2009年05月15日

5/5 THE OUTSIDER第6戦。観戦しましたその2。

ネットやPCの調子が悪くてかなり遅れてしまいましたが、
5/5のアウトサイダー第6戦の観戦顛末の続きです。



そういえば、前回書き忘れていましたが、
今回、佐野さんの応援に、
第四回大会で下中選手(先走りマン)の
セコンドを務めていた人物を誘って来てもらっていました。
佐野さんが敵討ちとか言ってましたので。

第一試合が始まる直前にトイレに行った私が戻ってくると、
そのセコンド氏の傍らには、なんと下中さんが
きっと下中さんも来ているだろうと、セコンド氏が連絡をして呼んだ様子です。

久しぶりに話した下中さん。
松本戦で負った負傷はすっかり癒えている様子でした。


多分、試合前の準備で電話には出られないだろう、と思いつつ
一応教えてやろうと佐野さんに電話。
やっぱり出ませんでした。



では試合観戦記の続きを。


■第2試合
シンゴD2 vs 中川真琴


中川選手がロー。
シンゴ選手がパンチを放つと中川選手が右パンチをカウンターでヒットして
さっそくシンゴ選手がぐらつきます。
しかしスタンドで組み付いたシンゴ選手が
押し倒す様にテイクダウンに成功すると
グランドでマウントを奪う事に成功します。

マウントパンチで圧力を掛けるシンゴ選手に
中川選手は体を返し、シンゴ選手がバックに。
しかし中川選手は立ち上がる事に成功して
シンゴ選手を振り落とし、パンチから首に腕を掛けて組み付くと
テイクダウンの成功して上を取り返します。
ガードポジションを取るシンゴ選手。
中川選手が立ち上がって猪木アリ状態となると
スタンドから中川選手がパウンドを落としに行きます。
しかしここで動きが乏しくなり、レフェリーがブレイク。

スタンドで再開されるとシンゴ選手が前に。
中川選手は右パンチでカウンターを放つも
シンゴ選手が組み付きテイクダウンを奪います。
しかしグランドで上からの攻め手が無いシンゴ選手は
中川選手を攻める事ができず、
しばらくグランドで膠着の後に立ち上がります。
そして1Rのゴング。
場内は静寂に包まれています。

2Rに入ると、中川選手がパンチで出ると
シンゴ選手もフックから組み付いて、
首に左腕を掛けて投げを試みます。
しかし中川選手は堪えて倒れず、
逆にシンゴ選手を投げてテイクダウンを奪います。
上からパウンドを放ちに行く中川選手に対して
シンゴ選手は蹴り離して防戦。 
立ち上がって前に出てタックルに行きます。
フロントチョークで受ける中川選手。
しかしお互いにグランドで決め手に欠け動きが乏しくブレイクとなります。

打撃で前に出るシンゴ選手をかいくぐって
中川選手が組み付きテイクダウン。
ボディへの膝蹴りを放ち、シンゴ選手が立ってくると
首を取ってがぶりの体勢を取ります。
しかしそのまま動きが乏しく膠着状態となって試合が終了。
勝負は判定となり、中川選手がジャッジ一人の支持を得たものの
判定1-0でドローとなっています。


シンゴD2選手は得意の打撃のスキルを見せると共に、
前回秋山翼戦では見せることのできなかった
グランドへのムーブを繰り出して見せました。
一方の中川選手は、プロフ通りに
総合格闘技の練習を行っている成果を見せて
特にグランドで優位なシーンを繰り返し見せてくれました。

正直、後半は両選手ともにやや動きが落ちてしまいましたが
負けたくない気持ちは見られた試合だったと思います。



■第3試合
岩本一貴 vs 田母神功


まずは田母神選手が入場。
花道で縄跳びが2本回され、ダブルダッチの妙技が披露されます。
かなりの身体能力を期待させる入場です。


試合が始まると田母神選手が膝蹴りでつっかかるも、
岩本選手はかわしてジャブを突き組み付きます。
倒された田母神選手はハーフガードで足を絡めるも、
岩本選手はパウンドで圧力を掛けてパス。
マウントを奪い、マウントパンチを落とします。
防御のできない田母神選手が体を返すと
岩本選手はバックからチョークスリーパーの体勢に。
きっちりと絞め上げて田母神選手からタップを奪い、
1R 1分11秒で岩本選手が一本勝ちを修めました。


岩本選手は、第三回大会に出場をした
土橋政春選手にグランドを学んで、
弱点のグラップリングの克服を行っていた様子です。
その為、田母神選手はその身体能力を生かす前に
グランドに持ち込まれて敗れるという結果となりました。


これまで二度、アウトサイダーのリングで敗れていた岩本選手、
勝利を得る為に、不得手のグランドの練習を積み、
スキルアップをして戻ってきました。
アウトサイダーをきっかけとして
格闘技の練習を積んだその姿は、
まさにコンセプトに沿ったアウトサイダーであると思いました。
私は試合を見て、ニヤリとしてしまいました。
岩本選手、勝利おめでとうございます。



■第4試合
五十嵐充 vs 梅木千世

五十嵐充_ジウインナーこの試合でアウトサイダー初登場の五十嵐選手は、
立正大学プロレス研究会(RWF)に所属して
「ジ・ウインナー」のリングネームで
学生プロレスで活動を行ってる選手です。
(左写真・ジ・ウインナー選手)

RFWというと、
新日本プロレスに所属するプロレスラー、
棚橋弘至選手の所属していた
RWF(立命館大学学生プロレス連盟)が有名ですが、
五十嵐選手の所属するRFWは同名の別団体です。


以下は06年4月27日に行われた
五十嵐選手のRWFでの王座戦の様子です。
参考
Youtube「=RWF= ターザン対ウインナー?」

Youtube「=RWF= ターザン対ウインナー?」


ちなみにこちらが初防衛戦の様子。
参考
立正大学プロレス研究会RWF「6.8 『愛しさと切なさと打たれ強さと』」


学生プロレスをやっている選手は、
伝統的に学校の単位を落として留年する傾向にあるらしいですが、
五十嵐選手も例に漏れず、6年生くらいをやっているらしいです・・・



梅木選手は入場で、
漫画「ホーリーランド」のワンシーンを再現しての登場。
なるほど、佐野さんが「リアル神代ユウ」の名前になってから
何故か気にしているな、とは思っていましたが、
入場を見てなんでかが分かりました。

The Outsider 第三戦_観戦記_入場曲_梅木千世入場曲は、最後に前回と同じ
「人として軸がぶれているらっぷ」につなげる曲で入場。
参考
Youtbe「【らっぷびと】 人として軸がぶれているらっぷ 【さよなら絶望先生】」


試合が始まると、
学生プロレス王者の五十嵐選手は
いきなりロープに飛んでロープワークを披露。
前後左右のロープに飛んで撹乱を始めます。

五十嵐選手にロープに飛ばれた梅木選手と五十嵐選手が
リングで対峙となり、梅木選手が打撃を繰り出した後に
両者組み合いとなります。
もつれて梅木選手が上となりグランドに。
しかし五十嵐選手はガードポジションからの
下からの仕掛けを見せて
梅木選手の腕を取って裏十字の体勢に。
そのまま極めとなり、レフェリーが試合をストップ。
1R 0分33秒で五十嵐選手が一本勝ちを修めています。


学生プロレスが総合にどれだけ役に立つのかは
正直私は良く分かりません。

しかし、五十嵐選手は戦極トライアルの一次(体力テスト)を通過しており
トレーニングを積んでいる事を証明しています。

また、プロレスの好きな人は基本、格闘技の好きな人が多いですが
五十嵐選手もプロフによると、様々な格闘技を経験している様子です。


今回、五十嵐選手が極めた、ガードポジションからの腕十字は、
グランドの経験のある人は分かると思いますが、
寝技の心得のある相手には、そうそう掛かる技ではありません
梅木選手がガード上で、右腕を肩ごとかなり突っ込んでしまい
腕を取られた後に対処が遅れた、もしくはしなかった為に
裏十字が極まってしまったと言って良いのではないでしょうか。


今回のこの試合では、
両選手の格闘技への積み重ねがそのまま出た試合であると思いました。



■第5試合
野口聡 vs モルトマン

前回負傷で敗れたものの、
打撃の良かった野口選手。
今回はその真価を見せられるのか、と
私はちょっと期待をしていました。

一方のモルトマン選手は
どうやらスタンド打撃戦を挑む構えの様子。


野口選手は試合が始まると左右の突き。
モルトマン選手が組み付くと
野口選手がクリンチに捕らえます。
離れると腕を下げた構えの野口選手は
左右の突きを連打します。
モルトマン選手は組み付いて野口選手を押し込み、
動きが止まってレフェリーがブレイク。

スタンドで再開されると
中間距離の野口選手はローキック、そして横蹴りを入れます。
モルトマン選手は打撃で前に出られず、
後退気味で防戦となります。

ここでセコンドからの激が飛び、
右パンチから前に出るモルトマン選手。
これまでの防戦が嘘の様に打撃戦を挑み掛かります。
野口選手もパンチで応戦し、
両者打ち合いとなるも、乱打戦でモルトマン選手の右パンチがヒットすると
野口選手の動きが止まり、モルトマン選手がラッシュ。
パンチを浴びた野口選手が尻からダウンを喫すると
レフェリーが試合と止め、
1R 1分47秒でモルトマン選手のKO勝ちとなっています。



前回、今回と野口選手の試合を見ましたが、
中間距離での打撃は非常に良く、相手を見て的確な打撃を出していました。
しかしながら、二試合続けて、接近戦での乱打戦で打ち負けてしまい
相手のパンチを食らってKOを喫しています。

これは、野口選手が
近距離での打ち合いを得意としていないと言って良いのではないでしょうか。
ノーガードの構えや、サイドキックを放つなど
随所に中国拳法の匂いを感じさせる戦いだった野口選手。
このあたりに、二試合続けて乱打戦で敗れた理由があるのかもしれません。


しかし、実際に練習している選手の目で見るとどうなんだろうか・・・
あ、ちょうど横に、佐野さんの道場のTさん(ボクシング経験者)が。


くま 「接近戦で打ち負けちゃった野口選手っていうのは、
    やっぱり何か打撃に欠陥でもありましたかね?」

T  「あんだけ打ち合ったら、そりゃあパンチもらうよ(キッパリ)」

ああ、そういうもんですか。
確かに。


その3へと続きます。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 佐野哲也   2009年05月17日 14:00
下中さん来てたんですか。
これ読んで初めて知りましたよ。



そしてトモタカさんがくまページに登場する日が来るとはw
2. Posted by くま@くまページ   2009年05月17日 23:51
>リアルじんだいユウ
会場で客席うろついてたときに教えただろww

順調にドランカーが進行してるようですねotz

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
総アクセス数
  • 累計:

訪問者数

    Recent Comments
    Recent TrackBacks
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    • ライブドアブログ