L015363_2

皆様こんにちは、新人の長谷川です
今回は前回に引き続き、私が気になるハーレーの話題です
前回はストリート750に贔屓していましたが、
スピード狂(?)と呼ばれる私としてはやはりスピード番長であるV−RODに浮気してしまうのです

V−RODが搭載するエンジンは水冷レヴォリューションです
こちらのエンジンが世に出たとき全世界は驚きと衝撃に満たされました
ハーレー生誕100周年に併せ、ドイツの名門PORSCHEと共同開発して作られた
初の水冷エンジンです。レヴォリューションつまり 革命 。
言葉通りハーレー・ダビッドソンの新たな挑戦を言い表していると言えます。
出力はなんと100馬力を軽く超えます
L015363_2

きっと道を走ったら周りのライダーから「なんだ今のは
「まさしくハーレーの音だったぞ・・・」と言われそうです。
外見の特徴としては、今までのハーレー像を一新するデザイン、
そしてなにより、勘が鋭い方はもうお気づきでしょう、エアクリーナーが付いてないではありませんか
どこにあるかというと、フューエルタンクがある場所に冷却水のリザーバータンクと共に内臓されています。
ではフューエルタンクはというと?答えはシートの下にあります、郵便屋さんと同じですね
タンクの上にガソリンコックが無いだけで印象がこうも変わるのだと気付かされます
参考までにカスタムするとこんな感じです
slide3

当社でもまだまだ少ないのですが、V−ROD用の商品を取り扱っております。


015041 サンダーマックス EFIオートチューン V-ROD用



009636 K&N 純正エアクリーナー用 エレメント 02-11y V-ROD

そして極めつけはこれより



015051 T.P.P.VPクラッチシステム 02-07y V-ROD用



015053 T.P.P.VPクラッチシステム 08y以降 V-ROD用



JB795 サービスマニュアル 02-14 V-ROD

注※玄人向けとなっております。

とにかくハーレーに絶対的な速さを求め、高速巡航がメインの方にはV−ROD
街乗りメイン、尚且つある程度のスピードも求める方にはストリート750
これらがどちらに乗るかの判断材料になるかと思います。
因みに私は、、、どちらを選ぶかまだ迷っていますどちらも甲乙付け難い!
しかもハーレーには、まだまだ種類があるのです
ますます目移りしてしまいそうです
どなたか背中を押してください!と思う今日この頃・・・(押すなよ絶対に押すなよ!)
実はもう一つ気になる車種が・・・
すっかりハーレーの魅力に取りつかれそうな私です
また次回からもハーレー談義をしてゆきたいと考えております
それでは皆様このあたりで、また次回お会いしましょう

長谷川

ここもクリックお願いします!!ここをクリックお願いします!!

↑ブログランキング参加中↑このブログを応援していただける方はクリック願います!




sale_172
Biltwell Inc. お洒落なパーツアイテムからウェア&ギアまで続々ラインナップ!

sale_150
お取り寄せがグッと身近に! 完全オート見積,発注システム導入!!

NEO GARAGE
〒262-0012
千葉県千葉市花見川区千種町82-3
TEL 043-216-8039 FAX 043-216-8051
http://www.neogarage.jp/
info@neogarage.jp

ハーレー用パーツの通信販売ならネオファクトリー
http://www.neofactory.co.jp/




ブログパーツ