2011年01月03日

11/27 VOLTAGE vol.1。紛れ込んで書いてみた その1。

さて。


更新が遅れてしまい、間が開いてしまった当ブログ。


反省しました。



で。


うちのブログはのコンセプトは
「他の誰も書かない事を書いて載せる。」という一点のみです。

だって、みんなが書くような内容なら、
格闘技雑誌とか、プロのライターとかが書いたの読んだほうが
クオリティも高いじゃん。

どこの誰だか分からない一素人が、
プロの試合の感想文あーだこーだ書いても
そんなもん読みたい人間なんかいないだろう、と昔から思ってました。
少なくとも私は今でも読みたくありません


誰も書かない、みんなが興味無い所を、
無駄な労力と勢いでしがらみとは無縁に書き殴る

これが私のスタイルというか、なんと言うか。



で、反省した結果、今回思いついたネタ。


「格闘技オタクが、格闘技イベントの中の人に混じって内側視点からブログを書く。」
これは多分、今まで誰もやったことがありません。


正確に言うと、選手やスタッフの人がチョロっと
「今何々してますよー」的に日記を書くのはよくあります。

ですが、うちのスタイルで、重箱の隅まで無駄に書き殴った人はまだいない、と。


ですので、東大阪のカレー屋のおじさんからクレームが来るまで
延々と無駄に書き連ねてみようと思います。




さて、今回見てきたイベントは、
2010年11月27日にディファ有明で行われた「VOLTAGE vol.1」というイベントです。

プロとしてはまだまだこれから活動をしていく
若手選手を中心としたマッチメイクのこのイベント。
ルールはかつて一世を風靡したPRIDEルール(4点からの打撃有り)に加えて
肘打ちをも解禁したという、なかなか過激というかアグレッシブなルールが目を引きます。


肘打ち有りなら日本では「CAGE FORCE」が肘有りルールですし、
UFCなんかはグランドでの肘打ちが一部認められていたりします。
4点からの打撃に関しては、かつてPRIDEで数多く我々は見てきましたし。

しかし、全部を有り、っていうのはここ最近では記憶にありません。
かつて総合格闘技の創生期には、当たり前にブラジルとかでやってましたが。

日本では、95年12月にK-1で行われた
「田村潔司 vs パトリック・スミス」以来じゃないかと。
参考動画
Youtube「Kiyoshi Tamura vs Patrick Smith 」



まあ、今流行りの「地下格闘技」の大会では
頭突き、肘膝無制限というルールで試合してたりするんですが。
肝心の選手のスキルが素人なんで、
全く有効には肘とか使えてないのが現状なんです。


それを、何年も練習を積んだプロの総合格闘家が使うと
いったいどのような事になるのか。
ある意味武道的な観点からも興味をそそるこのルールは
なかなか内容的には面白そうです。




voltage01_丸山のりお_01今回、私はこの「VOLTAGE」で
MMAトータルアドバイザーとかいう肩書きがついてる
丸山のりお氏という、東大阪のカレー屋のおじさんと
なぜか知り合いだったので
イベントのバックステージを一日、
自由に歩き回らせてもらいました。
(左写真・丸山のりお氏)


【AM 9:00】

まずは、イベントのスタッフが朝10時にディファ有明に集合とのことだったので、
9時にディファ有明の外階段の所に。


voltage01_週プロ選手名鑑いたのは、カレー屋のおじさんと、映像スタッフの人、
そしてバンテージチェックに呼ばれたプロレスラー
(週プロ2011写真名鑑に掲載されている選手)の3人のみ。
(左写真・週プロ2011写真名鑑)




映像スタッフの人は、前日まで煽りビデオ作って
編集スタジオとかに行ってたらしく、ほとんど寝ないで来てました。
なのでかなり眠そうです。

まあスタッフの人によるとなんでも、
「格闘技やってる人間が時間通りに来る訳無いから、集合を早くした」との事で。
うん。正しい。非常に正しい

なんでプロレスラーの人にとりあえず、
「プロレスラーが集合時間前に来ちゃ駄目じゃないですか(笑)」などと言ってみる私。



【AM 9:30】

しばらくして、イベントスタッフとして手配された面々がやってきたので挨拶。
「くまです。」と挨拶すると、
「ああ、飯田さんの件ではお世話になりました(ニヤニヤ)」と返される(註1)始末。


ああ、あん時の人たちでしたか。

もうね、なんだかね・・・。

 ※(註1)その昔、飯田崇人選手がウマハノフとやった頃に、くまが飯田選手に怒られた件。



そんなこんなで、ある程度スタッフが集まってきたので、
いつも私がタバコを吸っている、ディファの駐車場の階段を上がって
中へと入ります。

自動扉を入ると、正面壁の向こうには大部屋が。
いつもアウトサイダーで控え室に使われているあの大部屋です。

廊下は入り口で左に曲がっており、大部屋の向かいには小部屋がいくつか。
その先で廊下は階段の段差になっており、
椅子が置かれたロビーが有りました。

voltage01_noah右手の壁には、「プロレスリングNOAH」のロゴマークが。
こいつが、よく見るアレか!
つう事は、ここがNOAHの事務所前ってことか。
うおおおぉガチ!


とりあえず、今日のディファは全部を借りられているそうなので、
勝手にNOAH事務所前のロビーでくつろぎモードへと入ります。




途中の小部屋に「ラウンドガール控え室」と張り紙がされ、
中には・・・・・


あるジムの会長と、あるプロ格闘家の姿が。
今ここに居る中で一番強いであろう人が二人勝手にくつろいでいる・・・・


とりあえずあそこは放置で。



とりあえず、今日場内で使う予定のいろんな小物とか、
書類関係を搬入して並べます。



【AM 10:30】

とりあえず、ディファの二階席、
入り口入ってすぐ右にある階段を上ったところですね。
通常の興行では、だいたいここは音響さんなどの作業スペースとなっているので
一般の客は入る事がない場所です。

こちらで、今回「VOLTAGE」の興行のキモとなる
煽り映像を中心に、場内で流す音楽などの準備をしています。

肝心の煽り映像のデータは・・・・
作った人が、事務所に忘れてきました(笑)

代表の車でスタッフの弁当と一緒に取りに帰る事に。
そのときに私はなぜか代表に
「ラウンドガールの一行が到着したら案内をお願いします」と頼まれる事に。
いいですけどなぜ私をチョイス(笑)


そして不在の間、なぜか私が音響スタッフの質問を受けてしまい、
たまたま映像の知識があったので、答えて確認する事に。



【AM 11:30】

ロビーでお茶を飲んでくつろいでいると電話が。
「ランドガールらしき車来てますよ!」


何い!!


ダッシュで駐車場に。

くま「代表からご案内するように申し付けられておりますので。」

控え室へと案内する私。

椅子やらテーブルやらがいくつか欲しいらしく、
調達して運び込む私とカレー屋のおじさん。


【AM 12:00】

入り口受付を手伝わされた私。
とりあえず、机二つを横に並べて、椅子を並べます。
ディファには、使っていい机や椅子が常備されてるんですね。

とりあえず、券とパスを並べて座る私。


・・・・・



・・・・・


誰も来ないね


そりゃそうだ。

選手は13時集合ですんで。



しばらくすると、一番のりで来たのは
メインイベントの出場するGRABAKAの増田良太選手。
すっげえ真面目そうだ。
この人今日、格上と大一番やるんだよな・・・・


まあ、しばらくすると、選手やレフェリー陣が続々とやってきます。
私はおかげ様で、だいたいの選手やレフェリーの顔は、見れば分かるんですが、
野口レフェリーが来た時だけ、

くま「・・・えーと」
野口「レフェリーの野口です。」
くま「・・・・あ! お待ちしておりました!」

パッと誰だか分からなかった(笑)
言われて初めて、リングの上の姿と結びつきましたよ。
確かに野口大輔レフェリーだ。


到着した選手から順番に、
パスを渡して、それぞれのコーナーの控え室へと案内。
選手とセコンドが一緒に来るチーム、
それぞれバラバラにやってくるチームなど
各々特色がありました。
なんで受付もそれに合わせて臨機応変に対応。


【PM 13:00】

選手達が計量の為に
大部屋へと続々と向かっています。

ここで計量行う訳です。
計量の後はすぐに、
綱川慎一郎ドクターによるメディカルチェックが。
この綱川ドクターは自身も格闘技の練習をしているドクターであり、
またチェックは妥協を許さないことで格闘技業界では有名ですので、
信頼度は随一と言っても良いのではないでしょうか。

ねえ、○○さーん!(独り言)


【PM 14:00】

大会の行われる場内では、
選手の入場から、試合後の勝利者のマイクまで
一通りの動きを確認する為に
音響、スタッフを揃えてのリハーサルが行われています。

選手役を任されたスタッフも普段は自分で試合をしている選手ですので
花道を人のとはいえ入場曲に乗って歩いてくるのは非常に楽しそうです。

試合のリハーサルはなぜかライトスパーに(笑)

勝利者ポーズを取らされ、カメラなどの位置を確認すると、
なぜか一斉に写メを撮り出す身内一同(笑)



【PM 14:30】

計量を済ませた選手達が、ぞろぞろと大部屋控え室から帰ってきます。
この後ルールミーティングが行われる予定となっています。

隙を突いて弁当を食いに走る私。
食うチャンスは今しかねえ!


【PM 15:00】

さて、出場選手を集めてのルールミーティングが行われます。
イベントなどに出場したことがある人は体験済みでしょうが、
そうでない人は当然、どのような形で行われているのか見た事が無いはずです。

IMG_8521
リングの上に何やら集まるレフェリー陣。

IMG_8523
左から和田良覚、千葉義則、野口大輔、MAX宮沢、長谷川秀彦、平直行と揃っています。
なんでもカレー屋のおじさんによると、
「『VOLTAGE』は安全性に問題がある」などと
業界の悪い人に噂を流されたそうなんですが、
このレフェリー・ジャッジ陣を見てどこに問題がと。
というかメジャー興行と同じメンバーですね。

IMG_8524IMG_8525

IMG_8527
ルール説明を行うリング上のジャッジ陣を見上げる出場選手とセコンド一同。


IMG_8528IMG_8529
IMG_8530IMG_8532
ルールディレクターとなる和田レフェリーが
マイクを持って説明を始めます。
傍らに控えるほかのジャッジ陣。

IMG_8542IMG_8539
マイクを持って熱心にルールを説明する和田レフェリーと、
それを聞く出場者一同。

IMG_8543IMG_8545
身振り手振りを始める和田レフェリーと、
それを見つめだす出場者たち。

IMG_8547IMG_8548
IMG_8553IMG_8554
とにかく熱心にルール説明を行う和田レフェリー。
その筋肉は尋常じゃありません

IMG_8557IMG_8559
他のレフェリー陣は背後に控えて和田さんの説明を聞いている状態。

IMG_8567IMG_8568
IMG_8570IMG_8571
IMG_8572IMG_8573
IMG_8574IMG_8575
平直行レフェリーを実演に使って説明を行う和田レフェリー。
上に乗る平レフェリーが非常に嬉々とした表情で楽しそうに演じています。

IMG_8579
楽しそうな平レフェリーを尻目に
飽きてあくびをしている長谷川秀彦選手

IMG_8601
こんな感じでルールミーティングは行われました。
総合格闘技の大会であれば、だいたいこのように
試合前に選手を集めてルールの説明および確認が行われます。

このルールミーティングを行う為、
事前にルールディレクター(ここでは和田レフェリー)と
ルールを策定した主催者が、事前に打ち合わせを行って細部を詰めてある訳です。


【PM 15:30】

そしてルールミーティングが終わると
すぐに各選手のためのリングチェックの時間となります。
IMG_8606IMG_8607
IMG_8608IMG_8610
IMG_8613IMG_8615
IMG_8616IMG_8621
マットの材質や硬さ、ロープの張り具合や
リングそのものの広さなどを確認して、
得意な戦法や、今日の試合の戦略の為の確認を行ったりします。
IMG_8626

中には気にせず、プロレスごっこしてたりする人もいますが・・・


【PM 16:30】

IMG_8704IMG_8666
IMG_8669IMG_8714
IMG_8722
リングチェックが終わると、
場内の照明なども合わせ、リング進行の最終リハーサル。
選手役のスタッフは気分が乗ってほぼ選手状態です。

というか半分悪乗りしすぎ(笑)


【PM 17:00】

ディファ前の駐車場には、早めの到着しているお客さんが
ちらほらと集まり始めています。

ロビー入り口横の受付ブースに券の用意を終えて、
お客さんを迎える準備はほぼ整いました。


ここで開場は17時半の予定でしたが、
場内演出の希望から30分延期して18時開場に。

事前の案内と時間がずれると
運営のバタバタ感を観客に与えるので
理由の如何を問わず基本的には好ましくは無いです。
お客さんには主催者の都合なんて関係ないですから。


そこそこのお客さんは待っているものの、
長蛇の列を作っている訳ではないこの状態。

はたして「VOLTAGE」の旗揚げ興行はどのようになったのでしょうか。


つづきはその2へ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 璞名館 代表   2011年01月05日 11:09
5 いつも楽しく拝見させていただいております。

このブログの益々の発展とご健勝を祈念いたします。
2. Posted by くま@くまページ   2011年01月07日 02:29
>璞名館 代表様
コメントいただき恐縮です。
この記事で書いたVOLTAGEは、
おかげ様で選手やジム関係者様には
非常に高評価を頂けました。
私は今後もマイペースながらブログを更新して参りますので
宜しくお願い致します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
総アクセス数
  • 累計:

訪問者数

    Recent Comments
    Recent TrackBacks
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」 (【パック】「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック」+「3週間以内にキャバ嬢を落とす魔法のテクニック(上級者編)」)
    10/11 THE OUTSIDER第8戦。トーナメントとか見ましたその3。
    • ライブドアブログ