February 13, 2011

Today's photo 2




DSC00271


DSC00517

  
Posted by neo_athlete1128 at 23:24Comments(0)

January 29, 2011

Today's photo.




DSC00100



DSC00077  
Posted by neo_athlete1128 at 20:59Comments(0)

October 18, 2010

True love kythes in time of need.

タイトル「真実の愛は、窮地に陥った時に現われる」


先週の金曜日、六本木のクラブで、4時頃、ふいに後ろから声をかけられた。


「久しぶり!」


「???」


・・・誰だ、お前は。しかも日本人じゃないし。
(ロシア系の2人組。たぶん素人じゃない)


「ネェ、私ダヨ。忘レチャッタ?友達モイルヨ」


そういえばどこか夜のお店で・・・いやいや(笑)
真剣に考えちゃっただろうが、ばかやろう。

忘れるも何もお前を見るのは人生で初めてだ。
友達の方も知らないし。
しかもそんなにかわいくないっていう・・・。

その時点で大橋さんは、もうゲンなりです。
テンションがた落ちです。

そのうちの1人に席の隣に座られ、しばらくしたら踊りに付き合わされ・・・。

友人と一緒に来てたのに(泣)

あぁ、これで素敵な金曜日も終わりかと感傷にひたっていたのに(泣)


どうしてくれんだ(泣)!!


近くにいた同年代くらいの男性を巻き込んで踊りだし、
踊っていたかと思ったら、酒を飲みたいとオレに言い出し、
もう1人の友達の分も買わされ(「損害」額:1,900円)。


もうどうでもよくなってきて、適当に付き合ってたら、
5時で店が閉まるから、ご飯を食べに行こうと言い出す。


「きょう友人と一緒だから、ごめん。また今度ね」


もう一人の女が、「ソンナノ関係ナイ!」


「いい加減にしろ、この野郎」と段々、イライラ。


にっちもさっちもいかないので、やむなく携帯電話の番号を教えて、
また今度ということで、引き下がってもらった。

友人たちには、かわいそうな目で見られるし。ハァ。

最後、男性に話しかけられた。


「知り合い?」


「ぜんぜん」


「いくつくらいかな?」


「・・・」


「・・・(お互いにアイコンタクト)」


暗いと年齢不詳になりますが、まあ・・・ねえ(笑)

きっと脇が甘いんだな〜。
しばらくあのお店に行くのはよそう。
エントランスフリーのところはあまりよくないんだろうか。

声をかけられるなら素人の方からお願いしたいわ。


おわり  
Posted by neo_athlete1128 at 23:29Comments(1)

September 20, 2010

They always have good stuff here !

タイトル「ここ、いつもいいもの取りそろえてるね!」


今日は、メーカーズシャツ鎌倉の秋葉原アキバトリム店に行ってみた。

メーカーズシャツ鎌倉


このお店、カンブリア宮殿にも社長が登場していて有名なお店だそう。
昨年末にテレビで見るまで知らなかった・・・。


カンブリア宮殿2009/12/14放送


話によると、高品質のシャツをリーズナブルな価格で販売している
ようだから、これは1つ試してみたいなとテレビで見てからずっと思っていた。

ようやく今日行くことができて、お店に入ってみたら、
女性の店員さんしかいなかった(たまたまかな??)。

男性向けのシャツだと、男性の店員さんがいても不思議ではないのになあ・・・
なんて思いつつ、欲しいデザインのサイズを告げたら、すぐに探してきてくれた。

他にも似たデザインの商品をすすめてくれて、なかなかよい接客でした。

結局、持っていないタイプのシャツにしようと思って、
縦ストライプの青色ボタンダウンシャツを1枚購入。

一般的にシャツの寿命はどれくらいなのか気になっていたから、聞いてみたところ、
まあ2年くらい。ただ、お客さんの中には、10年以上も着ている方がいるそう。
このお店の商品に限って言えば、大事にするとそこまで長く着られるくらいよい商品だ
ということらしい。

まだ袖は通していないけれど、見た目からして、
すごく着心地がよさそう。

楽しみだ。

おわり

  
Posted by neo_athlete1128 at 00:18Comments(0)

September 19, 2010

Effort does not lead directly to success.

タイトル「努力が即成功につながるとは限らない」


最近は、スポーツ選手でも、ビジネスで活躍している人でも
年齢がだんだんと同じか下になってきていて、
従前よりさらに時の流れを感じる。

でも純粋に、すごいなと思う。
彼らには世界が一体どんな風に見えているんだろう。

自分はそういった人たちと肩を並べることはできないけれど、
精一杯、日々、力を出し切れているだろうかと不安になる。

「オレだってこれだけ頑張って成果あげてるんだ」

と言えることが果たしてどれだけあるだろうか。

ん〜、頭が痛い。

ふと気づくと、休養、休養と思いつつ、何だか自堕落な日々を
過ごしている気がしてならない。
時には休養も必要だけれど、あまり休み過ぎるのも考えものだ。

高校の部活のときは、

「1日休めば、それを取り戻すのに3日かかる」

なんて言葉も聞かれたけど、その点から言えば、
本当に1日1日は貴重だ。

(科学的根拠があるのかないのか定かではないけど・・・)

今日、それも今すぐやるべきことをやらないと、
明日にはライバルに負けるかもしれない。
何か失ってはいけないものを失ってしまうかもしれない。


大学を卒業してから10年後くらいに、

「お前、一体いままで何してたんだよ?」

と言われないように、もっと言えば、

「すげえな。さすが一貴だわ」

と言われるくらい、何か胸をはって言えることを成し遂げていたい。

そのためには、今から努力を積み重ねていかないとダメだ!!

・・・と頭ではわかってるんだけど、なかなか現実は難しい。

はあ、考えすぎて疲れる。

せっかく購入したにんにく卵黄、ぜんぜん効いてる気がしない。

元気出ると思ったんだけどな〜。

おわり  
Posted by neo_athlete1128 at 23:12Comments(0)

December 31, 2009

everyday is a winding road.

タイトル「毎日が、曲がりくねった道」


2009年を振り返ると「迷」の一年だった。
好きになった人には多大な「迷惑」をかけたし、
普段の生活も「迷走」していた。

6月には、彼女と別れた。
8月には、社労士の試験を受けた。そして不合格。
12月には、HSK(中国への留学希望者が受けるテスト)も受けた。

顕著な成果のない一年だった。
いろんなことをやって現状を打開しようとしてみても、
それがうまくいかない。

もちろん見通しの甘さもあった。
資格に向けて勉強しようとすると、
じっくり将来について考えようとすると、
仕事が急に忙しくなる。
何をするにもうまく回らない。
本当に「迷路」に迷い込んだかのような一年だった。

たまったのはフラストレーションだけ。
ずっと暗闇の中を一人走り続けてきた気がする。

一年の後半は好きになった女性のことで頭がいっぱい。
あらゆることに集中できていなかった。

行動もブレブレ。冷静さも欠いていた。

好きになりすぎても、その感情をコントロールするのが「大人」。
結局は、勢い余ってご破算という始末。

覆水盆に返れば・・・。

後悔、先に立ってくれれば・・・無念。

相手に迷惑をかけた申し訳なさと、
相手を幸せにできなかった情けなさとでいっぱいだ。

早く「大人」になりたいものだ。

ただ、今年一年でよかったのは、大病を患わなかったこと。
西新井大師のお守りのおかげか。

来年こそ「光」を見つけることができるだろうか。
この悪いスパイラルから抜け出すことができるだろうか。
いや、必ず抜け出してみせる。

来年こそ「光」をつかみたい。
そして「大人」になれるよう自己研鑽に努めなくては。


『恋とは巨大な矛盾であります。
   それなくしては生きられず、しかもそれによって傷つく。』
                         (亀井勝一郎)  
Posted by neo_athlete1128 at 18:31Comments(1)

June 21, 2009

This is really coming out of left field.

タイトル「これ、本当にどこからともなく現れたんだ」


昼休み、散歩をしていると、
お堀のまわりを歩きながら指笛を
吹いているおじさんに出くわすことがある。

わりと見た目は普通のおじさん。
なぜ練習をしているのかは不明。

数ヶ月前はポニョのテーマ曲をやったり、
「いとしのエリー」をやったりしていた。

たまに仲通りの方まで音が反響することがあって、
そんな時は、どこから聞こえてくるのかと、
とても不思議そうな面持ちの人もいる。

最近は曲ではなくて、何かの音の連続をやってる。
鳥の鳴き声なのかな。


実は、どこかの役員なのではないかと勝手に想像。
時間になると、お車がお迎えにあがるに違いない(笑)

「今日の調子はいかがでしたか」

「ん〜、まあまあだったかな」

「素敵な習慣をお持ちですよね」

「いやあ、何となく止められずに今まで続けてるだけだよ」

「明日も今日と同じ時間にお迎えにあがればよろしいですか」

「明日は、○○社長と会食だから練習はお休みするよ」

みたいな会話を車内でしてたら面白いな。

でも歩きながら吹くのは大変そう。
けっこう体力ある人なのかも。

丸の内勤務の方で、お時間のある方は
お堀を歩いてみてはいかがでしょう。
指笛おじさんに会えるかも。

おしまい

『もの寂しげに過去を見るな。
     それは二度とやってこないのだから。
           抜け目なく現在を改善せよ。』(ロングフェロー)  
Posted by neo_athlete1128 at 21:01Comments(0)

June 01, 2009

Heaven's vengeance is slow but sure.

タイトル「天網恢々疎にして漏らさず」


電車内。
人が座っている座席の前で
ケータイを操作していると、
その人にかなりの高確率で見上げられる。
たまに隣の人にも。

最初はよくわからなかったけど、
最近思うに、

「ケータイの小ささのせい」

ではないか。

薄くて、小さくて、パッと見では
何を持っているのかわからない。
だから、座っている人からしたら
下をただガン見しているように
見える(感じる)のかもしれない。

それはオレのせいじゃないんだが…。
コンパクトすぎるってのも
生きにくくなるんだな〜。

###

昨日は、春季江戸川区民陸上大会に参加してきた。

さすがにもう200mを走る気力・体力はなく、
100mと4継に専念。

100mの結果は、12秒24(+1.2)

スタートの出はまずまずだったけど、
その前がな…。

「よ〜い…」でかまえたときに、
腕と足がぷるぷるした。
練習してない証拠(笑)

肝心の走りも50mで急激に失速するし、
最後は足がもつれそうに…。
追い風とはいえ、このタイムが出たのは不思議。

せめてあと一日くらいは練習日を増やさなくては。
練習時間より酒を飲んでる時間の方が長いんだから、
それじゃダメだわな(泣)

リレーもバトンパスで迷惑をかけちゃったし、凹む。

ただ、毎回のように大会後は「練習しなきゃ」と
言っているのは気のせいだろうか(笑)
言うだけ言ってやってないんだな〜。
もっと、もっと頑張らないと。

はあ。何か心が躍るようなことはないだろうか。

おしまい

『人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。
                それでも人に恋するのだ。』(ミュッセ)  
Posted by neo_athlete1128 at 23:04Comments(0)

May 13, 2009

Do you think it's going to clear up tomorrow ?

タイトル「明日は晴れると思いますか」


仕事帰り。

地下鉄の出口へ向かおうと外を歩いていたら、
前から警備員のお兄さんが歩いてきた。

建物の角にあるお店の前に来たところでおもむろに、


ガシャガシャガシャ


左の扉も、


ガシャガシャガシャ


「お兄さん、もう一杯ひっかけてんの?」
と思うくらいのひっぱり具合で、
激しく戸締まりをチェック。
毎日そんなことしてたら、
そのうち開いちゃうんじゃないかというくらいだった。

またそこの扉もおかしくて、
下はしっかり固定されているのに、
上がかなりゆるゆるなんだよね。
だから端から見てると、開きそうに見える。

いちいち各お店の戸締まりもチェックしてんだ〜
と思ったのもつかの間、びっくりな光景だった。

おしまい


『あなたは一年後、
  今日始めなかったことを後悔しているかもしれない。』(カレン・ラム)  
Posted by neo_athlete1128 at 23:47Comments(0)

May 12, 2009

I hope the rain eases off a little bit.

タイトル「雨がもう少し小降りになればいいのに」


今日いつものように昼休みに会社のまわりを
散歩していたら、突然声をかけられた。


「名刺を交換させてください!」


新手の就職活動か、はたまた詐欺か・・・。

ただ、やけに声が腹から出ていたし、
きびきびとした所作だったから、
どこかの劇団に所属している人が稽古の一環として、
やっていたのかもしれない。

しかし、このご時世、見ず知らずの人に名刺を
渡すというのは勇気がいるもの。
それも含めて考えると、おそらく
最初から個人情報狙いではなかったんだろう。

結局、チラ見して、スルー。

目的はハッキリしないけど、気をつけたいもんだ。

おしまい


『苦しみは人間の偉大な教師である。
       苦しみの息吹のもとで魂は発育する。』(エッシェンバッハ)  
Posted by neo_athlete1128 at 23:46Comments(0)