NEO女子プロレスDVD最新情報

NEO女子プロレスの新作DVDの最新情報をご案内します…っ!

October 2011

【エントリーNo.54】2009/2/8キネマ 宮崎vs京子、松本

_DSC6982

《~『NEO STAGE』特集~ episode "ONE DAY TOURNAMENT"》


▼2009年2月8日 東京キネマ倶楽部 『NEO STAGE 09』準決勝・宮崎有妃vs井上京子、決勝戦・宮崎有妃vs松本浩代


 この年も、前年の2008年と全く同じ方式の12選手参加でおこなわれた『NEO STAGE』。


 ファィナルラウンドのキネマに駒を進めたのは、宮崎、京子、三田、浩代の4名。宮崎は田村を、京子は華名と木村を、三田は夏樹を、浩代は松尾を、それぞれ破って勝ちあがりました。


 まず、浩代が三田に勝利し『NEO STAGE』史上初の連覇に近付きます。


 そして宮崎vs京子の準決勝では、なんと宮崎が18秒で京子を瞬殺! 宮崎本人が「作戦通りで鳥肌が立った」というこの試合は、おそらく今回、ノーカット収録できるはずです。


 決勝は、宮崎vs浩代という、奇しくも前年の決勝戦と全く同じカード。


 ここで宮崎は、引退した同期、元気美佐恵の得意技だったラリアットにこだわりを見せ、見事に浩代からリベンジに成功。


 『NEO STAGE』初優勝を成し遂げ、二冠王者だった奈苗との試合を決めました。


 この大会を生で観戦されたという方も、DVDで、前年の宮崎vs浩代と続けて見ることで、また新しい発見があるかもしれません。


 そんな二次体験のためにも、ぜひ購入よろしくお願いします!!!


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.53】2008/2/11板橋 松本vs植松、宮崎

11-450

《~『NEO STAGE』特集~ episode "ONE DAY TOURNAMENT"》


▼2008年2月11日 板橋グリーンホール 『NEO STAGE 08』準決勝・松本浩代vs植松寿絵、決勝戦・松本浩代vs宮崎有妃


 この年の『NEO STAGE』は、12選手参加。一回戦4試合の後、勝った選手とシード選手4名が、次の大会で二回戦を4試合。


 そして残った4名による準決勝と決勝が、この板橋大会でおこなわれたのです。


 浩代は、一回戦シードで、二回戦は元気と対戦。元気がプライベートの事故で腕に裂傷を負っていたということもあり、なんと秒殺で勝利。


 トーナメントなので、そういったラッキーは追い風となります。勢いに乗って、そのまま植松と宮崎というクセモノ二人に一気に連勝して、優勝を果たしました。


 この時点で、浩代は、まだキャリア1年半でしたが、そんなことはあまり感じさせない堂々とした優勝といった印象。


 そして、この時点での二冠チャンピオン、松尾とのタイトルマッチが決まります。


 浩代の出世試合としても、ファンにとっては見逃せない植松&宮崎相手のトーナメント連勝劇といっていいと思いますっ…!。


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.52】2005/1/16キネマ 米山vs武藤、元気、タニー

neo086

《~『NEO STAGE』特集~ episode "ONE DAY TOURNAMENT"》


▼2005年1月16日 東京キネマ倶楽部 『NEO STAGE 05』二回戦・米山香織vs武藤裕代、準決勝・米山香織vs元気美佐恵、決勝戦・米山香織vsタニー・マウス


 この年の『NEO STAGE』は、全16選手が参加。一回戦8試合が、前日の15日板橋でおこなわれ、残った8選手による二回戦以降が、この日のキネマで一日でおこなわれました。


 優勝を飾ったのは、米山香織。


 実は、この日のキネマは、JWPとの昼夜興行。昼の大会で、春山に勝利した米山は「もちろん勝つつもりでしたが、本当に勝てるとは自分でもビックリです」とマイク。さらに、チャンピオンだった日向との無差別級タイトルマッチが決定しました。


 そして、夜のNEOで、3連勝しての優勝。米山は、一日でシングルマッチ4試合をおこなったのです。


 その達成感からか、NEOでの優勝の後は涙のマイク。「もちろん優勝するつもりでしたが、本当に優勝するとは、自分でビックリしてばかりの一日です…」


 当時、NEOには二人のシングル王者がいました。二冠王者の元気と、TWF王者の田村ですが、米山は、二人に挑戦を表明。


 翌月、米山は、元気の二冠、田村のTWF、日向の無差別という、3週連続タイトルマッチに挑むことになるのでした。


 また、この『NEO STAGE』決勝のタニー戦で、米山の切り札となる米-ZOUが初公開されたという意味でも、米山ファンにとっては見逃せない映像だと思います!!


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.51】2004/1/17北沢 中西vs宮崎、椎名、三田

IMG_8782

 続きまして特集するテーマは『NEO STAGE』特集です。


 『NEO STAGE』とは、毎年恒例で、新春におこなわれていたシングルマッチのトーナメントです。


 当初は、一日で一回戦から決勝までおこなわれるワンデイ・トーナメントでしたが、参加人数が増えると、じょじょに数大会にかけてトーナメントがおこなわれるようになりました。


 スケジュールの都合でおこなわれなかった年もあり、10年間で8回の開催だったと思いますが、そのうち印象深い4回の『NEO STAGE』を、優勝者の試合を中心に集めて収録しました。


《~『NEO STAGE』特集~ episode "ONE DAY TOURNAMENT"》


▼2004年1月17日 北沢タウンホール 『NEO STAGE 04』一回戦・中西百重vs宮崎有妃、準決勝・中西百重vs椎名由香、決勝戦・中西百重vs三田英津子


 前年の秋に、NEOに初参戦した天才児、中西百重。


 その中西が、NEOの闘いの中に、いよいよ本格参戦することになったのが、この『NEO STAGE 04』でした。


 中西のほかは、NEOの所属選手だけ参加の8名によるワンデイ・トーナメント。


 まだ、中西百重からみでおこなわれるシングルマッチは、全てが新鮮という刺激的なトーナメントでした。


 一回戦は、完全な初対決となる宮崎有妃との対戦。準決勝の椎名由香戦は、全女時代に先輩後輩として近い仲でもあり、再会マッチと言えました。


 再会といえば、決勝の三田英津子とは、全女マットでのナナモモvsラスカチョで、死闘を繰り広げた因縁の相手。


 明らかに最初から中西がみんなからマークされるトーナメントと言えましたが、しかし、そんな包囲網を難なくクリアした中西が優勝。


 当時の王者、田村への挑戦権をつかみ、NEO初の川崎市体育館大会での二冠戦へとつながるのです。


 3試合とも収録するため、1試合あたりは短めの編集となるはずですが、そんな中でも中西の変幻自在の試合ぶりをお楽しみいただけると思いますっ!


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.50】2009/12/31後楽園 ダンプvs浩代vs都

21-14

《~変則試合特集~ episode "VARIOUS GAMES"》


▼2009年12月31日 後楽園ホール 3WAYマッチ ダンプ松本vs松本浩代vs松本都


 プロレスファンの友達同士で楽しくしゃべってると「こんなカードとかねー。なーんちゃってー」みたいな会話もあると思います。


 そんな「なーんちゃって」みたいな会話を、そのまま「やっちぇえー」っていう、そんなノリ。


 この試合は、まさにそういう感じのカードじゃないでしょうか。松本ばかり3人集まった、松本3WAYマッチです。


 といいましても、ダンプさんは昭和の大ヒール。リングにあがれば、誰も止められません。


 そして都は、みなさんご存じの、あの性格。


 ということで、しわ寄せは浩代に行かざるをえない。このカードを聞いて、ちょっとしたファンの方は「…というか、浩代、大丈夫かー」と思ったかもしれません。


 苗字が一緒というだけで集めてしまった3人だけど、あまりにバックボーンがバラバラすきで、そもそも試合として成立するのか。


 そんな不安材料もまた楽しみな松本3WAYマッチ。『変則試合特集』というテーマ、最後に収録です…っ!


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.49】2007/9/17後楽園 マシンガンズvs四川版マシンガンズvs広東版マシンガンズ

IMG_0657

《~変則試合特集~ episode "VARIOUS GAMES"》


▼2007年9月17日 後楽園ホール 3WAYタッグマッチ NEOマシンガンズvs四川版NEOマシンガンズvs広東版NEOマシンガンズ


 中国という国は、知的財産権に関する意識が低く、日本のアニメや、アメリカの有名テーマパークの偽物が横行するなどして社会問題となっています。


 プロレス界でも似た状況らしく、中国の女子プロレス界に、勝手にNEOマシンガンズを名乗るチームが存在していました。


 しかも、四川省と広東省に別々にいるというのだから、まったく困ったもの。


 ということで、ニセモノ退治に乗り出した日本のホンモノNEOマシンガンズ。四川版マシンガンズ、広東版マシンガンズとの3WAYタッグマッチをおこなうことになったのです。


 これに勝ったチームが、今後は本当のマシンガンズということで、これは日本版ホンモノにとっては負けられない試合。


 さらに、この試合は特別レフリーを、日中のマット界に精通した趙雲子龍がつとめています。こちらはキン肉マンvs悪魔将軍のレフリーがモンゴルマンだったのがモチーフ。


 3WAYタッグマッチという難しい試合形式ですが、どんな試合となったのか。ご期待ください。


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.48】2007/5/3後楽園 タニー&宮崎with串田vs趙雲&トッチャンチャン

1YA_8934

《~変則試合特集~ episode "VARIOUS GAMES"》


▼2007年5月3日 後楽園ホール インターナショナルリボンタッグ選手権 ノーロープマッチ タニー・マウス&宮崎有妃with串田アキラvs趙雲子龍&トッチャンチャン


 変則試合特集の中でも、これもまた珍しい試合形式。ノーロープマッチとなっていて、ロープを取り外した状態で試合がおこなわれました。


 これは理由があり、市ヶ谷アイスボックスでおこなわれた大会で、初代インター・リボンタッグ王者となったNEOマシンガンズが、防衛戦を後楽園ホールでおこなおうとしたところ、アイスリボンの独裁者、さくらえみが横やり。


 当時、アイスリボンはマットで試合をおこなう団体だったので「リボンタッグの防衛戦はリングでやってはいけない」と言い出しました。


 折衷案として、リングのロープを外してマットっぽくするということになって、ノーロープマッチとなったのです。


 対戦相手のトッチャンチャンは、趙雲子龍が中国からつれてきたキョンシーのキャラクター。こちらも必見。


 さらにマシンガンズの入場は、串田アキラさんの生歌というのも見どころ。


 ノーロープという、普段と同じ技が使えない空間で、はたしてどんな試合が展開されたのか。ぜひ、DVDでお楽しみください。


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.47】2007/2/18川崎 タニー&宮崎&空&趙雲&チェ&希月&豊田vsさくら&春山&米山&りほ&真琴&山本&黒田

IMG_0795

《~変則試合特集~ episode "VARIOUS GAMES"》


▼2007年2月18日 川崎市体育館 NEOマシンガンズ軍vsさくらリボン軍、ツインリング(ひとつはマット)採用、7vs7時間差イリミネーションマッチ タニー・マウス&宮崎有妃&闘牛・空&チェ・リー&趙雲子龍&希月あおい&豊田真奈美vsさくらえみ&春山香代子&米山香織&りほ&真琴&山本“KID”優樹&黒田哲広


 変則的な試合形式の試合を紹介している『変則試合特集』ですが、これはもう、とっておきの変則ルールといっていいでしょう。


 時間差バトルロイヤルとイリミネーションマッチをミックスしたルールに加え、アイスリボン用のマットも設置したスペシャル形式。


 まるで週刊プロレス主催の東京ドーム『夢の懸け橋』での電流爆破リングのように、辺境の地に置かれたアイス用のマットですが、これが“隠れ蓑”となって、最後のどんでん返しの展開への布石となります。


 出場選手も個性派ばかりですが、その中でも、山本“KID”優樹クンというのは、北海道からやってきた格闘兄弟の末っ子の小学生。金メダルハンターとして、一般公募で参戦したのです。


 他にも“あおい前髪軍団”のためにさくらを裏切った希月選手などなど、見どころがつまった試合ですが、この試合は、とあることが賭けられた条件マッチでもありました。


 その条件とは何か、そして結末は!?


 まあ、個人的にあまり振り返りたくないこともあり、そのあたりは実際にDVDでご確認くださいませ。


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.46】2006/1/9後楽園 宮崎vs植松vsさくら

001052

《~変則試合特集~ episode "VARIOUS GAMES"》


▼2006年1月9日 後楽園ホール 3WAYマッチ 宮崎有妃vs植松寿絵vsさくらえみ


 変則試合といえば、バトルロイヤルと並んで代表的なものが3WAYマッチ。


 ただ、この3WAYマッチ、歴史は決して古くなく、たぶんECWで3WAYダンスとして売り出されたあたりからなので、まだ15年そこそこといったところでしょうか。自分が若いころにはなかった形式の試合。


 アメリカ発祥でもあり、日本の女子プロレスでおこなわれても、選手も面白く見せるノウハウがなかったり、見る方もルールや楽しみ方がわからないという時期があったと思います。


 というか昭和デビューの女子プロレスラーは、今でも3WAYのルールを把握できていない気がするくらい。


 しかし、そんな女子プロレス界で、一気に3WAYを認知させるきっかけとなった試合といってもいいのが、この宮崎vs植松vsさくら。


 まあ、この3人が集まったら、そりゃ創造力(想像力)がすごいというのは、おわかりいただけると思います。


 超技巧派3WAYというサブタイトルでしたが、これは、大昔に全女でおこなわれた京子&デビーvs吉田&エステルの超技巧派タッグマッチという非常に面白かった試合のサブタイトルをパクりました。


 今では、アイスリボンでタイトルが新設されるなど、すっかり定着した感じの3WAYマッチですが、さくらも出場したこの3WAY戦は、トライアングルリボンのルーツと言えるかもしれません。


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

【エントリーNo.45】2005/5/5後楽園 55選手参加時間差バトルロイヤル

_DSC7133

《~変則試合特集~ episode "VARIOUS GAMES"》


▼2005年5月5日 後楽園ホール 5周年記念55選手参加時間差バトルロイヤル


 NEOは、2000年5月旗揚げのため、2005年5月で5周年。しかも、5月5日が後楽園ホール大会。


 ということで、05年5月5日の5周年興行という5並びを記念して、55選手参加時間差バトルロイヤルが開催されたのでした。ノリで決めたな。


 このときは、5(ゴ)とGo!をかけて「Go、NEO、GoGo! Go、NEO、Go!」とゴーを5回言う掛け声を作りました。


 選手もみんなで「Go、NEO、GoGo! Go、NEO、Go!」と連呼していましたが、すみません。今だから告白すると、あれは当時のSPEEDのコンサートの掛け声だった「Go、SPEED、GoGo! Go、SPEED、Go!」をパクってました。選手には、そこは伝えず言わせてた。


 さて、この3年前は直前の選手負傷で50人参加予定が48人になったバトルロイヤルですが、このときは無事に55人で遂行。もちろん、当時の世界記録だと思います。数年後に、大みそか108人時間差バトルロイヤルがおこなわれるまでの記録。


 どんな選手が出たかは手元に資料がありませんが、たしかユッキー・オブ・ジョイトイという選手が、DJニラの押す台車に乗ってM字開脚をしていたような・・。


 NEOの楽しいプロレス爆発の、こちらの5周年記念バトルロイヤルも、ぜひぜひお楽しみにっ。


◆◆◆


新作DVD『田村欣子二冠戦名勝負アンソロジー(上下巻)』『NEOマシンガンズ名勝負アンソロジー』絶賛発売中!


上記作品ほか、NEO女子プロレス過去の大会のDVDは下記のサイトより通信販売にて購入できます。


プロレス・格闘技の団体オフィシャルショップ「PRO WRESTLING.JP」

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ