「子供ができなくてどうのこうのなんて興味ないわー。大河ドラマでそんな小さい話で1話使うの止めてくれよー……」と思ってたら意外に面白かった。
 というか、この作品始まって一番の回だったのかも。

おんな城主 直虎 第7回『検地がやってきた』感想はこちら

※以下、ネタバレ注意
 あれですね。直親と次郎法師が酷い目に遭ってるから面白いんですね、これ。
 ざまあwww

 真面目な話、この二人の評価は前回で地の底にまで落ち込んでいたので、しのさんのどうしようも無さに振り回される姿はすこぶる楽しかったです(言い直しただけ)。


 まあ、何よりも一番笑えたのは、夫婦の愁嘆場に取り残されて足だけ映る傑山さんだけどな!


 正直、そろそろ切ろうかどうしようかだいぶ迷っていたのだけれど、次回は一つの転換点となる桶狭間だし、もう少し見続けてみようと思える良回でしたとさ。