは充電してエンジン始動できたものの、低速からアクセルをガバ開けするとノッキングするという状況(GIproが原因ではない)

放置しすぎてインジェクターが詰まりぎみなのか?

とりあえずワコーズ フューエルワンを入れて様子をみてみます。

2004年の車両なので“弄り”よりも“維持り”の方に手間と時間が取られていきそうな感じですね。


neo555typer at 18:30|PermalinkComments(0)

2019年08月17日

GIpro取付け

年始めにシフトインジケータを取付けましたが別のものに交換します。

今回投入するのはGIpro-ATREというもの。

なにやら10R(2000年代くらいからの大型バイク)には1〜4速にパワーの制御がかけられているのだとか。

乗りやすさと排ガスの関係で各ギアごとにMAPが割り振られているようで、それをどのギアでもコンピューターが6速に入っていると騙すためのものになるのかな。

おかげで低速ギア時にもパワーが出るのだとか・・・。

取付けは車体側のギアポジションの配線に割り込ませるだけ、ということでスロットルボディーのところにある緑のカプラーから配線を引っこ抜き付属のカプラーに付け替えます(精密ドライバーのマイナスがあれば配線を引き抜き可能です)
DSC_0138
このインジケータは別に電源が必要なのでETCを付けなおした時に分岐させておいたところから電力を取ることにしました。

キーONにして無事にギアポジションが表示されていることが確認できました。
DSC_0141
本体下に切替ボタンがあるので取付け位置はメーター横とします。

前回取付けていたシフトインジケータはメーターとの間にカプラーオンで割り込ませるだけという、ものすごく楽なものでしたが今回のはタンクやエアクリを外したりとめちゃくちゃ大変でしたね。

説明書には40分程度で取付け可能となっていましたがSSでは無理なんじゃないかなぁ。

試乗は後日なのでどう変わるか楽しみです。

neo555typer at 19:59|PermalinkComments(0)

2019年08月05日

ETC再取付

10RのETCを別体型から一体型へ交換します。

その作業に合わせてテキトーだった配線の取り出しもやり直します。

まずはポジション球の配線から電源を取れるようにカット&ギボシ端子装着。
DSC_0134
まぁこれはETC等の電源がいらなくなったら直でつなげられるようにするためですね。

そして分割端子も作成。
DSC_0135
3分割としました(ポジションとETCとそのうち拡張するための電源取り出し口)

配線をつなぎ替えてポジションもETCも機能することが確認できたのでメーター裏に配線をしまいます。

ETCの搭載位置はというとタンク上となりました。
DSC_0136
なぜスマートな一体型から換えてしまったかというと、シート下スペースをなるべく空けておきたかったからなんですね。

これでもちゃんとゲートオープンすることができたのでOKということで‼

neo555typer at 10:46|PermalinkComments(0)

2019年05月12日

リミッターカット

C型10Rのリミッターカット(フルパワー化)してみようと思います。

10Rは日本の車検基準に合わせて最大回転数の部分にリミッターがかかっているようです。

それを配線カット(カプラーを外すだけ)で解放することができます。

作業はすごく簡単‼

シート下にあるECUの後ろにある黒いカプラー外してあげるだけ。
カプラー
外したカプラーはビニールテープでぐるぐる巻きにして水に濡れないようにしてあげましょう。

作業後の乗り味はというと全く変化がわかりません。

というよりもブン回さないとわからないでしょう(街乗りでは不可能ですね)

それもそのはず。

日本の車検のために1万回転くらいでリミッターがかかっているものを、1万2500回転まで引き上げただけとのことらしいのでサーキットに持ち込まないとわからないですね。

このへんはフルパワーに乗っているぞという自己満足です。

neo555typer at 18:31|PermalinkComments(0)

2019年02月17日

シフトインジケーター取付け

とあることから10R用のシフトインジケーターが手に入りましたので取付けしていきます。

10Rだとあまりないんですが、小排気量のバイクで走っているとついつい7速とかに入れようとしちゃうんですよね(笑)

そんな時、何速に入っているか一目でわかるシフトインジケーターが付いていると便利!

Acumen(たぶんメーカー名)のデジタルギアインジケーターで配線に割り込ませるだけという、かな〜りお手軽なもの。
DSC_0065
コネクタも車種専用になってるのかな?カプラーオンでいけちゃうようになっています。

10Rの場合メーターの配線に割り込ませるのでシールドを取り外し裏からアクセスしてあげましょう(写真はすでに装着済み)
DSC_0067
メーターの配線を外してインジケーターの配線が接続されたものを割り込ませるだけ。

あとはシールド等を元に戻してインジケーターの位置決めをしてあげましょう。

メーターの横に付けたかったんですが、メーター側の横のところがR形状になっていて両面テープで貼りつけることができず上に貼りつけとなりました。
DSC_0062
本当はこの後インジケーターと車体との認識の作業をしなくてはいけないのでしょうが、中古品ということもあり取り付けてそのままギアの認識もされていたので特段作業はしていません(各ギアの表示は正確にされています)

これで街中でダラダラ走っていても何速を使っているか一目でわかるようになりました。

neo555typer at 00:07|PermalinkComments(0)

2019年01月02日

6Rハンドルへ交換

あけましておめでとうございます‼今年も“マイピットルーム”をよろしくお願いしますm(__)m

正月早々、まだ太陽が頭上にある暖かいうちにバイク弄りをしなくては・・・。

せっかくの正月休みなのでちょいと時間のかかりそうな作業に取り掛かります。

それはポジションの変更。

SSはどうしても前傾になるのでポジション的にはけして楽ではない。

そんなわけで、たしか05〜06モデルの6Rのハンドルを手に入れてきました。

取付後ですが10Rに比べるとハンドルが手前にくるような感じです(上に合わせているのが取り外した10Rのハンドル)
DSC_0024
寒くて作業にばかり気を取られて交換後の写真しかありませんが、重ねてみるとハンドル2本分くらい手前にきましたね。

おかげでバイクに跨ってみると上体が若干立ち気味になり、街乗りやツーリングでの疲労を軽減してくれるでしょう。

作業自体はトップブリッジを外したりと面倒といえばメンドウ・・・。

6Rのハンドルにしたことによりトップブリッジとハンドルの位置決めボルトが使えなくなるのでコケたらハンドルが車体側に入り込んでしまう可能性あり(最悪ハンドルがタンクを凹ますかも)

でも跨った時に腕の余裕はできましたのでこちらのメリットの方がはるかに上回るんじゃないでしょうか。

neo555typer at 19:00|PermalinkComments(0)

2018年12月22日

レオビンチマフラー

整備ネタばかりの10Rですがたまにはカスタムネタの投稿をしなくては・・・。

そんなわけでレオビンチのマフラーを投入〜♪
DSC_0011
スリップオンなのでサクッと交換できちゃいます(排気デバイスの後ろから交換するタイプなのでめっちゃ楽)

カチ上げ具合というかマフラー装着位置がハンパネェ‼
DSC_0012
マフラーが上にきても車体からのはみ出しは気になりません。

チタンマフラーということですごく軽く、以前使っていた無名の小型ステンレスサイレンサーよりも全然軽い(もちろん純正よりも軽いです)

音の方はというと大排気量車の太い音が主張されますが、爆音とかやかましい音量ではないので街中を走るのにもそんなに抵抗はない感じです。

何本もマフラー交換してきてるわけではないので偉そうなことは言えませんが、安物サイレンサーと比べると性能の差は歴然。

低回転のトルクは残しつつ上もキレイに吹け上がってくれます(安物は下スカスカの上はフン詰まる感じ)

やはりいい値段するだけありますね(笑)


neo555typer at 22:22|PermalinkComments(0)

2018年12月01日

メーター取り外し

かな〜り前にメーターパネルを白いものにしましたが、それに関連した車体からメーターを取り外すというのを今更UPします。

10Rのメーターは正面から見るとこんな感じですね。
DSC_0003
このメーターは裏からプラスネジ3本で固定されています。

もちろんコクピット側からは取り外すことは不可能なので車体正面から分解することとなりかなり手間です(汗)

車体のシールド、ミラー、アッパーカウルの真ん中の部分を外すとメーター裏を見ることができますがまだまだ外すことができません。
DSC_0004
この状態でもメーター裏のネジ
2本は外すことはできますが真ん中のネジにアクセスすることは不可能(フレキシブルなプラスドライバーなら可能かもしれませんが)

ここでメーターやヘッドライトなどが固定されているバーのネジを外すことによりセンターの邪魔なものを若干ずらせるので最後のネジへアクセスすることが可能になります。

自分の場合はヘッドライトの片方の固定を外すことによって更に楽にアクセスしてますが・・・。

メーターへの配線はカプラーで1ヶ所とかなり楽ですよ。

後は取り外したメーターを加工して元に戻して終了です。


neo555typer at 22:34|PermalinkComments(0)

2018年11月20日

すったもんだの車検その2

昨日の続きです。

10Rの車検を受けに行ったところヘッドライトのHi側とLo側の色が違うので光軸検査前から直すように指示されてしまいました。

そしてそれが車検の第4ラウンド(最終ラウンド)でのこと。

残り時間わずかなのに10Rで使われているH7というあんまり売ってなさそうなバルブを探してこなけてばならなくなった。

近くにあるホームセンターのカー用品コーナーを探したがH7なんてあるわけもなく・・・。

なんとか行けそうなところにあった二輪用品店は記憶の中ではかなり前に閉店なってたことから絶望的な状況。

ダメもとで光軸調整をしてもらったテスター屋に飛び込んだところ奇跡的に在庫あり。

H7バルブ2500円でした(泣)

ここで疑問が、、、Hi側をハロゲンからハロゲンに代えたところで大丈夫なのか?

Lo側もハロゲンでそろえないとまた同じ指摘をされるんじゃないかと思ったのだがテスター屋のお兄さんはLo側HIDでHi側はハロゲンの方は結構多く、それでもちゃんと通る(通ってる)とのこと。

その言葉を信じてHi側のみハロゲン球の交換。

そしてテスター屋で光軸を再調整。

バルブ交換しただけでも光軸ってズレるもんですね(調整画面を見てビックリしましたよ)

新品のバルブにしたところ光量も余裕でOKな値に。

速攻検査ラインに戻って検査員に確認。

先ほどとは違う検査員でしたがヘッドライトの色味のOKを頂き光軸だけ検査ラインへ(個人的には交換前と対して変わらない気がするのだが)

光軸検査の結果は「〇」だったので書類にOKを頂き窓口へ。

無事新しい車検証とステッカーを頂きました。
20181119_175933
かなりドタバタでしたがなんとか通過できたのでヨシとしましょう。

今回の原因のHi側ハロゲンバルブですが外したものを見てみるとガラス面がレインボーに光輝いているじゃないですか。

前のオーナーさんが用品店で買って付け替えたある意味社外品のバルブだったってことですね。

それが劣化して光量が落ち黄色く見えるようになってしまったのでしょう。

ちなみにAmazonでH7バルブを探すと今回の半額以下で買えるじゃありませんか。

購入してストックとして持っておこうかな。



neo555typer at 22:30|PermalinkComments(0)
記事検索
Archives
ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ