名称未設定-4


1連の小さな珊瑚ビーズで、様々なプチアクセサリーのバリエーション。

1連がこうして形を変えていく・・・・。
自分で作るアクセサリーならではの楽しみですね。

111111111111


幅3ミリほどの小さなちょっと四角い形の天然珊瑚ビーズ。

使用パーツ色:古代白金

IMG_0495


まずはペンダント。幅1.6ミリほどのチェーン使用。
バチカンはチェーンがサイドの窪みに収まり
着用時も滑らかにTOPモチーフが動くY-2

1

径線が細く内径の広いNS0.5×3.5mmまるカンに、
#28AWワイヤーで留めた珊瑚をさらに小さなカンで下げていきます。

IMG_0457

ワイヤーのマルはわざと少しビーズに対して大きめの輪で作り、
全体のバランスを取っています。小さくタイトに作っても
また違ったバランスになりますね。

IMG_0498

拡大するとこんな感じです。
・・・あ。カン閉じが甘いものがありますねアセ

IMG_0493

愛らしいピンクの珊瑚でも、こんなに小ぶりなので、
40代の自分でもけっこうイケますよ?タブン・・・

IMG_0496

TOPが小ぶりなので、留め金具は
引き輪+板カンSサイズでごくシンプルに。

IMG_0488

次はブレスレット。

一つはナイロンコートワイヤーでハリ感のあるもの。
もう一つはワイヤーでメガネ留めしていったものです。

IMG_0489

四角い小ビーズを使用していますが、丸小ビーズでもよさそう。

IMG_0455

ここでは2つとも、板カンはSサイズ。
引き輪は6mmを使用しました。
ブレスレットの脱着、すこし引き輪が大きいほうが楽なので

IMG_0492

NCワイヤーのほうはハリがあるのでバングルのように。
メガネ留めのほうは手の甲へ揺れます。

自分で着用する場合はメガネ留めの1連のみですが、
ガラスビーズを挟んだNCワイヤーのほうも2連で着用すると、
若々しくフェミニンに。

IMG_0500

さて、最後はビーズでピアスバリエーション。

数粒に様々なパーツを合わせるだけで、
プチイアピアがたくさん作ることができるのが自作の醍醐味★

ジュエリーでは、1粒ネックレスより、
両耳で2粒使用するイアピアのほうがお値段が張ることも
高価な石の場合多々ありますものね。

IMG_0472

3粒ずつ丸ピン留めをつないだもの。
使用チェーンは135SA

135SAは本当に自分には欠かせないチェーンで、
このブログ作品にもたびたび登場しています。

IMG_0474

このように短くパーツとして使用することも多いです。

2016年8月にG-4カラーも加わり、5色揃いました。
紐を編んだようなこの雰囲気と太さが好きなんですよね・・・・

IMG_0476

つゆ玉をあしらったバージョン。

IMG_0480

ピーナツの形のビーズをはさんだバージョン。
これ、なんかかわいい面白い形ですが
耳につけると、意外にも?自分としては一番しっくり来ます。

ちなみに私物ですがピーナツ形のガラスビーズはMIYUKIさんのものです。

IMG_0483

最後に直径30ミリのフープパーツ
ワイヤーでぐるぐる巻いたバージョン。

ワイヤーは#28番手のNTブラス使用。
ブレスレットに使用した四角い小ビーズと交互に巻いていきます。

IMG_0499


※またまたちなみに・・・四角い小ビーズは私物で
TOHOさんのアンティークビーズというシリーズ。
これはMIYUKIさんのカッチリ四角いビーズ編み用のデリカよりも、
こうした天然石などの雰囲気に合っていて好きなのです。

TOHOガラスビーズ(株式会社TOHO)

↑こちらで購入できます。
当店では売ってません、ごめんなさい

IMG_0466


特定工場国産貴金属鍍金基礎パーツ-本店
http://www.alulu.com/neobeads/
デザインビーズ&パーツ-minne店
https://minne.com/shin-ra


さあ。9月からは秋色の作品をご覧いただけたら・・・
と、日曜にちまちま幸せ気分で作っているワタクシです

次の作品も見てみたいな、ともし思ったら・・・
励まされるとやる気の出る店主に
拍手ボタンでポチっと背中押してくださいませ