2008年12月07日

12/20 THE OUTSIDER第四戦。四たび濃ゆい選手紹介その2。

08年12月20日にディファ有明で行われる
「THE OUTSIDER 第四戦」について、
エントリー選手の経歴を
新規選手をピックアップして
第二弾としてご紹介したいと思います。

今回も出場選手の情報については
追って追加をしたいと思います。
また、記事への追加の情報や訂正依頼などは
対応致しますので、メールもしくはコメントにて
お知らせ頂けると幸いです。


その1はこちら



■土屋クレージー(Tsuchiya Crazy)

THE OUTSIDER第四戦_土屋クレイジー土屋クレイジー選手は
本名を土屋裕治(Tustiya Yuji)といい
1977年9月9日生まれで山口県出身。
山口県の毛利道場に所属する選手であり、
アウトサイダーで活躍する秋山翼選手の同門となります。
参考
BLOG クレイジーの最凶戦記

土屋選手は、元ZERO-ONE(現ZERO-ONE MAX)の営業部員をしていたという
経歴を持つ選手でもあります。

【総合格闘技 戦績】
08. 2/  Rush Out
       ○(対戦相手不明)
08.11/ 9 山口フリーファイト1 ウェルター級
       ○又賀雅之(VAN-WOLF) 判定45-42

【グラップリング 戦績】
05.12/11 第3回九州修斗グラップリングオープントーナメント
  一回戦  ×田口亮(MMA G-SPRITS) 判定0-4
06.10/29 CLUB FINEキャッチレスリング
       (対戦相手・勝敗不明)

【プロレス 戦績】
07. 7/13 UWAI STATION OSAKA 
       ○角英輝(拳和館) 5分27秒 TKO


07年1月に福岡で行われたUWAI STATION Zepp Fukuokaでは、
第一部の総合の試合に出場。
剛史選手と対戦した土屋選手は
1Rに腕十字を極められて一本負けを喫しています。


THE OUTSIDER第四戦_土屋クレイジー_UWAI STATION OSAKA_207年7月には、プロレスのUWAI STATIONに出場。
当初、毛利道場の毛利昭彦(Mori Akihiko)選手が出場予定であったこの試合、
毛利選手がHERO'Sの出場が急遽決定した為に
土屋選手が代替として出場、
プロレスデビューをしたものです。
プロレスに出場する空手家の角英輝選手と
対戦した土屋選手は
エルボーで突進するもカウンターで飛び膝蹴りをもらい、
右ハイキックを浴びて5分27秒でTKO負けを喫しています。
(上写真・プロレスの試合をする土屋選手)


「毛利軍の軍師」を自認する土屋選手。
山口のイベントでは
選手紹介やプロフィールの文章を作成する仕事を担当するなど
見かけとは裏腹にインテリジェントな一面も持つ選手の様です。
これまでで毛利道場の選手は
なかなかのスキルを見せているだけに、
道場の中心メンバーである土屋選手の試合ぶりは興味深い所でしょう。



■リアルネットカフェ難民佐藤(Real NetCafe Nanmin Sato)

THE OUTSIDER第四戦_リアルネットカフェ難民佐藤佐藤選手は
1978年3月24日生まれで山口県出身。
08年2月より格闘技を始めた佐藤選手は、
山口の毛利道場に所属する選手です。

今回のアウトサイダーに出場する土屋クレイジー選手とは
同級生にあたります。
参考
クレイジーの最凶戦記「嬉しいメール 」


東京に上京した佐藤選手は、
バンドでメジャーデビューをした経歴を持っていますが、
一時期路上生活者にまで身を落としたという経験を持っています。
現在もリアルでフリーター生活を送っている様子です。
参考
クレイジーの最凶戦記「生きてこそ 」


【総合格闘技 戦績】
08. 3/ 4 CLUB FIGHT.1 MMAチャレンジマッチ 3分2R
      ×GO-ZIMAN(大和team桜) 1R 0分30秒 KO(右フック)



08年3月のCLUB FIGHTで格闘技デビュー。
大和team桜のGO-ZIMAN選手と対戦するも、
開始30秒で右フックを浴びてKO負けを喫しています。


佐藤選手、リアルでネットカフェ難民でした(笑)
格闘技歴半年という経歴で
実際どこまでのスキルを身につけているかがポイントですが、
どうやら半年の間、毛利道場の毛利昭彦(Mori Akihiko)選手と
練習を積んでいるだけに、
その成果に期待したい所です。



■雨宮禎(Amemiya Tadashi)

THE OUTSIDER第四戦_雨宮禎雨宮選手は
1976年6月7日生まれで東京都文京区出身。
谷山(与国)秀行選手と同じS51年世代の不良出身の選手であり、
台東区や墨田区などの下町方面では最強クラスと言われ
都内最強クラスの一人として有名だった人物です。


雨宮選手は現在、エンターテイメントの関連事業を行う企業の
代表取締役を務めており、ビジネスの世界でも成功をして社会的地位を築いています。

グループの企業では、
ボクシングの内藤大助選手やシュートボクシングなどの
マネージメント業務なども手がけており、
先日08年11月に行われたシュートボクシング「S-cup2008」では、
与国秀行選手のS-cup出場に尽力をしたとの事です。


第一回では与国選手の応援で
アウトサイダーに来場をしていた雨宮選手。
不良系の選手が毎回熱い試合をする事はみなさんご存知だと思いますが、
その中でも、かつてトップクラスの伝説を誇った
雨宮選手の戦いぶりには
否が応でも注目せざるを得ないと言えるでしょう。



■ROWDY(ローディー)

THE OUTSIDER第四戦_ローディRφWDY選手は
本名を大谷兼一郎(Otani Kenichiro)といい
1980年12月27日生まれで香川県出身。
武勇会館高松支部に所属するキックボクサーです。

08年7月にはMA日本キックボクシング連盟のプロテストを受験。
見事合格をしています。

【キックボクシング 戦績】
07. 2/25 第1回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      △白石優太(FineSpirit) 判定1-1
07. 4/15 第2回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      ×三好賢匠(井上道場) 判定0-3
07. 7/ 8 第3回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      ○山本正嗣(真キック) 判定3-0
07. 9/16 四国グローブ空手交流試合
      ×(対戦相手不明) 延長判定
07.11/23 第5回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      △倉橋健介(FineSpirit) 判定1-1
08. 2/17 第1回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      △佐々木大輔(FineSpirit) 判定0-0
08. 4/13 第3回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      ○日野満将(武勇会館) 判定3-0
08. 4/20 KAKUMEIアマチュア中国地区大会
      ○(対戦相手不明) 判定
      △石田武弘(直心会) 判定0-0
08. 6/15 第14回西日本グローブ空手選手権大会 軽中量級 準優勝
 決勝   ×中路りょう(新日本拳法同志会)
08. 7/ 6 第3回四国アマチュアキックボクシングリーグ
      ○藤川晃徳(OZMOSIS) 判定2-0
08. 7/25 THE SMOKER'S PARTY 2 68kg契約 3分3R
      ○宮里全建(バンゲリングベイ) 3R 判定3-0
08. 9/14 IGOOSO1 1 70kg級トーナメント
 一回戦  ×ドイカラス(岩崎道場) 延長判定0-3

【グラップリング 戦績】
07.10/14 第6回中国アマチュア修斗フレッシュマン&修斗グラップリング(非公式戦)
  闘裸男トーナメント ライト級(7名参加)
 一回戦  ○桑田洋助(総合格闘技道場BURST) 判定22-20
 準決勝  ×大道翔貴(ゼロ戦クラブ) 3分33秒 一本(腕十字)



THE OUTSIDER第四戦_ローディ_ローディー_THE SMOKER'S PARTY 208年7月には東京・恵比寿で行われた
THE SMOKER'S PARTY 2に参加し
キックボクシングでプロデビューし、
バンゲリングベイの宮里全建選手と対戦。
序盤から連打で前にでたROWDY選手は
宮里選手がROWDY選手のパンチに
キックを返す展開となるも
手数を積極的に出してアグレッシブに
優勢に試合を展開。
判定となり、3-0で勝利を修めてデビュー戦を飾っています。
(上写真・勝利を修めたROWDY選手)

THE OUTSIDER第四戦_ローディ_ローディー_THE SMOKER'S PARTY 2_02ちなみにこちらが、ROWDY選手の
THE SMOKER'S PARTY 2のポスターでの写真です。
「香川のアウトサイダー」と書かれています。
(左写真・ポスターでのROWDY選手)









ROWDY選手も、やはり地元香川では
不良として過ごしていたとの事です。
キックボクシングでMAキックのプロライセンスを持つだけに
打撃の経験とスキルは期待できると思われます。

グランドや総合に関しては、地元のプロシューターやアマ選手と
練習を積んでいる様子ですが、
やはり基本的にはキックボクサーと考えて良いかと思います。
アグレッシブな試合を期待できるのではないでしょうか。



■鈴木達(Suzuki Tatsuru)

鈴木選手は学生時代に柔道を経験。
その後キックボクシングを練習し、
パワーオフドリームに所属をする選手です。


【キックボクシング 戦績】
06. 5/27 第20回グローブ空手オープン選手権大会 70kg以上 準優勝
 決勝   ×大西敏幸(センチャイムエタイジム)
07.10/28 KAMINARIMON CLIMAX'07 Bクラス80kg超級
      ×三沢晃治(クロスポイント吉祥寺) 判定1-2
07.11/25 KAMINARIMON Bクラス重量級
      ×高橋謙太(TARGET) 判定0-2
08. 2/24 KAMINARIMONワンマッチ Bクラス重量級
      ○三沢晃治(クロスポイント吉祥寺) 判定3-0


プロフィールの柔道の経歴は、
恐らく学生時代に経験した物だと思われます。
K-1トライアウト2008で合格をしている三沢晃治選手と
勝ち負けの勝負をしている事からも
キックボクサーとしてはそれなりにスキルのある事が予想されます。



■山田史博(Yamada Fumihiro)

THE OUTSIDER第四戦_山田史裕山田選手は
1987年7月14日生まれで神奈川県相模原市出身。
新宿歌舞伎町で行われる喧嘩格闘技イベント
「武将」で活躍をする選手です。
地元や近県ではストリートファイト無敗との事です。



【総合格闘技 戦績】
08. /  武将 其の二
      ○テル(名古屋)
08. 6.15 武将VS喧王
      ○イッチョメ(喧王)
08. 8/31 KRUNCH
       KID Nori(杉浦グループ)
08.10/19 武将 其の三
      ○将宜
      ○野呂秀行(マッスルパワー)



08年6月の武将VS喧王ではワンマッチに出場。
喧王のイッチョメ選手と対戦した山田選手は
秒殺で勝利を修めています。

08年9月に行われたB.A.C.Sでは、
試合には出場していないものの、
山田選手は錦糸町一寸法師チームの副将としてエントリーをしています。


武将に出場する時には、山田選手には
毎回大応援団が応援に駆けつけるそうです。

喧嘩ファイターが主戦場とする武将で
スタンド、グランドともにスキルを見せて勝利を挙げている山田選手。
喧嘩に近いルールで全勝している実績は
アウトサイダーでも戦いぶりに期待が持てると言えます。

今回は渋谷杉浦グループとしてアウトサイダーに出場する山田選手。
杉浦グループがアウトサイダー出場のために選んで繰り出してきた選手であるだけに
相応の実力が期待できそうです。



記事については、追加情報が有った場合
追記しようと思います。


またおって(・∀・)/


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 徐庶   2008年12月09日 10:52
同じ軍師キャラとして応援せずにはいられないッッ
2. Posted by くま@くまページ   2008年12月09日 22:23
>徐庶さん
向こうは蜀の五虎大将軍らしいですよ。
http://pr.cgiboy.com/06397987

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
総アクセス数
  • 累計:

訪問者数

    Recent Comments
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ