世界会議(レヴェリー)で再登場してくれないかなあ。

※追記
期待通り第907話『虚の玉座』で再登場してくれた。
IMG_20180604_205140

※以下、ネタバレ注意
 ミョスガルド聖と言えば、ジンベエの七武海加入と引き換えに恩赦された元奴隷の魚人達を再び手にれようと、わざわざ魚人島に向かった挙句に難破した天竜人である。

 自分がずっと酷い扱いをしてきた元奴隷達に全く悪びれることなく奴隷に戻るよう要求するわ、命を救われておきながら最後まで魚人達に暴言を吐き続けるわと、天竜人の名に恥じないゲスっぷりを披露してくれた。


 しかしながら、その一方で、魚人島からの移住を求める署名に賛同する旨の文書を書き、聖地マリージョアまで同行したオトヒメ王妃に与えてもいる。
IMG_20180604_205339
IMG_20180604_205349

 つまり、ミョスガルド聖はオトヒメ王妃の説得を受け入れ、改心したと考えられる(魚人島とマリージョアとの距離は近いから、説得が行われたのは航海中ではなく主にマリージョアでのことと考えられるので、この一筆を認めたのはミョスガルド聖ではなく別の天竜人という可能性もあるが、物語的にはミョスガルド聖がそうだという展開の方が綺麗だろう)。

 彼は自分が悪意を向けられるということ自体、全く理解不能という様子で、これは普通の人間とまともに接したことが無いことが原因の歪みだろうから、オトヒメとの対話の中で、「魚人」が(そして「下々民」が)、自分と同じく生きた人間であるということを実感すれば、成長にも期待できると思う。
IMG_20180604_205153

 どうやらシラホシ等もレヴェリーに参加して集まった署名を届けるようだから、マリージョアで綺麗になったミョスガルド聖とまさかの再会を果たす展開になりそうだ。


 ドンキホーテ・ホーミング聖も善人ではあったけれど、彼は天竜人の立場を捨てて一般人になろうとしていたから、「世界貴族としての責務を果たそうとする天竜人」が登場してほしい。
 【ONE PIECE】世界政府の機関について色々天竜人には頭の切れる指導者がいる【ONE PIECE考察】で書いたように、世界秩序のためにモリア抹殺をドフラミンゴに命じるような天竜人はいるようだが、そのやり口からすると「善良」とは言い難いし。