「ドラゴンボールのパチンコ化、鳥山明氏が首を縦に振らない」 加熱するパチンコ版権争奪戦 「ドラゴンボールのパチンコ化、鳥山明氏が首を縦に振らない」 加熱するパチンコ版権争奪戦
アニメやテレビドラマ、映画、芸能人などを用いた「版権パチンコ」が乱発していることで話題となっている。

パチンコ産業ではアニメやテレビドラマ、映画、芸能人などを用いた「版権パチンコ」が集客の売りになっている。業界推計では年間100機種以上の新型機の8割は版権モノ。三洋物産の独自作「海物語」を除き、版権モノに人気が集中しているのが現状だ。

版権モノの登場は90年代後半と、比較的歴史が浅い。液晶画面が搭載されたことにより映像コンテンツが求められるようになり、「北斗の拳」のパチスロ機が累計60万台の大ヒットとなり、ブレークの火付け役となった。続いて04年のフィールズが投入したパチンコ機「エヴァンゲリオン」が12.5万台を記録した。

このブームで潤ったのはメーカーやホールだけではなく、版権保有者たち。既にアニメ放映が終了していた「エヴァンゲリオン」はパチンコ化を機に新規のファン層が拡大。DVD販売やレンタルなどの関連ビジネスが潤った。「あしたのジョー」の版権を管理する講談社は「告知効果の観点から戦略的に許諾した」と語る。

しかし、このブームもネタ枯れに直面している。有力なコンテンツは既に使用されつくし、パチンコ化に抵抗が強い版権保有者も多い。「超人気アニメ『ドラゴンボール』は各社が打診したが、原作者の鳥山明氏が首を縦に振らない」とあるメーカー幹部は語る。

版権許諾の争奪戦の結果使用料は高騰し、今は10億円以上と言われている。版権保有者にはおいしい収入源で「最近では過去人気作のリメイクや続編がパチンコと連動しているケースが多く、製作委員会を立ち上げる際は最初からパチンコの許諾料収入を当てにしている」と広告代理店幹部は語る。

全文は以下で。

過熱する版権争奪戦、パチンコ産業の憂鬱(アニメニュース)
週刊東洋経済2010年2月13日号(2月8日発売号)より要旨抜粋


これにネットでは、「鳥山先生流石だな」「鳥山明ってやっぱ凄いな」「鳥山明さん最高です」「まさかパチンカスのニュースで鳥山先生の素晴らしさを知ることになるとは」「これ、都市伝説じゃなかったのか」「鳥山はもう腐るほど金持ってるからな」「しかしハリウッド版「ドラゴンボール」には首を縦に振ったのだった」など鳥山先生に対する声が多数寄せられていた。

※ソースは確かではないが、鳥山先生はドラゴンボールのパチンコ化に「例え10億詰まれても自分の子供(作品)を汚い大人の遊びに売るような行為はしない」とコメントしたとされている。

また、こういった業界の流れに対しては「道理で乱発する訳だ」「パチンコからも税金取れや」「全てはエヴァと北斗の拳が原因だな」「ガイナックスは過去の名作をどんどんパチンコに売っちゃっているもんな」「こういう鳥山明みたいなのが当然だと思ってたが最近の風潮だと、珍しいのかも知れない」「パチンコするヤツはするんだからオタ界に金が流れるのはよいこと」など様々な声が寄せられている。


▼おまけ


ドラゴンボールのスロット!!!(裏ドラゴンボールマニア)


平野綾だらけのパチスロ機が登場 …田村ゆかりや波平も
「桃白白」を忘れてた 鳥山明×尾田栄一郎対談 …ドラゴンボール連載前の貴重インタビューも
尾田 「ONE PIECEは少年のものであるべき。作中で恋愛を描かない。殺人、死亡シーンをなるべく描かない」
 

機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】機動戦艦ナデシコBlu-ray BOX【期間限定版】
キングレコード 2010-02-24

宇宙のステルヴィアBlu-ray BOX【期間限定版】 R.O.D -THE COMPLETE- Blu-ray BOX 【完全生産限定盤】 瀬戸の花嫁 Blu-ray BOX(仮) 【初回限定生産盤】 CLANNAD Blu-ray Box 機動天使エンジェリックレイヤー Blu-ray BOX

by G-Tools