2007年05月11日

魔界塔士Sa.Ga

携帯で復活するらしいですね。


この調子で2も作ってくれないかな。どうせならDSとかで。頼むから。


ていうかいっその事あの時代のRPGを全部リメイクするプロジェクトとかやっちゃえばいいのに。


聖剣伝説、ロマサガ、ドラクエ、ゼノギアス、等々。あと何があるかな。



まあそんな事やられても買う金などないわけですが。




さて、遅ればせながらですが合宿行ってきました。


3バンドも組ませていただきましたよ。ありがたいことです。


今回は1個下の代を含めてもOBからの参加者は少なかったですね。


1年生もそんなには多くなかったみたいだけれども。


個人的には年々合宿が楽しくなっているような気がします。


もちろん俺らが幹部代の時の合宿が楽しくなかったわけではないのですが。


OBという気楽な身分のせいもあるだろうけど、やっぱり今の幹部代がみんなを楽しませようとして努力したおかげだと思います。お疲れ様でした。


しかしOBはひどかったですね。進行を滞らせかねない勢いでした。申し訳なかったです。俺は多分何もしてないけど。できるだけひっそりと平和に生きたいですね。


各バンドへの反省と言うかコメント


・ときんきん

何ですかねこのバンド名。

つばーささんの希望で、Zeppet storeのSpiralという曲をやりました。

ちょいちょい構成が怪しかった。

Zeppet Storeって今の1年生とか名前も知らなさそうな気がする。

今回の合宿はちょっと懐かしいバンドや曲で組むことが多かったです。


つばーささん、かまちゃんと組んだのは2回目、ザキオとは初組みで下のガネクロ含めて今回2バンド一緒にやった。

つばーささんは以前一緒に組んだ事を完全に忘れてました。ひどい話ですね。

まあ俺も忘れてましたが。



・バーローw

夢みた後で/Garnet Crow をやりました。コナンのエンディングにもなったあれです。アニソンを演奏したのは初めてかもしれん。

最近の合宿では、毎回バラード曲に駆り出されてます。

いちご、まいけると初組み。友員シスターといちごの友達の1年生と組んだ。

おのようとは2回目。なついとは組んだと言えるのだろうか。


初めてバンドでアコギを弾いた。出来は・・・



ご め ん な さ い



MCで、いちごから言われた通りに喋ったら滑った。MC難しい。まあもうボーカルでもやらない限りライブで喋る事はないでしょう。


Garnet Crowを略してガネクロと呼ぶことを初めて知りました。



・マールシー

CALL ME/YOSII LOVINSON を演奏。

コードが基本的に4つしか使われていない。シンプルな名曲です。

そういえばこのバンド名だけ名前の由来を知らない。


モエスと初組み。村山も多分初。町田は2回目。ひでは地味に何回か組んでる。今回で3回目ぐらいか。


ソロが基本的にやる気ないですね。いや俺のじゃなくて原曲の。

でもまああの無機質な感じは出せた気がするので一応及第点かと。


MVBへのランクインはできなかったけど、良かったとの言葉をいくつかいただきました。ひで様々ですね。




ライブ終盤は、5.21の記憶も薄れたのかみんな結構暴れてました。

この調子でいくといつか怪我人が出るんじゃないかと若干心配しているわけですが。

とりあえず、東京事変でモッシュが巻き起こるのは異常だと思う。

最後の数バンド辺りから現役の男子がこぞって上半身裸になりだした。


最後には俺も脱がされました。


斧にステージ上から「何で脱いでないの?」と名指しで話を振られた時、つい「俺のターン」と思ってしまったのは仕方のないことだと思う。



熱唱されるリンダリンダ。演奏陣も観客もほとんど裸。



あの裸祭りで1年生が引いてないか気になるところですね。



あととりあえず坪が怖かった。



ライブの映像を思い出すとき、真っ先に浮かんでくるのはドスのきいた声で周りを威圧する坪と、血走った眼で歌っているケインの姿です。




帰りは流石に電車に乗る気力はなかったので、ふうがカーに乗せてもらって帰る。

俺が乗ったことにより定員が5人ギリギリになってしまい、非常に肩身が狭かった。


ほんとは帰ってから、無謀にもそのまま例の西尾オフ会に参加する予定だったんだけど、体力が限界だったのと道が混んでていつ帰れるかわからなかったのとで欠席の連絡を入れた。キャンセル待ちの人がいて助かった。。



あと最近は、ジギタリスのライブの対バンで出ていたSUGIZOのライブをくぼと一緒に観に行って、若干残念な気分になったり、所用あって狼のような男ことカネイクに会ったり、



カネイクに会ったり



してました。彼は特に変わった様子もなく昔通りでした。


誰かline6のDM-4いらんかね。あとCarl MartinのHot Drivin' Boost mk2(半ジャンク)。何故か底面にFender Custom Shopのステッカーが貼ってある。自作改造用にどうですかそこのギタリスト。安くしますよ。


時流に乗って次回辺りからmixi日記に統合するかも。




neo_custom at 00:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年05月03日

車窓より

只今、軽井沢に向かう車中からこの文章を書いております。


ただしバスの。



今回の合宿には一人旅ついでに電車で参加してみようと思ったのですが、調べてみたら東京側から向かう場合、軽井沢って新幹線しか止まらないんですね。


で、合宿場所であるゆうげん荘の最寄り駅を通っている路線は軽井沢駅からしか出ていない。


この為、まず群馬の横川という駅まで行って、そこから軽井沢駅行きのバスに乗るという道のりを取ることになりました。




発車間隔は大体1時間に1本、ただし12時ちょうどのバスの次は13時50分。


これに乗り遅れてたら、かなりめんどくさい事になるところでした。



暇を潰せそうな場所もなさそうだし。



時期柄か一度に乗る人数が多く、バスが3台同時に出てました。



2台目までは合宿で乗るような大型のバスでした。3台目はいわゆる普通のバス。馬場から早稲田まで走ってるようなタイプ。ちょっと古くさい。

で、俺が乗ってるのは3台目です。




高崎までは周りの景色もあまり千葉と変わらないなあとか思ってたんですが、高崎で乗り換えた辺りから急激に緑が増えましたね。山も近いし。



そういえば横川駅の改札はSuicaにもPasmoにも対応してませんでした。


おかげで駅員窓口が結構な長蛇の列でしたよ。


このままじゃバスに間に合わないんじゃないかと心配したが待っててくれた。


まあ次のバスまで2時間空きますからね。当然ですか。




そんなわけで今は、バスに揺られて碓氷峠を曲がりくねりながら登っているところです。





っていう記事を投稿しようとしたんだけど圏外でした。


電波復活。軽井沢にも到着。



軽井沢駅の改札は自動式ではなく、駅員さんに切符に判子を押してもらいました。


まあ新幹線の方は違うのでしょうが。




何故かハルヒのガチャガチャがあったので思わず10数年ぶりにやってみました。



ハルヒ(バニーver)が出ました。




そんな旅です。


neo_custom at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月25日

芋焼酎

が、最近のお気に入りです。

コストパフォーマンスを考えればウイスキーの方がいいんでしょうが、


「ウイスキーより焼酎の方が体にいい」


という父の言葉を真正面から信じてしまいました。

父がどこからそんな情報を得てきたのかは知りませんが。


「海童」という銘柄が飲みやすくてお勧めです。

赤い瓶だから目立つ。



料金を払っていなかったら、4月の頭から2週間ほどネットを止められました。

このおかげで割と授業にも出席出来ていたのですが、最近再びネットを使えるようになったために計画に早くも支障が出始めています。

ネット使用にも綿密な計画を立てて、程々にする事が必要なようです。

今まで全く制御できていなかったのに、いきなり上手くいくとも思えないのですが。

まあやれるだけやってみるしかないですね。




閑話休題




今更ですが、去年の夏合宿のある音源を聴いてみました。


俺が歌ってたやつです。


今までは怖くてどうしても聴けなかったんですが、今回ちょっと思うところがあって勇気を出してファイルを開いてみることにしました。


景気づけに芋焼酎をあおってからクリック。
















死 ぬ か と 思 っ た 。














こりゃ面白かった人部門でトップも獲るわ。


ひどいだろうとは予想していたけど想像以上でした。


観客にもメンバーにも罰ゲームでしたねこれは。


演奏が終わった後、「帰れ」コールが入っていたのですがそれも当然でしょう。



あと、誰だかわからないけど当時の1年生が「あの歌のレベルでライブに出ていいのか?」と憤っていたという話を耳にした事があったのですが、それについてももう平身低頭謝り尽くすしかないですね。

まったくもって申し訳ございませんでした。


ボイトレ講座にでも通いたい気分だ。




ついでだから黒夢と沢尻エリカも聴いてみました。



黒夢


歪みの音だけはそこそこいい感じでした。それっぽい音にはなってた・・・気はする。


歪 み の 音 だ け は


クリーントーンはピックアップの特性もあるけど音ペラペラだしフレーズ自体もミス多い。
歪みのカッティングも思ったより良くなかった。音を鳴らす所とブラッシングのメリハリがついてない感じ。まあカッティングで難しいのはそこなんでしょうが。

あと歪みとクリーンの切り替えが上手くない。スタジオ版しか聴いてなかったからかな。ライブ版とか聴いてもっと上手いやり方を見つけるべきでした。


演奏前のMCで「弾けてない」か「イケてない」と聞こえるヤジが入ってます。
まだ弾いてないのに。まあどちらにしろ正しいんですが。




沢尻エリカ

何か知らんがやたら強くコードを弾いてる。強く弾くにしても、もうちょっと鳴らし方があるだろうに。そんなもんは今でも知らんけど。
多分フレーズが面白くなかったからストレス発散の意味もあったんだろうなあ。
とりあえず今だったらもう少し歪ませると思う。



あと、今さらながら、彩もまきもナリ子もやっぱ歌うめーなーと改めて思いました。



半年以上前の演奏についてコメントしてどうするんだか。





読点「、」のキーが調子悪いのは地味に困る。

neo_custom at 03:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月02日

櫻坂

っていう渋谷にあるラーメン屋が結構おいしかったです。


一瞬だけ実家に帰省しています。


今日は入学式だったので、現役生達はビラ配り等大変だった事と思います。

お疲れ様でした。

ビラ配りという活動は、世の中の冷たさに触れる初めての機会だったんじゃないかと思ったり。


遠く市原の地より新歓活動の成功を祈っております。
まあ明日戻りますが。




ご存知の方もいるかとは思いますが、茶君はジャズマス使いの女の子がいたら絶対入れたいと常々申しておりました。


該当する新入生(別に新入生じゃなくてもいいけど)を見つけた方は、優先的に彼に教えてあげてください。

多分何処にいても飛んでくると思います。





そんなわけで暇です。


http://u-maker.com/251724.html


TQNさんはメガネっ子 さんキャラだと思われます

● メガネっ子さんキャラのあなたは、独特の雰囲気を持った、あじわいのある人です。普通っぽさの中に、主張は強くはないけれどきらめく個性があって、何かわからないけれど不思議に人を惹きつける部分があります。何かを悩んだりしなさそうに思われがちですが、本当は結構考えすぎてしまいがちです。センスがいいので、芸術的な分野で認められる可能性があるかもしれません。

● TQNさんの自慢は、脇毛のふさふさ具合です!


本名にすると胸毛がふさふさな事が自慢になる。


あと名字と下の名前の間に一文字スペースを空けると実はEカップになる。



いわゆる「下の名前」の呼び方って何て言うんだっけ。

名字とか姓に対応する呼び方。ファーストネームの和訳。


と思って調べてみたら、名字とかの様に明確に表す呼称はないらしいですね。

諱(いみな)という呼び方はあるらしいですが、「忌み名」とも言って否定的な意味合いが含まれるので現代的な使い方には向かないとか何とか。


ウィキペディアって便利だなあ。




―欲しい物リスト―

・Line6 POD XT

自宅での練習用に欲しい。今まではアンプも使わずに生音で練習してたんだけど、最近心境が変化したのか家でも色々な音を出して遊びたくなってきた。
部室とか旧喫煙所で練習する機会も少なくなりそうだし。

あとは勉強というほどではないですが、音の出し方についてもう少し知りたい。
今はどうしても機材に頼りがちな音だと思うので。
まあそうやってあれこれ遊んでいる内に多少は技術面も上手くなるなんてこともありえるんじゃないでしょうか。


・Bonsai Baby Products Ultima Overdrive

製作者の方が趣味で作っているというペダル。ヤフオクで月に2台ぐらい出品される。
31種類の音が作れるらしい。使いこなせる気が全くしないが欲しい。
理由は見た目。ツマミがいくつもあるようなゴテゴテしいのはあんまり好きじゃないんだけどこれはすっきりした外観。パネルもいい感じ。

リンクを貼ってないのは、他の人に先に買われたりデザインに共感してもらえなかったりするのが嫌だから。

欲しい欲しいと言ってヤフオクのアラートまで設定しているにも関わらず、入札の段階になるといつもひよって先送りしてしまう。いつかは入札ボタンを押したいものです。

実際Z's DriveとKeeley ModのRATがあれば大概の音は事足りるとは思うんですけどね。最早趣味です。


コンパクトペダルは何はともあれ見た目が最重要だと思う。


・細身のジーンズ

腿〜膝の太さがぱっつんぱっつんぐらいでストレートかブーツカットのジーンズが多分理想。
普段履いてるのは腿とか脚の太さはちょうどいいんだけど、レディース物の為股上が浅くてちょっと痛い。
あとその関係でどうしても腰より下で履く事になるのでずり落ちてくる。

前まで使ってたベルトを先述のV系ドラマーの家に忘れた為に最近してる、ネクタイみたいな素材のベルトは全く固定されないですぐ緩むから無意味。
コムサストアに騙されたぜ。

そんなわけで誰か男物で細いジーンズ扱ってるブランドとか知りませんか。
ポニーに聞けば手っ取り早いんだろうけど価格帯が2ランクぐらい違いそうな気がする。

最近流行のスキニージーンズは苦手なんですけどね。ひざ下のラインがあまり好きじゃない・・・。俺が履いてるイメージが想像出来ない。


つばーささんが履いてますけどね。いいんですよあの人はかっこいいから。



最近彼をネタにする頻度が急上昇している。自粛しよう。


あとは久々にベロア素材のジャージ的な服が欲しい。フレッドペリー辺りの。


・HCM-Pro SP-01 サザビー メタルペインテッド


HCM-Proというのは、1/200サイズで塗装、組立済というガンプラのシリーズだそうな。
で、このサザビーは渋めのメタリックな塗装をされた特別なモデルらしい。限定とかではないようだけど。

所用あって行った秋葉原のラオックスかどこかでディスプレイされているのを見て一目惚れ。普段こういうの買わないんですが、久しぶりに血が騒ぎました。


ナイチンゲール(看護婦の方ではなく)って鬼みたいな顔だよね。

まあ逆シャアは映画も小説も見たことないんだけどね。


ちなみに所用ってのは友達とメイド喫茶に行って来た事です。



これ全部買ったら結構な値段になるなあ。あーあ。

neo_custom at 02:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2007年03月31日

ヒューマン劇場 〜泣き笑い〜 

昨日は、以前にも書いた友達がドラムをやってるシリアル⇔NUMBERというV系バンドのライブをクアトロに観に行ってきました。



今日の日記のタイトルはこのライブのタイトルから取りました。



アルバムのタイトルは「ヒューマンドラマ」だそうな。



別にグッズを買うつもりもないし、前の方で観るつもりもないのでオープン時間の18時を過ぎてから現地に到着。














会場の入り口に来ると一目でそれとわかる方々が多数。















一目でわからない人もいますね。













ピカチュウの着ぐるみ着てる人とか。最近流行ってるんですか?










ホールは5階にあるのに、人が多くて下までずっと並んでるらしい。
警備員さんまでいますよ。



チケットの売り上げが芳しくないと言う話を聞いていたのですがそんなに悲惨な事態にはならなさそうですね。







道路を挟んで隣の建物にまで人がはみ出してるじゃないですか。



むしろこの分なら満員に近い勢いじゃないんですか?











・・・あれ、辺りにいた人の半分以上が隣の建物に入って行きますよ?どういうことでしょうか。













ああ、隣には吉本のホールがあるんですか。









どおりでV系のファンだと言うにしては、あまりにも普通に見える人が多かったわけですね。










まあどちらにしろほとんど女の人だったんですが。V系とお笑いってもてるんだなー。















はい。












軽くパン食べたりして時間潰した後会場に入る。




ああでも何だかんだ言って人入ってますね。







ステージ中央から客席に向かってやたらでかい花道が伸びてるけど・・・ここは武道館か東京ドームですか。多分かなり人潰せt(ry





実質500人前後くらいかな?まあ十分ですよね。
やっぱり女の人ばっかりだ。男は10人前後?多くて20ぐらい。



スリップノット〜ルパン契い離丱鵐疋▲譽鵐(?)というSEからライブ開始。




おお、思ってたより普通の曲だ・・・





全くの予備知識なしで行ったので、正直どんな色物バンドかと思ってたんですが。




割と正統派なV系っぽい曲でした。




正統派なだけに若干物足りないアレンジも多かったけど。
まあ結成1年半ぐらいらしいですしね。



まあ俺がアレンジどうこうとか偉そうなこと言うのもアレなんですけど。

LUNA SEAとか聴いてたんでやっぱり色々思うところはあるわけです。比べるのも酷な話ではありますが。







でも、ほとんどの曲に振り付けがあるのに驚きました。



俺らが知ってるのは、両手を掲げて前後にパタパタやる例の振り付けぐらいですよね。手扇子だっけか?








しかし何でしょうか、この一糸乱れぬ(ように見える)動きのまとまりっぷりは。









流石にそれほど複雑な振りではなかったけど、それにしてもみんな動きが揃い過ぎだろ。













マスゲーム?















怖いよ。














ギターの音が若干聴こえづらかったのが残念でした。しかも上手い(と思う)人の方が更に聴こえにくかった。



エフェクター類はラックシステムを組んでいるようでした。



V系ってラックエフェクターを使ってるイメージが強いからその影響があるんでしょうか。



そういや下北沢とか吉祥寺でライブやってるバンドで、ラック組んでる人ってほとんど見たことないですね。
コンパクトタイプを足元に並べてる人が多いように思います。



それぞれが好きだったバンドからの影響が大きいんですかねやっぱ。




今のプロのミュージシャンはどっちを選ぶことが多いのかちょっと気になったり。



あーあとラックシステムだと多分舞台袖にいるスタッフの人がスイッチ踏んで音変えたり出来るんですよね多分。
そういうのが関係あるのかな。このバンドの人達はどうだったかは知らないけど。









まあそれはさておき。









本編終了。













アンコールの掛け声が、


















「めんそーれ!!めんそーれ!!」

















でした。ボーカルが沖縄の方らしいのでその関係でしょうか。




アンコール後の1曲目がいい感じでした。






夏に東名阪ツアーをやるそうな。



ラストはO-West2days。



何だろうねその順調なステップアップぶりは。プロモも録ってたし。






あ、友達はライブ中に喋ってましたが、語尾には一応「ザマス」つけてました。



普段と全く喋り方のトーンや勢いが変わってないのに語尾だけ違うのが妙におかしくて笑えた。








友達は某巨大掲示板で中川翔子と付き合ってると噂になってたそうです。




自分のバンドだけじゃなくて中川翔子スレでも書かれてたらしい。










しかし、こういう事書いててファンの方に見つかったりしたらどうしましょうかね。



どうもしませんけどね。

neo_custom at 04:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年03月30日

フットサル

の授業を取るかもしれません。



運動不足具合がいい感じにアウトなので。




卒業単位には入れないつもりだし、2限だからちゃんと出席できるかもわからないのですが。



誰か一緒に取りませんか。





まあこんな時間に今更何言ってるんだって話ですね。





一応申請はするつもりですが普通に選外食らいそうだ。






あとスキー実習を取るか取らざるか・・・






いや、普通の授業もちゃんと行きますよ。多分。








って木2だとkjが書いてた「姿勢と健康」って授業と被るのね。





うーーーーん






フットサルは1限もあるからいっそのこと




木1 フットサル
木2 姿勢と健康



とか。運動したあとストレッチで体の歪みを直す。




何だその健康的な流れ。


neo_custom at 03:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年03月27日

END OF PERIOD

元ネタがわかる人は数少ないでありましょう。





ネットの画像をブログに貼り付ける事ができない。





でまあ結局前回の続きをすぐには書けなかったという。




24日はナンバガ面子で築地にてスーシーベーターした後、茶宅で酒を飲みつつサザビーについて検索したり都知事選の政見放送と建物探訪を見たりしてました。


とりあえず政見放送は必見です。涙と笑いなしには見られません。


再放送ってないのかなあ。




25日には某宅にて酒を飲んで手料理をいただいたり某チャラい人を一致団結してドッキリに嵌めたりしてました。



某宅のベランダから見る夜景が凄すぎる。THE YAKEI。



東京の空がこんなに広いとは思いませんでした。



そりゃ住んでる本人も引きますよね。誰よりもドン引きですよ。






では追いコンの反省の続き。



大分時期は逸した気がするが気にしない。





22日。 →間違えた。21日。



林檎を弾きました。



反省点しかございません。




まさかあの曲で構成間違えるとはね。



しかし、こういうミスってある意味対策が取れないような気もします。



練習を重ねれば確実に間違えないかと言えばそういうわけでもないし。



むしろ、練習を重ねて曲に慣れ親しむ→あまり意識しないで手が動くようになる→本番でテンションが上がる→気がついたら違うとこ弾いてる



みたいな事もありえるかと。



本番って集中しすぎるのか何か知らないけど意識が違うとこに行っちゃったりするし。




だからと言って反省も後悔もしていないと言うわけでもなけりゃミスった言い訳をしているという事でもないのですが。



どんな理由があろうとミスれば笑われますし場合によっては怒られます。






あと、このバンドではバンマスをやったんですが、自分の演奏面以外のバンド内での立場、というか役割というようなものも考えさせられるバンドでした。



もうちょっとバンマスとしてある程度メンバーを引っ張っていく必要があったんだなと反省しています。



ナンバガや髭乱でもバンマスはやった事はありますが、演奏についての監督的立場にはソやKわねがいたので、俺は事務的な事と自分の演奏をしていればよかったわけです。



今回のこのバンドはどちらかと言えば誰かの指示に従ってついていく、というタイプの人が多かったので、もうちょっと自分の演奏に責任を持った上で周りに指示が出来ていればよかったかなと思います。

これからロックラでバンドを組む際の姿勢についても考えさせられました。



ただ、もしこれからバンドを組むとすれば、俺はもはや完全なOBなわけで、そのような立場の人間は、一応の年長者としてしっかりバンドを引っ張っていくべきなのか、一歩引いた所からバンドを見渡して、職人的立場で演奏していくべきなのか判断に迷うところではありますが。



まあメンバー次第ですかね。






結論としてはコン規模のライブで一度に3つはやっぱり無理がある。



俺自身のレベルの低さというのももちろんあるでしょうが、上手い人はやっぱり自らが納得いく演奏の水準も高くなっていくわけで、そうなるとその水準を満たすためには3つというのはスケジュールやなんかを考えると厳しいのかなと。



メンバーにも迷惑かけてしまうしね。まあこういう経験はもう無いだろうからそういう意味ではいい思い出と言う事もできるでしょうか。







全体を通して見れば、イベントとしては色々上手くいってなかった部分もありましたが、どうも歴史に残りそうなライブになってしまったような気がします。



3日間ライブとかトリがアニソンとか、歴代の追いコンの中でも非常に異彩を放っているであろうこのライブを、一代限りの物にするか歴史の始まりにするかどうかは後輩次第ですが。




バンドサークルの追いコンの最後が合唱て。しかもガチ合唱曲。



感動したとかの周りの話を聞けば聞く程に、疎外感とまでは言わなくても若干の置いてけぼり感を感じてしまいますね。


合唱隊と、下級生の間の企画だなと思ってしまうと言うか。



声かけられなかったから参加しなかったんですが、どうやら自由参加だったみたいですね。
まあわかったとしても男子が増えすぎても困るだろうし、何よりも音痴なんで参加は見送らせてもらったと思いますが。



企画の話を聞いたときは、というかライブが終わるまでこういう感想を抱くとは予想もしてなかったんで今更言うのもアレなんですけどね。



企画自体は面白かったし楽しんでもらえたようなんでそれでいいかと。




ただ、来年以降の追いコンでは、全員で参加して作り上げていく企画があるとライブが更にいいものになっていくんじゃないかと思います。
贈る言葉は全員でやりましたが割と突発的にできた話だったので。
ここは主催者の一部としての反省。








あ、「誰とも仲良くできなかった春合宿」って言ったけどあれ嘘ですからね。








そもそも1年次は春合宿には参加してません。









だから訂正するなら「誰とも仲良くできなかった入学してからの半年間」が正しいかな。









まあこうやってあれこれ考えてしまったのは、俺自身が卒業しないっていうのも関係してるかもしれませんね。



今回のライブが終わって、今まで自分の留年に対して「情けない」とか「もはや笑える」とか思うことはあっても、「寂しい」と思ってしまったのは初めてでした。





共に道を歩んだ仲間たちは、それぞれの道を選んで進み出します(一部除く)が、俺は道を選ぶことすら出来ません。その場に立ち止まっているだけです。






まあそこから見渡せば、今まで見えなかった景色が見えることもあるだろうし、進めないからこその新たな出会いもあるでしょう。




先に進んでいった友達とも会えないわけじゃないですしね。



携帯とかパソコンとかあるし。




この時間を使って、もっと色々考えてみようと思います。





何はともあれこの代にいてよかった。



先輩同輩後輩がみんなでよかった。



もしこのサークルに溶け込むことを諦めていたら、俺の大学生活はよほどの事がない限り悲惨極まりないものになっていたでしょう。



精神的な成長は高校時代の成長度合より大きかったと思います。



大事だと思える友人にも出会えました。



嫌な事やきつい事は当然ありましたがその分楽しみました。



反省は多々あるが後悔など微塵もしていない。





本当にありがとうございました。







neo_custom at 06:19|PermalinkComments(35)TrackBack(0)clip!

2007年03月24日

SUPER YOUNG

追いコン全日程終了。


22日の朝は色んな方々にご迷惑とご心配をおかけしました。


顔色がいつもよりさらに青白かったらしい。


何とか家には帰り着きましたがやっぱり吐きました。


その後寝て起きたらあっさりと回復しましたが。


とりあえず生きてます。


そんなに飲んだ覚えも無かったんですが、前日の睡眠不足とか色んなものが重なったようです。


わっしょいでは色々話したいこともあったはずなんですが、時間があっと言う間に過ぎていってしまいました。


ゆげと茶と坪とゲロやら何やらの話で盛りあがってた時は、まさか数時間後にあんな事になるとは思ってもみませんでしたよ。


酒を飲んでボーダーを越えたのはこれで通算4回目です。


うちわっしょい絡みは3回。


やはり飲み終わった後のわっしょい〜馬場駅間の道のりが鬼門のようです。



ま、汚い話はこの辺にしましょうか。





皆様、追いコン3daysという頭がどうかしているとしか思えない所業にお付き合いいただいてありがとうございました。


何時までも何処までも至らない点ばかりが目立ちましたが、少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。



って何かこう言うと、俺一人で全部取り仕切りましたみたいな感じになってしまいますね。二日目はムトスに手伝ってもらったし、三日目はしのぶにお任せしたので、そんな事はないのですが。で、そう言うと今度は主催者として責任をちゃんと負ってないみたいな話になるわけですが。困りましたね。ま、いいか。



とにかく感謝が述べられればそれでいいのです。






各日の反省をしてみよう。


12日。

実は3日間を通して一番演奏のミスが少なかった気がする。



だからと言ってMDが聴きたいかと言えばそんな事はないのですが。



音作りに関しては、3日間通して言えるんですがあまり納得いくものではありませんでした。



音量もどうやら結構小さかったらしい。LUNA SEAは基本的にSUGIZOパートの方が音が大きいので、くぼより音は小さくなきゃいけないんだけどちゃんと存在感は主張しなければならない、という微妙極まりないんだけど非常に難しい問題と悪戦苦闘しておりました。





メンバーチェンジを挟んだとはいえ、気がつけば髭乱は、自分の音楽生活の内で最も長い期間活動したバンドになりました。



髭乱は自分の音楽生活のルーツの再確認と言うか。いつかはルナシーはやりたいな、いやむしろやるんだろうなとは根拠も無く思っていたのですが、まさかこんなに長く続くバンドになるとは思いませんでした。



メンバーには自分のわがままから長々と付き合っていただいて、ただただ感謝しております。





初めは確か、あちょとわっしょいで飲んでるときに「TRUE BLUEとかを大学生のレベルでやったら、実はかなりかっこよく聴こえるんじゃないか?」という話から始まったんですよね。結局あのバンドではやらなかったけど。






残念ながらビデオが録れてませんでした。冬コンのナンバガも録れてなかったし、誰が疫病神的存在か自ずとわかるだろうというものです。






あ、あと、選曲があまりにコア過ぎた事を謝罪したいと思います。


I for You を最後にやれば何とかなるだろと思ったんですが流石にやりすぎました。


今回選曲にはあまり関わってなかったんですが、気付いたらあんなことになってました。


やってる分にはすごい楽しかったからいいんですけどね。




主催面では、奇跡の30分押し。


終了後、スタッフさんに「お疲れ様でしたー」と声をかけられたのですが、無意識のうちに「すいませんでした、すいませんでした」とひたすら謝罪してました。






15日。

ナンバガ。。。冬コンが自分でもそこそこ納得いく演奏ができていたので、そこから比べると少し不満は残ってしまう。まあ曲も難しかったからしょうがないんですが。



林檎と言い今回はわかり易すぎる形でのミスが多かったです。



音量。。。何か聞こえてたって人と聞こえなかった人がいるようなんですが場所によるんでしょうか。とりあえずステージ上は爆音でした。



というか二日ともやってる途中で音が変わった気がしたんだが気のせいか?ペダルのつまみをちょこちょこいじってたのはその為です。



まあ多少の不満はありますが楽しかったからいいです。




写りの良かった写真をつばーさからいただきました。


みんな「ギター上手そうに見える」って言ってくれてました。どうせギター持ってる期間だけは長いですよ。



今回珍しいことに、練習中からリハに至るまでひたすらメンバーから「うるさい」と罵られながら弾いてました。トレブルをいかにしてギリギリのラインまで出すかを至上命題にしてやってたので。



メンバーにはご迷惑をおかけしました(主に耳に)。関係ないけどJCM900での音作りがほんとに苦手なことがよくわかった。何故か往年のグループサウンズみたいな音になるらしい。



髭乱が一番長く続いたバンドなら、このバンドは一番数多くスタジオに入ったバンドでした。楽しかった。




間違いなく自分の新しいスタンスを作ってくれたバンドでした。このバンドが無ければ、自分の立ち位置や、サークルでの活動も今とは違ったものになっていたと思います。少なくともボーカルをやることはなかっただろうさ。



メンバーには本当に感謝しています。春合宿の時から長々とお世話になりました。組んでくれて本当にありがとうございました。





1年生の6月頃にナンバガをやっていなかったら、このバンドが組まれることは多分無かったでしょう。そう考えると、あの時透明少女を弾いていて良かったと心から思います。




感謝を表す語彙の貧困さに頭が痛くなりますが、前々回の冬コンに続きこの二つのバンドができて俺は幸せでした。








何度でも言います。
































いや違うな





























もう一度言うよ?
















本当にありがとうございました!





長くなっちゃったので22日についての反省とか色々な感想は明日書こうと思います。




俺が明日〜とか後日〜とか書くとまず実現しないんですがこればかりは書きます。

neo_custom at 01:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年02月27日

IGGY POP FANCLUB

実家の都合というやつでシアターコン&雪山に行けませんでした。



残念だけど仕方ないですね。



みなさん楽しんでるでしょうかね。どうせ楽しんでるでしょうね。






来年参加しようかな。




うちの代はもう俺ぐらいしか参加しなさそうだから、かなり行きづらいかも知れないけど。




















あ、




















つばーささんが参加するか。










じゃあいいや。行こう。







後輩二人からバトンが1つずつ回ってきてますが、ムトスが回した方は俺が「ハルヒ」を観るまで待ってて下さい。



「好きな女性キャラ」の欄に「長門有希」と書きたいので。



順番とか色々間違えてる気がするけど気にしない。




いちご嬢の方は、いわゆるチラ裏日記でも書くときに適用させてみようかな。




キツさが緩和されるのか強化されるのか、かなり賭けの部分はありますが。







読了リスト


冷たい密室と博士達 / 森博嗣
刀語(カタナガタリ) 第一話・第二話 / 西尾維新
透明人間 UBIQUITY / 浦賀和宏
バッカーノ!シリーズ9冊
ヴぁんぷ! 機銑
デュラララ!!、同×2
バウワウ!、Mew Mew!、がるぐる!上下 / 成田良悟
狼と香辛料 供↓掘 拭〇拜凖犧
DDD Decoration Disorder Disconnection / 奈須きのこ


こんな感じか。

狼と〜は現在うちのサークルで密かなブームになりつつあるらしい。

実際面白いです。ニヤニヤしてしまうよ?某誌の作品ランキングで1位獲ってた。

DDDは次作も買うでしょう。この人の作ったゲームもやってみたいです。


で、上記の偏りっぷりを見る通り成田良悟にハマりました。

萌えとかそういうラノベにありがちな要素を期待しても無駄です。

が、娯楽作品として十二分に面白いです。

良い意味であまり余計な事を考えずに楽しめる、質の高いアクション映画や少年マンガのような趣。

スピード感に溢れる痛快で爽快な展開、裏をかきにかく結末と、それだけでも十分に良作の価値はあるのですが、これらの作品を更に1段階上のレベルに押し上げているのは、読了後に残る若干の気持ち悪さだと思います。

一見大団円だけどどこか毒を感じるというか。



最近、お勧めのラノベを教えてくれと言われる事がたまにあって、その時は正直この人の作品を勧めたかったんですが。


何となく、こういう面白さとは違うものを期待されてるんだろうなあと思って二の足を踏んでしまいました。

まあとにかくお勧めです。あーむしろ、萌えとかそういうのに抵抗があってライトノベル読まず嫌いっていう様な人にはいいかも。





すげー熱く書いてますね。若干気持ち悪いですよ。





bくコレクションはほんとに外れがないです。今まで俺が読んだラノベってほとんど彼が集めてたものなんですが、ほぼ全てが面白い。

俺が抵抗なくライトノベルにハマっていけたのは、こういった点で恵まれていたからという部分は大きいと思う。



とか言っといてこれからしばらくは森作品を読んでいく事になりそうな。

いわゆる本格ミステリですかね。コンピュータ関係の専門用語なんかが多く出てきて、たまにメダパニりますが物語を読むのに支障が出るほどではないです。説明も少しは付くし。

ただ、トリックの説明とかは島田荘司みたいにイラストが入ってるともっとわかりやすいかなー・・・まあそこまでやったら親切すぎか。読者との若干の距離を感じる文体とも矛盾する気がするし。




刀語はもう説明不要。作者がかなり好き放題やってるのがよくわかる。

もちろんけなしているわけではなく。月頭の続巻の発売が非常に楽しみです。






で、日記を全く更新していなかったこの2ヶ月近くの間の行動の1つに、






mixiの西尾維新コミュニティのオフ会に参加





というのがありました。


これについてもいずれ書くかも。とりあえず正直楽しかった。




クリーンブースター欲しいかも。

neo_custom at 01:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年01月05日

OMOIDE IN MY HEAD

年はとっくに明けました。



そんなわけで去年後半からの日々を振り返ってみようと思います。


BGMはphotograh/INORAN。


12月24日

残念会@わっしょいに向かう。


どうやら4年連続出席であるらしい事に気付き愕然とする。


行ってみたら4年生が俺しかいない事に唖然とする。


しばらくしたらつばーさとジョニー両氏が来たので少しホッとする。


が、この人たちと俺は明らかに違う人種であることに気付き呆然とする。




12月25日〜26日

冬コン


集合時間ギリギリに行ったらソを含め数人しかいない。



こういう事は来年に向けての反省材料であると思う。切実に。



ライブについては、演奏している時は結構「あれ?」と思いながら演奏していたのですが、周りからもわりと好評だったし、録音したMDを聴いてみても思ってた以上にまとまってたのでまあいいかなと。



透明少女はやたら速かったけども。


ただ、あの速さでそれなりに演奏できていたので去年よりは多少なり成長できたのかなあと思ったり思わなかったり。


まあ実は最初の2曲以外は原曲よりもかなり速かったのですが。



ビデオがミスかなんかで録られてなかったのが悲しい。




自分らの代の冬コンでは確かほとんど泣かなかった筈なんだけれども、まさか後輩の冬コンで危うく泣かされそうになるとは思わなんだ。



俺らの代の時は、とにかく楽しもうという姿勢でやってたような気がします。





代ごとのカラーの違いですかね。




まあ茶のあれは完全な禁じ手ですよね。





そんなわけで彼には追いコンで泣いていただきたい。





いっそ幹事長が3代とも号泣すればいい。




わっしょいでは、色紙を書いたりしててあまり話せなかった気がする。



あと茶が面白かった。



彼をタクシーに乗っけてったら、つぶれた幹事長を2代に渡って家まで送り届けた人物として後世にまで名を残せたのだけど、風雅が車を出してくれたので彼は無事に収容されました。




日が変わって松本の誕生日になったということで、4年代は一人一人happy birthdayを歌わされる。


俺も歌った。できれば二度とやりたくはない。





12月27日


わっしょい終了後、3年飲みについてのアナウンスをしていたみまに「それは俺も行っていいの?」と頭の悪い質問をしたらやたらと快く許可してくれる。

けんじにいたっては「来て下さい」と言われる。


そんなわけで参加。


みんな暖かく迎え入れてくれる。


ていうかわりと違和感なく参加してた。




それにつけても、




マジで空気読めてませんでした本当にごめんなさい&ありがとうございました。





そもそも我々OBが去年の活動に色々参加できたのは彼らのお蔭なわけで、重ね重ねお礼を言いたいと思います。


ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。



〜続く(と思う)〜


neo_custom at 03:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年12月19日

Tombo the electric bloodred

パソコンが帰ってきました。



やはりHD等のメモリーは消えてましたが。



マカフィーというウィルス対策ソフトを使用しているのですが、契約期間が切れてるので更新しろと言われた(有料)。


買った時は期限があるとかそんな事言われた覚えがないのだが。

俺の記憶容量の問題でしょうか。



どなたか質のいい無料のセキュリティソフトご存知ありませんか。










幻魔大戦というアニメの映画をBSで観た。


さらっと流しながら観てても大体話がわかってしまうなあ、という印象。


若干宗教臭がしたが、実際原作者は当時そっちの筋に傾倒していたとかいないとか。










ソニー損保のCMに出てるお姉さんが可愛い。アヒル口好きはツボなんでしょう。



俺自身は特にアヒル口には興味は無いのですが。










先日ネットの海をだらだらと漂っていたら、「涼宮ハヒルの憂鬱」というタイトルのAVを見つけた。




その後TSUTAYAでも発見。





本家アニメ版DVDのデザインもしっかりパクっていたり(渦巻き状のマークに沿って文が書いてある裏パケのデザインとか)、無駄にクオリティが高い。






URLのリンクでも貼ってやろうかと思ったが、18禁なので流石にやめる事にする。





どっかの通販サイトでは、誤字でまんま「涼宮ハルヒの憂鬱」と表示されていた。
怒られないのだろうか。






読了リスト


邪魅の雫/京極夏彦

デビル17◆銑Α森覯安膕

頭蓋骨の中の楽園
とらわれびと
記号を喰う魔女
眠りの牢獄
学園祭の悪魔/浦賀和宏

ビートのディシプリン SIDE1〜4/上遠野浩平

狼と香辛料/支倉凍砂

七姫物語 第一〜三章/高野和 

化物語 上下
ザレゴトディクショナル/西尾維新



浦賀作品を多く消費。「記号を喰う魔女」の裏表紙のタイトル印字が、誤字で「記号を吟う魔女」になっていた。字の構成は半分ぐらい同じなのに意味が正反対だ。入れるか出すか。


「狼と香辛料」はなかなか良作でした。ラノベには珍しく経済の話が絡んできます。と言っても俺でもわかるくらいなのだから難しいことは言ってませんが。


「七姫物語」はARIA+戦国モノと言ったとこでしょうか。何か知らんけど話に引き込まれる。


「化物語」もまあまあ。そこは西尾氏だし。この人独特の会話のテンポが前面に押し出されているので、そこを受け入れられれば面白い。戯言シリーズよりもさらに青春っぽいかも。




次はそろそろ森博嗣や舞城だろうか。でもそろそろ勉強しないといけない気が。




投稿に失敗して書いていた文章が全部消えて一応コピーはしていたけど半分ぐらい書き直す羽目になって書き直して今度は投稿できたと思ったら前に失敗してたはずの記事が投稿されててほぼ内容の同じ記事が二重投稿されてしまったときの脱力感と言ったらそれはもう




neo_custom at 23:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年12月17日

TUESDAY GIRL

で、これが前回書いた友人バンドのサイト。



シリアル⇔NUMBER



しばらくどれが彼だか認識できなかった。




トップ絵の一番右側が友人の様です。




日記だと口調が普通に戻っている。






さて、現在所用あって一瞬だけ実家に帰省しています。



だからどうってわけではないのですが、やることもなくて割と暇だったので皮膚科の病院に行ってきました。



最近鼻の頭にニキビができて、最初にできた部分は治り始めたのですが、今度はその周辺にまで赤みが広がりだして収集がつかなくなってきたので、もうこれは医者に頼って治してしまおうという事に相成った訳です。



鼻の頭にできたニキビは両思いの証なんだってさ、と言うジンクスが存在するらしい。



彩姐さんだけではなくいとこにも言われた。







迷信以外の何物でもないと思う。








さて、以下は若干痛い描写かも知れません。もしかしたらどうってことないかもしれないけど、責任は取りません。






とりあえず看護婦さん(看護士さん?)から軽い問診を受ける。



その後ベッドに寝かされてすぐ、先生登場。



「脂が詰まっている様なので芯を抜いちゃいますね」との事。





若干口調がオカマくさい。





だが土曜とは言え待合室はかなり混んでいたので、腕は確かなのだろう。そのはずだ。




ある程度予想はしていたが、やはり多少はチクリとするらしい。




まあそれはいいのだが、看護婦さん(看護士さん?)に、「では目を閉じてください」と言われる。






若干ビビる。






と言うのは流石に言いすぎだが、疑問は残る。




目を閉じなければいけないほどのグロ動画が俺を素体として繰り広げられるとでも言うのだろうか。




と言うか、抜けたニキビの芯を見てみたいんですが。。




自分で強引に抜いたりした毛穴に詰まった脂の芯をついつい見てしまう人は確実に一定の割合で存在していると私は信じている。



で、やはり自分自身で無理矢理やったのではきちんと抜けていないのだろうし、この際だからその道のプロが行った処置の結果を後学の為に見ておきたいと思っていたのだ。




のだ、けど、そんな目論見はもろくも崩れ去ったわけで。




目を閉じているから見えないが、どうやら針のように先の細いもので毛穴をつついているらしい。



周りを圧迫して押し出しているか、毛穴の奥から掘り出しているのか。



後者だったら結構嫌だ。



多分いつも自分で潰してしまっている時とダメージ量はそんなに変わらないはずなのだが、何が起こっているのかわからない分痛みが強い気がする。




おそらく10秒〜20秒ぐらいで処置完了。

もっと長く感じたけど実際これぐらいだろう。





先生「パーフェクトに根っこから抜けたわけじゃないけど、しばらく様子を見て、赤みが引かないようだったらまた見せに来てください。」






何でわざわざ横文字?



ていうか全部抜けてないのかよ。





まあそこまでしなくても治ると言う事だろう。そのはずだ。




見せに来いって言われても明日には東京にいるわけだが。





お礼を言って起き上がるときに枕元を見ると、明らかにただニキビを潰しただけとは思えない程度には血痕の付いたガーゼがあった。



真っ赤とまでは流石に言えないが、引くのには十分な赤さだった。




そんなわけで、現在一昔前のガキ大将のように鼻の頭にガーゼを貼り付けながらこの文章を書いています。



薬ももらったし、痕が残らないことを祈ります。


何か無駄に長くなってしまった。

neo_custom at 01:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年12月16日

センチメンタル過剰

皆さん、SHOXXという音楽雑誌をご存知でしょうか。


多少なりV系に詳しい音楽人生を歩んで来た方ならわかると思いますが、まあその筋のバンドばかりが載っている雑誌です。


LUNA SEAが載ってたんで中高の頃何冊か買ったこともある。


最近はインディーズ系が多いようですが。


で、まあそのSHOXXに、ドラムをやっている高校時代の友人が載っていました。


先日友人と久しぶりに会い(ルナシーのライブDVDを貸した)、バンド名を聞いたので、物は試しで立ち読みしてみたら見事にインタビュー記事が載ってた。



早速彼の発言を探索してみた。


この系統に属するバンドは、大抵本名とは違う名前で出ていて(例 hyde INORAN等)、友人もその例に漏れていないようだったので、ドラムに関する発言をしているメンバーを探す事にした。








発見。








華威「ミーは最近スティックの持ち方から見直す事にしたザマス」








……華威?






……ミー?








……ザマス?






君高校の頃にはそんな話し方してなかったですよね?


ていうか前に会った時も普通に喋ってましたよね?




華威って本名と一文字も被ってないじゃないか…


かいと言う名の友人が一人増えた。




よく見てみると他のメンバーの発言もおかしい。




「この曲ゎ〜〜なんですよ☆」とか言ってる。


語尾に☆とかついてる。


「この曲ゎ〜」とかなってる。




インタビュー記事の筈なのに。



いちいち注文するのだろうか。



「僕の発言の語尾には☆をつけてください」とか、「『は』を『ゎ』にしといてくださいとか。



もし編集部側の気遣いとかだったら、俺の青春を返してくれと意味もなく言いたい。




まあこの友人は、ネタというか面白半分でそういうキャラ作りをした危険性はあるのですが。




そう信じたい。




服装も以前よくあったような黒っぽい感じではなく、ギャル系の派手な服だし、今時のV系はどんどん自分達のキャラ立てに必死なようだ。



そんな彼らは今度クラブクアトロでワンマンをやるらしい。



しかもレーベルのイベントか何かで(高田馬場AREAのレーベルに所属しているそうな)、韓国でライブをやるらしい。




韓国はともかく、クアトロのライブにはすごく行きたい。


関係者席とかないかなあ。


流石に客席から見るのはちょっと気が引ける。


neo_custom at 03:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月03日

mini grammer

3cf9292d.jpg実家から持ってきたポテトチップチョコレートというお菓子です。

その名の通り、ポテトチップにチョコが塗られています。

ポテチにはしっかりと塩味もついています。

どんな味がするのか知りたい人は、わっしょいでお通しのチョコとポテチを一緒に食べてみたらどうでしょうか。

まあお勧めはしません。



hideのピンクスパイダーをRIZEがカバーしてた。

CMで見てその事を知り、思わず着うたフルで落としてしまった。


きっと突っ込み所が満載なんだろうなと思ってわくわくしながら聴いたのだが、何か普通のミクスチャーロックと言う感じの曲になってしまっていた。


ネタにもならないほど何処にも突っ込めない普通さと言うのは、非常に不幸な事なんじゃなかろうかと思った。


聴いてみたい人は言ってください。


多分何のリアクションも取れない筈です。



一つ一つが良いからと言って、一緒にすれば良いってものではないよねと言うお話。


RIZEがいいかどうかは全く知らんけど。



先日初めて築地へ潜入して参りました。


回らない寿司屋へ行ったのは多分生まれて初めてだった。

回転寿司も3回ぐらいしか行ったことはないが。


若坪りな嬢と行ったのだが、三人とも手持ちが少ないとの事でほぼ全額を俺一人で支払う事態に。


OBコンの前金分の余りを財布に入れっぱなしにしといて良かった。


僕は心の狭い先輩なので、申し訳ないのですが奢りではないのですが。


活タコが、歯ごたえがあるのに噛むとちゃんと裂けるという素晴らしい食感をしていた。




その後晴海埠頭に行ったのですが、お台場から夜景を見るより、晴海埠頭からお台場方面を見渡した方が綺麗だと思った。



お台場と違って、何故かカップルは主に車内にこもっていて視界に入って来なかったし。



そんなわけで、築地〜晴海埠頭のドライブコースは割と良いかも。




ラーメン博物館行きたい。


neo_custom at 03:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月11日

Drunk Afternoon

マルイのセールに行ってきました。


バザールって言った方が当てはまるのかな。


池袋のサンシャインシティとか言うとこで開催中。



ポール君のバッグと下着、ビビアンさんのライターを買いました。



ビ、じゃなくてヴィだろ、と言う突っ込みは無用。



服の類を買わなかったのは、予算がオーバーしたとかパッと見てあまり良い物が無さそうだったとかありますが、何よりも服を積んである棚に群がる人の群れを見て気力を削がれたと言うのが大きい。



平日なのに何なんだあの人の多さは。


人々の壁の中に体をねじ込んでいくモチベーションはなかったよ。



レディース物の売り場では、ギャル系のブランドだけ明らかに固められてて面白かった。


男物会場ではそういうことはなかった気がする。


トルネードマートとかが見事に隔離されてたらそれはそれで非常に面白いけど。




魍魎の函が映画化されるらしいんですが。

うぶめも観てないんで何とも言えないんですが、あの雰囲気を上手く映像に収められるもんなんですかね。みっしり。


ただ前作では宮迫博之が木場だったらしいんだけどもそれはどうなんかな…まだトミーズ雅の方が合ってるんじゃないだろうか。宮迫自体は好きなんですが。



あと西尾氏の新刊が出てるみたいですね。

「零崎軋識の人間ノック」

「化物語 上」

確か。違ったらごめん。


で、来月に化物語下巻が出て、来年1月からは一年間に渡って毎月作品を発行していくと言う企画に参加するとか…


携帯から書いてるんでリンク貼れないのが申し訳ないんですが。

今月のダヴィンチに載ってました。


バンドで言えば毎月アルバムを出すみたいなもんですかね。


しかもバンドなら何人かで作れるけど、小説の場合多少は編集者の助力があるとは言え基本的には一人の作業。


筆が速いので有名な方ですが、それにしてもかなり辛い挑戦ですよね。


まあ読者としては毎月新作が読めるので嬉しくはあるのですが。


体を壊したり死んじゃったりしない程度に頑張っていただきたい。


neo_custom at 03:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年10月29日

裸足の季節

いやあつさーばさんは何時見てもかっこいいですね。






まあそれはさておき




流石にどうでもいいんですけどねとは言わない。




同学年の人にお金を貸した場合はそれなりに、あくまでもそれなりに取り立て出来るのですが、後輩に貸した場合はなかなか言いにくいものです。



しかも1人1人に貸した金額は千円とかだったりするし。



でも塵も積もれば原理によって、全部返ってくればベリンガーのペダルが中古で買えるだろうぐらいのお金にはなるわけで。



まあこれを見て思うところのあった方はお財布の中身に余裕があったら返していただけると有り難いです。



もし忘れてたらそれはそれで構わないのですが。






俺の記憶にその人の名前が残るだけで。



俺自身も借りっぱなしで忘れてる人がいるかもしれないし。




浜に300円は返したよね?




まあねえ、貸した金の総額に比べりゃ少ない金額ではあるんだけども。



全部返ってくればFender USAの中古ぐらいは下手したら買える。




買おうかな、ジャズマスター。



買いたいな、ジャズマスター。






全額返ってくる日がこの先やって来るのならば。




あ、じょさんにINORANライブのチケット取ってもらったお礼してないや。



追記
こないだ学館に買ったばかりのピックを忘れてきたようです。

ESPの白いオニギリ型です。



ていうかINORANモデルのピックです。



もし回収してた方がいたら返していただけると有り難いです。

何をみみっちいことをと思われるかも知れませんが、このピックはBIGなBOSSとかでしか売ってないので買いに行くのがめんどいのです。


まあINORANピックなんて所持していたら恥ずかしくて外も出歩けないと思うので、拾ってくれた人は早めに私に返した方が身のためだと思うのです。


neo_custom at 04:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年10月07日

べんてんの辛つけはマジで辛い

美味いけども。翌日のダメージが甚大。


雨が強かったので自主休講。


出席を取る授業が2つあったはずだが気にしない。




一週間ぐらい前からビッグスクーターっていいかもと思い始めた。


ちょっと前までデザイン的にあり得ねえと思ってたのに。


美的感覚って変わるものですね。





実家に帰った時、夜中に散歩に出て母校のプールの傍を通りがかった。





月明かりの下で飛び込み台やら何やらが浮かび上がって見えて、





半ば本気で忍び込みたくなった。





と言う発言は、元ネタを知らない人にとっては真性変態カミングアウト宣言にしか聞こえないでしょうか。



まあそもそもその日は、UFOがやってくるはずの8月31日をとっくに過ぎてたわけですが。



俺が通りがかったのは中学校じゃなくて小学校だし。




第一お前23にもなって青春とか言ってられるのか?という何人目かの俺の声。





否、俺はまだまだいけるぜ!というわけで青春企画第二弾ですよ。


もう十日程前の話ですが。



ちよ嬢が残念ながら体調不良の為欠席したので、彩姐さんを急遽ピンチヒッターに起用。(起用理由:暇そう)



今回の青春コース


横浜〜海ほたる〜富津(千葉県)〜鴇田実家〜松本宅


中華街では世界チャンピオンの作る肉まんを食べてみたり、中身は2倍美味しさ3倍の豚まんを食べてあまりのでかさに途中で飽きたり


海ほたるでは人生多分3回目ぐらいのプリクラ撮ってみたり。

毎回ポーズに苦慮しますあれは


鴇田実家では、抱かれるのが嫌いなうちの猫を無理矢理抱き上げて一行に御披露目してみたり


松本宅では男二人が腹の出具合を気にしたり



青春かどうかはよくわからないが非常に楽しい1日でした。

次回も期待。…次回もあるよね?



読了リスト

巷説百物語/京極夏彦

壊れるほど近くにある心臓/佐藤智加

鏡姉妹の飛ぶ教室 〈鏡家サーガ〉例外編/佐藤友哉

空の境界/奈須きのこ

デビル17 ,澆覆瓦蹐靴粒惘燹森覯安膕

『クロック城』殺人事件
『瑠璃城』殺人事件/北山猛邦

キノの旅 機銑犬阿蕕ぁ浸雨沢恵一

時の鳥籠/浦賀和宏

大分メフィスト系に偏っている。

デビル〜はライトノベルめった斬りとか言う本で話題に出てたので読んでみた。

ラノベと言う媒体でどれだけエロを描けるか?と言う事に挑戦したっぽい作品。

漫画やゲームで使い古されたベタ設定を逆手に取ってあえて使う、と言う手法のはしり作品の一つかも。

エロシーンは、あとがきで作者も書いてますが俺でもわかるぐらいリアルではない。エロゲーとかマンガっぽい。

だがそれがいい、のだろう、多分。

それ以外のメイン部分は銃火器系のドンパチバイオレンスで、こういうのは割と好き。

今読んでるのは邪魅の雫/京極夏彦。

ついブックオフで購入。

読み終わるのは何時の事やら。


neo_custom at 02:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年09月25日

今更合宿総括

80f3b052.jpgパソコンが壊れていて音源が聴けないので、個人的な印象や周りからの評価等を参考に書かせていただきます。



前がみ

黒夢/Like A Angel


やる気度、楽しい度、個人的なクオリティが平均的に一番高かったバンド。


全体の出来もまあまあ良かったんじゃなかろうか。


ギターの音作りはマーシャル+ハム!ってイメージで。



彩姐さんと2年振りぐらいに組んだ。


ライブ中盤のヴィジュアル祭のオチとして出順を決められたそうで、観客のノリも何故か知らんが良かった(気がした)ので、結構満足してた。



ら、まさか汚物団がアレを出してくるとは…あの面子であの曲やられたら勝てませんよ。



絶対許さないよ!!



バスドラに足を掛けて弾いたのは初めてでした。



ところで最近の代ってV系に対するノリが妙に良くないか?




タイヨウ

沢尻エリカ/タイヨウのうた


勘違いしがちだけどYUIの歌じゃないそうです。ドラマも見ちゃおらんけれども。


まき、和と4年目にして初めて組んだ。


ギターの音作りは、曲を壊さない程度に歪み系という感じ。


曲の良し悪し、好き嫌いは別として、ギターが半端じゃなくつまらない。


拷問の領域です。



ラスサビ前に原曲には存在しないピックスクラッチを入れたのは、ストレス発散とせめてもの抵抗の為です。



聞こえたかどうかは問題ではなく、やったかどうかが問題なのです。



個人のレベルが高かった(俺以外)のと、まき&ナリ子クオリティにより予想外の歓声を受けた。良かった良かった。




小パンチキャンセル改め出オチ、のはずが二段オチ

Number Girl/TATTOOあり〜SASU-YOU






もう二度とボーカルなんてやらないんだからね!!!





いやもうほんとすいませんでした。



こたろうと3年振りに組んだ。


音はいつもよりトレブル効かせております、と言う感じで。
でも曲が始まったら全然聞こえなかったような記憶がある。



ステージ上から見た、皆さんの吉本かドリフばりのコケの光景は秀逸でした。



アンケートで一位を取ったのは多分初めてです。ありがとうございました。

が、kjの評価が辛口だったという話を聞いてやや不安になりました。



俺は本当に面白かったのか?と。

あのバンドに関しては、面白くなかったらあまり意味がないのです。




キムラジャングル

Woo Woo Tonight



つづり合ってるのかどうかは知らん。



チョイ役でしたがいい具合に酔ってたのもあって非常に楽しかった。


誘ってくれてありがとうございました。



今回の合宿は今までで1、2を争うぐらい楽しかったと思います。


でも来年はOB2年目(?)だし、もう今までみたいに楽しめないのかなと思ったり。



今回の合宿での心残りは、ライブ終了後に痴態が繰り広げられていた幹部部屋の前を通り過ぎて、ロビーで寝てしまったことです。

本当に見たかった…。



その数日後に奥多摩で恐るべき悪魔の儀式が行われたのですが、それはまた別のお話。


neo_custom at 03:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年09月14日

幼い頃の風景と感覚の差違

4a0f1387.jpg実家に帰った際にうちの部屋を訪れた客人です。

カリカリと音がするので外を覗いてみたら窓枠にしがみついてました。

左前足の先が無いですね。

こういうのってまた生えてくるんでしょうか。

いくら昆虫でもそれは無理ですかね。




さて、パソコンが壊れました。

うちのパソコンのハードディスクは寿命が半年だったらしいです。

半年前の生活に戻っただけの筈なのですが、えらく不便になった気がします。

便利になったが故の不自由、という事でしょうか。

まあ何言ってるかわかりませんが。



こないだイケベ池袋店のセールに始発から並んで、line6のEcho Parkを購入しました。

ようやくうちの一家にも空間系がやって来ました。

使い方がよくわかりません。

使う機会があるかどうかもよくわかりません。

そしてやはり重い。


他にも何か適当に買っときゃ良かった。





帰省した時の妹との会話の一部



俺「最近本何読んでる?」


妹「えー…京極夏彦とか」


俺「…他には?」


妹「乙一とかかな」


俺「……西尾維新って読んだ?」


妹「あーxxxHOLiCのノベライズは読んだよ」



血の繋がりってやつを認識できた瞬間だったとさ。終わり。



夕暮れ間際の片田舎の風景にYARUSE NAKIOのBEATはヤバい。


neo_custom at 05:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月06日

8月後半についての雑記

8月後半は二日間だけ実家へ帰って地元でサッカーをやり色んなとこを痛めて筋肉痛にもなってついでに風邪ももらってきて筋肉痛と関節痛と熱と喉の痛みに苦しみながら月一に出てその後何故か戸山飲みまで参加してフラフラしながら帰宅したら熱が38.6度まで上がっていたので冷えピタを貼って寝て汗をかいて起きて体を拭いて新しい冷えピタを貼ってを昼まで繰り返して37度まで下がって4年コンのメーリスを回してしばらくじっとしてたら平熱まで下がったので新宿の図書館行ってべんてん行って帰って借りてきたバナナフィッシュという少女マンガを読んで



みたいな生活をしてました。キャンプ前日までの話。



キャンプはそもそも水着持ってなかったし、病み上がりと言う事も言い訳にして泳ぎませんでした。

色んな意味で脱いだら凄いので簡単に人様には肌をさらせないのです。

意外と男子のみなさん運動してなさそうなわりには筋肉質でいらっしゃる。

一部お腹周りにやばいものが見受けられる方々もいらっしゃいましたが。



何か知らんけど飯を食い始めた辺りから元々痛めていた喉が潰れ始める。

夜半過ぎにはデス声と化してました。

まさかこの後何日も影響が残るとは思わなかった。

ついつい龍角散(VO御用達の喉の薬。墨汁臭)買っちゃいましたよ。



今年は山田うどんは食わず。

いつも同じ面子と絡んでしまうのは良くないですね。
もしその人が寝てしまったりした場合、暇すぎてやることがなくなる。


とりあえず8月後半にあったことをよく考えずに羅列してみた。

読みにくさはご了承を。



キノの旅が面白いです。現在4巻読了。

ちまちまと空の境界を読み始める。




neo_custom at 04:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!
Recent Comments
Profile
自他共に認めるルナヲタにしてINORAN好き。
当ブログのタイトルやURLも管理人が所有するINORANモデルのギターの名前から。