2008年10月29日

THE OUTSIDER 第三戦 観戦記その2。

THE OUTSIDER 第三戦の観戦記の続きです。
その1(第1試合〜第5試合)はこちら


■第6試合
玉井智浩 vs 小林聖人


The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_小林聖人小林選手はニューヨークのラッパー、
RAKIM(ラキム)のGuess Who's Backで入場です。
参考(曲)
Youtube「Rakim: Guess Who's Back」


セコンドには高谷裕之(Takaya Hiroyuki)選手と星野大介(Hoshino Daisuke)選手。
入場には前回メインの清水征四郎選手も同行しています。


試合が始まると
小林選手は玉井選手に向かってダッシュ。
ジャンプしてスーパーマンパンチで
殴りかかります。
対する玉井選手も向き合ってパンチで応戦。
しかし、次の瞬間
小林選手が左フックを一閃。
玉井選手に見事にクリーンヒットし、
目の飛んだ玉井選手が棒の様に傾いて
そのまま座り込む様にダウン。
なんと小林選手、
4秒でのKO勝ちを修めてしまいました。


玉井選手も前回好試合をした選手であり、
決して弱くは無い選手です。
また、通常ダッシュで挑みかかる選手は
入れ込んでいたり、
博打的に突っ込むものです。

しかしながら小林選手は
確かな打撃技術を持った上で
的確に相手に突撃してのパンチをぶち込みました。
これはスキルの差と言って良いと思います。


アウトサイダーにまた一人、
強力な実力者が現れたと言って良いでしょう。
小林選手の今後の試合には是非とも注目です。


【結果】
×玉井智浩 vs ○小林聖人
1R 0分4秒 KO(左フック)




■第7試合
中村啓紀 vs 渋谷莉孔


まずはここまで皆勤賞の
中村選手がリングイン。

The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_渋谷莉孔そして渋谷選手は
SMiLE.dkの「Butterfly」で登場。
入場曲が掛かるとイントロで長めの溜めを取り、
花道で曲に合わせて左右にステップを踏んで
長めのダンスを披露しています。
参考(曲)
Youtube「SMiLE.dk Butterfly」

メルヴィン・マヌーフ(Melvin Manhoef)選手のような
キックパンツを着用して
派手な試合衣装で派手に登場をした渋谷選手、
リングインしてカメラが近づくと、
自コーナーに反り返るようにもたれかかって
ふてぶてしくカメラを見下ろします。
なかなかいいキャラクターです。


試合が始まると渋谷選手は
綺麗なフォームで右ハイキック。
中村選手が蹴り足を掴むと
渋谷選手はパンチを連打するも
中村選手がグランドに持ち込みます。
しかし渋谷選手はすぐに離れて立ち上がりスタンドに。
スタンドですぐにまた右ハイキックを蹴り込みます。
中村選手もスタンドでパンチで応戦しようとするも、
渋谷選手がスタンドでパンチ、キックで圧倒。
中村選手は連続でハイキックを浴びて
火達磨の状態となります。
根性で渋谷選手に向かい倒れない中村選手。
しかし中村選手のパンチを完全に見切った渋谷選手は
蹴りを次々とぶち込み一方的な展開に。
ここでレフェリーが両者を分けてスタンドダウンを取り、
ドクターチェックとなります。

ドクターが時間をかけて中村選手をチェック。
渋谷選手は「弱ぅえー!」と雄叫びを上げます。
ストップかと思われるも、
ドクターがゴーサインを出し試合が続行。
しかし渋谷選手は
右ハイキックから右パンチをぶち込みラッシュ。
一方的に打撃を受ける中村選手に
最後は左フックを叩き込んで
中村選手がダウン。
2ノックダウンとなり、
渋谷選手がKO勝利を修めています。


私は試合中におもわず
「うめぇー!」と叫んでしまいました。
渋谷選手の打撃はまさにキックボクサーのものでした。

渋谷選手はプロフィールでは
格闘技歴は「喧嘩のみ」としていますが、
その戦いぶりは明らかに経験者のものでした。
また、渋谷選手は某有名ジムとボクシングの練習をしているという情報があり、
私としては信頼できる情報源であるだけに、
やはり渋谷選手は格闘技の練習をしている選手であると思います。


マイクを持った渋谷選手は
「ちょっと手加減したんだけど、弱ぇんだよ! 
勝ったから言うけど、本当は利き腕の左腕が骨折してるんだよ!
でも、逃げたと思われたくないから誰かと違って出たんだよ!」

と、明らかに堀弁護士をあてこするコメント。

大会前、私はもしかしたら渋谷選手は
第二回のSHIN選手のポジションの選手ではないか、と思っていましたが、
実力があり、その上キャラクターもある渋谷選手は
まさに今回第三回の隠し玉選手でした。


またアウトサイダーに渋谷選手が出場するのであれば、
次回は是非、格闘技の実績のある選手を相手にした試合が見たいです。
そして、渋谷選手の実力がどれほどのものかを見てみたいと思います。
非常に興味深い選手が現れたと言って良いでしょう。


【結果】
×中村啓紀 vs ○渋谷莉孔
1R 1分3秒 KO(2ノックダウン・左フック)




■第8試合
岸野雄一 vs 渡部健


岸野選手はリングイン時にと飛び込むも、
ロープに足を引っ掛けて頭からリングに転倒。
起きあがると周囲の観客席に
「テヘ、テヘ」と頭に手を置いて謝るリアクション。

The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_渡部健対する渡部選手は青西高嗣の「"AO"CORNER」での入場。
プロレスラー・アレクサンダー大塚(Alexander Otsuka)選手の
入場テーマ曲です。
参考(曲)
Youtube「"AO"corner 〜田村潔司編〜」


試合が始まると
岸野選手がやや高さの足りない飛び膝蹴り。
そのままパンチの打撃戦に行った岸野選手が
左右のストレートを連打。
右ストレートがヒットして
渡部選手が尻餅を着く様にダウンを喫します。
立ち上がって試合が再開。
渡部選手がハイキックを蹴るも
かわした岸野選手が前に出てパンチのラッシュ。
フックからの右パンチを当てて
渡部選手が再びダウンを喫し、
岸野選手のKO勝ちとなっています。


マイクを持った岸野選手は
「ジムのみんな、自分を快く東京に行かせてくれた会社の人たち、
会場の皆さん、ありがとうございました。」
とコメント。
応募写真の印象よりも明るく爽やかな感じでした。


【結果】
○岸野雄一 vs ×渡部健
1R 0分35秒 KO(2ノックダウン・右パンチ)




■第9試合
大久保勇 vs 金島欣和


The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_大久保勇大久保選手は
日本と香港のハーフのラッパー、
NYCCA(日華)の「NO.1」での入場です。
参考(曲)
Youtube「『NO.1』/NYCCA(日華)」


金島選手が柔道式に組み付いて
横に投げてテイクダウン。
下になった大久保選手がしがみつくと
金島選手はハーフマウントからパウンドを落とします。
大久保選手は金島選手の足を取り、
足を絡み付けて足関を狙う体勢に。
そのまま大久保選手は下からパンチを放ちます。
金島選手は離れて立ち上がりスタンドに。
猪木アリ状態でレフェリーがブレイクを掛けます。
スタンドでパンチの打ち合いから、
金島選手が組み付くと
大久保選手は首相撲を差し返して対処。
しかし金島選手は大久保選手の顔面に膝蹴りを放ちます。
大久保選手は首投げで金島選手を投げるも、
グランドで金島選手がバックを取り
マウントポジションを奪取。
そのままマウントパンチを浴びせかけると
レフェリーが試合をストップします。

大久保選手はすぐに立ち上がって両手を広げて
納得が行かないとアピール。
しかし裁定は当然覆らず
金島選手がTKO勝ちを修めています。


両選手ともに、
格闘技の経験を伺わせる試合内容でした。


【結果】
×大久保勇 vs ○金島欣和
1R 2分14秒 TKO(レフェリーストップ・マウントパンチ連打)




■第10試合
中川展彰 vs 赤石明幸


The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_中川展彰骨法矢野道場で学ぶ中川選手。
BEASTIE BOYSのSabotageで入場です。
参考(曲)
Youtube「Beastie Boys- Sabotage」
中川選手、リングインの際、つまづいてこけてしまいます。

そして赤石選手の入場曲が流れると、
セコンドが一人、花道に現れてロープ際で片膝。
続けてもう一人のセコンドが現れると、
最初のセコンドと反対側に片膝を着きます。

そして赤石選手の登場。
花道を連続のバク転からのバク宙を繰り出して
観客の歓声を浴びます。

そしてリングインの際、
赤石選手もロープに引っかかってこけます。

・・・両選手共にリングインでこけた(笑)

リングインした後にもリング中央で
バク宙をする赤石選手。


試合が始まると赤石選手は飛び膝蹴り。
受け止めた中川選手がそのままグランドに持ち込み、
グランドで赤石選手のバックを奪う動きも
赤石選手が逃れて立ち上がりスタンドに。
中川選手も立ち両者スタンドとなります。
赤石選手がローキックを放つと
ローブローとなり、試合が一時中断。

再開されると、赤石選手がハイキックを繰り出し、
お返しに中川選手もハイキック。
すると赤石選手はタックルで組み付き
持ち上げてテイクダウンを奪います。
赤石選手が上を取りサイドを奪いに行くも、
グランドでスルスルと横から回って
赤石選手のバックを取る中川選手。
さすがうなぎの矢野卓見(Yano Takumi)選手の弟子だけあって
中川選手、グラップリングでのポジション取りが上手いです。
バックから首を取ってチョークスリーパーの体勢に入る中川選手。
たまらず赤石選手がタップをして
中川選手が一本勝ちを奪いました。


スタンドからのテイクダウンでは
赤石選手の方が優勢に試合を進めていましたが、
中川選手は下の劣勢からのバック取りが上手く、
赤石選手は結局グランドで何度かバックを奪われる展開となりました。
思った以上に赤石選手も総合に対応していましたが、
予想以上に中川選手のグラップリング能力が勝った試合でした。


【結果】
○中川展彰 vs ×赤石明幸
1R 1分23秒 一本(チョークスリーパー)




■第11試合
菱沼郷 vs 高田敬久


第一回大会で話題を呼んだ
「栃木のヒョードル」こと菱沼選手。
タイガーマスクのマスクを被って
柔道着を着ての入場です。

The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_菱沼郷入場曲は「UWFプロレス・メインテーマ」。
菱沼さん、根っからのプロレス好きの様子です。
参考(曲)
Youtube「『UWFのテーマ』で らき☆すた」
 ・・・他に無かったんで曲だけ聞いて下さい。


試合コールでも菱沼さんは柔道着を脱がず
そのまま試合に挑みます。

試合が始まり、高田選手のローキックに合わせて
タックルに行く菱沼さん。
しかし柔道経験者の高田選手が倒れないとみるや
自ら後ろに仰向けに寝てグランドに誘います。

・・・これは。尻タップ

高田選手がグランドに行き上を取ると、
菱沼さんは下から腕を狙って腕十字へ。
しかし柔道出身の高田選手は極めさせず。
レフェリーがブレイクをしてスタンドに戻ります。

スタンドで高田選手がパンチで前に出ると
菱沼さんは打撃を嫌ってまた自ら後ろに寝ます。
そして猪木アリでレフェリーがブレイク。

スタンドで高田選手がパンチをふるって前に詰めると
菱沼さんもパンチで応戦。
そして菱沼さんは引き込みを試みまたまたグランドに尻タップ。
猪木アリ状態となり、
レフェリーがブレイクを掛けます。

スタンドから高田選手がパンチで前に出ると
菱沼さんは胴タックルに行くも、
高田選手はタックルを受けグランドで上に。
上からパウンドを落とし圧力を掛けたところで1Rが終了となります。

2Rが始まるとスタンドで高田選手のパンチを
菱沼さんは頭を振って応戦するも
右パンチを被弾。
圧力を掛ける高田選手に対して
菱沼さんはまたも引き込みグランドに。
しかしグランドで展開が無くブレイクとなります。

しかし菱沼さんはスタンドからすぐに飛びついて
またも引き込み尻タップ。
菱沼さんの尻タップ連発
場内の観客は微妙な空気になり
笑いやヤジが飛びます。
グランドで高田選手は菱沼さんの足を取り
足関に。菱沼さんも逃れようと動くも
両者の展開が止まってしまいます。
ここで和田レフェリーはブレイクを掛けると菱沼さんに
「今度自分から寝たら反則とるぞ!」と注意。

尻タップできなくなった菱沼さんは
スタンドで高田選手とのパンチの打撃戦に応じるも
すでに残り時間は少なく、
スタンドのままゴング。

菱沼さんはコーナーに上って
「柔道最高!」と叫びます。
菱沼さん、高田選手も柔道なんですけど・・・

しかしながら判定は当然の様に
高田選手に上がり、菱沼さん敗北。


試合は尻タップ連発では
当然の様に膠着試合となってしまい、
高田選手にはちょっと気の毒でした。
あと、菱沼さんは
まわりでいじってあげるべきキャラの人だな、
という事が良く分かった試合でした。


【結果】
×菱沼郷 vs ○高田敬久
2R 終了 判定(0-2)




つづきはその3へ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by しばきあいコマンダー本人   2008年10月30日 17:44
5 初めまして中川本人です。
詳細で的確な観戦記録ですね。実に読み応えがあります。
今大会で初めてアウトサイダーを見たのですが、渋谷、小林、内藤、アパッチ選手等々、やたら打撃スキルの高い選手が多かったですね。
そして、実に色気のある連中でもありました。
控え室も含めてお祭り騒ぎでホント最高に楽しい大会でした。
菱沼さんは80年代の全日の中堅レスラー風でした。
2. Posted by くま@くまページ   2008年10月30日 20:31
>中川選手
わざわざ書き込みありがとうございます。
昔から矢野選手は好きな選手で、
トリッキーが全面に出ていますが
グランドでの技術と、試合の粘り強さが
なかなか面白くて好きでした。

中川選手の、グランドでいつの間にか
攻守が入れ替わっている戦いぶりは
さすが矢野道場だなと思いました。

不良系の選手はやっぱり
打撃が基本の選手が多いですね。
あの色気はそれだけで
チケット代惜しくないと私も思いました。

次は不良のすっごいストライカーとの
試合を期待してます!
3. Posted by しばきあいコマンダー本人   2008年10月30日 23:30
矢野さんの闘い方は本当に奥深いですよね。最高の師匠です。
次は不良系のストライカーと当たりそうですね、、頑張ります!
17歳から20歳の時に持病の悪化で辞めるまでは、キックの試合もいろいろ出てましたので、しばきあいは大好きなんですが、、。
当時はMAXで安廣選手を倒した久保坂左近さん、大月晴明さん、前NKBバンタム級王者で元強豪プロボクサーの野口康裕さん達と練習してました。吉鷹さんともたまに。
4. Posted by しばきあいコマンダー本人   2008年10月30日 23:49
ちなみに一番お気に入りの選手は誰ですか?
僕は「豊中を震撼させた秒殺百烈拳」大藤選手が印象に残りました。
試合の朝、彼が一匹で駐車場のベンチで黄昏ているのを見て、ちばてつやの世界の住人のような哀愁を感じました。

「犬山藩、丸に一の闘将」中西選手も素敵でした。一筋縄ではいかぬ、地方豪族のような貫禄が最高に渋かったです。

あと、KOされた玉井選手は同じ京都府出身なので、来年にまた出て欲しいです。
5. Posted by くま@くまページ   2008年10月31日 22:53
またコメントありがとうございます。

一番お気に入り、と言われると
正直困るのですが、
色気のある不良の試合が見たい、
っていうのがアウトサイダーでは
やはり一番先に来ますね。

非不良の選手の場合は、
やはり不良の選手を相手に
見た目と違って不良の選手を手玉に取ったりするのが好きですね。
やられる不良も意地とかを前面に出して
抵抗しますし、
やっぱり気持ちの入ってる試合は
見ていて熱いですし気持ちがいいです。

大藤選手も中西選手も、地方から
一人で試合に臨んで来ている選手ですね。
試合前や後の選手の姿とかを
ドキュメンタリーで撮ったら
すごく面白い映像になると思うんですけど
誰か作ってくれないですかねw


そうそう、中川選手の入場曲を知りたい、
っていうリクエストが来てるので、
もしよろしければ教えて下さい。

重ねてコメントありがとうございます。
6. Posted by しばきあいコマンダー本人   2008年11月01日 01:36
入場曲はビィースティーボーイズのサボタージュです。
アルバム名はイル・コミュニケーションです。

ドキュメント、いいですね。
関西テレビあたりに作らしたら、ええ仕上がりになりそうです。
7. Posted by くま@くまページ   2008年11月01日 10:47
中川選手、
入場曲ありがとうございます。

そういえば、早川選手は
見ていて気になった選手でした。
後で聞きましたが
彼も一人でやってきて、
グランド経験もミット打ちもやった事がない状態だったそうで、
それでも経験者を相手に、不良の坩堝に飛び込んで来て
試合しましたからね。

重ねてありがとうございます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
総アクセス数
  • 累計:

訪問者数

    Recent Comments
    Recent TrackBacks
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    • ライブドアブログ