2010年11月

2010年11月08日

8/22 益荒男を見ました。その9。

2010年8月22日にディファ有明で行われた
「益荒男-初陣」の観戦メモの続きです。


いやあ、まさかいきなり忙しくなって
早朝から遅くまで働きっぱなしになってしまい
すっかり更新する暇が無くなってしまっていました・・・・

いま、少ないチャンスを見つけましたので
なんとか完結させるべく続きを久しぶりに書きます。



その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら
その4はこちら
その5はこちら
その6はこちら
その7はこちら
その8はこちら


■第25試合 59kgリミット 総合ルール3分2R
G(勝軍) vs 須藤和哉(D2)


P1170703P1170704
P1170706

青コーナーの須藤選手はD2所属の選手。
THE OUTSIDER第9戦に登場。
「素人」「練習してない」といった発言とは裏腹に
なかなかの打撃スキルを持っており、
見事に勝利を修めています。

その後も自身が所属するD2の主催で行われた
群馬の地下格闘技イベント「VICTORY」に
2月と5月に出場し、共に勝利を修めています。


P1170705P1170707
対する赤コーナーのG選手は
須藤選手と同じくTHE OUTSIDER第9戦に突如参戦。
戸塚俊介選手と対戦し、判定3-0で勝利を修めている選手です。
試合内容から、練習を積んでいる選手であるのは間違いありませんでしたが
その底は見せていないだけに、どこまでやれるのかが非常に興味深い所です。


P1170708P1170709
P1170710P1170711
P1170712P1170713
P1170714
試合が始まると、スタンドを得意とする両選手は立って対峙。
前傾気味の構えのG選手に対して、須藤選手は後傾気味の構えです。
パンチで前に出て行くG選手と、ステップバックでかわして迎え撃つ須藤選手。

P1170715P1170716
P1170717P1170718
前に出たG選手に対して、須藤選手はコーナー付近で両足タックルに。
G選手がバービーで切ってがぶり、
須藤選手もタックルを離さずそのままの体勢で動きが止まりブレイクとなります。

P1170719P1170720
P1170721P1170722
P1170723P1170724
P1170725P1170726
P1170727P1170728
P1170729P1170730
ローキックで距離を取りながら打撃の須藤選手。
G選手は前に出るスタイルでパンチ。
お互いにステップでリングを回りつつ
打撃を交錯させるスタンド戦を繰り広げます。

P1170731P1170732
P1170733P1170734
ローを蹴る須藤選手にG選手がタックルでテイクダウン。
サイドポジションを奪い取るも、
須藤選手も下からG選手の首を抱えてホールドし、
暴れて脱出を試みます。G選手も攻めあぐみ膠着となりブレイクに。

P1170735P1170736
P1170737P1170738
P1170739P1170740
スタンドでお互いにパンチを放つ展開。
中間距離での打ち合いの為共にクリーンヒットは当たりません。

P1170741P1170742
G選手がタックルでテイクダウン。

P1170743P1170744
P1170745P1170746
P1170747P1170748
下になった須藤選手はハーフガードとなりホールド。
G選手は抱えられた首を外せず、ハーフ上で次の攻めへ進めません。
パウンドとパスを防ぐべく抱える須藤選手。
そのまま1R終了のゴングとなります。

P1170749
P1170750
ラウンドインターバルには
AV女優の紅音ほたるが登場。



P1170751P1170752
P1170753P1170754
2Rもスタンドの打撃の打ち合いで、
G選手が圧力で須藤選手を詰めるも
須藤選手が見事な両足タックルを敢行しテイクダウンを奪います。

P1170755P1170756
P1170757P1170758
P1170759P1170760
倒されたG選手は須藤選手の首を捕らえてフロントネックロックの体勢。
しかし極まりきってはおらず、須藤選手も首を抜こうと抵抗し
そのまま膠着状態に。レフェリーがブレイクを掛けます。

P1170761P1170762
P1170763P1170764
P1170765
スタンドで再開され、パンチで前に出て圧力をかけるG選手。
押し込む様にタックルに行くも、須藤選手がコーナーを背に堪えて
スタンドで膠着となりブレイクとなります。

P1170766P1170767
P1170768P1170769
P1170770
試合が佳境に入り、スタンドで半ば足を止めてのパンチでの打撃戦に。
今度は須藤選手がタックルへと入ります。

P1170771P1170772
P1170773P1170774
がぶってタックルを切るG選手。
逆に押しつぶしてグランドで上のポジションを奪います。

P1170775P1170776
G選手が離れて立ち上がり猪木アリ状態に。
レフェリーがブレイクを掛けスタンドへと戻します。

P1170777P1170778
P1170779P1170780
スタンドでのパンチの打ち合いから
もつれG選手が圧力で上を取るもグランドでは動きが進展せずブレイク。

P1170781P1170782
P1170783P1170784
P1170786
スタンドでの打ち合いから、須藤選手の片足タックルを
G選手が切って潰したところで試合終了となります。

P1170787P1170788
判定では、下がって迎え撃つスタイルの須藤選手に対して
前に出るスタイルのG選手が評価され、
またグランドでは常にG選手が主導権を取っていた為
判定3-0でG選手勝利となっています。


須藤選手は「練習をしていない素人」キャラの選手ですが、
試合を見る限りそこそこの練習はしているでしょう。
ただ、恐らくは好きなスタンドを中心にそこそこ、と言ったレベルの練習かと。
アウトサイダーの高垣選手系の選手ですが、
高垣選手よりはスタミナはあるでしょう。

対するG選手は、須藤選手に比べれば全然練習を積んでいる選手だと思います。
今回の試合の勝敗を分けたのは、やはりこの練習量の差と言って良いでしょう。

お互いのスキルとレベルが似ていて拮抗した為、
噛み合った内容の試合でした。


メインは分量が多そうですので
その10として別個で。

総アクセス数
  • 累計:

訪問者数

    Recent Comments
    Recent TrackBacks
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    • ライブドアブログ