2016年08月21日



我こそは、ド・エリート男爵なり!

天才頭脳集団ネオアイラの副総統であります!


ポケモンGo に夢中になるあまり(笑)、一ヶ月ほどブログを放置しておりましたが、

前回 【 山頂野営敢行(其の3)死の行軍? ワレ不覚ニモ遭難ス!  】 の続き!


なぜ我輩は遭難したのか???


そんな疑問を払拭するべく、翌週に再び姶良市最高峰 「 烏帽子岳 」 登山作戦を立案!

しかし、週末の度に天候不良にて作戦延期が相次ぎ、遭難から2か月後の7月23日、遂に作戦を決行するときがきたであります!

作戦当日はマルヨンサンマル(午前4時30分)起床!


1

12式陸上戦闘機(カブ110 JA10 ) に装備を積載し、マルゴーヒトマル出撃開始!


2

マルゴーサンゴー、烏帽子岳登山道兼林道入り口に到着!


「 これより我が部隊は烏帽子岳山頂へ向け突撃を敢行する!」


総員突撃〜っ! (って、一人ですが・・・笑)


3

と、突撃を開始したものの、舗装が波打って大変なことになっております(苦笑)

今年の梅雨は豪雨続きでありましたので、舗装部分ですらこのような状態と思うと、これから始まるダート部分のことを考えただけで先が思いやられるであります(苦笑)


4

しばらくして、ダート部分に突入!

かなり荒れており、スリップの連続で真っ直ぐ進めないうえに、更にスタックしたりと思うように前進できないであります!

もう歩いたほうが早いんじゃない? と思うようなレベルの進軍速度にて前進!


5

そして最大の難所???

欄干もなく泥が堆積し、更に水が流れている橋に到着!

橋の上は泥沼状態なので、スリップしようものなら転落の危険性すらあります(汗)


6

二か月前との比較・・・草が凄いでありますな!


7

更に橋の上は、前回以上の水がじゃぶじゃぶと流れ込み、水深が15センチぐらいあるのではないかと思うぐらいになっており、もし途中でタイヤを泥沼にとられて足を着いた場合、雨靴でも履いていない限り靴に浸水するのは必至・・・途中で足すら着けない状態であります!

タイヤを泥沼にとられないように進軍し、更に足を着かないようバランスを保ちつつの渡橋は、前回以上に難易度が上がっております!

意を決して突撃開始!


ズボッ!  ひぃぇぇ〜〜


水深もさることながら、泥沼の深さが前回以上だぁ〜(大汗)


ビビりながらなんとか足も着かずにクリア!(安堵)


山を登る前から靴に浸水していたら、テンションがた落ちでありますからな!
クリアできてよかったであります! というか、山を登る前に疲れたよ(苦笑)


8

前回と同じく、倒木により12式陸上戦闘機での進軍停止!


10

これより行軍にて山頂へ突撃開始であります!

因みに今回は、前回の反省から新型兵器?を正式採用!


9

登山用のアプリを無線機(スマホ)にインストール!

これでもし何かあっても現在地が把握できるであります!


11

登山道兼林道を行軍すること数分、徒歩のみの登山道入り口に到着!


12

やはり雨が凄かったようで、ただでさえ荒れていた登山道が更に荒れまくっております!


13

早朝に登れば涼しいと思って早起きしたのですが、想定外というか、恐ろしく蒸し暑い!
暑さにやられそうだ(苦笑)


14

えっと? どっちだっけ???

あっ、こんなところに・・・


15

看板が倒れており、気付かなかったら間違って進むところだったよ(汗)


16

そして、やる気を失う? 「 山頂まで5分 」 の看板(笑)に到達!

この急斜面を登れば烏帽子岳山頂であります!


17

山頂はすぐそこ! というか、凄い藪だ!

トラップ(蜘蛛の巣)を警戒しつつ、藪をかき分け進軍し・・・


トラ・トラ・トラ!


18

ワレ烏帽子岳山頂ノ征服ニ成功セリ!


21

大本営(気象台)発表では晴れだったのですが、イマイチの景色・・・(涙)

仕方がないので・・・


22

山頂ラジオ体操(爆)  って、なんでだよ???

いやぁ〜ラジオで丁度ラジオ体操をやっていたので、つい・・・


ラジを体操を実施した後は、前線基地の構築であります!


20

それにしても、前回と比較すると山頂が藪になっております。
この状況から、あまり人が来ないという事がわかります。

とりあえず、草を踏み倒して陣地のスペースを確保!
そして、ネタがてらタープを張ろうとしたその時であります!


て、敵機来襲!


敵の航空隊が、突如襲いかかってきたであります!
反撃に転ずるも、敵の大規模な空機部隊の前には多勢に無勢・・・

奮戦むなしく我が部隊(一人ですが・・・笑)の損害が増すばかり・・・


って、めちゃめちゃ痒いんだけど・・・


因みに、敵航空隊の正体は 「 蚊 」 であります(笑)
そしてブヨも加わり、もう最悪!

更に危険な新型戦闘機も飛来!


あっ、”アブ” ない!


って、ダジャレを言ってる場合か〜っ!アブまで出現したであります!


このような状況にて、タープを張る気力を喪失…


23

とっとと朝飯を食して下山することにしましょう!


24

因みに朝食はカップ麺!

大して高い山ではないのに、気圧が低いのでしょうか???
パンパンに膨らんでおりますな(笑)


25

ラーメン完成!


26

いただきま〜す!

なんかテンション低いと思ったら、男爵マスクを忘れていたよ〜!
そんなわけで、仮の姿で食事をしたいと思います(笑)


newimage1

いやぁ〜美味いでありますなぁ〜!

いつものようにパラパラ写真(gif アニメ)を作ってみましたが、一人で撮影する麺類は難易度が高いでありますな!
セルフタイマーをセットして椅子に座り、いちいち麺を箸でつかんでそのシーンを撮影しないといけないので、行ったり来たりと、なんかアホみたい(笑)

更にシャッターが切れるまで静止状態なので、無防備となったところを敵航空隊に襲われ・・・


46

何カ所刺されたんだろう・・・

頬一面がめちゃめちゃ腫れ、痒いというより痛い(苦笑)


27

とりあえず至福のひと時・・・いや、これはここに留まること自体が最悪のひと時???

蚊の大軍の前に、落ち着いてコーヒーすら飲んでいられない状況であります!


ええい、もう我慢ならぬ!撤収!


というか、何か忘れてない???


えっ?何???・・・あ〜っ、今回の目的をすっかり忘れておりましたよ!

「 なぜ我輩は遭難したのか 」 の検証でありましたな!


28

とりあえず荷物を置いて、身軽になって下山してみます!


29

えっと、こっちかな!

人が通って地面が踏み固められ、草が生えていないのでそちらへ進みます!


30

あれっ???


何の疑いもなく下山したのだが、何か様子がおかしい!

そうだ!新兵器で調べてみよう!


32

はっ??? 思わず我が目を疑ったであります!


こ、これって、登山道 ではなく・・・

遭難路じゃないか!  (もちろん、そんなルートはない...爆)


33

どうやら、いきなり山頂から撤退路を間違っていたようだ(苦笑)

これで遭難した最初の原因が判明!

山頂から間違って下山したことが一番の原因でありますが、もう一つ原因があります。
それは、思い込みであります!


34

現在地からA地点とB地点に分けてみました!


36

実際に見るとこんな感じ!

中世の山城に例えると(なんで山城?)、A地点とB地点の中央が空堀あるいは切通しのように遮断されており、現在地を登山道と思いこんだあまり、A地点の方ではないと勘違いして更に前進したことにより遭難したことが判明した次第であります!


で、登山道は何処よ(汗)


山頂に戻り、索敵開始!


37

辺りを見回すも、やはり遭難路しか見つからない (だからそんなルートはない...爆)


51

他にルートは・・・藪をかき分けて入ったところ・・・


40

なんだよこれ! 登山道の目印がぶら下がっておりましたよ!


41

つまり、踏み固められて道に見えるのが遭難路(爆)、そして藪が登山道でありました!


38

どうせなら 「 手前の木にも目印を付けくれれば良かったのに 」 と、思っていたところ・・・



43

ありましたよ!


42

木が大きくなって隠れておりました(マジかっ!)

というか、新兵器を正式採用していなかったら、今回も遭難していたりして・・・(苦笑)


47

検証も終わり、マルハチヒトヒト 転進開始!


45

烏帽子岳山頂を後にするのであった!


48

いやぁ〜下山はサクサクでありますよ〜(目印がいっぱいwww )


49

30分も満たないうちに、12式陸上戦闘機のあるポイントに到着!

う〜ん・・・前回はここに到着するのに8時間かかりましたからな〜、本当にあっという間という感じでありましたよ(笑)


下の画像が前回の烏帽子岳登山で、我輩が身を徹して?開拓した遭難路(爆)


50

微妙ですが、画像をクリックすると少し大きくなります!

それにしても一体どれぐらい歩いたのだろうか???

詳細は 【 山頂野営敢行(其の3)死の行軍? ワレ不覚ニモ遭難ス!  】 にて書いた次第でありますが、3の部分だけでも登山道より歩いているという事実が・・・(苦笑)

30分も満たないで下山できるところを、8 時間さまよっていたわけですから、まぁ〜こんなもんでしょう!

まぁ〜無事に脱出できたから良かったのですが、我輩から言えることは一つ!


皆さん、山をなめてはいけませんよ! (お前が言うかっ!)



以上 www



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ローカルヒーローへ にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ



neoaira at 20:36コメント(4)トラックバック(0)16年・野営作戦(キャンプ)登山 

2016年07月26日



我こそはド・エリート男爵なり!

天才頭脳集団ネオアイラの副総統であります!


前回 【 山頂野営敢行(其の2)烏帽子岳山頂野営発動&究極卵かけご飯!  】 の続き!


烏帽子岳山頂の我が陣地

姶良市最高峰 「 烏帽子岳 」 山頂における作戦、 「 山頂野営作戦 」 を完遂!


烏帽子岳より下山開始!

マルナナマルゴー(午前7時5分)、下山開始!

マルハチサンマル(午前8時30分)までには根拠地(自宅)へ帰還予定であります!


しかし、急斜面を下ったところで異変に気付く我輩・・・


烏帽子岳登山道

登りで見たら気力をなくす 「 山頂まで5分 」 の看板(笑)がどこにも見当たらない!

これはいったいどういう事だ!
目印(ピンクの紐)の見落としがあると思い、再び山頂アタック!


2度目の山頂

ガンダム大地に・・・もとい、 「 男爵 山頂に立つ 」

下山開始から30分後、ワレ再ビ山頂へ到着ス!

今回2度目の山頂征服であります(笑)


image81

一休憩して、マルナナヨンマル(午前7時40分)再び下山開始!

しかし・・・どうやっても 「 山頂まで5分 」 の看板を見つけることができない!
これはいったいどういう事なのだ!

まるで狐につままれたような気分だ!

まぁ〜狐につままれたことはありませんが、なにか化かされたような気分であります!
とりあえず索敵範囲を広げつつ進むのだが、やはり看板は見当たらない・・・

恐らくどこかで進路を間違っているのであろう!
仕方なくもう一度山頂へ・・・急斜面なので、物凄く疲れるであります(苦笑)


3度目の山頂

マルハチフタマル(午前8時20分)、本来なら根拠地に到着していてもいい時間でありますが、まさかの3度目の山頂制服に成功セリ(爆)

一休憩した後、更に索敵範囲を広げつつ進軍したところ・・・


目印が・・・

ワレ前方ニ目印ヲ発見セリ!


よかったぁ〜! 目印を見つけ安堵した我輩は、目印にそって進軍!

この目印こそが、死の行軍への第一歩とも知らずに・・・

そして目印に吸い寄せられるように、ひたすら進軍する我輩!

しばらく進軍していると、登るとき見たような景色が見えるじゃありませんか!
まぁ〜山の中なので、今考えるとどこも似たような景色なのですが・・・(苦笑)

その時はそんなことも考えず、そのまま進軍を続ける我輩!

しばらくして、ハッと気づく我輩!


め、目印がどこにもない!


後方を見るも、もうどこを通ってきたのすらわからない(大汗)


ここは一体・・・どこなんだ! (急に焦りだす我輩...)


こ、これって・・・ まさか遭難???



ソーナンス!

ソーナンス!(爆)


どうやら男爵はA地点から間違ってB地点にたどり着いたみたいですね!


”そうなん”ですよ川崎さん(笑) って、ネタが古すぎwww


って、ダジャレを連発している場合ではありません!


ここは一体・・・どこなんだ! 



落ち着け・・・ 落ち着け我輩!


来た道がわからない以上、戻るのも危険だ!

さてどうする。この状況を打破できなければ、遭難捜索なんてことになりかねない!
もし捜索が長引けば、消防団員の我が兄 「 大教授ルーク 」 も動員される可能性大!

そして一番恐ろしいのが、このことが我が父 「 アドミラル・ド・エリート 」 の耳に入れば、めちゃめちゃ怒られるのは必至!

因みに、今まで父に怒られたのは記憶にある限り数回でありますが、普段怒らない分、怒る時はめちゃめちゃ怖い!

なんとしても父上に怒られる事態だけは絶対に避けたい!

実は問題がもう一つ! 仮にこのまま脱出できずに救助された場合・・・


烏帽子岳より下山開始!

こんな格好で救助されるのは絶対嫌だぁ〜 (苦笑)

もしニュースで映像つきで報道されたら・・・

もう恥ずかしいってもんじゃない(この期に及んで何の心配をしているのやら...)

というかこの状況下、格好が恥かしいなんて言ってられないであります!

最悪の場合、遭難捜索になると多くの方に多大な迷惑をかけますし、山の場合は状況によって捜索費用とかの絡みもありますからね。ここは何としても日没までに脱出しなければ!

と言ってみたものの、周りは山ばかり・・・自分が何処にいるのか分からないうえに、何処に向かっているのかすらわからない状況


とにかく落ち着け・・・ 落ち着くんだ我輩! 何か策があるはずだ!


そうだ!林道を目指そう!


かなり前になりますが、バイク仲間で林道ブーム的なものがありまして、烏帽子岳周辺には林道が数本あることに気付く我輩!

林道発見に望みを託し、突撃にぃ〜前へ〜〜!

どれぐらい歩いたのでしょうか? 前方が開けてきたであります!


林道? それとも深い沢???




林道へ脱出

沢じゃなくてよかった〜!

下山開始から約2時間・・・林道への脱出へ成功!

しばらく林道を進むと、よく整備された林道に通じていたので、ホッと一安心!


烏帽子岳

このまま烏帽子岳方面へ進むであります!


林道の先には・・・

それから歩くこと約30分!

ダートが舗装路になりましたので、これは県道にでも通じているのかな?


と思いきや・・・


ゲートが・・・

ガァ〜〜ン! 

ゲートで封鎖されており、中には何かしらの設備があるようだ!
進路を閉ざされた我輩は反転、仕方なく転進であります!

とはいえ、このまま進むと烏帽子岳とは逆方向であります。どこか県道に出たら我が参謀(妻)に救助を求めようと思い、その旨を伝えようと無線機(スマホ)を取り出したところ・・・

げっ!圏外じゃん(苦笑)

このままここに留まっても埒が明かないので、前進であります!
しばらくして再びダートへ突入!更に前進し、その先に下へ向かう分岐点を確認!

先がどのようになっているか偵察するも、荒れて草が生えており、行き止まりの可能性大!
今歩いている道が確実だろうと考え、再び行軍開始!

それから30分ぐらい行軍を続けたところ、再び下へ向かう分岐点を確認!
方角的に県道に出る可能性は高そうだ!

分岐点から県道を目指して行軍開始!
途中で見晴らしのいい高台があったので、景色を眺めてみると・・・


林道

ゲッ! 何処だよここ???山しか見えないぞ(苦笑)

しばらく進むと、遥か彼方に今歩いている林道の先が見えるじゃないか(汗)


もう心が折れそうだよ(涙)!


とはいえ、歩かないことにはどうにもならない。

分岐点から歩くこと1時間、我が参謀より通信あり!


今どこにいるの???


「 う〜ん、さっぱりわからない 」


はっ???


「 遭難したみたい www 」


えぇ〜〜っ? 大丈夫なの???


今まで圏外だった電波状況も改善され、たまに車が走る音が聞こえてきましたので、


「 もう少ししたら脱出できるかも 」


と参謀に伝え、通信終了!



しかし、現実は甘くなかった!


1時間以上行軍してたどり着いたのは、先ほどの分岐点・・・(涙)


まるで振出しに戻ったような気分だ(大涙)


ということは・・・もう脱出ルートは一本しかないじゃないか(汗)

とりあえず何かしらの施設もあったことだし、行き止まりなんてことは無さそうなので、最後の望みを託して林道をひたすら前進!

それからどれくらい歩いたのでしょうか?


炎天下の中、10キロ以上の装備を背負っての行軍は・・・


正に死の行軍!


一体いつになったら脱出できるか見当もつかず、飲み水を節約しながらの行軍!


喉かわいたぁ〜〜! ガブガブ飲みたいぜぇ〜!


ここにきて、晩飯で湯煎に使った水を捨てたのが悔やまれる次第!

せめてもの救いは、いつもは山頂で食べつくしてしまうチョコレートに全く手を付けていなかったことであります!

チョコを少しずつ分けて食べ、栄養補給しながら前進するであります!


どれくらい歩いたかわかりませんが、前方に見覚えのある景色が・・・



こ、ここは???



林道ツーリング

今から9年ほど前になりますが、林道ツーリングに出撃した際、


キリシマン9号



 ヒロシ殿と一緒に・・・








林道でカップ麺




 カップ麺を食した場所じゃないか!








やったぁ〜〜!これで県道に脱出できるぞ!


歓喜に震えまくる我輩!



しかし、現実は甘くなかった・・・


バイクで林道を攻めた後にカップ麺を食べていた場所でありますからな〜!
つまり、県道からかなり奥に入ったところであります!

脱出できると歓喜に震えるあまり、そんなことも考えず行軍開始!
当然ですが、歩けど歩けど県道は現れません!

だめだ、体力の限界だ! 木陰で地べたに倒れるように10分ほど昼寝(笑)


ヨッシャ〜〜 体力回復! 行軍開始であります!


しばらくして、分岐点を確認!

以前バイクで来たとき、こんな分岐点なんかあったっけ???


よぉ〜し! こっちだぁ〜〜!


疲労で思考能力も低下しており、記憶より勘に頼って行軍開始!

実は帰還後に地図で確認してみたのですが、もしここで選択肢を間違っていたら、数キロ歩かされた上に行き止まりでありました(あぶねぇ〜)


そして、下山開始から6時間が経過したその時である!


鹿児島県道462号線

遂に、夢にまで見たエルドラード(聖飢魔兇っw ) 鹿児島県道462号線へ到達!

やった〜! 死の行軍から解放だぁ〜〜!

いやぁ〜アスファルト道路を見て、こんなに感動したことは今までありません(爆)
もう歓喜に震えまくりであります!

県道への脱出を果たし、安堵の我輩であったが・・・


しかし、現実は甘くなかった!


烏帽子岳登山道入り口に向け、最後の気力を振り絞って行軍を開始するのだが、


田園風景の中を行軍

田園風景の中を歩けど歩けど登山道入り口は現れません!

もしかして通り過ぎた???

不安になり、途中の集落で聞こうと思ったのですが・・・


烏帽子岳より下山開始!

なんせこの格好ですから・・・ 明らかに不審者(爆)

しかし、この疲労がピークに達した今、そんなことを言っている場合じゃありません!
丁度庭に出ていた初老の紳士がおりましたので、

「 こんにちは! お聞きしたいのですが、烏帽子岳登山道はどっちですか? 」

我輩を見て一瞬キョトンとしておりましたが、丁寧かつ親切に教えてくださいました!
ただ、最後の一言で我輩は茫然・・・

「 ここから1キロぐらい先だよ! 」

まだ1キロも先とは・・・ここでもう一つ大変なことを思い出しました!
登山道入り口からカブ110で行けるところまで進軍していたことに・・・

ということは・・・カブ110があるところまで約4キロ以上???


正直な話・・・もう歩きたくない!


我が参謀に救出してもらおうと、スマホを取り出すも・・・圏外(マジかっ!)

仕方がないので、泣く泣く行軍開始!


もう本当に心が折れそうだ・・・(涙)


烏帽子岳

しばらくして、我輩に牙を向けた?烏帽子岳を確認!

なんとか登山道入り口についたものの、もうヘトヘト!
登山道入り口で休憩した後、カブ110を目指して登山道を登るであります!

途中で沢があり、顔を洗ったら冷たくて気持ちよさそうだと思いつつも、もはやその沢に下りる体力すらない状況!

こんなの背負ってられるかぁ〜〜!


装備を放置

どうせ戻ってくるのだからと、装備品を放り出した次第でありました(笑)

これで身軽となり、颯爽と行軍と行きたいところでありますが、疲労はピークに達しており、いつもならなんともない坂を少し歩いては休憩の連続!

思考能力も完全に低下しており、装備品を放り出した際、こともあろうに水筒と栄養補給のチョコまで置いてきてしまうという失態を犯してしまう有様(苦笑)

だめだ、なんかフラフラしてきた・・・喉かわいたぁ〜!

時々現れる沢の水を飲もうと何度も思いましたが、腹痛でも起こしたら本当に動けなくなりそうなので、ここは顔を洗うだけで我慢!

そして、カブ110まで約100mぐらいというところで傾斜が少しきつくなり、ダメだ!もう足が上がらない。これ以上は動けないであります!

カブ110を目前にして、行き倒れるように地べたに寝転んでしまう我輩!
もう地べただろうと、寝れさえすれば関係ない極限状態であります(笑)

気が付けば20分ぐらい爆睡していたようで、最後の気力と体力を使い・・・


遂にカブ110が・・・

遂に我が愛機 「 カブ110 」 へ到着!

これで歩かないですむ! 安堵してカブ110に搭乗して転進を開始するのだが・・・


あれっ??? 変速しないぞ!


まさかミッションが壊れたとか???

と思ったら、疲労で足に踏み込む力が無くなっており、変速できないだけでありました(笑)

いやぁ〜マジでビビったよ!

というわけで、かかとで踏み込んでシフトアップする次第でありました!


装備を回収して帰投

疲労のあまり放り出した装備品を回収し、根拠地へ向け帰投開始するも、あまりの喉の渇きに耐えられず、途中の自販機で500ccのペットボトルを1本飲んだものの、それだけでは全く足らずに続けて2本目を飲み干し、1リットルをほぼ一気飲み状態(笑)

根拠地に帰還したのは、当初予定していたマルハチサンマル(午前8時30)から8時間遅れのヒトロクサンマル(午後4時30分)!

つまり、8時間も山でさまよっていたわけですね!

因みに根拠地に帰還後に体重を測ったところ、ただでさえ痩せているのに5キロ減という衝撃の事実があり、頭は痛いし体はフラフラするし、完全に熱中症でありますな!

途中で倒れなくてよかったよ!

以上、烏帽子岳で遭難し、死の行軍から生還した話でありました!


しかし、あの山をどうやったら遭難するんだ???
全くもって腑に落ちないので、先週末は再度烏帽子岳に挑み、検証してきた次第であります!


次回 「 山頂野営敢行(其の4)検証!なぜ我輩は烏帽子岳で遭難したのか! 」 へ続く


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ローカルヒーローへ にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ




neoaira at 20:48コメント(4)トラックバック(0)16年・野営作戦(キャンプ)登山 

2016年07月20日



我こそは、ド・エリート男爵なり!

天才頭脳集団ネオアイラの副総統であります!


前回 「 山頂野営敢行(其の1)NAM戦装備で姶良市最高峰「烏帽子岳」攻略! 」 の続き!

姶良市最高峰 「 烏帽子岳 」 山頂における野営(キャンプ)の戦闘詳報であります!


烏帽子岳山頂ニ陣地ヲ構築セヨ!


テントの設営を開始したのだが、山頂の平たい部分が思いのほか狭い・・・

他に登山客が来たら、もうテントを張るスペースすらない状況であります!


って、こんなところで山頂野営する物好きもいないだろ(笑)



山頂に設営完了

ワレ山頂ニ前線基地ノ構築ニ成功セリ!


実はこの山頂でありますが・・・


囲炉裏

何気に石で囲った囲炉裏が配置されておりましたよ!

う〜ん・・・高さが低いうえに隙間だらけじゃないか!
見た目がイマイチだし、これでは延焼の危険もありますな!

特にすることもないし・・・囲炉裏の改修に着手!


囲炉裏

周辺から石を拾ってきて、囲炉裏の改修完了!

改修してみたものの、山火事でも起こしたら大変でありますからなぁ〜!


薪

使うかどうかは別として、明るいうちに薪も拾っておきましたよ!

って、やる気満々じゃん(笑)


キャンプの夕食

腹が減ってきたので、夕食でも食すとしましょうか!

というわけで、夕食の準備であります。(湯煎するだけですが... )


夕食の準備開始

兵式飯盒で湯煎開始!

何年も野営をやっておきながら気づくのもアレですが、飯盒は深さもありますし、パック飯やレトルトパウチの湯煎には、意外と兵式飯盒が便利だという事に今頃気付きました(笑)


夕暮れ

日が暮れてきたら、急に冷えてきたであります!

焚火をする気はあまりなかったのだが・・・


焚火

山火事注意! 細心の注意を払いながら、焚火開始!

やはり焚火はいいですね! 暖まるでありますなぁ〜!


カレー完成

そうこうしているうちに、夕食のカレー完成!


image30

いただきま〜す!


キャンプの夕食

山頂カレーは美味いでありますなぁ〜!

お約束でもある食事シーンのパラパラ写真(GIFアニメ)でありますが、今回は一人なので、セルフタイマーをセットして行ったり来たりしながら撮影した次第!

冷静に考えると、一人で山頂まで来て何をしているんだという感じ・・・(苦笑)

夕食を完食したころには、日も沈んで真っ暗となりました!
姶良市街の夜景でも見ながら一杯やりましょうかね!


それでは諸君たちも、姶良市の夜景をご堪能あれ!


姶良市の夜景

なんというか・・・ 物凄く微妙な夜景じゃないか!

予定ではもっと綺麗な夜景を想像していたのですが・・・


姶良市の夜景

姶良市街は遥か彼方...  

人口が集中している南部より北は真っ暗でありまして、急に寂しくなってきた次第であります!


焚火

とりあえず焚火とラジオで寂しさを紛らわそう(笑)

言っておくが、こんなに燃やしておりませんよ!

一眼レフはかさばるので、今回はコンパクトカメラを持っていったのですが、一眼レフのようにマニュアルで微調整もできず、なんか盛大に燃えているような写真になっちゃいました!

使い慣れた一眼レフと違い、夜間のコンパクトカメラは使い難いでありますな!

因みにFBにも画像をUPしたのでありますが、いなぞう殿からは 「 山火事になるぞーー 」 とコメントで言われ(汗)、我が参謀(妻)には画像付きで打電(メール)したところ、返信は 「 山火事に注意してね 」 !

う〜ん、この画像を見たら我輩も同じことを言うかも・・・(苦笑)

薪が燃え尽きたところで、更に水をかけて完全消火を確認!
夕食のパック類は、匂いにつられてイノシシやサルがきたら面倒なので(怖いので)、ビニール袋に密封して匂い対策をして早めの就寝であります!


起床

翌朝は、マルヨンマルマル(午前4時)起床!

今回はランタンを持ってきていなかったので、月明かりがあって良かったよ!


朝食の準備

朝食の準備開始!


夜明けは近し

東の空が明るくなってきたであります!


山頂より霧島山を一望

東側には、霧島山を一望することができます!


飯盒飯

そうこうしているうちに、ご飯が炊けましたよ!


キャンプの朝食

因みに今回の朝食は、卵かけご飯であります!

で、なんで卵ご飯かと言いますと、これには訳があります!

野営の数日前になりますが、仕事帰りに実家に寄って我が父 「 アドミラル・ド・エリート 」 と会談(雑談)していたところ、NHKの 「 ためしてガッテン 」 で卵特集をやっており、その中で究極の卵かけごはん 「 エアリー卵かけご飯 」 の作り方が紹介されました。

それを見て我が父と 「 美味そうだねぇ〜 」 と話をしておりましたので、今回はそれを実践するに至ったのでありました!



「 ド・エリート男爵のキャンプレシピ Vol . 44 」



【 新感覚!エアリー卵かけご飯 】


「 材料&分量 」

  ★ 米・・・食べたいだけ(笑)

  ★ 卵・・・1個でも2個でも3個でも(ご飯の量に応じて好きなだけ www )

  ★ 醤油・・・我輩は桜カネヨの濃口(20年以上愛用しておりますが美味い醤油です)


「 作り方 」


【 1 】 ご飯を炊きます(これをしないことには、何も始まりませんねwww )


ためしてガッテン風に

【 2 】 卵黄と卵白を分け、ご飯に卵白だけを入れます!

【 3 】 卵白を素早くかき混ぜ、ご飯を卵白に混ぜ込んでいきます!


卵白を混ぜ・・・

1分程度混ぜたら、こんな感じになります!

まるで 「 とろろ飯 」 のようだ! ふわふわしてるぞ!

尚、新鮮な卵より古い卵のほうが泡立ちやすいとのこと!

番組では卵の新常識として、賞味期限が切れても冷蔵庫なら4か月は問題ないようで、賞味期限切れの古い卵でも腹を壊すことなく食べらるそうで、古いほうがむしろ美味しくなることが紹介されておりましたが、3万個に1個食中毒になる卵があるそうなので、賞味期限ぎりぎりぐらいの卵がお勧めだそうです!

因みに、番組では賞味期限ぎりぎりの卵を使っておりました!


卵黄を落として・・・

【 4 】 ご飯と卵白が混ざり合いふわふわになったら卵黄をのせ、醤油をかけて完成!



いただきま〜す!

いただきま〜す♪  さて、お味は???



何これ???




卵かけごはん最高

めちゃめちゃ美味いじゃないか!

いやぁ〜美味すぎて感動ですよ〜!

今まで食していた卵かけご飯は一体なんだったんだぁ〜〜!

あまりの感動に、食事シーンのパラパラ写真(GIFアニメ)用の写真を撮るのを忘れていたよ!
気付いた時には完食してましたwww

諸君たちも気が向いたら実践してくだされ! 「 美味いぞぉ〜〜! 」


そして、食後はいつものアレですな!


至福のひと時

至福のひと時 コーヒーブレイクであります!


御来光は近し

東を見ると、御来光は近し!


山頂より御来光

太陽がぶっ飛んでおりますが(汗)、御来光であります!

周辺の景色を眺めると・・・


微妙な雲海?

東には霧島山と、その下には微妙な雲海?


烏帽子岳山頂からの景色

そして南には・・・


桜島

鹿児島のシンボル的な桜島が拝めるであります!


凄い山奥だ!

更に西側には・・・う〜ん、山ばっかりだ!

冷静に考えると、こんな寂しい山奥で・・・よく一人で野営をしていたものだ(笑)


烏帽子岳山頂の我が陣地

さて、暑くなる前に前線基地(テント)を撤収し、下山するとするか!


下山準備開始

各種装備品を背嚢に詰め込み・・・


準備完了

準備完了!

背嚢を背おい下山しようとしたところ、あれっ???


一等三角点

石が積んであって全く気づいていなかったのですが、よく見ると・・・


一等三角点

三角点じゃん! こんなところに・・・

実は探していたのですが、まさかこんな目の前にあったとは!
正に燈台下暗し状態でありました!


烏帽子岳より下山開始!

これより、烏帽子岳より下山開始であります!

根拠地(自宅)への帰還予定時刻はマルハチサンマル(午前8時30分)

う〜ん、改めて画像を見て思ったことが一つ!

NAM戦(ベトナム戦争)装備は機能的で使いやすいのですが・・・


めちゃめちゃ怪しすぎるじゃないか(爆)


下山時に他の登山客に会わないことを祈るばかりでありますwww


以上、烏帽子岳山頂における山頂野営の戦闘詳報でありました!



という感じで記事を締めるはずだったのだが、下山時に最大のネタがやってきましたよ!




なんと!



遭難しました(大爆)!



って、笑いごとじゃないぞ(苦笑)



まぁ〜こうしてブログを書いておりますので、無事だったというわけですが・・・



次回 「 山頂野営敢行(其の3)死の行軍? ワレ不覚ニモ遭難ス! 」 へ続く!


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ローカルヒーローへ にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ



neoaira at 23:51コメント(2)トラックバック(0)16年・野営作戦(キャンプ)キャンプレシピ 

2016年07月11日



我こそは、ド・エリート男爵なり!

天才頭脳集団ネオアイラの副総統であります!


今回は2016年5月における野営作戦(キャンプ)の戦闘詳報であります!


「 山頂ニテ野営ヲ敢行セヨ! 」


以前から山頂野営を目論んでおりましたが、遂に決行するときがきたであります!

本当は霧島山の高千穂峰(標高1574 m)や韓国岳(標高1700.3 m)あたりが理想なのでありますが、テント泊禁止となっておりますので断念(涙)

そこで候補に挙がったのが、前々から目をつけてた我輩が住む姶良市最高峰の山!


烏帽子岳

その名も  「 烏帽子岳 (標高703m)  であります!

作戦内容を我が将兵(家族)らに伝え、志願者を募ったところ・・・


「 いってらっしゃ〜い! 」


全く賛同を得られず、ソロ野営が確定(涙)


13式偵察車(スーパーカブ110 JA10)に装備を積載!
ヒトロクサンマル(午後4時30分)、出撃準備整う!


スーパーカブ JA10

ワレ出撃開始ス!

烏帽子岳は姶良市北部の山間に位置しており、登山道入り口までは約20kmの道のりであります。そう考えると、何気に姶良市も結構広いなと感じた次第であります!


烏帽子岳登山道入り口

ワレ登山道入口ニ到着ス!

これより林道区間に突入であります!


烏帽子岳

尚、完全徒歩区間になる登山口まで林道が続くので、そこまでカブ110にて進軍!

しばらくアスファルト舗装された道が続いた後・・・


スーパーカブ110 JA10

ワレ、コレヨリ未舗装区間へ突入ス!


烏帽子岳登山道

これは酷い道でありますな! 因みに前方に見えるのは橋・・・
橋の上に水は流れているし、土が堆積して草が生えてるじゃないか!

大丈夫なのかコレ???(苦笑)

橋に突入を敢行したところ、堆積した土が水を吸って沼状態となっており、いきなりタイヤを泥沼にとられてスリップ!

すかさずアクセルをあおるも真っ直ぐ進まず、何処に向かって走っていくかわからないので、橋から落ちそうで少々ビビった次第でありました(汗)

その後も雨で削られてガレ場状態になった急勾配の坂など、ある意味で万能車でもあるカブの走破性をもっても進軍にてこずる悪路の連続!

こんなことなら・・・


KDX125SR KLX125

我が愛機、KDX125SRかKLX125で出撃しておけばよかったよ!

もし車で行く場合は、より注意が必要であります!

道幅の狭さもさることながら悪路が続きますので、車の場合はジムニーか四駆の軽トラでの突入をお勧めするであります!

えっ?その他の車はどうすればいいのかって???

えっと、諦めが肝心とか言うじゃないですか!
適当なところで諦めて、徒歩での進軍を進言するであります(笑)


烏帽子岳登山道

前方ニ倒木ヲ確認!

乗車姿勢を伏せ気味にし、倒木をクリア!

そして、こぶし大の石がゴロゴロ転がる荒れ果てた林道を、更に進軍!

こぶし大の石にタイヤをとられて真っ直ぐ進めず、更に林道の片側は崖になっておりますので、全く油断ができない状況が続くであります!


もう山を登る前に疲れそうだよ(苦笑)


やっぱり・・・


KDX125SR KLX125

KDX125SRかKLX125で出撃しておけばよかった〜〜(後悔)

今更後悔しても仕方がないので、更に進軍!


あっ・・・・


倒木

前方ニ倒木ヲ確認!


う〜ん、さすがにこれを越えるのは無理っぽい... 動かす以外に手はなさそうだ!

倒木に果敢に挑んだものの、人力ごときでは全くもって動く気配なし!

とりあえずネタ(現状)の報告がてら我が参謀(妻)に打電(メール)しようとしたところ・・・


スマホが圏外

げっ、圏外じゃん! どんだけ山の中なんだよココは・・・(苦笑)


倒木

というわけで、ここで電撃戦(バイクでの進軍)は終了!

装備品をカブから降ろして装着。 「 ワレ出撃体制整ウ! 」

我が部隊(一人だけど...)は、これより行軍にて烏帽子岳山頂を目指すであります!


登山開始

因みに今回は、米軍のNAM戦(ベトナム戦争)装備で決めてみました(笑)

装備の内訳は・・・

戦闘服がジャングルファティーグ!

ブーツは職場の沖縄旅行の際に調達したジャングルブーツ!

背嚢はアルミフレーム付のアリスパック!因みに20年以上前に調達した米軍実物!
程度が恐ろしく良かったので、横流し品なのかな???
重量物を担いだときの、腰〜背中〜肩への負担があまりないので、重宝しております!

ピストルベルト(弾帯)にはマガジンポーチ2個と水筒2個を装着!
尚、ピストルベルトとマガジンポーチと水筒一個は、東京ファントムのレプリカ!
もう一個の水筒はカバーのみ実物で、水筒はアルミの実物からプラ製のレプリカへ変更!

ピストルベルトを吊るすサスペンダーは、20年以上前に調達した韓国製のレプリカ!
劣化コピー的な感じで、サスペンダーだけ変色が凄いであります・・・(苦笑)

その他装備は、アリスパックに寝袋、テント、マット、食糧、水、調理器具!
ビールとチューハイを各一個ずつマガジンポーチに収納(笑)

しめて全備重量は、約15キロといったところでしょうか!


烏帽子岳登山道

行軍開始から数分、烏帽子岳登山口に到着!


総員突撃〜〜っ! (って、一人だけど...笑)


突撃開始したとたん、いきなり待ち受けていたのは急な傾斜!
今回は無駄に荷物が重いこともあり、5分足らずで息が上がる始末(笑)

やっぱ山頂で野営するなんて考えなければよかったよ〜!


image10

途中で心が折れそうになったところで、傾斜が緩やかになってホッとしたのも束の間・・・


烏帽子岳登山道

またしても急な傾斜が・・・(苦笑)

途中で小休憩していたところ、こんなのを発見!


山???

石柱に 「 山 」 って彫ってあるけど、これって何???


烏帽子岳登山道

何度目の急傾斜だろうか??? 本当に心が折れそうであります!

アリスパックのおかげで、腰〜背中〜肩への負担はあまりないのですが、さすがに15キロを担いでの急傾斜は結構こたえますなぁ〜、疲れが足にきたであります。
いやぁ〜太腿の内側や脹脛が徐々に痛くなってきて、今にも足がつりそうな感じ・・・(汗)


烏帽子岳登山道

疲れがピークに達し、嫌になってきたところに、こんな看板が出現!


烏帽子岳登山道

山頂まで5分...

山頂までの時間を教えてくれて有難いのですが、今の現状では 「 あと5分か!」 ではなく、 「 まだ5分もあるのかよ? 」 って感じ(苦笑)

そして、あるような無いような最後の力と気力を振り絞り、一気に急斜面を駆け上がり・・・・


烏帽子岳陥落!


烏帽子岳山頂陥落

ワレ烏帽子岳攻略ニ成功セリ!


烏帽子岳山頂からの眺め

烏帽子岳山頂からの景色(西側)


烏帽子岳山頂からの眺め

霞んでよく見えませんが、東側の遠くには霧島連山!


烏帽子岳山頂からの眺め

そして南には、これまた画像で見るとよく見えませんが、うっすらと桜島が見えます!

これは快晴で空気が澄んでいれば、もっと絶景なのでありましょう!


烏帽子岳山頂で乾杯

素晴らしき景色に乾杯(笑)

いやぁ〜雄大な景色を眺めながらの一杯は、実に美味いでありますな!
正に至福のひと時! 疲れが一気に吹っ飛ぶであります!

というわけで、飲んで退路を断った我輩は、背水の陣?にて野営作戦を発動!


「 総員 (一人しかいませんが...) 前線基地ヲ構築セヨ! 」


「 山頂野営敢行(其の2)烏帽子岳山頂野営作戦発動! 」 へ続く!


タイトルの通り、次回は野営編であります!


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ローカルヒーローへ にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ



neoaira at 01:10コメント(2)トラックバック(0)16年・野営作戦(キャンプ)登山 

2016年07月09日



我こそは、ド・エリート男爵なり!
天才頭脳集団ネオアイラの副総統であります!


それにしてもクソ暑い日が続きますな!

職場は40℃ 越えな上に残業続きでありまして、いきなり夏バテ状態・・・(苦笑)

そして先週末は・・・

アイラ仮面

啓明幼稚園、あいら幼稚園のバザー会場にて、二日連続のアイラ仮面ショー!

因みにアイラ仮面とは、我輩を含めて4人のオジさん達でやっているご当地的なヒーローでありまして、超ユルいショーですが、子供達も喜んでくれたようなので良かったであります!

まぁ〜そんなわけで、あれやこれやしているうちにブログを半月以上放置しておりましたが、諸君たちはいかがお過ごしであろうか?

で、今回は遅くなりましたが、父の日ネタであります!

今年の父の日は・・・

あっ、その前に昨年のネタから・・・って、今頃かよwww (書くのを忘れていたよ...)


父の日のプレゼント

上画像が昨年の父の日の我が将兵(家族)からのプレゼント!


アルコール

二等兵(三男坊)からは、ビールとカクテル!

クソ暑い職場から帰還しての一杯は、最高でありますな!


栄養ドリンク

上等兵(長男)からは、栄養ドリンク!

これを飲んで、もっと働けという事ですね(爆)


ゴルゴ13のライター

一等兵(二男坊)からは・・・???


ゴルゴ13のライター

ゴルゴ13 のライター(爆)

野営(キャンプ)での着火に使えという事でありますな!


そして最後は、我が参謀(妻)からのプレゼント!

一体なんだろう??? 包装紙をはがすと、中から出てきたものは・・・


こ、これは!



セガ・ハード・ガールズ

セガ・ハード・ガールズの セガサターンちゃん じゃありませんか!

いやぁ〜、コレ欲しかったんだよ〜!

因みにセガ・ハードガールズとは、セガの歴代ゲームハードを、イラストレーターのKEI氏よって美少女へと擬人化 したものであります!

セガサターンちゃんのフィギュア化が発表されたときには、セガ好きの我輩としても歓喜に震えていたのでありますが・・・

ガ〜ン・・・

ワンダーフェスティバル2014【夏】会場にて、限定500個販売だと(涙)

う〜ん、どうにかして入手できないものか・・・

さすがに関東方面守備隊司令官の兄上(参謀の兄)に 「 会場に並んで調達してきて〜 」 なんて頼むのもアレだし・・・

そうこうしているうちに、そのフィギュアの存在すら忘れていた次第!


セガ・ハード・ガールズ

そんなこともあり、 ワレ歓喜ニ震エル〜 であります!


セガ・ハード・ガールズ

セガサターンちゃんの全身はこんな感じ!

これでもかぁ〜と言わんばかりにセガサターンをモーレツアピールした仕様www


セガ・ハード・ガールズ

手にはセガサターンのマークを立体化したステック!

因みに付属のバーチャガンにも差し替えられるであります!
なんかマニアックな仕様でありますな(笑)


セガ・ハード・ガールズ

台座はセガサターン(笑)


セガ・ハード・ガールズ

おまけで後期のシロサターンも付属!

もうマニアックすぎるな〜(笑)


セガ・ハード・ガールズ

顔も可愛いので GOOD!

セガファンにはたまらない逸品ですが、一般的には需要があるのでしょうか???

そんな素朴な疑問も・・・ www

忘れたころにやってきたセガサターンちゃんに、歓喜に震えた我輩でありました(笑)


セガ・ハード・ガールズ

以上、超遅ればせながら、歓喜に震える2015年の父の日ネタでありました!


そして今年は・・・

上等兵が昼食を御馳走してくれるとのこと!

そんなわけで、どんなものか気になっていた 「 秘密のケンミンSHOW 」 でも紹介された福島食堂の 「 トンカツちゃんぽん 」 を食べに行くことに決定!

実は最近オープンした姶良イオンタウン内にも出店しているのですが、せっかくなので本店を攻めようということになりまして、約1時間かけて伊佐市の本店へ!


福島食堂

あれっ???暖簾がかかってないぞ!


福島食堂

ガ〜〜ン・・・定休日じゃありませんか(涙)

ドアに紙が貼ってあるので、読んでみると・・・


福島食堂

「 姶良イオンタウン出店に伴い、伊佐本店の定休日は日曜日とさせて頂きます 」

なんてこった〜〜! わざわざ本店まで来たのに・・・(大涙)


ジョイフル

というわけで、 「 トンカツちゃんぽん 」 のはずが、ファミレスに・・・

「 トンカツちゃんぽん 」 を食べる気満々だっただけに少し残念でありましたが、上等兵に感謝であります!


そして参謀からは・・・


父の日のプレゼント

重さからフィギュアではなさそうだ(爆)

一体なんだろう???

横で上等兵が、「 お母さんのプレゼントにしては、ありえないぐらい普通だよ! 」

えっ? 普通のプレゼントって何だぁ〜???


オムロン

包装紙をはがすと、オムロンの文字!


オムロン エアマッサージャ

こ、これは???


オムロン エアマッサージャ

「 オムロン エアマッサージャ 」 じゃありませんか!

因みに、ふくらはぎをマッサージするマシンでありまして、上下2つのエアーバック交互に膨らみ、ふくらはぎを揉みあげるのであります!


いやぁ〜めっちゃ気持ちいい!


職場での歩数が半端ないので、これは疲れが取れるでありますぞ!

いやぁ〜ワレ歓喜ニ震エル〜であります!


以上、歓喜に震える2015年と2016年の父の日の話でありました!



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ローカルヒーローへ にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ






neoaira at 15:20コメント(0)トラックバック(0)季節ネタ(一般行事)模型 (プラモデル&ホビー) 
livedoor プロフィール
【 日本ブログ村 】          我輩も参戦しておりますぞ〜♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ローカルヒーローへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
  我、ランキングに参戦せり!
blogram投票ボタン
ご訪問ありがとうであります♪   ( 2007年5月8日より )        
【 最新記事であります 】
コメントありがとうであります♪
【 月別の記事であります!】
【 カテゴリ 】
【 トラックバック 】
QRコード
QRコード
Subscribe with livedoor Reader
  • ライブドアブログ